SILVER DIAMOND (27) (完結)

SILVER DIAMOND (27) (完結)
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神4
  • 萌×20
  • 萌0
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
3
得点
20
評価数
4件
平均
5 / 5
神率
100%
著者
 
媒体
コミック
出版社
冬水社
シリーズ
いち*ラキコミックス(コミック・冬水社)
発売日
価格
¥562(税抜)  ¥607(税込)
ISBN
9784864231886

あらすじ

残りわずかな命を燃やし、異世界を守るため戦い抜く羅貫と千艸。そしてついに決着の時が…!! 異世界カリスマファンタジー、堂々完結!! 成重&虹の出会いの番外編と、豪華10ページの描下し『To be continued』も必見、感動の最終巻!!

(出版社より)

表題作SILVER DIAMOND (27) (完結)

その他の収録作品

  • すべて花のように
  • 昔むかし ある所に
  • 番外編 メタモルフォシス
  • 番外編 to bo continued

評価・レビューする

レビュー投稿数3

大好きな、大好きな、シリーズです

今までいろいろBLを読んできたけど、今のところ1番大好きな作品です。27巻と長いシリーズだけど、何度も読み返しては号泣してます。できれば、お墓に一緒に入れてほしいぐらい愛してます(笑)

お話は、壮大なファンタジーもので、正義とは、悪とは…と考えさせられます。最後まで飽きさせることなく、綺麗にまとまっていて、こんな素晴らしい作品を世に届けてくれたことに感謝したくなるほどです。本当に、心からおススメしたいシリーズです。
ちなみに、お気に入りのキャラは、刀蛇の虹です。

2

これだから・・・二次元が好き。

SILVER DIAMOND

また一つ、名作が終わってしまいました。
27巻・・・巻数だけ見れば長寿SFシリーズでしたね^^


杉浦先生の作品はザ★SF!ファンタジー!という感じのお話が多いのですが
今回のお話も、現代の日本と異世界の国を結びつけた壮大なファンタジーでした。

様々な使命を背負った様々な力に秀でた異世界の住人。
主人公も実はその一人、
まさか最後は、自分たちの命と引き換えに世界を救うことになるとは・・・

正義の皇子 名は「ラカン」、千年を一人で生きた男 名を「千艸」
悪の皇子 名は無い。 世界を終わらすための側近 名を「金隷」

ホシミノミコトの計画通り?四人の命を犠牲に太陽と緑の大地を取り戻した異世界。


いやあ・・・なんというか・・・
やっぱりこの作者さんはほんとにボキャブラリー豊富というか
感情豊かというか、いい人なんだろうなーなんて。
世の中みんなラカンや成重さん、千艸やトウジのような人ばかりだったらなあ
なんて、ふと思ってしまうことも多々。

非BLでありながら、大切な存在としてラカンと千艸、またほかの続き主要キャラも
各々親友?パートナー?的存在がいますが、やっぱり大人の色香漂うこの作品で
彼らの今後の関係が気になってしまう腐女子です・・・(苦笑)




さて実は、世界を救った数ヶ月後、
実は例のサノメの女性のおかげで四人は生き返ります。
それもまた美しく優しい話なのですよ。
・・・それはここには書かないでおきます。
どうか皆さん、この27巻という巻数を乗り越えて一読してみてください。

これぞ漫画的展開。
でもこの二次元だからこそできるハッピーエンドが
私は好きだったりします。



美しく、優しい、だけど激しいこの世界観を
皆さんにも味わっていただきたいです。



「綺麗事」なんて言わないで、そんな寂しい方には特に読んでもらいたいです。

1

最終巻まで泣けた。ね。

とうとう最終巻(もうすぐ本当に最後の外伝が出るらしいけれど)

この2組(生・悪)のどちらが勝つかなんて、ストーリー的に解ってはいましたが
まさか4人が死んでこの戦いがしめくくられるとは思ってもみなかったです。
主役側に感情移入して応援したくなるのは当り前のことだけれど
生と悪の立場が逆ならどうだっただろう??
そう考えるとアヤメの皇子にも情が湧きます。
全ては実験のような感覚で、このものたちを生み出し、
長い長い時をかけて計画し導いてきた星示御言のせい。
なにが神だ!!

だけどそれも結局は予定通りにいかないわけです。
自分の思うとおりの人形を作ったつもりでも
感情は生まれるんです、感情は育っていくんです!!
その結果が最後の戦い4人の犠牲だったのですが予定外の出来事はまだ続きます。

最後のサノメの愛情(消滅)のおかげで4人は生き返るのです。
まぁ死んだままじゃないとは思ってましたが(^^;)
サノメの皇子は相変わらずですが
アヤメの皇子は昔のような滅びを望む気持ちもなく、その力もなく
金隷と共に地下で星示御言が再生しないように管理する立場に続き

自分達の力で生きていく!!
そうして新しい世界がまた始まるのです。

中半は後日談みたいなものですね。
羅貫と千艸は現代に戻り生活(千艸ギャルソンのサービスカット有か?)
勿論異世界とは行き来できるようになってて寂しくありません。

そして後半は成重の幼少期
「刀ヘビ」コウとの出会いとか(これも結構泣けた)

描きおろしは、みんなで仲良く桜でお花見vv
アヤメの皇子の方は千艸の力で普通の視界が見えるように。
地下で桜の花びらが降ってくるのを待ってるアヤメの皇子見てるとなんだか切ない。
地下に幽閉(星示御言再生阻止)ばかりでなく、金隷とともにたまには地上にも出てきて欲しい。
(後半はなんだかアヤメの方に感情移入してる気が…)

1

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ