王と夜啼鳥 FLESH&BLOOD外伝

ou to nightingale

王と夜啼鳥 FLESH&BLOOD外伝
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神15
  • 萌×25
  • 萌1
  • 中立2
  • しゅみじゃない2

--

レビュー数
6
得点
100
評価数
25件
平均
4.2 / 5
神率
60%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
徳間書店
シリーズ
発売日
価格
¥1,400(税抜)  ¥1,512(税込)
ISBN
9784198635008

あらすじ

ビセンテに拉致され、フェリペ2世のいる王宮で暮らす海斗(かいと)。過保護で優しいビセンテとレオに守られ、憎い敵とわかっていても、二人に冷たくできない。そんな時、レオが貴族の子弟たちが通う剣技学校で差別を受けて、 ダンスを教えてもらえないと知ってしまう。憤る海斗は、夜会で披露するダンスを、アロンソと一緒に教えることになり…!? 昼は、ビセンテやアロンソたちと稽古に励み、夜は、頭痛で眠れない王のために、海賊たちの活躍を語り聞かせる──。 海斗が夏のスペインで過ごした、ジェフリーには秘密のエピソード満載!! オール書き下ろしで贈る、待望のシリーズ外伝!!  

(出版社より)

表題作王と夜啼鳥 FLESH&BLOOD外伝

海賊船の船長・ジェフリー・ロックフォード
現代からタイムスリップした高校生・東郷海斗

評価・レビューする

レビュー投稿数6

思い出すと切なくなる楽園での記憶

大きなサイズだしちょっとお高めだし、、、とは思いましたが、スペイン組とのひとときの思い出を是非読みたくて手に取りました。
カバーイラストもすごく素敵です。

これを読むとスペインの斜陽や戦いで傷ついていく人たちのことが哀れでなりません。
カイトが彼らと個人的に知り合い優しさや戦う理由や想いを知ると余計辛くなります。
好きになりたくないという気持ちがよく伝わってきます。

ビセンテだけじゃなくアロンソやフェリペ2世、レオまでがカイトを幼子のようにかわいがり甘やかせてるようです。

対戦時にはきっとカイトも苦しむだろうなと思いますが、史実と差異があるFLESH&BLOODの世界で彼らがどうなっていくのか見守っていきたいと思います。

2

本編のファンならば必読

拉致されてスペインに連れて行かれた海斗が、
エル・エスコリアル宮殿で不眠症のフェリペ二世の為に
寝物語を語る……ということで、描かれるイングランドでの出来事。

BLらしさを求めると全くの肩すかしだが、軽い読み物としてはそこそこ面白く、
何より本編のファンであれば、ここで語られるスペイン側の人物像によって
物語全体に大きく膨らみが増すことだろう。

不器用だが実はまっすぐで情熱的なビセンテの優しさ、
勝ち気で健気なレオの可愛らしさ、
寵臣アロンソ・デ・レイバの陽気で強かな男らしさ。

敵国であっても、親しく共に過ごすうちに見えてくる彼らの素顔は魅力的で
そんな彼らを悲惨な末路が分かっている海戦に送りだす海斗の辛さと葛藤は、
そのまま読者の思いとなる。

そして、日の沈まぬ国に君臨するフェリペ二世の孤独。
最後に語られるフェリペ二世の思いに、思わず涙が出てしまった……。

美しいカラーも、スペインの影を思わせる仄暗いモノクロも
共に挿絵が美しい。

ということで素晴らしかったのだけれど、いかんせん値段が高いのと
シリーズで並べた時に一冊だけサ続きイズが違うというのが好きじゃない。
(画集なら別だが……)
ということで、その分減点で評価は「萌」×2。


4

サイドストーリー

いいお話でした。
でも、BLでもないし、ロマンスでもないし、FBファンじゃないと手に取らないだろうなあというエピソード。

主人公であるカイトの葛藤はわかるけど、この一冊で何度も繰り返されるので、ちょっとうざかったかも。

あと表紙と口絵のカラーは、とてもきれいでよかったです
はんたいに、モノクロのイラストは、暗くて重くて、あまり好きではないかも。
特に、最後の見開きのイラストは、おはなしがはればれとした朝のシーンで終わっているのに、空が黒くて不吉な感じに見えました。それも、この後のアルマダの海戦での敗北を暗示してるのかもしれませんが、後味、読後感がよくなかったので残念。

ともあれ、このシリーズは好きなので、同人のような入手が限られるものではなく、こういった形でサイドストーリーが読めることはうれしいです。

3

好きになんかなりたくなかったのに…

 歴史小説を読んでいるときに誰もが感ずるだろうジレンマがあると思う。
 それは、どんなに前半楽しく読んでいても、最後、主人公たちがどうなるか歴史的事実を知っていると、後半に行くにしたがってどんどん読むのが辛くなるということだ…

 司馬遼太郎の有名な『竜馬が行く』『燃えよ剣』など、私は後半、何度挫折したかわからない。登場人物に感情移入すればするほどラストの展開に向き合うことがキツクなってしまう。
 
 まさに海斗は実体験でそれをしてしまった。
 スペインの歴史を海斗は知っている。
 彼らの最後も知っている。
 それなのに止めることはできない。
 だから、感情移入しなくて済むように親しくなんかなりたくなかったろうに。
 元来の彼の好奇心旺盛さとその裏にある孤独な魂が彼らと心を触れ合わすことを求めてしまう。やさしくて敏くて淋しがりやな海斗だからこそ。
 そしてまわりもそんな海斗をほおってはおけないのだ。

 私個人は世界史は大好きだったけれどそんなに詳しくはないので、松岡さんの書かれる世界観がどれほど史実に忠実なのかはわからないけれど。
 それでも、海斗と同じよ続きうに私自身もスペインの彼らに死んでほしくないと思ってしまった。本当に実在した彼らはもう、600年以上前にみんなとっくに神のおわします世界へと旅立っているのにね。
 
 このお話をよんでフレブラに出てくるスペイン側のみんなが、とくにスペイン王が大好きになってしまった。
 好きになりたくなどなかったのに。
 それでも読めて本当に嬉しかったし。
 読んでいる間、幸せなひと時だった。
 カバーも素敵で。
 大切な一冊になりました。

 追記
 ハードカバーになったのは、私のように数年後老眼になって小さい字が読めなくなる40歳以上の読者の為のサービスかと思った…
 そっか、売り上げ単価を上げるためだったんですよね。ハイ爺さまのレビュー拝見して初めて気がつきました。めでた過ぎる私…
 
 全プレサービスもあるので、要チェックです(*^。^*)
 

6

お値段がお高い…イラストがもっと欲しかった

もともと松岡なつき先生は長編でこそ力を発揮される方と思い、1冊完結にはさほど期待値は高くなかったこともあり(し、失礼かな?)、お話に文句はあんまりないです。
 海斗がフェリペ王に語り聞かせる、女官の失踪事件(ジェフュリー達が追うのですが)、えらいあっさり解決したなあ~とか、差別され舞踏を練習させてもらえないレオを海斗とアロンソが手助けして練習した結果、結局どうなったのかをできればスッキリさせてほしかったな、とは思います。
 でもまあ、スペイン王フェリペ2世の人柄も知れたし、まずまず…という印象でした。

~~で、でもわたしは大判で彩さんの絵を見るのを、本当ーっに楽しみにしていたので、カラー口絵は1枚、というとこで涙が出ました…。ものすごいガッカリした…。本屋でレジ済んで待てなくてすぐビニールはがして中を見た時「ウソォ?!」と、危うく座り込みそうだった。なんで?!本編の文庫でも口絵カラー絵、2枚あるではないですかっー(それでも目の正月でしたけどねっ)。カバーが裏にも続く大きな絵だったからかなあ…。で、でもアップの絵も欲しかった…。

また、このお話、外伝『女王陛下の海賊たち』続きのように文庫では、なぜだめだったの?と思いました。
評価には、内容に対する評価に加え、大判で結構なお値段ということもふくまれています。本の体裁も評価の内と思いますし(それこそレーターさんに左右されるように。)、…読み終えてまず「この本(読後の充足感の程度とくらべても)、やっぱ高いよ…」と思った、それがいつわりない本心、感想だったので。

4

じんわり涙が。

迷いましたが神で。内容はもちろんのこと、いつもながら文章と挿画の融合の素晴らしさにも深い敬意を表して。いつまでも見飽きない美しい表紙はそのまま拡大して飾っておきたいほどですが、本作の挿画もまた素晴らしいです。カラー口絵1枚(これはイングランド組3人。ただし海斗じゃなくキットで)、挿絵4枚(うち1枚は見開き。うち1枚はジェフリー&海斗)。フェリペ2世が、いかにもフェリペ2世です。そうそう、肖像画だとこんな感じだよね、という風な。むしろ肖像画よりいい男かも(笑)。とても上手に描かれていると思いました。雰囲気あります。

先生のあとがきにありますように、「もはや海斗が戻ることはない、決して戻ることのできない夏の宮殿と、そこでの日々」、スペインでの出来事が、終始海斗の視点から綴られています。先にあとがきを拝見したのですが、この部分を読んだだけでもの悲しい気持ちになりました。もちろん、海斗がイングランドに戻って来られて良かったと思うのですが、スペインの人たちもね、とても好ましい人たちだったから…。彼らの示してくれた愛情や好意、それなのに辿るであろう運命を思うと、どうして海斗が二人いないのかと続き、つい埒もないことを考えてしまいます。

剣技学校で階級の違いから差別され、舞踊を教われないレオをサポートしようと、アロンソの力を借りてビセンテ達と色々頑張ったこと、頭痛に悩まされなかなか安眠できない王の求めに応じてイングランドでの冒険活劇や昔話を語った夜のこと、虜囚生活の中でジェフリーやナイジェル、グローリア号の兄弟たちを想ってふと泣いてしまったこと、そんなスペインでの日々が3つの章立てで描写されていますが、フェリペ2世を慰撫するために請われて海斗が語ったお話として、女王の道化師だった時に起こったイングランド宮廷侍女の恋愛トラブルをジェフリー・ナイジェル・キットたちと共に解決したというものがあり、この部分だけは本編4巻辺りの裏話と言っていいのかな、イングランド組の活躍が楽しめます。そんな過去の回想の中でジェフリーと海斗がキスを交わす場面もあり、ほんのりあたたかい気持ちになれます(もちろんそのシーンは海斗の心の中でだけ思い起こされることであり、スペインの人たちに語られることはないのですが)。舞踊繋がりで全サ小冊子「遊戯」の内容も大まかな所は記述されており、読み逃した方にも結構フォローになるかと思います。拙いスペイン語の表現として、スペイン語を話している時の海斗の台詞はおなじみの全てひらがななのですが、これが何とも言えず可愛いくてですね…(〇´∀`〇)←思わずこんな顔になっちゃいます。

スペインの人たちと心ならずも楽しい時を過ごせば過ごすほど、彼らを待ち受けるであろう運命を黙っている辛さに苛まれてしまう―優しくされればされるほど、それを嬉しいと感じながらも、一方では(この人たちは敵だ、自分は好きでここに居るんじゃないんだ!)と、ふたつの気持ちの狭間で引き裂かれそうに懊悩する、そんな海斗の姿が切ないです。ダメ押しが、物語終盤で孤独な王の裡に秘められた優しい心を知って、やはりどうしてもこの人たちを嫌いになれない、どうして嫌悪したりできるだろうと、敵でなくてはならないスペインの人たちへ情を抱いてしまったことを認めざるを得ない岐路に立たされる場面でしょうか。作中のセルバンテスのように敵に媚びずに毅然と、というのはもちろん立派で理想ではありますが、実際、身を守る術も持たないごく普通の優しい少年が、生き延びることを第一に考えたら、しかも周囲を固めるのがビセンテやレオのような善き人たちだったら、最終的に二律背反に悩まされることになるのは必然で、海斗の悩みが本当にかわいそうと言うか…君は悪くないと言ってあげたい。

西洋史が好きでフェリペ2世や彼の祖先・子孫の本などもたくさん読んできましたが、松岡先生の描かれるフェリペ2世像は、絶対王政下の君主としての冷徹な一面はかなり抑えて描かれているものの、それら様々な本から得た印象から想像できるような、こんな一面はたしかにあったのではと思わせるものがあります。迎えた王妃たちには優しい夫であったようですし、海斗に語る亡き王妃との優しい思い出も、大いにありそうなことですね(あるいは史実なのかも)。それは別としても、F&Bの1巻あとがきだったかな、そこに、参考資料等の出典は最終巻にまとめて載せます、とあり、それをひそかに楽しみにしているのですが、でも終わって欲しくはないし…ジレンマですorz

海斗の(そしておそらく先生の)万感の想いが込められた最後の二行は本当に胸に迫ってきて、じんわり来るものを抑えることができませんでした。無理かもしれないけれど、みんなが幸せに終わるってできないかなぁ…やっぱり無理かなぁ…。

7

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ