病めるときも、健やかなときも、永遠に君を愛す

オーベルジュの婚礼

オーベルジュの婚礼
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×21
  • 萌1
  • 中立1
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
8
評価数
3件
平均
3 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
ブライト出版
シリーズ
ローズキーノベルズ(小説・ブライト出版)
発売日
価格
¥857(税抜)  ¥926(税込)
ISBN
9784861232602

あらすじ

芳樹の勤める老舗ホテルが『オーベルジュ帝華』として再出発する事になった。新支配人春日と共に現れたのは、学生時代憧れ、胸に秘めた初恋の人・苳吾だった。シェフとしてフランスで輝かしい活躍をする苳吾が間近で腕を振るう事に緊張する芳樹は、つい避けるような態度をとり誤解されてしまう。そんな時、春日から企画力を認められチーフに抜擢される芳樹。だけど、トラブルで大失態。落ち込む芳樹を苳吾はなぜか強引に押し倒してきて!? 遠回りした、初恋が実る時とは…….

(出版社より)

表題作オーベルジュの婚礼

岩崎苳吾 フランス帰りの有名なシェフ
光井芳樹 ホテルのバンケットルーム担当チーフ

評価・レビューする

レビュー投稿数1

初恋が叶う

密かな思いを抱いていた大学時代の先輩との再会ラブです。
受け様は大学時代密かに思いを寄せていた先輩がシェフになるべくフランスへ
単身大学を辞めて行った事を知り、もう会えないと思うと同時に進路で悩み
これからを考えていた時期に偶然に言葉を交わした事で、もしかしたら
シェフとして働くようになった攻め様と合うかもしれないなんて微かな望みを
抱き、ホテルに就職していたが、そこで旧体制のホテルが買収され、ホテルを
廃業し、宿泊出来るオーベルジュとして新しく生まれ変わる事になるのですが、
そこに、やって来たのがフランスで有名な賞を受賞し、シェフになって帰って来た
攻め様で、受け様は再会した事で、かなり舞い上がってしまい、挙動不審になる。

攻め様も受け様の事を忘れていなかったが、受け様からあからさまに避けられて
どうしていいか分からない悪循環に突入してしまう。
余りにも好き過ぎて、過剰反応してしまう受け様なのですが、次第にそれは
二人の間に溝を作ってしまう事になります。
そこに攻め様の友人でもあり、新支配人の春日さんが、二人の間を取り持つように
二人でオーベルジュの視続き察に出向く機会を作った事で、受け様は誤解を解く為に
思い切り攻め様に好きなんですと、告白しちゃうことになり、攻め様は受け様から
口説かれる事を楽しみにしてるなんて感じでホテルからオーベルジュへ生まれ変わる
舞台を背景にした、再会と誤解や、小さなすれ違いを取り混ぜながら進むお話です。

2

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ