あまくてしんじゃうよ

amakute shinjauyo

あまくてしんじゃうよ
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神12
  • 萌×216
  • 萌15
  • 中立6
  • しゅみじゃない18

--

レビュー数
15
得点
175
評価数
67件
平均
3 / 5
神率
17.9%
著者
 
媒体
コミック
出版社
リブレ
シリーズ
ビーボーイコミックスDX(コミック・リブレ)
発売日
価格
¥629(税抜)  ¥679(税込)
ISBN
9784799711972

あらすじ

マジメすぎる風紀委員の幼なじみを、不良達から守っているちひろ。
でも、ブルマをはかされ監禁されてる姿に、助けに来たはずが欲情してしまい…!?
だって、ずっと好きだったんだから、こんなの我慢できるはずないよ――!?

表題作他、体ばかり求めてくる恋人を信じられなくて・・・
でも淫乱なふりで誘い続けるしかない、一生懸命背伸びの恋?など、
どれもトロける可愛さ、エロシチュエーション読みきり集。
ひみつの描きおろし付き!

(出版社より)

表題作あまくてしんじゃうよ

幼馴染の高校生 ちひろ
風紀委員の高校生 直人

同時収録作品願わくば恋もろとも

まさき
ひかる

同時収録作品明日晴れるかな

安藤夢路 三浪中の浪人生
修一郎 理科大の大学生で隣人

同時収録作品春のメランコリック/きっと全部キミのせい

鎌ヶ谷行宏 大学生
由乃春人 大学生

その他の収録作品

  • とじこめたいな
  • とじこめたいな~文化祭編~
  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数15

これぞ小嶋ララ子ワールド!!

大好きなララ子先生の中でも上位に入る作品です!
ちひろの直人への溺愛っぷりにもうニヤニヤしてしまいますし、直人ももう可愛すぎだろ…と。これぞララ子先生や!と(笑)
ストーリーも面白いのですが、ストーリーの深さを求める方や可愛すぎる受けを苦手をする方にはあまりオススメは出来ないかもしれません^^;
本作はララ子先生ファンのためによる物なのでは??と思ってしまいました(あくまで個人的見解です)
ララ子先生の作品の中では確かにストーリーが深くない方なので意見の二極化には賛成なのですが、これをララ子先生作品の初!にしようとしている方には他の作品も読んでいただきたいなーと思ってしまいます^^;
もちろん!あまあまでエロエロで可愛い絵柄が好きな方にはオススメですが!

0

短編

なんだか評価が二分化しているようですが
個人的な感想でいえば、ふわっと甘くて当社比エロ多め。
思わずほおが緩んでしまう。
絵柄のせいもあるとおもうのだけれど思わずほっこりしてしまう作品でした。
や、よくみたら意外とピンポイントでダメな人はダメなこと
やってる気がしなくもないですがw

☆表題
なんだかんだで最初のはレイプだろ・・と思わなくもないのだけれど
恥ずかしくて目をみられなくて、そっけなくしてしまう受がなんだか可愛かった。エロいねだり方もGOOD!
最終二人が好きあっていればどんなでもいいと思うの。
笑った二人の顔が好き。

☆メランコリック~
受ががんばっちゃってるのかなと思ったら
その後の種明かし。
実は攻もガッツリがんばってたとか萌えますな。
がんばってエロい方向でさそってくる受。
がんばってがんばっての視線で見るシーンと
好きでなんとかしたいと思ってた子が思いがけず・・とみる攻視点
どちらで見ても美味しいなと思ってしまった。
せっかくなら最初は青姦でなくしてやれよ。とは思うのだけれど。

☆願わくば~
ゲテモノ趣味。
公園続きのトイレでオッサン嵌めた後のラブHな展開。
そういう趣味と割り切るか否か。
攻に満たしてほしいと泣きながらすがる受はカワイイ。
カワイイ二人の絡みがまたかわいい。
のだけれど、さっきまでオッサンに嵌めてたチン子をと思うと
素直にキュンができない。なぜかそこがツボでしたw
今回ショートでしたが、長編でその手の胸もやな作品が読みたいな~(ぇ

1

エロくてしんじゃうよ?

題名から甘々なのを期待して、手に取った作品です。でも、意外とエロエロで驚いたし、死んじゃうほどの甘さはなかったです。

いくつか短編が収録されてるんだけど、好きだったお話は、『あした晴れるかな』です。相手の母親と弟の前で、大切な人になりたい宣言にキュンとなります。
反対に苦手だったのは、「願わくば恋もろとも』です。どうして好きで付き合ってる2人が、間にオヤジを挟んでエッチしなくちゃいけないんだろうと…。愛のないエッチは、本当に苦手です。
可愛い絵に反してエロエロだったギャップも、萌えれませんでした。

4

あまくはないよね…

小嶋さんて何となく痛い話が多い気がしてあまり手に取ることはないのですが、その小嶋さんが甘い話を書いたのか~と思い読んでみました。

短編集なのでいろいろなお話が入っていますが、全体的にエロい!でも甘くはない気がする…。

「とじこめたいな」
お互い相手の気持ちに気づいていないだけでちゃんと両思いなんですけどね、初めてでそんなに簡単に気持ちよくなったりしないだろ!とかね、そもそも直人くんは手を縛られてたんだよね。何で途中で縛られてた手が自由になってるの?とかね、友達の部屋で勝手に布団に入って自分でしてるとかね、ありえない、なんだそれ、とか突っ込みどころが多くていまいち感情移入できませんでした。

「春のメランコリック」
受けの春くんは健気で可愛い。攻めのユキのことが好きで、一生懸命で。でもユキがちょっと…。初めてがアオカンとか、春くんに好きって言わないところとか、女の子の容姿をほめるとか…。個人的に苦手な攻めくんでした。好きならもうちょっと大事にしてほしいなとかいろいろ思いつつ。

「あした晴れるかな」
受けの修一郎くんが良いです。ああいう研究バカみたいな人って好き続きだなあ。すれてないし、純情くんて感じで。対して攻めの夢路はちょいとネガティブすぎかなあ。あんなにいい家族なのに、勝手に誤解してお母さんが可哀想って思ってしまった。でもこの二人のもじもじ加減が非常に可愛らしかったです。

「願わくば恋もろとも」
う~ん、ごめんなさい。この方のこういう痛い話ってホント苦手です…。もう少し、お互いに自分と相手を大事にしてほしいな、と。

個人的に身体先行の関係が好きじゃないってこともあると思うのですが、そんなに簡単にしちゃっていいの?って思ってしまった。どの話もとりあえず体を繋いじゃえばいい、みたいな感じがして、ごめんなさい、いまいち萌えきれませんでした。

5

えろあまかわゆい

明日晴れるかな以外は全部エロエロでしたねー。ララ子さんの受けは可愛くて淫乱で好きです。ちょっと可愛すぎちゃうかもしれないので苦手な方は苦手かも。体育倉庫での制服x体操着プレイも良かったのですが、春のメランコリックのアオ○ンプレイは超えろいです。てか最後の二ページ以外ずっとセックスシーンです 笑
お話自体はそんなに長くないですけどね。

願わくば恋もろともは発展場でおやじ遊びをするカップルの話。えろくて良い感じに病んでて好きです。「なにそれ泣けるじゃん、さ、もう寝よ寝よ」と笑いながら布団に入って泣いている姿がなんか切ない。たぶんえんこうしてるとかで、やめたくてもやめられないというところなんでしょうか。そこのところは詳しく書いてなかったんですが、一種の依存と、汚れてしまった悲しみが伝わりました。

3

超あまあまな展開

小嶋さんの作品ってどことなく暗くて重い感じの話が多いような気がしましたが、この作品は、そんなことは全然なくて、かわりに超あまあまでした。
タイトル通りに本当に「あまくてしんじゃうよ」って感じでした。

どの作品もあまあまで「とじこめたいな」と「春のメランコリック」はあまあま+エロエロで満足のいく作品で萌×2にしちゃいました。

「願わくは・・・」は受けとおっさんのHを攻めが見ているって言う作品で、ちょっと私的には満足しない感じが。。。

2

げふっ★

タイトル通り、砂を吐いてもまだ足りないほどのあまさでした。
なんだろう、チョコレートケーキの上に砂糖掛けしてさらにマロングラッセとシロップをかけたような。一かじりで虫歯になっちゃいそうな。甘さが濃い!

焦点は「いちゃいちゃしたい!」「あまあましたい!」という衝動を描くことにあるのかな?お話や設定はまぁ、スパイス?飾り?みたいな。
どれだけバカップルになってどれだけスキスキさせられるか!?にチャレンジした作品のように思えました。とにかく糖分を摂取したい!!という時にお勧めです。

特集エロ用に書かれたものだそうで、エロエロです。初読みにはお勧めできません。一本だけ少しほろ苦い「願わくば恋もろとも」というお話が入っていますが、こんな感じで少しダークさがあって意外な展開をするのがララ子さんの真価だと思います。だからこれだけで敬遠するのはもったいないので、いくつかほかのお話を読んでからのほうがいいかと。(これに出てくるカップルも、スキが高じて大概どうかしていますけれども)

これは、一冊を一気に読むものではなくて、一話ずつをたまーに糖分補給として読むのが私的にはベストです。
続き

倒れそうなくらい甘かったけど、はまるとやめられないです(笑)

2

絵がかわいい・・・

絵がカワイイのとタイトルから中を期待して買って失敗。
初読みのかたです。
あまあま、らぶらぶ、ふわふわ、そんな感じでした。
内容はないような?
萌どころをさがすのがキビシかった。
特にとじこめたいなという作品が一番ひどかったです。
意味がつかめませんでした。
そういう一種のプレイなんだと思って読もうとしましたが、
私には理解不能でした!
でも絵はカワイイので気に入ってます。
ごめんなさい、お話が私には合いませんでした。

3

全体的にあぼ~ん

『とじこめたいな』は何一つ共感出来ない作品でした。
甘くもない、エロくもない、意味不明、萌えない!
受けさんは不良たちから嫌がらせを受けて体操服&ブルマを着させられ、後ろ手にしばられて体育館倉庫に閉じ込められています。そこに攻めさんが助けにきてついでにHして、H中に受けさんが攻めさんに好きと告白。
この展開何が描きたいのかサッパリでした。
最終的に付き合うことになる二人ですが、あのイジメは何だったのかと。後にその話が出てくるわけでもないので、何の伏線にもなっておらず、意味がない冒頭でした。さすがにブルマをはかせるとか、現実にやったら冗談ではすまされない行為です。完全なイジメです。もちろんそういう表現が全部いけないと言っているのではないです。必要な表現ならあっても変に思いません。でもあえて入れる必要があったかどうかは大いに疑問です。それに重大な事柄を軽く軽くやりすごしていく描き方にも疑問。どうせなら、色んな立場の読者がいる事を考えてイジメ表現はやめるべきだったと思います。

『あした晴れるかな』
同時収録作品の中で一番好きでした。
受けさんが骸骨を背負ってるトンチキ系なんですが、自分はド続きクロが大丈夫な人なので全く問題なく読めました。
しかも受けさんは、解剖と科学にしか興味のないいわゆる研究者タイプで、
典型的な世間知らず、人慣れしていないピュアな子で、
そういうところがまた好き設定でした。素直に楽しめたし、可愛いな~と思えた作品でした。


しかしこの本、好きな作品と嫌いな作品両方がはいっているという、
私にとって評価に困る本でした。

「とじこめたいな」は趣味じゃない×100
同時収録作品「あした晴れるかな」は萌萌×1

で趣味じゃない評価になりました。

9

イラストに反して怖かった

ララ子さんの描くチビキャラとってもかわいいです

お腹がまるくて頭も丸い
幼少期やチビ化したイラスト大好きです

この作品は幼馴染の2人の話です

はじまりから、女子の体操着を着せられ手首を後ろ手で縛られている・・・というシーン
これにかなり気持ち悪いと
感じてしまいまして

悪ふざけじゃすまなくないですか?作品にそれを言ってはいけないのだとは思いますが
笑ってスルーできる気分には
どうしてもなれず
気持ちの切り替えができずに
終わりました

すみません
他にも短編がはいっています

イラストは可愛くてほんわかしていますし、はかなげな可愛さと
純情な可愛さが各キャラにはあるのですが、設定がそれぞれ
黒く重い部分がエロとつながっていて
切なくなりました

キュンとする切なさではなく
ツーンとする切なさでした
辛い・・・・

5

甘くも死にもしない

この表紙にこのタイトル。小嶋ララ子先生への信用度……

期待して買ったのに100%裏切られてしまった!
エロいのか?コレ……全くエロく感じなかったぞ。
無理矢理っつうかわざとらしいっていうか
とにかく、嫌悪感出てくるくらい合わなくて
途中で本をパタンと閉じてしまった。
珍しく一気読み出来なかった作品。

どの辺が甘いのかも分からなかった。

甘さって言っても色々ある。胸やけするような甘さは求めてない!
キュンキュンってヤツが欲しいのにね。
それだけで甘いイチゴが理想なのに練乳大量にぶっかけて
砂糖まぶしたような話はいらないです。
練乳かければエロ甘になるなんて単純発想には胸やけなう。

6

エロ短編集

こちらも「ねこの嫁入り」と同じく、表紙に惹かれ購入。
エッチなお話が多めの短編集です。
といっても色気もエロくも感じませんでしたが……。

頑張って淫乱なふりをしている受けは可愛いのかもしれませんが、
キャラクター、特に受けは男に見えないような子ばかりですし、絵も不安定で、
身体のバランスが悪いのが気になってしまいます。

かといって中身や内容が濃いわけでもなく、心理描写も殆ど印象に残らず、
ただ単にイチャイチャしているだけ、という印象を受けました。
雰囲気は可愛いけれど、ただそれだけ、というか、わざとらしく感じてしまい、
絵もストーリーも楽しめませんでした……。

7

かわいいエッチす

b-boyキューブ掲載作品が多いのでエロ多めなんですが、これがまたかわいいエロすなんです♪
何が一番エロいかって「お●ん●ん」って呼ぶから!
こんなショタショタしい受けちゃんから「お●ん●んで乳首いじって~」なんてセリフが飛び出した暁には!
葉月つやこ作品ですか?これは(爆!)
せっかくそんなセリフがあるのに行為表現はなくてガッカリwww
さておき、ちょっぴり切ないモノもありながらも全編”性春”な、キュンがいっぱいつまったララ子作品は必見!
でも、実際のところエッチばかりやってはいるけれど、この言葉がエロいだけで、よく見ると”いやらしい”エロではないのです。
そうjuneのエロエロとは全然違うのですから。
そう、「エッチ」っていう言葉がぴったりかな?

幼馴染が両思いだった話
片想いしていて、酔いにあかせて誘う主人公が、相手から好きになってもらいたいと思う話。
優秀な弟にコンプレックスを持つ3浪生が隣りの大学生を好きになっちゃう話。
(背中に背負った人骨模型が♪)
セフレ同士で、セックスの遊びをしている関係だけど、本当はそこには・・・なちょっと切ない話。
続き
そんな短編がたくさん詰まってます。
門地かおりさんのショタ系の匂いもします。

4

えっろ!!

可愛らしい絵柄のララ子さんがエロをお描きになると
なんとなくショタっぽく思えてしょうがないのは
私だけなんでしょうか…。
しかし、無理矢理な行為でもないし、
攻めの過剰なまでの愛が感じられるので許容範囲なのかもしれません。
(偉そうですみません;)

まさかのそういうお話!?だったのは
『願わくば恋もろとも』。
お互い好きで付きあってるというのに、
ハッテン場の公園の公衆トイレで
おっさんに挿入されているのを恋人・ひかるに見られながら達するまさき。
その後はそのおっさんにひかるが入ります。(描写はなかったけど)
愛のない行為の後に、二人でするセックスがたまらないという二人。
ひかるはまさきが、まさきはひかるが、ただ一人好きでしょうがないのに
きっとこんな遊びをまだまだ止められない。
私自身では理解出来ない分、印象に残る短編でした。
そうする事で、お互いの愛を確かめてるのかなぁ…なんて。
気持ち良いのは良いことだけど……。
愛って他人が理解し得ない何かがあるんだと思いました。

そういえば、結構ララ子さんて変わり者キャラをお描きになるんだと
続き気が付きましたw

可愛いから、だまされそうになるw
(いや、ララ子さんは騙そうとしているわけじゃないんですけども!)


2

前編あまぁ~い

タイトルは丸ごと1冊の雰囲気を例えたような感じでしょうか。
「とじこめたいな」は風紀委員の受け様と幼なじみで同級生の攻め様とのラブ。
風紀委員の受け様はたちの悪い生徒に嫌がらせのように体育館倉庫に閉じ込められ
女物の体操着姿にさせられていたところを攻め様に助けられるが、
その姿に思わず萌えて、興奮しちゃった攻め様が受け様を抱いてしまう。
半分騙すような形でエロしちゃうけど、無理やりと言う感じではなくて、お互いが
相愛で、キッカケを得た感じですね。
二人とも持て余す若き欲情がムンムンしてる甘くエロ可愛いお話です。

春のメランコリック / きっと全部キミのせい は、
大学の同じサークル仲間の二人がサークルの花見でキスしてから付き合うようになり、
初めてのHがアオカンなんてエロ重視の全編に後半は、エロが先行してしまう事に
始めに誘いをかけた受け様ですが、ホントは1年も前から片思いをしていた為に
自分の攻め様が本当に好きだと言う気持ちが伝わっていなくて、エロだけなのかと
悩んで擦れ違い気味になるお話ですが、やっぱり甘い内容です。

明日晴れるかな は、浪人生と続きちょっとオタク気味の大学生とのアパート隣人同士の
恋のお話、攻め様の浪人生活や実家とのこだわり、受け様のオタク的な可愛さと
不器用でピュアな恋のお話です。

願わくば恋もろとも は、作品の中では、パッと見全然甘くなくて痛い感じかも。
お互いにゲテモノ好みみたいな感じでハッテン場の公園トイレで見知らぬオジサンと
エロ遊びをしているのですが、それでも恋人同士と言うお話。
貞操観念を重視されるような方にはちょっぴりダメなお話かも。
それでも、根底に流れているのは、やはり甘い繋がりです。

3

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ