いつか友達じゃなくなるとしても

itsuka tomodachi ja nakunaru to shitemo

いつか友達じゃなくなるとしても
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神34
  • 萌×217
  • 萌7
  • 中立4
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
13
得点
263
評価数
62件
平均
4.3 / 5
神率
54.8%
著者
 
媒体
コミック
出版社
白泉社
シリーズ
花丸コミックス プレミアム(コミック・白泉社)
発売日
価格
¥648(税抜)  ¥700(税込)
ISBN
9784592720485

あらすじ

トモは子供のころ幼馴染の柊平の片目を事故で失わせたと呵責の念を抱いている。しかし柊平の大家族はトモをいつも温かく迎えてくれる。だがトモは口にできない想いを抱えていて…。

(出版社より)

表題作いつか友達じゃなくなるとしても

その他の収録作品

  • 幸せということ

評価・レビューする

レビュー投稿数13

すべて表紙のように……

はっきり言ってBL 枠じゃなくても良い作品とも思わせる話(なんせエロが皆無とも言える軽いキス二回のみ)なんだけど、主人公二人もパッとしないそこらの高校生なんだけど…ストーリー展開が素晴らしく、互いの優しさとせつなさにグッと来て、普段はBL に家族が特に今回みたいな明るい大家族とかは引き捲る大要素だが全く邪魔にならずしてこの話には必要条件の一つ、片方の不良のアニキも良い味出してて、回りがこれだけ愛に満ちた普通の人々で違和感なくまとめる作者の力量には感心した。何せ先に「両想いなんて冗談じゃない!!」を読んで高校生の時から25年かけて結ばれた中年カップルに大笑いしボロ泣きさせられていたから、今回の二人には本当にエールを送りたい。そしてこんなに心が温まる話をありがとう。

0

ふむ

よくできていて、よくまとまってるとは思うのだけれど
いい話になりすぎてて感というか
萌・・とか、感情移入という意味で見られなかったのが残念。
BL入門的な作品としてみるならばいいのかなと思ってみたり。

お話は、幼馴染の二人が~なお話。
お互いに大事で、気を使ってて、離れられなくて、離したくなくて。
はたからみれば近すぎる距離も、自分たちでみれば・・・な部分含め。
しっかり読み込めば違った感想になるのかなとも思うのだけれど
それ以下でも以上でもないかなという雑感。

決して悪くない。もちろんいい作品だとは思うんだけど
あと一歩足りなかったかな。
メガネくんの「俺が離したくない」のセリフは好きでした。
キュン。嫁にもらえばいいと思うっつか、
別に一人暮らしさせんでも、自分の部屋にすまわせちゃればいいのに
いいよ嫁でww

2

家族の愛と愛し合う二人と。

表紙とタイトルだけで自分向きの一冊だと直感して購入した作品でした。
思ったとおりの友情からの発展系!
もうこの設定がツボですからあとはどうでも…良くないけど、この時点で小躍りですw

幼い頃、トモと柊平はケンカをします。
その時トモは柊平の左目を失明させてしまいます。トモが一方的に悪いというわけでもないのですが、トモはずっとそのことを気にしています。
そんなトモに対して怒ったり突き放すこともしなかった柊平。
友情が壊れず、高校生になるまで仲良しな二人でした。
二人の間にあるものが即壊れるようなものだったら、
きっと柊平が左目を失明した時に壊れていただろうと思います。
もしかしてその時すでに友情以上の何かが心の中に埋まっていたのかな…?

トモは高校一年の時にその気持ちに気がつき、
柊平は寝ている時にトモにキスされてトモの気持ちに気がつき…。

そして二人はやがて友情を超える関係へと発展。
関係が意識されると今度は照れくさい二人でした。
照れている二人を見て身悶えるっ!

柊平の家族は二人の関係を知っても暖かく迎えてくれます。
この人たちはいい家族続きであろうと努力しているからこんな家なんだろうと思います。
たまたまいい人ばっかりが集まったわけじゃない。
みんなの笑顔の裏にはそれ相応の努力があるんだよね。

それに比べてトモのお兄ちゃんは柊平家族とは対象的な印象でしたが、
彼もまた弟を愛している良き家族でした。
結果的には弟のワガママを許してますから、やっぱり弟には甘いブラコン兄ちゃんなんですね♪
なんだかんだ言って、二人のバックにはしっかりとした人たちがついているので、この先何があっても乗り越えられそうだなと思いました。
私にはまぶしい人たちでしたけれどもw心あたたまるお話で良かったです。

5

家族愛とBLの共存!

好きなだけで幸せ。
高校生のトモは今までの関係が壊れるのが嫌で言わないと心に決めたものの時々、どうしようもなく溢れそうになる想いを幼なじみの柊平に抱いています。

柊平の家は大家族で一人暮らしのトモを家族の一員のように丸ごと受け入れています。
家庭環境が複雑なトモにとって、かけがえのない居心地の良さと幸福感が柊平への想いを噤ませる理由のひとつとなっているのが切ない。

そんな八方塞がりな想いを抱くトモはある朝、隣に寝ている柊平にキスをしてしまいます。
かけたままのメガネを外そうと近づいて目元に残る傷…幼い頃のケンカで自分が負わせた傷に触れて衝動的に。
実は柊平は起きていて震えるトモの唇に触れ『トモの好きな相手=自分』という可能性に揺さぶられます。

トモが一途で健気でたまりません。
彼の孤独と恋情に何度もキュッと胸が痛くなりました。
一緒に居たいが為にバイトを増やし体調を崩したトモを見舞う柊平。

そしてキーパーソンとなるトモの兄が登場。
彼が本当にイイ味を出しています!
(カバー下のマンガ最高)
粗野ですぐに手が出る困った人ですが、すごーく弟思い。
トモが柊平に抱いている友情以上の感続き情を察した彼は『ケガを負わせた罪悪感』とそんなトモに変わらず接して孤独を埋めてくれる『感謝』を恋と勘違いしてないか?と真剣に問うあたり、なかなか鋭い。

トモが誰にも告げられなかった想いを吐露したことで、この弟大好きな兄はふたりにそれぞれ余計なことを吹き込み場を混乱させますが、この兄の言動のおかげで柊平は幼なじみの時間を終わらせるべく大きく動き出します。

トモの兄に喰らった不意打ちの一発を拳でお返しをしてからトモの想い、トモへの想いと向き合う場面が好き。
兄にしたら日頃、柊平一家と自分の家との違いを苦々しく感じていた上に弟は柊平のことだけしか考えていない…ブラコンは辛いよ(笑)

そんな兄を置き去りにトモの手を引き連れ去る柊平。
自分から気持ちを言い出せないであろうトモを安心させるような静かな告白が心に染みます。

ふたりの関係を打ち明けられた家族が普通に受け入れるのも有り得ない展開かもしれないけど自然でした。
トモはとっくに家族だったということが伝わります。
「誰かがキモいって言ってきたらブン殴る」と言いきる妹と同意する兄が頼もしい。

いつか友達じゃなくなるとしても…恋人+家族になったふたりの満面の笑顔に祝福を!


6

友達のその先

トモのお兄ちゃんがイイ…ブラコン属性、特に弟に対するそれっていうのは惹かれるものがあります。ブラコン、でも怖い人、目つきが悪くて、険のあるもの言い。
兄弟が幼いころの描写が作中にありまして、そこでのお兄ちゃん、罵詈雑言の嵐(と思われる)からトモの耳をそっと閉じて守ります。それもまたイイ…。トモのことがとても大切で、愛おしいんだなぁと思いました。

お兄ちゃんはさておき、本編。
帯で新井サチ先生が「柊平ん家の子になりたい!」と書かれている、そのお気持ちがよく分かります。大家族、がやがやしているしうるさいだろうしプライバシーなんて無いに等しいのだろうけども、でも少し憧れます。あんなに明るくて楽しい、それぞれを大切に思う家庭で育った柊平。それとは対照的に、基本ひとりぐらし、以前は前述のお兄ちゃんとふたりぐらし、なトモ。
トモは、自分のほうから柊平のことを好きになったんだと思っていましたが、あれはあの瞬間同時にふたりが恋に落ちていた…んじゃないかなと感じました。柊平が自覚するのが[今]になったと言っていましたが、あの桜舞う春の日よりももっと前から、柊平のほうこそとっくにトモが愛しくて続き仕方なかったんだと思います。で、溢れたのかな…と。
カバー下で、依存度の高いふたり、とカサイ先生ご自身が記されていますが、たしかにそうです。終始お互いに依存しあい、不可欠であり、それはちっとも重荷では無く、むしろなくてはならない状態。
これからきっといくつもの起伏が彼ら二人を待っているのでしょうが、お互いに手を差し出してしっかり掴んで、過ごしてほしいなと温かい気持ちになりました。

おなじくカバー下で「攻め受け決めていません」…と。
どちらがどちらでも美味しいと思います。多分それはこの二人だからこそ、どちらがどちらでも違和感もなにもなく、望めるのかな。できるならば、ちらりとでもいいから、10Pでもいいから、大人になったふたりがどうしているのか、見てみたいです。

4

家族愛…泣けるなぁ

過去に柊平を失明させたトモ。
その事を引きずっていくお話なのかと思ってましたが
家族愛なお話でした。

とにかくおおらかな家族です。
正直、どちらが悪いとは言えずとも、失明までする事故似合えば
友人関係はギクシャクとしたものになるはずが
柊平の性格もあるのか、この柊平の家族もおおらかというか
正直ちょっと涙モノ。

それに加えてトモの兄ちゃん。
嫌な性格かも知れないけれどトモが大事な弟だってことは凄く伝わってきます。
なんだかんだしつつ、トモは周りから凄く愛されてるというお話でした。

恋はこれから始まるわけだけど
ゆっくりと育っていけばいいですねvv

4

伝えたい

新人さんの初コミックスですが
カバーイラスト+ここでの高評価+中古価格が高値で読んでみたかったこの作品。
ようやく読みました。

絵としては洗練されていないっていうか、ムラがあるのは否めませんが、
それを凌駕する、お話の力っていうのがあって、高評価なのが頷けます。

作者様が後書きでも書いているように
「家族、兄弟、依存度の高い関係」
って言う三本柱が、過不足なくしっかり描かれていて、二人の関係の進み具合も無理がない。
特にエロなしでもいい。
私にとってのBLの醍醐味は、こういう、幼なじみや同級生が、お互いに、友達以上の気持ちを恋愛なんだってじわじわと認識していくお話なんだとあらためて思う。

そして、報われないお兄ちゃんの、このキャラ設定。
このセンスがいいなぁ。

7

執着と共依存の関係

とても男子っぽい無骨な感じの描き方にとても好感が持てます。
美麗な絵もいいけど、やはりこうした青年誌っぽい絵柄というのは、BLもとい男子×男子モノをよんでいるな、っていう実感があります。
女子の描き方も、小さい子はそれなりにかわいいけど、大きい子は普通ぽくてリアリティがあるw

主人公は片方が祖父母・父母・7人兄弟の大家族で、皆和気あいあいとがやがやと賑やかで、そしてあったかくて懐が深くて、とてもウエルカムな家族。
もう一方の主人公は、母親が男と出奔してしていってしまって、兄の仕送りと自らのバイトでひとり暮らしをしていて、何となく淋しい感じがするのだが、その兄は粗野ながら弟への愛情を持っている。
一見対照的な家族環境だけど、ちゃんとそこに家族愛がある。

小さい頃に大好きな友達の柊平に怪我を負わせ左目が失明してしまったことを負い目に感じながらも、彼が好きで離れたくないと思う健気なトモの気持ちが切ない。
ずっと一緒にいたい、柊平も同じ気持ちなんだけど、トモと柊平のその「好き」には隔たりがある。
柊平が、それを知るのは寝ているときにキスをされたとき。
偶然、トモを自分続きの元へ呼び寄せたい兄が帰ってきていたことから、柊平の気持ちが固まって行ったんじゃないかな?
お兄ちゃん、一見邪魔者っぽいんだけど、彼の考えはまた正しいかもしれない。
しかし、柊平と離れなたくないのはトモだけじゃなくて、柊平もまたトモと離れたくないって、気がつく場面で二人の執着と依存をうっすらと感じるのでした。
柊平の怪我、というものがあるために、それがきっかけで執着と依存が始まって行ったんでないかな?

またあれだけ、トモが負い目に感じているのにまるで自分の子供のように接してくれる柊平の家族たちに読者である自分も、トモに気を使っているんじゃないか?って思ったりするのですが、家族の描写で、一切そんなことはないことがわかるから不思議と、それはそれで受け入れられてしまうw

最初に読んだ時に、トモに感情移入して「わー!」って叫び出したい気持ちになったのに、読めば読むほど、色々と考えてしまって理由を考えてこじつけているが為になかなかレビューできなくなってしまった作品。
その為に評価が一番最初のものから1ランク下がってしまった(汗)
一番好きなのは、トモが涙を流すシーンです。(何回もあるんですがね♪)

8

1度は読んでもいいと思います!!

表紙買い。
青春ラブコメがみたくて購入しました。
初見で読んだ時は結構楽しめました。
個人的には何度も読み返すほどではなかったですが…
親友から恋人へ、という高校生の甘酸っぱい青春モノが読みたい方にオススメです。
エロ無しのストーリー重視作品ですね。

幼なじみの高校生同士、
兄弟いっぱい大家族、
怪我をさせたことに対する負い目、などが特徴のお話です。

母子家庭なのに母親が男追いかけていなくなってしまった孤独な高校生・トモと、
大家族の次男で世話焼き体質のメガネ・柊平のコンビ。

家族愛に飢えてるトモにとっては、昔からつきあいのある柊平の家はもう一つの家族みたいに馴染みのある居心地のいい場所になってます。

そんな幸せいっぱいの柊平一家に、自分の恋心がバレて気まずくなったらどうしよう…
みたいのが主な悩みというかハードル。
まあ、もともと両想いだろ…みたいな二人なので、恋人になるのは時間の問題って感じもしましたが、トモにはトモを溺愛してる兄貴がひとりいて、唯一の敵といえば彼が二人の邪魔をするくらいです。
金髪頭で図体がでかく、暴れん坊な性格のその続き兄貴は、怖そうな見た目とは裏腹に、弟であるトモには甘いというギャップがよいです。口は悪いけど、トモのお願いに「ノー」と言えないというね。
で、そんな大事な弟が、どこぞの大家族の次男坊に取られそうになってるのが我慢できず、ふたりの邪魔をすると。
結局両想いになったあとでも、柊平とは犬猿の仲のこの兄貴の存在はなかなか好きでした。

1冊まるまるこの二人のお話なので、初見で読むにはいい感じのボリュームもあり、楽しめました!
ただ、トモというキャラが、臆病でグズグズしてるというか…女々しいってほどではないけど、じゃっかん悲観的すぎて見ていてまどろっこしかったのと、
柊平を含め、彼の家族がパーフェクトに仲良しな『理想の一家』すぎて逆にリアリティなかったのが個人的に好きではなかったので、そこが惜しかったです。

個人的に一番好きなキャラだったトモの兄貴が作中で、
「うちの家は幸せ!!…みたいな家の奴らが嫌い」
と言うシーンがあるのですが、まったくもって同感というか…
理想を絵に描いたような大家族で、なんか完璧すぎて違和感がありました。
お芝居をみてるような感じというか…うまく表現できませんが。。。
何度も読みたくなるほど刺激があって魅力的なキャラがこの家族にはいなかった。

あと、これは技術的な話になりますが、メガネをかけていなきゃいけないシーンでメガネの描写が抜けてたり、右手と左手の描きミスなど、すぐに気づくような明らかな描き損じなどがいくつかありちょっと減点…。
重箱の隅をつつくような小さなミスなら問題ないのですが、セリフと絵が噛み合ってなくて思わず手がとまっちゃうようなミスはテンション下がるのでNGです。
編集さんも気づかないなんて滅多にないことだとは思いますが…どうしちゃったんでしょう…?

ま、とはいえ、1冊まるまる1カップルというボリュームは魅力だし、恋愛過程はとっても丁寧です。
個人的にはあまり好きじゃない家族ですがいい人たちに違いはないので、青春ラブコメや大家族モノが好きな方にはオススメですヽ(・ω・○)

《個人的 好感度》
★★★・・ :ストーリー
・・・・・ :エロス
★★・・・ :キャラ
★★★・・ :設定/シチュ
★★★・・ :構成

10

あおくて、あまくて、あたたかくて、そして切ない。

トモは一人暮らしの高校生。
高校に上がった年に母親が蒸発し、兄は離れた場所で働いており、
トモは兄からの少ない仕送りとバイト代でなんとか生活している。
そんなトモを家族同然に暖かく包み込んでくれているのは、
幼なじみの柊平とその賑やかな家族だ。

大家族の中で家事もこなしつつ勉強もできて、いつもトモを支えてくれている柊平は、
実は左目が見えていない。
原因となったのは、子どもの頃のトモとの喧嘩の時の事故。
そしてそれに引きずられるように、残された右目の視力を少しずつ落ちている。
柊平の失明に、トモはずっと負い目を感じている。
一方の柊平は、自分にも非はあったと本気で思い、
トモの負担にならないように気をつけてもいる。
そんなお互いを思いやっている二人の気持ちは、友情というにはあまりに強い。

トモは自分の柊平への恋心をを自覚していて、後ろめたさを感じている。
しかし、自覚はないまでも柊平もまたトモしか見えないのが読者にはよく分かる。
分かるが、トモには分からない。

側にいられるだけでいい、決して気持ちは告げないと思うトモがいじらしい。
ある時隣続きで寝ていた柊平に、思わずキスをしてしまうトモ。
あまりに真剣で震えていた彼に、その真摯な想いが分かってしまったから、
寝たふりをするしかなかった柊平…

ちょっと歪んでいて、でも本当は弟想いで、そしてこちらこそが現実的な兄に
柊平への想いを糾弾されて、「柊平にバレてないよね大丈夫だよね」と縋るトモが切ない。

キスをされてトモの気持ちを知った柊平は、初めて自分の本当の気持ちに向かい合う。
失明しても泣かなかった柊平は、トモが離れてしまうかもしれないと聞いて泣く…

柊平の家族が、素敵過ぎる。
さっさとトモとのことをカミングアウトしちゃった息子を、あっけらかんと受け入れる家族達。
それなりの葛藤もあるのかもしれないが、でも家族はいつでも一番の味方だという。
確かにこんな家の子になりたいと思うよね?

BLというよりは、青年誌に載っていても違和感がないような、そんな物語だった。
色恋に縁のなかった男の子同士が、かけがえのない相手を不器用に大切に思う気持ち。
もどかしくて、でも暖かい、そんな思いで胸が一杯になる一冊です。

トモは、柊平の友達じゃなくなった。
なくなったけれど代わりに、夢見ていたもっと近しい存在になれたんだね!

7

いいものは、いい。

BL本に求めるもの、自分は色々あります。
いい男がでてくるのがいい、とか、
気持ちよさそうなエッチが見たい、とか、
線の細い雰囲気のある絵が好き、とか。

この本は、正直どれも当てはまらないのですが、それでも多分ずっと手元に置いておくと思います。
ボーイズラブというより、ヒューマンラブっぽい、なんだかそんな印象を受けました。

相手が魅力的でヤりたくなる……という、よくあるBLの流れはこの本にはありません。
「あ、硬くなってる…」的なシーンも出てきません。
でも、……だからこそなのかな、その前段階の、
“好き、このまま一緒に居たい”
その気持ちがずっしりと伝わって、愛おしくて、この作品に魅了されたのだと思います。
そして、脇を固めるキャラも生き生きとしていて、爽やかな空気で本が満ちていたのも素敵でした。


幼馴染みの柊平に、子供の時に怪我をさせてしまった、トモ。
それでも、柊平も柊平の家族も変わらずに、トモを受け入れて優しくしてくれていた。
それがとてもありがたくて、トモは柊平を好きなだけで、一緒に居られるだけで幸せを感じている。

トモは、母続き親が男を作って出て行ってしまい、高校生で寂しく一人暮らし。
対して柊平は、大家族でわいわい賑やかに生活し、
長男でもないのに一番皆に頼られながら、それが当たり前のように世話を焼いている。
その家庭環境の違いが、ふたりを尚更惹き付けている様子が丁寧に描かれていきます。

柊平の温かな家族の雰囲気がよく伝わって、寂しいトモがその中に居たいと願うのも、
だからこそ柊平への気持ちを抑えたいのもよく分かって、……切ないです。
柊平も柊平の家族も、トモにとっては大切な自分の一部。
だからこのままがいい……、そう強く思ってしまう。
でも、柊平の優しい言動に我慢ができなくなって、
遂にトモはそっと、少しのアクションを起こしてしまうのです……


柊平の人としての魅力と、
彼を作った家族の魅力とに、心がじんわり。

正直、萌えやすい絵ではないと思いますし、好き嫌いがわかれそう。
でも、心に残る作品を読みたい、人の温かさに触れたい、そんな時にはぜひ手に取ってほしい一冊です。

15

江名

ぐまぐまさん、はじめまして~
コメントありがとうございます(*^^*)

拙いレビューを読んでいただけるだけでも感謝なのに、感動とか、早速読もうと…とか、
もったいないほどの素敵なお言葉……本当にありがとうございます!!

この本は、本屋で表紙がキラキラしておりまして、思わずレジに連れて行ってしまったのですが、
買ってよかったです~~☆
ぐまぐまさんの心の琴線にも触れるといいなぁと思います。

トピの息子さんのお話拝見しました~、なんて優しい息子さん♪なんて素敵なご家族♪でしょう!
引き込まれて読みましたよ、ぐまぐまさんのレビューも読んでみたいって思いました(^▽^)

ぐまぐま

すいません。江名さんのこのコメントを読んで、なぜかじんわり…と感動してしまいました(笑)。

作品の良さが十分に伝わります。

さっそく買って読もうと思います。

人は恋すると臆病になりますよね。

幼なじみで友人同士、そしてただの友人よりも深い繋がりも垣間見える。
それは恋愛では無くて、柊平に対してのトモの負い目にも感じられる切なさです。
子供の頃にトモの不注意で、片目が見えなくなると言う怪我を負ってしまった柊平。
普通の話なら、そこから疎遠になるか、憎まれるか恨まれるかなのですが、
このお話は、怪我をさせたトモを柊平本人はおろか、その家族まで一切何も言わない。
それが、本気でそう思っているような設定で、トモの複雑な家庭環境のせいもあり
柊平の家族はトモを既に疑似家族認定しているのですよ。
過去の負い目も許され、温かい家族に気にかけてもらい、それ以上は望んだらいけないと
トモは柊平の事を好きになってしまった気持ちをひた隠し、苦しい片思いを続けてる。

柊平に全てを許されているトモは、ただ一緒にいれるだけで満足しなければ、
これ以上はバチがあたるくらいの気持ちで傍にいるのですが、次第に柊平への思いが
溢れて、こっそり眠っている柊平にキスしちゃう。
そこから相手も気が付き、互いに相愛の気持ちを抱いている事が感じられるけれど、
今まで何でも知っていると思って続きいた友人同士だから逆に好きが入って、
今までのような態度が取れなくなり、すれ違ってしまったりする。
さらに、トモの怖い兄が何気に毒を吐くのですが、その毒の方が当たり前かもなんて
思ってしまう私は善人にはなれないなぁ~なんて思いながら読んでました。
内容的にはシリアスな面と、ほのぼのした家族愛なんかも絡めていて、
まとまりのある素敵な作品だと思いました。

7

友達というか、恋人というか。

購入のきっかけは帯ホイホイです。なんせ新井サチさんですからねぇ。
新井サチさんもコミカルでありながら純粋な思いを感じる作品が多い方ですが、
この本もエロ要素のない純愛ものです。少し重めですけど。

でも、幼いころに負わせた怪我に対する負い目というのが背後に常に漂うので
みずみずしい、というより重い感じがするんですよね・・・。
表紙の笑顔は清々しいですが全般的に二人の苦悩が見て取れます。
柊平を筆頭に、目つきの悪いキャラクター多いしなぁ・・・。

普段軽いBLばっかり読んでるとこういう友人からの脱却?がここまで重かったっけ・・・とふと振り返りたくなります。

9

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ