始まりのカノン ノブレス・グロワール芸術学院物語

始まりのカノン ノブレス・グロワール芸術学院物語
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌2
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
6
評価数
2件
平均
3 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
講談社
シリーズ
X文庫ホワイトハート(小説・講談社)
発売日
価格
¥600(税抜)  ¥648(税込)
ISBN
9784062867467

あらすじ

淡恋、嫉妬、葛藤……渦巻く、学園サスペンス! 『肩の力を抜いて、音を楽しまないとね』 二年前、自信なくバイオリンを弾くアルに、笑顔で励ましてくれた先輩のフランシス。生徒会長で人気者の彼に、アルはあこがれ以上の思いを抱いていた。そんな先輩と共演できる演劇祭に、アルもオーケストラの一員として選ばれ、熱心に練習していた矢先、『メンバーを辞退しろ……』と脅迫状が届く。それが、仲間をも巻き込む事件に発展して……!!

(出版社より)

表題作始まりのカノン ノブレス・グロワール芸術学院物語

その他の収録作品

  • 序章
  • 第1章 手紙
  • 第2章 異変
  • 第3章 さらなる災い
  • 第4章 疑惑の人物
  • 第5章 対峙
  • 終章
  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数1

才能への嫉妬が事件を起こす

シリーズ3作目にしての最終巻、BLでも匂い系のBLで事件や推理の配分比重が重い
作品で、海外の芸術学園を舞台にしたストーリーです。
学園の生徒会長フランシスとバイオリンを弾くアルとの仄かな恋も読みどころの今作。

内容は学園の最大イベントである学園祭での演劇発表、学園全体でオーディションが
ひらかれ、新学期に発表された時に事件が始まる。
アルは演奏のバイオリン担当として選ばれ、学園内でもそれ程優秀ではないけれど、
この発表の為に必死で練習した成果が認められての抜擢。
そして同部屋の友人も選ばれ、演劇科の先輩で学園1番の人気者のダニエルや生徒会長の
フランシスと共に、前作でもおなじみの仲間が選ばれ、学園内も活気に溢れる。

そんな時にアルに、脅迫状が届き、演劇発表を辞退しなければ災いが起こると言う内容の
物騒な手紙を受け取る、それから次々に起こる嫌がらせのような事件。
疑心暗鬼になる、アルは、同じクラスメイトで、いつも辛辣な態度をとる相手に
もしかしたらと真相を問うが、アルに対しての嫌がらせはしたが、脅迫状や、
他の出演者への嫌がらせはしていない事が判明する続き
しかし、事件は思いがけない方向で、思ってもいなかった相手。
油断したアルが犯人に捕まり、その動機にアルの心は胸を痛める事になります。
推理ものどんでん返しありのなかなか優れた読み物でした。
今回は完結編なので、シリーズのキャラが総出演しているサービス内容でした。

0

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ