夜をひとりじめ

yoru wo hitorijime

夜をひとりじめ
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×22
  • 萌10
  • 中立2
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
7
得点
40
評価数
15件
平均
2.9 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
新書館
シリーズ
ディアプラス文庫(小説・新書館)
発売日
価格
ISBN
9784403523137

あらすじ

大手総合文具メーカーに勤める片桐は出来る男。出世も早く、社内の評判は上々だ。ただし私生活には最近潤いがなく、同じゲイの友人が経営するバーで酒を飲むのがささやかな楽しみだった。
そんなある日、ひそかな恋心を抱いていた課の新人・立花に店で遭遇してしまう。それ以来、立花からかわいくぶ防備に懐かれる片桐。手を出したいのに出せない辛い日々が続くうちに・・・・・?
モテ課長×天然部下のほのぼのラブ

表題作夜をひとりじめ

大手文具メーカーの課長 片岡泰造 38歳
新人の部下 立花進 24歳

その他の収録作品

  • あなたをひとりじめ
  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数7

キャラがいい

片岡目線の「夜をひとりじめ」、立花目線の「あなたをひとりじめ」の中編二本立てです。38歳と24歳という年の差(温度差?)を見事に表している作品だと思います。

「夜をひとりじめ」
片岡課長(攻め)は、ノンケの部下・立花(受け)に1年半の片思い中。そんなある日、馴染みのバーでマスター宮田相手におしゃべりを楽しんでいたところ、立花が入って仰天。実は立花は宮田の近所に住む幼馴染であった。懐く立花に紳士的にふるまう片岡だが、そろそろ限界で…という話です。

「あなたをひとりじめ」
片岡と同居したい立花だったけれど、慎重な片岡は「うん」と言ってくれない。焦れた立花は、家族にカミングアウトして勘当をされ、同居に持ち込もうとしますが…という話です。

片岡がリアルに格好良かったです。立花に懐かれるのは嬉けれど、欲望を堪えるのは苦しい。でも、暴走しなかった片岡をさすが38歳!と感嘆しました。恋に臆病なのも年と立場を思えば当然ですし、続編で暴走した立花も許容する懐の大きさにも、さすが課長になるだけあると納得したものです。

一方、立花は初めての恋に浮かれています。24歳でそんなことで続き大丈夫なの?と思いもするのですが、片岡との対比だと思えば可愛く思えました。

サブキャラも良かったです。
三人三様の立花の家族もですが、なにより、宮田マスターと片岡の元彼氏・本所がイイ!なんで本所のイラストがないんだ!と嘆いたものです。片岡に劣らず大人で男前で素敵でした。知らぬ間にできあがっていたというのも大人っぽくて良かったです。くってかかる立花には笑いました。

コミカルテイストで楽しく読めました。

2

平和に甘く面白くをお望みでしたら

目下、血湧き肉踊る海賊シリーズで頭が16世紀にスリップ中、
そんな最中に読んだのだが敗因?
あんまりぬるくて、途中から飛ばし読んでしまいました。

30代後半、仕事もできるゲイの課長・片岡は、
実は部下の新人・立花が好き。
ある日大学時代からの友人でご同類の営むバーに行くと
そこで立花とバッタリ……
立花は友人のご近所さんで幼なじみだという。

前半は、懐いて来る可愛い立花と親密になるにしたがって
手を出さないように我慢して自制する片岡が描かれ、
その後実は立花も片岡が好きということで、あとはあまあま。

後半の話は、立花目線。
ラブラブになったのだから一緒に住みたい立花は、
片岡に承諾させる為に自分の家族にカミングアウト!

し、しかし、その時の父親の反応たるや……
これは、コメディだったのね?
私を呆れさせていた立花の子どもっぽさは父親譲りだった事が判明!

ということで、私は好みありませんでしたが、
甘くて幸せなお話かなぁと思うので、
波瀾万丈(←個人的にはこっちが好き)が面倒な気分の時にはいいかも。


1

年の差カプを楽しむ

38歳×24歳という年の差。
くっついてからは受けがますます子供っぽく、攻めはどんどんエロオヤジ化していったような?それも年の差カプの醍醐味かなと思いましたw
攻めと一緒に住むことしか考えていないような受けや、
二人の関係を知った受けの父親の行動はいい年してガキすぎないか?と思いもしましたが、コメディとして楽しみました。厳格な親父なのかと思ったらすごく可愛いギャグキャラな父親を見ても、こういうノリの家計なんだろうと。

前半はゲイの課長(攻め)がノンケの新人(受け)に惚れ、落ち着いたイメージとは裏腹に
すごくヘタレてるところが面白いし可愛いv
その無防備さにウズウズしたり、夜道で危ない目に遭わないかハラハラしたり…
結局、受けも攻めのことが好きになり、後ろもいいですよと切り出してくれるという展開は、ノンケなのにいきなりハードル高すぎないかと思いましたがww
この受けのホワホワ天然な言動を見るに、何事にもあまり迷ったり怖がったりしない性格なのでしょうきっと。

恋人になってからの後半は受け視点の話。
受けの視点で見る攻めは、前半のヘタレっぷりが嘘のように格好良く、続き
格好良いのに絡みはどんどんねちっこくなっていく所が面白いw
受けもそれにノリノリで応じてしまい、いいバカップルにww
のんびりした可愛いカップルかと思いきや、ハンカチで縛ったりドライに挑戦したりと、エロ面ではアグレッシブな所も意外性があっていい♪

最終的には攻めが受けの家族を訪問し、母親や妹公認の仲に。
最後までごねている父親はわがままな子どものように扱われ、ちょっと気の毒w
波乱や深刻さのない、最後までほわほわ甘~いお話でした。

4

とどのつまり、お互いをひとりじめしたいってことですね?

面白かったです。
表紙から受ける印象と、内容が少しそぐわない気がしてしまった。
もっと落ち着いた話なのかと思いきや、意外とあたふたおろおろ、ばたばたしている。

読後感はうーん、なんとも可愛いお話だなぁと。
結局はお互いとも、相手を独占したいってことだよね?
違うとは言わさないよー!!!
・・・です。

年の差ラブって難しい。
勢いのある若者、勢いはないがまだ枯れてはいない現役の年上。
このお話は、年下受けが年上攻めを持ち前の天然でもって翻弄しまくっているというのがポイントかなと思います。
恋愛の駆け引きや打算計算になれた大人が、翻弄される姿って面白い。
百戦錬磨(言い過ぎか)でも勝てない天然受けのピュアさは、無敵に可愛いです。

攻めが受けをひとり占めしたいのと同じで、受けも攻めをひとり占めしたい!という気持ちが表現されているシーンがあるのですが、その部分が好きでした。

後半に収録されている話では、受けの父親が登場します。
くっついた後の話で、受けが攻めに同棲したいです!とずっとずっとお願いするという話で、受けが考え抜いて攻めに「うん」と言わせる続きために考えた方法はけっこう強硬手段かな?思い切りが良いというか奥の手を惜しげもなく使ったと言うべき?
受けの思い切りの良さに若さを感じる。
そして、件の受けの父親。
この父親が・・・・・・・・なんとも、こう・・・・・・・(笑)
笑うしかないような存在。
子を思う父親なれど、これは行きすぎです!
面白いとは思うけれど、己の父親ならあきれ果てる(受けも呆れていたが)ことでしょう。
父親登場、その他シーンすべて笑えます。

リーマンものですが、受けが可愛かったのでたまに社会人×学生を読んでいる気分に。
でも面白くて、可愛くて、笑えて楽しい作品でした。

3

受がちょっと苦手に感じる手前?

名倉さんのオヤジもの!楽しく読めましたが、
受が、私にとって許容範囲ギリギリでした。
何とか、許容範囲内に収まってくれたことに
心から安堵して読み終えれたことが、嬉しかったです。
(おかしな喜びですが(笑))

というのも、新人サラリーマンの受なのですが、
結構幼いというか、天然なんです。
私は、子供っぽい?少年っぽい?のが苦手なので、
ビクビクしながら読みました。

若くして出世し、能力を高く評価されているサラリーマン、片岡は、
仕事に力を注ぎ、恋愛については、二の次になっている。
ある日、馴染みのバーで、部下の立花と偶然出会い、
自分がゲイであることを知られてしまう。
また、片岡は、心の底では、立花のことに好意を抱いていたので、
慕ってくる立花がかわいくて仕方がない。
でも、好意をもっていることを立花に知られては、
引かれると思い、片岡は、大人な態度で上司としての態度を崩さない。

そんな片岡の苦悩が、面白い!
そして、そんな片岡の苦悩も知らず、天然パワーで
押しかけてくる立花がすごい(笑)

オヤジ好きには、たまりまらない1冊かと思続きいます。

3

受け様、ホントにリーマンなの?

ゲイの上司とノーマルな部下との恋のお話で、表題が攻め様視点、書下ろしが受け様
視点で描かれた、甘く、どこかコミカルなストーリー。
受け様が年齢相応に感じられない天然な可愛さが引き立つお話でしたね。
38才と24才の年の差カップルなのですが、受け様の言動はどう見ても24才リーマンじゃ
ありえないって思うのですが、会社でも可愛がられる設定で、攻め様も配属になった
新人の頃から可愛いと思っている受け様。
そして受け様もデキる上司の攻め様には尊敬してると言うか懐きまくる感じで子犬系。

そんな二人がプライベートで接触を持ったのが、攻め様の学生時代からの友人の店。
2丁目寄りのその手のお客が多いお店で、友人ももちろんゲイだけど、二人の共タチだから
長く友人止まりの関係で、その店のマスターでもある友人と受け様が年の離れた幼なじみ
会社でカムアウトしていない攻め様は、その店で偶然受け様と出会って慌てる。
密かに可愛いと思っている相手で、会社での事もあり、自分の性癖がバレテしまう。
でも受け様は、割と何でもない感じで、逆に自分しか知らない上司の攻め様の
プライベートを知って続きいると言うことで優越感アリアリ状態。
受け様は無自覚で攻め様が好きなのではないかと思えるような展開です。

それから受け様に懐かれ、プライベートで会うようになり、攻め様の家にも出入りする。
でもそれは、大好きな上司に懐いてる子供みたいな感じなのですが、受け様が好きな
攻め様にしたら、拷問のような日々になります。
かなりストレスがたまってきた攻め様は、受け様と距離を取ろうとするが、受け様は
まるで捨てないでなんて言ってる女みたいな態で、攻め様にしがみつく。
攻め様は困惑しながら、自分が受け様に抱いている劣情込みの好意を告白して、
無理やり放そうとするが、逆に受け様から自分も好きだと・・・・
子供のような独占欲が、言わせているだけと本気にしなかった攻め様ですが、
仕事にも支障が出てくる受け様の気持ちを受け止める事になり、恋人になる展開です。

思いを自覚してる攻め様よりも無自覚の受け様の方がかなり積極的でなんです。
書下ろしになると攻め様にメロメロ状態で、グルグルしている受け様や、その家族も
巻き込んだ展開は微笑ましいです。
真剣なんだろうけど、何故か天然過ぎて笑えます。
なかなか楽しい作品になっていました。

3

オヤジ、へびの生殺し状態になる(爆)

多分、「窓」「耳」に次ぐ”あたふたオヤジ”第三弾”と銘打ってもいいのか(笑)
いや、そうつけたくなるような、実に愉快なお話でした♪
しかも主人公に続いて、2話目に登場する受け君のお父さん!(これもまたオヤジ)この人が楽しくて楽しくて、後半、このお父さんに全部持って行かれた感が・・・www

大手総合文具メーカーのシステム開発の課長である片桐は、見た目もいい男なら仕事も出来る男で、部下からもしたわれているのだが、彼はゲイであり、今特定の恋人はいない。
課の新人・立花はサラっとした黒髪にクリっとした黒目、性格も素直で真面目で能力もあり、皆に「かわいい♪」と言われて可愛がられているのだが、
実はこの立花が片桐の好みど真ん中ストライクゾーン♪
本当は抱きしめて頭をなでなでしたいくらいなんだけど、抑えているw
そんな立花とゲイ友の経営するバーでばったり遭遇!
立花はバーのオーナーと年の離れた幼馴染だったのです。
ゲイであることがバレたと戦々恐々する片桐をよそに、共通の知り合いがいることを素直に喜んで懐いてくる立花。
一緒に飲みに行ったり、ごはんを食べに行ったり、ましてや片桐続きの部屋に立花が来出して泊まったり、
ノンケの立花に手を出せない片桐はまさに、ヘビの生殺し状態!!
そんなとき、片桐の元カレが帰国して久しぶりの再会をし、片桐の部屋を訪れたとき立花が元カレの姿を見てしまい・・・

何が面白いかって、無防備になつきすぎるほどになついてくる立花。
わんこが尻尾振ってついてくるように、片桐にべったり・・・
それによる、片桐の苦行の様を呈する姿が楽しいのです!
立花天然すぎ!!!これをノンケのひどさと呼ぶにはあまりにもwww
だけど、認識したら早いですよーーーw
散々片桐がヘタレて、悩んで苦しんで、立花に主導権がありますから、彼が決めたら速攻です!
しかもコトのあともシレっとして、本当はゲイだったのかな?なんていうくらいなんで(笑)
しかしながら、この本編、惜しむらくはエッチがあること。
ゲイ×ノンケだし、あれだけ愉快な進行をしたので、エッチ手前で精一杯にしてほしかったなぁ~挿入エッチはいらなかったかもです。
そこが惜しい!

そして、2本目の立花視点で進む【あなたをひとりじめ 】では、立花の父親が登場するのですが、、、、やられたー!!この父親に、立花の家族にもっていかれたよw
全部すっとぶくらいの勢いで、この父ちゃんのディープインパクトに飲み込まれました♪
付き合う前から健気で一途だった立花ですから、もう恋人になったら速攻目標は「一緒に住むこと」←これをチャッカリと呼ぶか、ズボラというか、健気というかは、読者次第w
今のアパートの契約更新がせまっているので、なんとか同居をうんと言わせたい。
本編でいい相談相手になった片桐の元カレにアドバイスを受けて、色気で返事を勝ち取ろうとしたのですが、あえなく玉砕~快感の波に飲み込まれました(爆)
そこで、立花は家族にカミングアウトします!
あら~いいんじゃない、という母親とおもしろがる妹、だけど父親だけが猛反対!
男と聞いても相手を嫁と認識したので、言う事トンチンカンw
・・・だけどね、ゲイについて認識のない一般人なんてこういうものかもしれないっていう典型の反応かもしれませんねw
それがデフォルメされている。
男と聞き「かわいいのか?男でもかわいいなら許さないでもない」
年上の上司と聞き、「そんな嫁はいらない!進のばかー!!」・・・どこのお嬢さん?
あげく、息子ストーカーしだしたりしてw
ま、そんな事もありまして、どうなったかは本作で(爆笑)

確かに面白い、愉快、片桐のノンケを前にしたヘタレ中年も、立花の天然も、お父さんも、みんな楽しい。
だけど萌えか?と言われると、萌えはあるんだけど何か、前作2本のオヤジおろおろシリーズと思うと、それに比べるとインパクトは弱いのです。
やはり本編にエッチがあったせいかな~?
なので、評価は萌えひとつ。

あと、イラストが御免なさいでした(涙)苦手なんです。。。このベタなツーショットカバー表紙のくささとか、
あと立花はカワイイ設定なんだけど、ちょっとイメージと違ったのと、、、片桐はそこそこ良かったけどちょっと老けすぎかな?
でも、それは本作のマイナス要因にはなりません。あくまでも個人の好みの問題なので。

5

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ