従順な彼のしつけ方

juujun na kare no shitsukekata

従順な彼のしつけ方
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌2
  • 中立0
  • しゅみじゃない2

--

レビュー数
3
得点
6
評価数
4件
平均
2 / 5
神率
0%
著者
 
媒体
コミック
出版社
一迅社
シリーズ
GATEAU ガトーコミックス(コミックス・一迅社)
発売日
価格
¥657(税抜)  ¥710(税込)
ISBN
9784758072151

あらすじ

いつでもどこでも求められて・・・こんなんじゃ、身体がもたねぇ!

美術館学芸員の入江は、同僚で恋人の本庄にセクハラを受ける毎日!!
どうしたもんかと頭を悩ませているところに、
本庄の元カレ登場!? 異動の危機!?
次から次へと起こるハプニングに二人は・・・!?

(カバーより)

表題作従順な彼のしつけ方

美術館に勤めるプロデューサー型の学芸員  本庄守
本庄に憧れて同じ職場に入った 入江智和

その他の収録作品

  • 従順な彼の順調な(?)私生活
  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数3

放り投げ

最初に謝っときます。
サーセン。
途中で何度も読むのをやめようかと思いました。
かなり苦痛でしたが、なんとか最後まで読みました。

けど、もうこのままゴミ箱直行です。
ゴメンナサイm(__)m

-------------------

何が読むのを止めさせた原因だといえばいいんだろうか。

最初は、公共の場での痴漢プレイをする攻めと
それを嫌がる受け。
「仕事だから回避できない!」と
甘んじて、それを許す受け。
あー、気持ち悪っ!!
人前エッチを好む人って、神経が計り知れません。

そんな二人が恋人同士っていうのも、
もっと分からない。
受けは一体攻めの何が良くて付き合っているのやら。
頭にハテナマークです。

そうこうするうちに、当て馬のおっさん登場。
これがまたなんか見てて、生理的に気持ち悪い。
絵が悪いとかそんなんじゃないんですよねー…。
当て馬に関しては、行動も態度もありきたりすぎて、
げんなりするほど飽きます。

まあでも、一番気に食わないのは
攻めの性格やら性癖やら行動やら態度やら口ぶりやら…
それが一番の原続き因でしょうか。
そしてそれをあっさり許している受けも気に入らない。
恋人なんて、やめてしまえええ!

最後は受けがスキルアップのために
海外に行くと思わせておいて、
あれだけゴタゴタとページを割いて
いろいろと描いておいたのに、
あっさり、海外行きはとりやめに。

無理やりハピエンに持ち込んだような感がありました。

-------------------

途中で読むのを中断させて、
ダンボールに放り投げようかと思いましたが、
「とりあえずは、最後まで…」と思い
なんとか読み終えました。

多分、3日後には、
キャラもストーリーも
すっからかんに忘れてると思います。

スンマセン。

3

頭を悩ませる彼

※ネタバレ有です。



◆従順な彼のしつけ方◆《恋人を満足させる方法(プレー)を考え中×本庄に憧れている》
場所かまわず体を求めてくる本庄に少しだけ不満のある入江。
一方的にされるがままになっていたが、ある時をさかえに少しだけ愛のあるプレーになる─ ……しかし、そこへ本庄の大学時代の元恋人(塚本)が現れ──。


本庄×入江よりも…… 塚本×本庄の方が好きです♪(*´д`*)
塚本さんがすごくエロい!!!(愛のあるエロ良いですよね) ←w

本庄は塚本さんに服従するわんこの方が似合ってます。
Sな人を従わせる塚本さん……見てみたい…… (ノ∀`*)ハァハァ

前半は職場(痴漢)プレーが多かったので あんまり面白くなかったですが、後半から塚本さんが登場して色々と焦らしてくれたので面白かったです(^^)


塚本×本庄 絡みが少し多かったので、今回は萌えです。

2

意外に、程よい深さがあった☆

電子配信では、「調教カレシ」というタイトルだったという、こちらの本。
正直、軽めのお話かと思っておりました。

だって、しょっぱながまず、
美術館という職場で、お客様がたくさんいるのに、
俺様な攻めが受けのお尻を触り、それだけに留まらずチャックを開けてモノを掴む始末。
もちろんバレないようにしているのですが、
そんなことをやる理由は、攻めが “痴漢プレーにハマっているから” というのですww
色んなプレイを追及する話?と思ってしまいましたよ。

でも、途中で攻めの元彼が登場して、受けにちょっかいを出し始めると、雰囲気が一転。
こんなに変わるんなら、別のストーリーでもよかったんじゃないの?
と、正直思ってしまったほど。
でも、そうじゃなかった……

その元彼との過去が、攻めのトラウマになっていることが徐々に明らかになり、
それゆえに最初の人前プレイに走って、主導権を握ろうとしてのだと判明。
俺様な攻めもひと皮剥くと、
弱い部分を持っていたり、素直な一面を覗かせたりっていうのがよかった☆
そんな相手を知ってワンコな受けも、成長。
大人っぽく、男ら続きしくなっていく姿が、こちらもよかったな☆


思ったより程よく深いストーリー展開で、楽しめました。
ただ、もしかしたら絵柄が、グッと引き込むのにはちょっと向いてないかも……
少女漫画が似合いそうな、すごくキレイな整った絵。
黒目を大きくするコンタクトでも入れてる?と思ってしまうほどの、黒目がちな瞳。
BLでは、好き嫌いが分かれるかもしれません。
体つきとかは、しっかり男の子なんですけどね。

ちょっと引力が弱いけれど、
エロ・笑い・人物描写に心理描写・ストーリー
どれもまんべんなく程よく、バランスのいい本だと思いました☆

4

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ