オレの愛を舐めんなよ

ore no ai wo namennayo

オレの愛を舐めんなよ
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌0
  • 中立1
  • しゅみじゃない2

--

レビュー数
1
得点
1
評価数
3件
平均
1.3 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
徳間書店
シリーズ
キャラ文庫(小説・徳間書店)
発売日
価格
¥590(税抜)  ¥637(税込)
ISBN
9784199006821

あらすじ

レストラン支配人の野々宮(ののみや)の悩みは、九歳年下の幼なじみで標(しるべ)グループの御曹司の覇王(はおう)だ。事故で両親を亡くした野々宮は、覇王の遊び相手として標家に引き取られた。昔は天使のように可愛らしかった幼なじみも、十九歳になった今は唯我独尊で傍若無人なオレ様男に成長! レストランに来ては野々宮に絡んできたり、冷たくあしらえば拗ねてみたり…。そんな覇王に呆れつつ、なぜか突き離せなくて…?

(出版社より)

表題作オレの愛を舐めんなよ

標覇王 標グループ御曹司 19才
野々宮将史 標グループレストラン支配人 27才

評価・レビューする

レビュー投稿数1

この攻め様は・・・頂けないなぁ

個人的には申し訳ないけれど非常に読み辛いと感じるストーリー構成でしたね。
受け様の回想録と現在の攻め様と受け様とのやり取りが読みづらい。
8才年上の受け様の家族に対する僻み根性も好きになれない。
別に僻みが在っても全然いいのだけど、あまりに感情の起伏が無くてつまらない人。
受け様に対しては残念ながら魅力を感じる事が出来なかったです。

そして攻め様なのですが・・・こちらにも残念ながら・・・
あらすじに唯我独尊、傍若無人と攻め様の事を評しているのですが、それにも違和感。
単なる我儘で癇癪持ちの悪ガキにしか見えないし、セレブのボンボンなのに言葉使いが
攻め様のバックグラウンドと噛み合っていない違和感があります。

両親を事故で亡くし、父親の友人に引き取られ、善意で引き取ってもらったと思いながらも
素直に甘える事も出来ず、表面的には良い子でいながらも、性格的に卑屈気味で
そんな受け様が唯一心を和ませる相手が8才下の攻め様で、攻め様に執着してしまうのが
怖い思いから家を出て、攻め様はじっと受け様が大好きで慕っていたので受け様に
捨てられたと思っている。
数年たっ続きて攻め様が大学生になって一人暮らしを始めると受け様の店に毎日通う。
そこで素直でない愛情表現をしてる攻め様と切り捨てられない受け様。
そして受け様も思いを自覚して二人はハッピーエンド、ってストーリー。
でもね、淡々とした受け様視点で描かれているから面白くない。
攻め様の愛情を表現してる場面でも、子供の我儘みたいで愛が感じられない。
二人が抱き合う段階になるまで受け様が一人で自身を細かく分析解析して結果好きだと
認めて、抱き合う結果になりますが、タイトルの過激な文言の愛が感じられないです。
ちょっぴり残念なストーリーでした。

1

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ