高3限定 (2)

高3限定 (2)
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神10
  • 萌×21
  • 萌2
  • 中立4
  • しゅみじゃない3

--

レビュー数
6
得点
64
評価数
20件
平均
3.6 / 5
神率
50%
著者
 
媒体
コミック
出版社
ふゅーじょんぷろだくと
シリーズ
発売日
価格
¥980(税抜)  ¥1,058(税込)
ISBN
9784893937766

あらすじ

“手が震えても、涙が溢れても、読んでください。”

たった一度の恋。
たった一つの願い。
世界の全てを敵に回して
少年は恐怖とがむしゃらに戦う。
ホラー史上最大の怪作、第2弾。


この面白さを知らないのは、悲劇だ。

高校3年生の小野耕平(おのこうへい)は“高3限定”と呼ばれるルールにより、担任のイケダと1年間だけのセックス契約を結ぶ。
しかし肉体のみの関係に小野は満足が出来ず、イケダに愛を伝える。
イケダは恋人として小野を受け入れ、2人は一時の幸福を味わうが、明かされていくイケダの情報に小野は疑問を抱き始める。
日本の医療では叶わない精巧な義眼、繰り返される長期の治療。
イケダの傷は何が原因なのか。そして小野は世にも奇妙な悪夢へと誘われていく。

第6話 立ち入る爪先
第7話 肉体の迷路
第8話 夢見る網膜
第9話 踊る骨
第10話 訝(いぶか)る脳
あなたに誉められるととても嬉しい ★描き下ろし
花篝(はなかが)り ★描き下ろし
あとがき ★描き下ろし

(出版社より)

表題作高3限定 (2)

親が美容整形外科医の高校3年生 小野耕平
学園の国語講師 イケダ

その他の収録作品

  • あなたに誉められるととても嬉しい
  • 華篝り

評価・レビューする

レビュー投稿数6

衝撃的な出会い

数年前、「血と、」とゆうタイトルのサイトがあり惹かれて訪問してみた所、衝撃的な出会いとなりました。

ホラー ミステリアス ファンタジック

背中にあるアイロンの形をした火傷の跡

webでは、途中までしか掲載されていなかったので…続きを妄想で補ってました。

イケダにはチョーアブノーマルな彼氏がいるのかとか(笑)

出会ったのがかなり前だったので、正直、忘れてましたが…去年、本屋さんで見つけた時、思わず固まってしまいました。

これは、もしかして、私が知ってるやつ?

高3限定 背中に火傷 またまた衝撃的な出会いでした。

そして、装丁が綺麗。マジで悶えました。心の中でですけど…。

今年、9月に3巻が出て完結。
楽しみですが、終わってしまんだなと思うと切なくなりますね。

本当に好きなんです!梶本レイカ先生の作品!
敬愛しています。

カマボコ生きてて良かったです。
小野がカマボコを殴り殺しちゃうシーンなんか、やるせなくなりますよ…。
(私も犬を飼ってるので(..;))

好きだけど、鬱にもなりそうな作品です。

でも、こ続きれくらい色々と抱えてる受が好きなんです。
でも、でも、イケダは乙女で純粋な子供心を持ってます。(と勝手に思ってる)

この作品はハピエンで終わるのでしょうか?

ハピエンで終わらないなら、イケダはカマボコと幸せに暮らし、小野はイケダを想いすぎて破滅しそうとゆうのが個人的な妄想。

終わり方がbadでも良いと私は思ってます。

6

クリミア

はじめまして、レビュー拝見しました。
実は私も昔、中学生の頃にそのサイトに出会っています。
正直人生の中で一番「恐怖」を感じだ作品で読むのも怖かったのですが見なかったことにするほうが怖くて読み進めていました。
あの物語はまだ終わっていないんですね、初めて読んだ時、ショックから中々立ち直れなかった記憶があるのでしっかり完結してから手に取りたいと思います。(そうしないと続きが怖くて寝れません(^_^;)
私もこの話はBADに落ち着くような気がします。
目を開けているのかもわからないような墨色の夜にちいさな蝋燭を一本手にして歩いている気分です。

本の表紙を見たとき「もしかしたら」と思っていたので確認できてよかったです。
ありがとうございます。

とんでもないところに踏み込んだ

1巻同様、いまの段階でどう評価すべきかの判断ができないためこの評価です。
正直、中立か神かを迷った末の中立です。2巻まででは、やっぱりまだどうつければいいのかが分かりません。
表紙の美しさとそこに入り混じる傷痕、綴じ込みのカラーイラストはすごく幸せそうなふたりで…本編が本編なだけに胸にくるものがあります。

1巻よりも直接的なえぐみの強さを感じました。実際の断面図などは極力えぐみなく描かれているように思うのですが、イケダがイケダ君であったときの他の子との会話にウッときました。こわい、つらい。
でもそれと同時に張り巡らされていた伏線たちが少しずつ回収されはじめたことに興味がいきます。まだまだ謎が多く、謎が謎を呼んで泥沼の状態ですが以下覚え書きのようなことをいくつか。

『高3限定』とは
・小野の親友(であったはず)のトミーが面白半分でうそぶいた作り話
→しかし結局は当時彼らが観たあの裏モノAVにサブリミナル効果っぽく「高3限定を知っているか」と音声が入る。なので実はうそのようでうそでなかった(のかなんなのか…)
・それにオノも気がついた

メンテナンス
・小野は続きそもそもイケダが義眼であることに気がついていなかった様子
→イケダの目をきれいな目と言うオノと、義眼だと分かっていたトミー
・上下左右きっちり動く、神経と連動している義眼
→海外でのメンテナンスが必要。
・作中から察するに、足と手も義手か義足(包帯ぐるぐる巻きのコマとカイドのセリフから)

池田郁美とは
・偽名らしい
・12年間、イケダとして様々なことをされつづけていたらしい
→12年ということは、義務教育9年と高校3年分…? 大学までのエスカレーター式というこの学校での時間まるまるがイケダとしての時間だった?
・一番になったらしい → でもイケダはいっぱい居たらしい

おねがいごと
・家がほしかった
・先生になりたかった → ゆりせんせい??

ここからは憶測。 トミーの病院でイケダのことをなにか処置していた? だから1巻でオノがトミー院長のところへ行った?
オノはもう小野耕平でなくなってしまった? オノというものはイケダ町では消されている?それともすべてから?
あのトミーが1巻で話していた記者はなにもの? 母校の地下でようやく凄惨な現場が見つかった? でもあの調子じゃあずっと変わらず今もイケダ君が居るんじゃないだろうか…(訪問客が、かの黒い高級車)
小野耕平のことは知ってる、ツチヤになってしまったということ? なによりカイドさんはおそらく=ガイドさん?だからカイドさん? 語呂合わせがすきなら、イケダ町の名にも理由があるだろうけども…。
当時ツチヤが入ってきたから、イケダは助かった? ツチヤのおかげ? ツチヤに逢いたいというお願いをした…?

書き連ねましたが結局謎だらけでした。本誌を追いかけておりませんので、3巻発売をゆっくり楽しみにしておりましたらもう間もなくなんですね。
梶本先生のあとがきで、納得しました。きっと身を削りながらも心血注いで描いておられるんだなぁと。(どんな作家さんでももちろんそうだろうと思いますが)
私自身もうここまで来ておりますからやーめたなんて思いもしませんが、でも一層「最後まで読みたい」と強く感じる2巻でした。

5

更に謎が深まる

恋人になった小野とイケダの幸せな日々が綴られ、しかし刻刻と悲劇が迫ってきているような不安感が付きまといます。

帯に「ホラー史上最大の怪作」とあるように、ここへ来て一気に科学では説明できない出来事が次々起こります。
イケダの、思った以上に凄惨な過去と強い生命力。未来の小野の孤独と後悔。何かとてつもなく大きなものに支配されている田舎町と学校。
怒涛の勢いで様々な事実が明らかになる一方で、予想の範疇を超える展開の数々に、また謎が深まり。

イケダの本名は?『まつばらゆり』とはイケダのかつての保母さん?彼女は本当に『幸せに』なれたのか…?
イケダが口にすれば叶う『お願い事』。真の望みは小野を死んだツチヤの代わりにすること?
イケダの傷の治療は、海外の医療技術によるもので、超常現象は関係ないのか?

他にも色々有りすぎて書ききれない~
とりあえず今回分かったことは、何らかの組織が子どもたちを校舎の地下に閉じ込めて虐待(人体実験?)が行われていたということです。そのルートや動機は不明ですが…。
現実的に考えると、裏組織による人身売買で海外ともつながっている?(イケダの謎の続き多い出生・幼少期の容姿、『クスコの日』という台詞、傷の治療には国外の技術が必要、などから…)
しかし、この物語がホラーであることを考えると、もっと常識では理解できない何かがあって、それが『高3限定』の真の意味につながっているのかもしません…。

暴力やグロは1巻より控えめだったものの、今回のイケダの回想シーンの一つには、何とも言えない感情が込み上げてきました。イケダが子供たちの中から生き残って『高3限定』となり(?)地下牢から出ることのできたシーンです。
全身に包帯を巻いてまともに歩くことも話すこともできず、与えられた借家はボロボロで、『先生』になるための教材はどう見ても小学生向け(12年間まともな教育も受けていないことが伺えます)。
それにも関わらず、案内人の「ご苦労様でした」という言葉に対してイケダが見せた笑顔は本当に嬉しそうで誇らしげで。どんな暴力シーンよりも胸を打つものがありました。

そんな表情を見ていると、小野と二人で何とか幸せになって欲しいのですが、
大人になった小野の語りからは、やはり何か取り返しのつかない悲劇が起こったように感じられます。

描き下ろしの、小野の妹視点の話。
彼女にとっての小野は今も昔も優しい兄のままだろうけど、母親への苛立ちを昇華させて大人になった彼女とは反対に、小野の内面は高3の頃のまま時が止まっているのかもしれません。

もう一つの描き下ろしは、最も幸せだったであろう頃の小野とイケダ。
イケダの『お願い事』は叶ったのか。その願いの中には小野もいたのか。気になる終わり方です。連載を追いつつ、3巻の発売を待ちたいと思います。

7

二巻‥

一、二巻とまとめて読んだのですが‥
えぇと、ネタバレしたくないのでぼやかして書きますと、あらすじにある通り幸せな時間を送る二人。キラキラしてるんです。幸せそうなんです。でもそれがけしてこの先も続くものではないと、その幸せな二人の描写から感じ取れて。。。一巻のレビューでも書かせていただいたんですが幸せな二人の描写が怖い。小野の笑顔、イケダの(!)幸せそうな顔。
どうやったって取り巻くそれらからは逃れられないのだなぁと悲しくもなりました。義眼のくだりやイケダの「メンテナンス」、、
お願いごとは叶うのでしょうか。もう身じろぎしながら待つ所存です。。。

4

どうか幸せになってほしい

1巻の発売から予想外に早い続巻の発売です。COMIC Beで読んでいたものの、
やっぱり1冊にまとめられて読むとまた違いますよね!
1巻を購入するときはかなり迷って購入したのですが、彼らの行く末を見届けようと
今回の2巻は即買いでした。本棚に1巻と並べて置くとすごい存在感です。
『手が震えても、涙が溢れても、読んでください。』『この面白さを知らないのは、
悲劇だ。』と帯にありまして、これは表紙共々かなり目を惹くな、と印象です。
読みます、読みますともー!

次の3巻でこの「高3限定」は完結、ということで、いろいろなものがうっすらと
見えてきた今回の2巻。
池田郁美?松原百合?行け、だから行く。=イケダイクミ。ってどういうこと…??
え、カマボコ…!?だって1巻で小野が…!!
『本当に一生懸命頑張った』イケダのお願い事?そしてお願い事!とイケダが口にすると
本当にそれが実行されていた!飼土さんの指が…!
「小野耕平」、「公平な」オニさん…?
「高3限定のルール」ってなんぞや…?
小野が見始めた悪夢の意味は…?
一体今現在小野は、イケダは…!?

もう続き「?」がいっぱいで、高3限定の答えとは一体なんなんだろう、と気になって
気になってぐるぐるです。
これから伏線が回収され答えを知ることになるのだけれども…気になる。
とってもとっても気になるんだけれども知るのが正直まだ怖いような。でも気になる。と、自分でもぐるぐるとそんなループ状態です。

彼らは幸せになれるのか?でもおそらく現在の姿であろう小野は見る限り1人…。
消えたイケダを追っているとか?探しているとか?うーん、わからない!気になる!!
描き下ろしの最後のページにあった『お願い事は?何を願った?今すぐ俺が叶えに行く
から…』は、今現在の心情?過去の心情?

あとがきにありました、「暴力への怒り自体が『高3』を描く発端でもありました。」と
いう梶本先生のお言葉。
3巻で明らかになる「高3限定」の答え。彼らの行く末を見届けます。

どうか幸せになってほしい…!
COMIC Beを読みつつ、3巻の発売を心から楽しみにしています!
?だらけのレビューで申し訳ありません…!!

5

お願いが叶う

衝撃の1巻発売から、さほど間を置かずに2巻の発売と相成りました。
なんと!!つい先日発売された本紙COMIC Beに掲載されたばかりの、同人誌以降の新しい展開分が2話も入っているのです!!
さらに描き下ろしが2本。
今回の2巻の装丁は、1巻のあのアイロンやけどの跡のエンボス加工と違い白っぽいとてもきれいな表紙です。
しかし、目を近づけてよく見ると・・・・これもある意味衝撃な表紙なのではないでしょうか?

6~8話までが同人の2巻の部分です。
ネーム活字の大きさ程度で変更はないと思われます。
1巻は衝動的な痛いセックス場面がありましたが、今回はそういう場面はありません。
そしていよいよ、その新たな部分を通して物語の核心に、これまでほのめかされてきた様々なイケダに関する謎、「高3限定」の謎に迫っていく展開を見せました。

恋人になった二人なはずなのに、本当に恋人なんだろうか?
イケダの不安定な精神状態が、それに不安を催させます。
初めて打ち明けたイケダの本当の名前、とても綺麗な花の名前・・・
だけど9話で登場した保育園の保母さんの名前・・・あれはイケダの希みだっ続きたのだろうか?
ひょっとして、これがイケダの本当の願いなんではないだろうか?
そして1巻にカマボコのお墓のシーンがありませんでしたが、カマボコが復活!?
いえ、彼はグルグル回る障害のある犬でしたから、これはきっと・・・
イケダのガイド役の飼土が夏休み登場しますが、憤慨したイケダが願いを言うと!?
あれは?黒塗りの車の存在は飼土ではないのか?
小野が体を刻まれる夢は、あれは一体?核心に迫りながらも謎がさらに深まり、それでも何かを感じさせます。
それには色々ありすぎて、「願いが叶う」って一体なんだろう?
もう、見えそうで見えない、だけど何となくぼんやりと核心の輪郭は見えているのです。

ただの痛いだけじゃない。
ただの切ないだけじゃない。
ただの悲しいだけじゃない。
一巻で怒涛のように押し寄せてきた感情は、明らかにクエスチョンマークをたくさん伴いながらも。それでも確実に何かが形をみせはじめています!
小野は、確実に大人の男への一歩を踏み出しています。
イケダの願いは、憎しみは、想いはどこへ行くのだろう~

未来とこの物語の時間軸が多少交錯するシーンがあり、それはとてもこの物語への期待度を上げて目を釘付けにする役割を担っています

【あなたに誉められるととても嬉しい】
は、夏休みのシーンで登場した小野の妹の話であります。
外見と名声ばかり気にする母親に振り向いて欲しい妹が、母にほめられたい妹が、それをやっと手にする未来。。。
小野は幸せになっているのか?
愛が欲しくて自らを傷つける妹と、愛が欲しくて傷つけられるのを我慢するイケダ。
決して似ているわけではないですが、人は人の愛情を求めて傷を作る、そんな共通点を見たような気がします。
【華篝り】
イケダの望みで、家族と過ごす夏休みからイケダの元に駆けつけた小野との、ラブラブなひと時のショートなのですが、
ラストのモノローグが一体誰のものなのか?

いよいよ、次の3巻で完結です。
願いを叶える為に必死に生き延びたイケダ。
その願いを叶えるのは、小野なんだろうか?
一体どんな結末が待っているのか?全く予想もできないこのお話は、実に目が話せないのです。
この本に触れてしまった以上、最後まで見届けるのが読者の役割です。

10

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ