「飴色パラドックス2」ディアプラス・コミックスおまけペーパー

ameiro paradox 2 dear plus comics paper

糖稀色相悖论

「飴色パラドックス2」ディアプラス・コミックスおまけペーパー
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×21
  • 萌0
  • 中立1
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
2
得点
5
評価数
2件
平均
3 / 5
神率
0%
著者
 
媒体
GOODS
出版社
新書館
出版月
価格
非売品
付いてきた作品(特典の場合)
飴色パラドックス2

評価・レビューする

レビュー投稿数2

本当は関西出身です・・・

B5サイズ、片面印刷です。
蕪木が実は関西出身設定だったという事で、蕪木の関西弁というのがテーマになっている4コマ、二本立てになっています。

以下、内容になります
「関西から来ました」
1コマ目:蕪木が実は関西出身設定との事で、関西弁実はしゃべれます・・・な蕪木。いつもはしゃべらないけどしゃべれるよ・・・と関西弁でしゃべると・・・

2コマ目:変!!と言う尾上
それに対して、何が変やねん・・・と答える蕪木、そしてむしろ標準語しゃべっているニィの方がキモイ・・・という妹

3コマ目:標準語をしゃべっているとキモイと妹に言われた蕪木、妹と喧嘩勃発!
それを見て慌てた尾上、飴を取り出して、まぁまぁこれでも食べて落ち着いて・・・と仲裁に入ります

4コマ目:飴を見た蕪木兄妹、即座に「アメちゃん?」と言います。
そこに作者からのコメントが・・・作者様的には作中で「飴ちゃん」を言わせたかったけれども、叶わなかったんだそうです。
あと、関西人が飴にちゃんをつるのはギャグでもなんでもなくて、関西人にとってアメちゃんはアメちゃんなのだ・・・とのコメントも添えられていました続き


「ついでに関西弁で攻めとこかー」
1コマ目:上半身裸の蕪木が上から覗き込むような感じで、「何隠してんねん」

2コマ目:ベッドの上で顔を真っ赤にして、自分のシャツの襟元をぎゅっと押さえる尾上・・・
そんな尾上に対して、「はよ脱げや」「今さら照れることないやろ」と関西弁攻撃を続ける蕪木

3コマ目:背後から尾上のシャツに下から手を突っ込んで胸をまさぐりつつ、「どうしたんや?いつもと反応ちゃうな」と言う蕪木
もう尾上真っ赤になり過ぎです・・・

4コマ目:なんか違う人とやってるみたいでいやだ・・・と照れまくっている尾上
関西弁プレイは、新しいプレイに組み込まれたそうです・・・

4コマ目:

1

蕪木、卑怯です!

何がって、関西弁ー!!!
ずるい、ずるいよ!!
ただでさえかっこいいのに、+関西弁!!
飴ちゃんて言うんだもんなー。
なんで“ちゃん”なのか、それこそ東北人にはわからない…。
「飴ちゃんは飴ちゃんやんか!」とか言われそう。言わないですかね。

そして関西弁でベッドで攻めるて!!
そりゃプレイの一環かもですねw
いいじゃない、尾上。
違うヤツとやってるみたいな背徳感で
いつもよりもっと気持ち良くなっちゃいなよ!(←?)

関西弁って、本当にアメージング……。
普段何言ってても漫才に聞こえるし(関西の方、申し訳ありません)
あまりタイプじゃない人でも、何割増しにもなってしまう気が。

だから、生まれ変わったら、
絶対男で関西方面に住むんだ!!!
…つい、憧れてしまいます…。

1

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ