初恋のかえる場所

hatsukoi no kaeru basho

初恋のかえる場所
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌0
  • 中立2
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
2
評価数
2件
平均
2 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
心交社
シリーズ
ショコラ文庫(小説・心交社)
発売日
価格
¥581(税抜)  ¥627(税込)
ISBN
9784778113193

あらすじ

十歳で天涯孤独となった西条凛は、両親が働いていたブラフォード伯爵家の子息、ユアンの口添えで彼付きの使用人として屋敷に置いてもらえることになる。恩義に報いるため凛が学校を卒業後、会社社長であるユアンの秘書となったある日、仕事相手の身勝手な行動で彼への縁談話を黙っていたことがばれてしまう。自分の縁談に何も思わないのかと責められ凛が戸惑いを見せると、なぜかユアンはキスを仕掛けてきて――。

(出版社より)

表題作初恋のかえる場所

ユアン 貴族で親族経営グループ会社の社長 28才
西条凛 両親亡き後ユアンの使用人で社長秘書 25才

その他の収録作品

  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数1

思いに気が付くまで

会社では社長と秘書、自宅では主と使用人と言う関係で15年仕えてきた受け様。
受け様の両親が亡くなって孤児になった受け様を両親に頼み引き取ってもらい、
自分専属の使用人&補佐として共に暮らして来た二人。
受け様にとって攻め様は、自分を救ってくれた神様にも近い、絶対的な存在で、
攻め様の為に自分はいる、なんて思うくらい健気さんです。
だから、尊敬や感謝、絶対的な君主だと思いながら傍にいるから、自分自身の本当の
気持ちに気が付かないで、攻め様の側にいるのですが、攻め様の女性関係や結婚話と
訳も解らず心に靄がかかるような胸の痛みを感じるのですが、それでも気が付かない。
身分的な事もあって、無意識で自分の気持ちを押し殺して仕えている感じでした。

そんな時に攻め様の結婚話が持ち上がり、受け様はその事を攻め様の両親に聞かされ
攻め様には話さないように言われ、その事が攻め様にバレ、攻め様に隠し事をしていたと
攻め様の怒りをかい、何故か攻め様に押し倒されて抱かれてしまう。
攻め様は、受け様に対してかなり執着していて、自分のものだと・・・
でも、受け様は攻め様の八つ当たりか、続き結婚が決まるまでの遊びなのだと思っていて、
それでも、攻め様を神とも恩人とも思っているから、戸惑いはあっても喜んで抱かれる。

受け様は自分の気持ちだけでなく、攻め様の気持ちにすら気が付いていなくて、
攻め様は受け様が思いを自覚するまで本当は待っていたんですよね。
でも受け様が攻め様の結婚話を後押しするような事になり、埒があかないと強硬手段。
それが、更に誤解を招いて、更に受け様は家の執事から二人の関係に気づかれ、
攻め様から離れるように言われ、攻め様の将来を考え黙って姿を消す。

受け様にとって攻め様は初恋の人なのですが、主従関係と言う形になってしまい、
ただ、好きだと言う感情を主従愛に置き換えてしまった事ですれ違ってしまう。
端から相愛なのですが、主従関係に恋が隠れてしまった感じです。
最後は何となくハッピーって形で終わっていますが、これからの苦難を感じさせるような
ラストでもありました。

0

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ