DEADLOCK(1)

dead rock

DEADLOCK(1)
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神35
  • 萌×216
  • 萌14
  • 中立1
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
13
得点
282
評価数
66件
平均
4.3 / 5
神率
53%
原作
 
作画
 
媒体
コミック
出版社
徳間書店
シリーズ
Charaコミックス(キャラコミックス・徳間書店)
発売日
価格
¥619(税抜)  ¥669(税込)
ISBN
9784199605284

あらすじ

俺は“同僚殺し”なんてやってない──!! 冤罪で刑務所に収監された麻薬捜査官のユウト。釈放されるためには、刑務所に潜伏中のテロリストの正体を突き止めなければならない!! けれどユウトの同房者で金髪碧眼の美形ながら強面の囚人も従えるディックに「ここではお前は狩られる側の人間だ」と宣言され…!? 暴力とレイプが横行する監獄で、ユウトは身の潔白を証明できるのか──キャラ文庫の大ヒットシリーズが、最強コラボにより待望のコミカライズ!! 本編の裏側でのユウトたちの日常が垣間見られる書き下ろし小説番外編も収録!!

(出版社より)

表題作DEADLOCK(1)

同室の囚人 ディック 29歳
同僚殺害の罪の元麻薬捜査官 ユウト 28歳

その他の収録作品

  • 英田サキ「彼の嫌いなグリーンピース」

評価・レビューする

レビュー投稿数13

先に小説読まれた方が良いかも

英田サキさんの人気シリーズ『DEAD LOCK』のコミカライズ。
わたし高階佑さんは挿絵はお馴染みなのですが、漫画を読むのは初めてでした。
どんななのかなーと恐る恐るでしたが、イラスト同様に美麗!
ちなみに小説は既読です。

免責との引き換えに潜入捜査員として刑務所へ投獄された受けのユウトと、目的は真逆ならば同様に潜入している攻めのディック。
まだこの巻では甘々な雰囲気はありませんが、今後がひたすら楽しみです。
漫画の方がどうしてもページ数が必要ですので、最低でも三巻くらいにはなるのでしょうかね。
もしかしたら、先に小説読まれた方が細かいことがわかって良いかもしれません。

しかしわかってはいたのですが、ユウトが入所初期は似合わない無精髭を生やしていた設定…小説の時はあまり気にならなかったのですが、漫画となるとやはり気になりました!
あんなに可愛いのにと(苦笑
反面、ユウトに取引を持ちかけたFBIのハイデンがかっこよくて参りました。

1

ユウトっ!! セクシー&ホットボーイ OMG!

デッドロックシリーズに完全にハマってしまい、漫画も購入してしまいました。もう話のあらすじは知っているので、美しい絵を堪能しました。
もう、初めのカラーページのセクシーなユウトを見れただけで価値があるなぁと思うくらい、このユウトはかっこいいです。首に手をやって気だるげにこちらを見ているユウトに、きっとみなさん惚れることでしょう。今まで見たユウトの絵の中で一番好きです。そして、その後ろに立つディック。ユウトの身体より一回り大きく筋肉質な身体に思わず見入ってしまいます…笑
まだ物語は序盤で、ラブの雰囲気は全く感じられませんが、デッドロックの世界観が絵になっているというだけで私は幸せでした。そして最後の英田先生による書き下ろしは、グリーンピースが嫌いなディックの話でした。笑
やっぱりこうゆうヘタレなところがディックの魅力ですね。

1

まだまだ序盤

 BLのコミカライズを読むのは初めてです。こちらのレビューも小説のレビューも読まずに「絵柄がきれい」で選んでみました。
 表紙の黒髪男子が好みだったのでワクワクして開いたら、「え?無精ひげ・・・なんか全然可愛くない」。ストーリーもなんだか外国映画やドラマでよく見るような監獄もの。移送されるシーンや、人の良い世話好きが寄ってくるとか、グループが構成されているとか、敵視されるとボコられるとか、昔からよくあるストーリー。しかもとても綺麗な絵柄なのに、ネイサンとディックがかなり似ていて、更にFBIテロ対策局のマークも目元なんかそっくりで三重にキャラかぶり。
 まだ序盤だから人物紹介の要素も濃くて、可もなく不可もない感じで読み進めていたのですが、ユウトがトーニャの手にキスをした辺りから面白くなってきて、髭を剃られて綺麗な顔を晒し、ディックと打ち解けてきた頃には先が楽しみになり、読後、即再読しました!再読したら、キャラの見分けも付くようになりました^^;
 私のように小説もCDもまったく知らずにこのコミックスを読むと、最初は物足りないと感じるかもしれません。キャラと相関図の紹介のような1巻だ続きったので、先が長そうな気もします。こういう進み方、コミカライズならではなのかな!?

4

どこを開いても美しい〜

小説既読、DEADLOCKのファンでありながら今更コミカライズを読みました。高階先生の絵はやはりどこを開いても美しいですね〜。
脳内で補完していた部分(部屋の構造や脇役)もしっかり描写されておりました。

特に嬉しかったのがシスター(ニューハーフ?の方々)のお茶会のシーン!シスターでビジュアルが出ていたのが唯一トーニャだけだったのでリンジーやいろんなシスターが見れたのが嬉しいですw刑務所内のシスターのお茶会ってあんな感じなんですね。確かにユウトがたじろぐのも分かります…。

あと、賭けに負けたユウトが照れながらトーニャに「君の手にキスさせてくれないか 」って言うシーンも可愛かったです!個人的に大好き(笑)

1巻はユウトが逮捕されてから〜リンジー殺害までが収録されていました。まだ序盤ですがほぼ小説通りで満足です。早く2巻欲しいな〜。

3

Good job Σd(´∀`*)面白いわ眼福だわー

【小説未読】
ずっと気になっていた小説のコミカライズ。
2巻も発売されたことなので積んでいた1巻を読んでみました。
高階先生の絵がほんっと美しい(*´艸`*)
どのページを開いても高階先生の絵が満載!(漫画なんだから当たり前w)
高階先生、初コミックスとのことですが…絵が美しいのは勿論ですがコマや流れも見やすいです。

最初ユウトに対して素っ気ない態度だったディックの態度が少しずつ軟化していくのにニマニマw
でも1巻は2人の関係はあんまり…かな。
会話すらままならない素っ気なさで対応されていたのが笑いながら雑談できる程度に接近できましたーな感じ。

ってか最初“シスター”の意味がわからずちょっと戸惑った。
シスターを束ねているトーニャめっちゃ美人!
優しいし毅然としてる。
…女性にしか見えません。
ほんっと美人さん(ノ´∀`*)

※↓以下は原作既読の人からしたら「いやいやいやいや!何いってんの?!」な内容かもしれんw【小説未読】ゆえの考えです。

それはともかくコルブス(ラテン語でカラスを意味する)誰だろ?
30歳前後の白人で殺人犯、過去に軍事続き訓練を受けている、背中には大きな火傷跡。
ふむぅ…。
ユウトは白人ギャングABLのボスであるゲーレンを疑っているようだけど…FBIも尻尾を掴めない感じで謎に包まれたテロ組織のボスが収容施設でデカイ顔をしているようには私には思えないんだけど…。
こう…なんというか影で暗躍していそうな雰囲気。

ネイサン見る度にこの人は収容された時にお尻を狙われなかったのだろうか?ということがとても気になって仕方ないのだけれども!!!
ディックも狙われたんでしょーならネイサンだって狙われてもおかしくない気がするのだけども!
今はそりゃー収容者の刑期軽減とかで実績持っているから一目置かれているけど、入った当初はそうじゃないでしょー!?
…とかいいながらも勝手にネイサンに疑惑の目を向けているんだけどもー。
連続テロが起き始めたのは1年前から。
母親殺しの罪でネイサンが収容されたのは2年前から。(本人曰く冤罪とのこと)
最初の1年は地盤築くために要して、その翌年(1年前)から活動を開始と考えたら時期的にもおかしくないかなー?とかとか。
刑期短くすることで手駒増やすとか?とかー考えてしまうー。
…でもネイサンと本格的な軍事訓練…いまいち合わない。

続き気になるなー…2巻である程度わかってくるのかなー?
小説、3巻と外伝を未入手だから積んでいるけど1・2巻あるんだよね。
いい機会だし崩すか!

書き下ろし小説…冷凍グリーンピース苦手なディック可愛いw

1

高階佑先生のイラスト美麗です!

ドラマCDから入り、原作小説を読みつつ、コミカライズがあることを知り手に取りました。
原作の挿絵から気になっていたのですが、高階先生のイラストは本当にキレイの一言で…!!それがコミカライズで読めるなんて、幸せでした。
1巻はまだ序盤しか描かれていませんが、ユウトが動いてる!と思うと早く続きが読みたくて仕方ありません。最近連載が再開して、順調に書いてくれているそうなので、早く2巻が発売になってくれることを願うばかりです!!

1

キャストボイスで聞こえてくるよね。

原作未読、CDも未聴です。
あ、CDは番外編?の「SIMPLEX」だけ聞いたんですけどね。

絵も作家さんも好きだしキャストもわりと好きなのに、何故か手を出してなかったこの作品。
このコミックを読んでみてやっぱり原作もCDも欲しくなってきました!
お話はまだまだこれからの展開なんだろうけれども、先に番外CDを聞いてるせいもあってか全てキャストボイスで聞こえてくるんですよね。
メインのビジュアルは知ってたんですが、トーニャがこんなに美人だとは!!
声と合わせてもしっくりくる感じです。
気になるのはリンジーの声でしょうか。

さて物語。
刑務所に冤罪で入ることになったユウト。
そこである任務を請け負うことになるのだが…。
とにかく高階さんの絵がキレイで、イラストでのクオリティがコミックスになっても落ちてないっていうか。
それでいて、なんというかコミックぽくない画面づくりというか。
1つ1つがサラッとした絵のような感じなんですよね。
あまりBLっぽくない画面というか。
生々しさがそんなにないからかな。
でも、ユウトの可愛い感じとか素敵で。
マンガなのでど続きうしても展開に時間がかかるのでまだまだこれからといった感じなんですが早く続きが読みたいです!

とりあえず、原作とCDをなんとかしたいです!!

4

小説苦手な人は是非漫画で!

凄い凄い!とにかく高いクオリティの絵です。
英田先生の世界感は高階先生じゃなきゃ描けないんじゃないか
そう思わせるほどの完璧な仕上がりだと思います。

確かに小説より内容の物足りなさは否めないけど
これだけの絵のクオリティです。
満足しないとバチアタリな感じでした。

小説が苦手な方はここから入るのもありですね。
囚人ものにしては綺麗過ぎる気もしますけど
濃ゆいのが苦手ならばここから……って思います。

欲を言うならも少し生生しくても良いかな~って思いました。

2

すてきなコミカライズ

大興奮で夢中になって読んだ『DEADLOCK』の漫画化です。

麻薬捜査官だった日系人ユウト・レニックスは、同僚殺人の冤罪で投獄される。
収監されたのはカルフォルニア州立シェルガー刑務所。
暴力、レイプ、人種間抗争に日々溢れた刑務所内部が、舞台です。

ストーリーはかなり原作に忠実。
小説を読んだ時にも、高階先生の美麗な挿絵にウットリしたものだが
その絵でストーリーが綴られていきます。
時間が経っている為か、こちらの方が若干大人っぽい(老けた?)印象の絵だが、
正直小説を読んだ時にカッコいいが若過ぎるかも?と思ったので、それは帰って◎。
小説ではビジュアル化されていなかった脇役も絵で描かれているので、それも面白い。
書き下ろしの可愛いSSも嬉しい。

ということで、原作を読んだときのワクワクを思い出しながら楽しく読みましたが、
この一巻で小説の1巻の半分にも達していないことを思うと、先が長いなぁ。
どうせならば「」「DEADSHOT」まで全3巻コミカライズしないと中途半端だろうし、
そうなると全10巻近くになりそうです……
頑張れ、高階先生!

6

絵も内容もジャンピング神!

大好きな作家さんと絵師さんの小説がコミックで読めるなんて夢のようです♡
Charaさん、ありがとう!

高階先生は小説の挿絵でしか見たことなかったのでマンガにするとどうなるのか
期待と不安がありましたが、もう全然心配なし!安心して読めます。

定広美香先生の「アンダーグラウンドホテル」のような刑務所だったら
ほんとに恐くて遠慮したいけど、
美形がいっぱいいるここの監獄だったら私も入れてって感じです~。

怖~い囚人達の中にかわいい日本人のユウト♡萌え♡

1巻目の最萌えどころはやっぱりユウトの髭を剃ったところでしょう!
巻末にある英田サキ先生のショートにも髭を剃ったユウトの感想を
ディックが言ってますがそのへんもローリング萌え~ですっ

早く2巻が読みたいでっす!

2

ワクワクを思い出す

英田サキさんの代表作とも言える小説「DEADLOCK」の、挿絵の高階さんによるコミカライズ。
もう、これだけで、中身見る前から「神」決定って言い切っちゃってもいいのですが、
実に、期待を裏切らない出来映えで、ストーリーの展開はわかっていても、
あの、小説を読んでいた時の、ドキドキワクワク感を思い出しました。
コミカライズはどうしてもストーリーが進むのに時間がかかるので、この第1巻では、まだ、ラブ成分はカケラも出てきませんが、萌どころとしては、ユウトが意外と華奢で、全然似合わないヒゲを生やしているのが、妙にエロいってあたりかな。

まだまだ先は長いけど、この続きにも期待してます。

2

ショートも楽しい

表紙に一目惚れして買った小説のコミック化。本編の方はまだまだこれからですが、先が楽しみです。しかし、コミック化されるのはDEADLOCKだけでしょうか?やっぱりDEADHEAT、DEADSHOTもコミック化して3部作を高階先生のステキな絵で堪能したいです。
巻末に載っているショート。トーニャのお茶会の後の話です。意外?なものが苦手なディック。可笑しいやら可愛いやらです。
小冊子の応募も忘れないようにしないと!

3

絵がとても美しい!!

私は原作の小説を読んでいて、この作品の大ファンになっていたので、今回の漫画化も迷わず購入しました。相変わらず高階先生の絵はとても綺麗で、惚れ惚れしました(o^^o)
しかも、かなり原作に忠実に描かれているので、原作ファンも十分に楽しめる作品だと思います。

しかし、あれだけのボリュームの小説を漫画にするわけですので、この1冊だけではまだまだ恋愛的な要素は全く描かれてなく、そこが少し物足りなく感じました(´・_・`)

とはいえ、DEADLOCKを漫画で読めるなんて夢のようで、とても嬉しかったですo(^▽^)o

この続きも漫画化していただけるのでしょうか?
期待大です(o^^o)

2

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ