花は嵐を踏み越えて

hana wa arashi wo fumikoete

花は嵐を踏み越えて
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌1
  • 中立1
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
2
得点
4
評価数
2件
平均
2.5 / 5
神率
0%
著者
 
媒体
コミック
出版社
一水社(光彩書房)
シリーズ
光彩コミックス(コミック・光彩書房)
発売日
価格
¥600(税抜)  ¥648(税込)
ISBN
9784860933456

表題作花は嵐を踏み越えて

旭 子持ちで独身、偶然、朔夜を拾う事になる
朔夜 理由あって母親から女として育てられた箱入り

その他の収録作品

  • 朔夜さま推して参る
  • 朔夜さままかり通る
  • 花は嵐を踏み越えて
  • アナタが私をダメにする
  • 僕の儚い人だから
  • 愛してりゃいいってもんじゃない
  • 世界が終る三時間前の世界

評価・レビューする

レビュー投稿数2

ん~・・

さて、よく見てみれば、「不純~」からの続編なんですね。
前回の話なんてすっぱりサッパリ忘れてしまったこの
あんぽんたん脳のワタクシではありますが、これはこれで
単独でも読める作品かなと思います。

女の子として蝶よ花よと育てられ
淫乱よろしく育ってしまった受が家出の先で出会ったのは
真面目な子持ち男。
一宿一飯のお礼にと身体を差し出そう(強引に)とするのだが!?
な今回。
結局すんどめプレイが多すぎて何が何やらという感じではある。
もう少し話は続くのか否かな終わり方でしたね。
中途半端と言えば中途半端な気がしてならない。
いっそのことこのまま更生してくれてもいいと思うのだが(-_-;)

ほか短編いくつか。
Dr.天さんらしい作品だなぁな印象。
一時期マイブームだったんですが、やっぱり脳内も歳をとったのか否か
サラっとエロく読める作品としてはいいのだけれど
もうすこし深みも欲しいかなな1冊

1

意外に奥深い作品

不純モザイクの朔夜さまが再び主役のお話で、あのお屋敷から自主的転居をする展開。
しかしながら、箱入りお嬢様みたいな暮らしをして来た朔夜さまが、一人で暮らせる
なんて出来る訳がない、まして不遜な女王様タイプで、淫乱さんですからね。
そして、本人は体調不良と思ってるけど、実際は空腹で親子で遊んでいたボールが
ぶつかっただけで、倒れてしまい、そのままその親子に拾われる。
食事と宿を提供され、お礼をしようとする朔夜さま、そのお礼は・・・はい、夜這い。
これはお約束めいていますよね、屋敷で暮らしていたから当たり前のお礼。
でも、それをした事で、攻め様にお尻ペンペンのガツンと説教されてしまう。

それから朔夜さまは、社会勉強をしていけと言われるままに共に暮らすのですが、
過去のトラウマ的な夢で魘され、火照った身体を持て余し攻め様を襲おうと・・・
そんな受け様を見て、再び眠れるように自慰の延長程度の騙しで寝かしつける。
今回の作品では、朔夜さまが、母親からの呪縛を少しずつ消化していくような雰囲気の
作品になっていて、淫乱襲い受けさまのトラウマが意外に深い作品になってます。
続き

ラストの方の世界が終る三時間前の世界なんて、愛するが故の狂気か開き直りかなんて
ストーリーで、エロさだけで終わっていない作品です。

2

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ