麗人 Bravo! 2012年秋号(雑誌著者等複数)

reijin bravo

麗人 Bravo! 2012年秋号(雑誌著者等複数)
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×21
  • 萌0
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
4
評価数
1件
平均
4 / 5
神率
0%
媒体
コミック
出版社
竹書房
シリーズ
バンブーコミックス 麗人セレクション(コミック・竹書房)
発売日
価格
¥743(税抜)  ¥802(税込)
ISBN

あらすじ

神田猫「トゥインクル」
真行寺ツミコ「パラボラ2」
吉池マスコ「兄貴の恋」
内田カヲル「忍者でございまぁす!」
ドジツキハジメ「嘉那さん」
文日野ユミ「見つめあったら最後」
キサユキ「花盗人は時雨に愁ふ」
鬼嶋兵伍「Click-holiC」
猫田リコ「いじわるきょうちゃん」
新井サチ「コンビニエンス☆ロックLoop」
神室晶/高緒拾「ひめごと」
西原ケイタ「31センチのメランコリック」
茉絢「金の王子 銀の王子」
小林モリヲ「キャッチミー!」


表題作麗人 Bravo! 2012年秋号(雑誌著者等複数)

評価・レビューする

レビュー投稿数1

ブラボー!

春号が自分的には少しばかり物足りなく、中立よりの萌でしたが今回の麗人 Bravo!秋号 はとっても面白かったです!
ほぼ読み切りですが、2~3本だけ続きものもあります。
全体的な評価でいくと萌×2ですが、この話は神!と思う作品もあり個人的には大変楽しめた雑誌です。

とくにギャップ萌えな話に感じた三作品がお気に入りです。
文日野ユミさん『見つめあったら最後』
可愛い系攻×男前受
このお話、出だしから裸んぼで始まるんですけれど、その時はまさか男前が受とは思いませんで。判明した時「えっ!?」と素で声が出ました。
可愛い系攻が甘え上手。男前受はこの甘え上手な部分に弱いというか勝てないのかな?
お願いされると突っぱねても最終的には甘やかしてしまう部分で負けている。
女の子の所にふらふら行くのに、最終的には男前受の元に戻ってくる可愛い系攻の考えはいかに?
最後まで読めば王道な話ではありますが、攻受の見た目から感じるギャップがなんとも言えず萌えました。

西原ケイタさん『31センチのメランコリック』
タイトルまんまの身長差カップルの話です。
ちびっこ(身長が)攻×長身続き
らぶらぶなのに、どうしてキスの次のステップに進まないの?と不満のちびっこ桜木。
あの手この手で若尾に次のステップに進みたいとアピールするのだけど、どうにも上手くいかない。
それもそのはず実は若尾はネコで・・・
受け身の経験しかない若尾は桜木を満足させられるのか、ということで悩んでいたらしい。
ちびっこ桜木が男を見せます!かっこ可愛いです。

茉絢さん『金の王子 銀の王子』
バイト先の店長で王子様のうような攻×バイトくん受(ただしちょっぴりストーカーちっく)
この話の攻が酷かったです。
酷いと言ってもBL世界ではあまり見ないだけで、リアルでは「あ、普通の男ってきっとこうだよね」という思えてしまうような部類の酷さです。
非現実の世界で現実を見た、とでもいえばいいのでしょうか。
王子様の住むのはニ階建のアパートで、部屋は散らかっていて。
おまけに元カノの持ち物があって・・・イタすシーンがこれ生理的には受け付けないけど、このシチュ(受がランジェリーを着せられれます)はちょっと萌える。
翌朝にはヒゲも生えちゃってちょっと顔面が小汚く・・・
でも、受はそんな攻に己の理想を崩されたとしても、そういう部分もひっくるめて自分がもらえるのだ、と嬉しくなっちゃうのでした。
幸せならいいよ。うん。

そうそう、外してはいけません巻頭の神田猫さん『トゥインクル』
高校生同士のお話で優等生×ちょっとおバカな子という組み合わせです。
受が天使でした。
大事なのでもう一度書いておきます。
受けは天使でした。

物凄い可愛いいきものでした。

他に何も言う事はありません。
神田猫さん大好きです!

0
PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ