僕達の始まり―泉&由鷹シリーズ 1

僕達の始まり―泉&由鷹シリーズ 1
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神1
  • 萌×21
  • 萌1
  • 中立1
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
3
得点
13
評価数
4件
平均
3.5 / 5
神率
25%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
小学館
シリーズ
パレット文庫(小説・小学館)
発売日
価格
¥390(税抜)  ¥421(税込)
ISBN
9784094204711

あらすじ

小説家の父と暮らす、高2の相馬泉(そうまいずみ)。男だてらに料理が得意…なのは、8年前に家を出て行った母親の代わりに、家事をこなすため。そのせいか知らぬが、人間嫌いで根暗な性格。そんな自分にまとわりついてくる由鷹(よしたか)のことを、初めはうざったいと思っていたけど…。

表題作僕達の始まり―泉&由鷹シリーズ 1

由鷹

その他の収録作品

  • 再会の銀の雨

評価・レビューする

レビュー投稿数3

まずは様子見

 というわけで、長い長いシリーズ物の1冊目。
 1冊目に読んだこの作者さんのほうがひどかったので、敬遠してたんですが、その次が割と大丈夫だったのでようやく読んでみることにしました。

 話の内容としては、家庭環境の複雑さからあまり人に関わらないようにして生きてきた泉が、食べ物目当ての由鷹に懐かれて大変! という話。

 んーっと、一冊目の話がそうだったみたいに、今のところ、地の文がダメ、ということはほとんどなく、割にさくさく読めました。
 ……が、面白いかといわれると、残念ながらそうでもないかなー。

 まず、由鷹の性格にまったく深みがなくて、単純明快猪突猛進……
 作者さんはこんな由鷹がかわいくないみたいですが、個人的にはもう少しひねてたり、影があったりした方が好きだなぁ……と。
 一応、由鷹は時々凶暴な人格が出てくる、という設定があるんだけど、変わるときのきっかけも明快だし、戻るのも割と自由自在で、そんな大したことするわけでもないし、本人も悩んでないし……で悲壮感があんまりなくて、あっけらかんとしている。

 となると、個人的にはやっぱりもう続きちょっと深みがほしいかなー……と。

 何冊か買ったので、もう少し様子を見てみようとは思ってます。

0

総受け好きな方にお勧めなシリーズ

正直、なんでもありな挑戦的な作品なので、強いこだわりや嗜好のある人には向かないです。
主人公で受けの泉が乙女な思考で、ある1人だけですが攻めもやったり、殆ど総受け状態だったりします(肉体関係もありで)
一応の相手役と思っていた由鷹も、他の男とでは受けもやっていたり、女の子が好きだったり。
たまにというか、結構しょっちゅう泉そっちのけで、他の男が争われたりすることもあります。それには、びっくりでした。
不良な伊達、優しくて意地悪で綺麗なお兄さんの天野、天野の兄の変態めなお医者さん、王様のようなルイなどなど、周りの登場人物が魅力的で、はまって読みだすと止まらないです。

不良攻めって、少女漫画の相手役として憧れでした。
特に、大抵結ばれない事が多いのでジレンマがあったのですが、良い悪いは別として、ころころと泉の相手が変わるので、色んなタイプが味わえて楽しかったです。
不良の伊達と天野が好きだったので、伊達×泉と天野×泉の時は萌えました。
イジワルだけど受けには優しい優等生タイプの攻めって、なんて萌えるんでしょう。
昔からの好きタイプで、天野が大好きです。
それでも高慢続き美人で被虐受けなタイプなので、他の男からは受けとして色々な目にあわされます。たくましい性格をしているので、そう簡単になびかないのも素敵でした。
リバが得意でない私にはそういうシーンがある度に苦痛ではありましたが、このシリーズの話はなんとか読めました。

リバに耐性があって、とにかく受けが皆から可愛がられるのが好きで、総受け好きと言う方には、お勧めです。

0

有り得ない作品

クールで人付き合いの悪い優等生・相馬泉。彼の前にいきなり現れたのは人懐っこく明るい人気者・南郷由鷹。この出会いが泉の運命を大きく変えていく――。
第1部、1巻。

人気少女漫画家の初BL小説ということで、非常に王道な感じで始まりますが…途中から大変な事になります(笑)。他にこうゆう展開になる作品あまり無いかとw
許せない人もいると思いますが、例えば主人公の相手役が二人いて「あの人がよかった!」って思った事ある人や、BLゲーム好きな人とかはアリだと思います☆私も主人公の思考回路についていけないけれどかなりハマりました。タイプの違うキャラが沢山出てきます!巻数も多いのでガッツリ読んでみて下さい☆

1

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ