漢前ドロウォーズ!

漢前ドロウォーズ!
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神2
  • 萌×23
  • 萌5
  • 中立2
  • しゅみじゃない2

--

レビュー数
6
得点
39
評価数
14件
平均
3.1 / 5
神率
14.3%
著者
 
媒体
コミック
出版社
リブレ
シリーズ
ビーボーイコミックスDX(コミック・リブレ)
発売日
価格
¥629(税抜)  ¥679(税込)
ISBN
9784799712146

あらすじ

陶芸家の泰三が山で拾ったのは、美しい青年・志之だった。
居候することになった志之は、スランプの泰三に「土の声を聴け」とパイオツに土を塗りたくってきて…!?
美青年×陶芸家のぶっかけエロス他、旦那様や義理の息子に溺愛される可愛い後妻さんのHな性生活、ゴッドハンドを持つ美形肛門科医による恥辱の診察を収録!
描き下ろしあり♥

(出版社より)

表題作漢前ドロウォーズ!

近衛志之
半田泰三・陶芸家

同時収録作品見えない恋心

平野・大学生
高尾・大学生

同時収録作品もみはみっ

明夫
千葉由貴・高校生

同時収録作品コスプレ花嫁

亮介
永二

同時収録作品愛ある家族性活

虎沢哲司
卯之原晃

その他の収録作品

  • 肛門科へ行こう!
  • 色漢クマウォーズ!
  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数6

有り得ない設定でコメディ度高し

相変わらず美しい筋肉とイケメン達です^^
有り得ない設定(というかちょっと変態チック)でコメディ度が高い作品が多かったです。
シリーズになっている表題作と「愛ある家族性活」以外は10ページ位の短編もあるのでかなり短くてストーリーよりエロという感じですが、その中では「肛門科へ行こう!」が面白かったです。
肛門科の長髪眼鏡イケメン先生と痔になった患者さんとのお話なんですが、手術をするために入院することになって、この先生から手当てを受けることになるのですが…。
イケメンな先生が実は肛門フェチ(笑)だったというお話。
全体的にギャグ度が高く萌えよりも笑いを取るお話が多いので、評価が難しいと思ったのですが、楽しめたので萌えで。^^

1

野生のお兄ちゃん好き~っvv

とにかくコメディーッ!!
絵がこんなに綺麗なのにギャップが面白いっ!!

お話は沢山入ってたんですが
やはりシリーズ物の「男前ドロウォーズ」と「愛ある家族性活」が面白い

●「男前ドロウォーズ」●
山の中で陶芸家として暮らしてる半田が山中で倒れた人物(近衛)を見つけた。
兄が急に失踪し、自分が跡を継がねばならないプレッシャーから
何も考えずに山を登ったという…
だけど半田に背中を押してもらい家を継ぐ決心しました。
そしてお別れ。(かと思いきや1ヵ月後…)

お兄さんと一緒に訪ねて来た?!
別れを告げ、下山してる時に熊と野生と化した人物に襲われた。
なんとそれが失踪したお兄さんだったのです。
お兄さん、実は彼氏の電話を盗み聞きして勘違い。
彼には自分の他にも誰か相手がいると。
それを聞いた兄は何も考えられずに山へと登り遭難したところを
熊に助けられて野性化してました。(あり得んし!!・笑)


●愛ある家族性活」●
父親が急に新しい母親を連れてきた(勿論・男)
超ラブラブなんだけれど、ある日父親が主張で留守の夜
毎晩部屋で喘ぎ声を聞かされ続きてきた息子2人はムラムラして…
ハイ、父親とテレフォンセックスで楽しんでる母親の部屋へ襲いに行きます!!
電話で助けを求めますが父親は遠い北海道(のはず)
が、すぐにご帰宅。
なんと真向かいのホテルに潜伏してたのでした。
(テレフォンセックスがしたいだけの為に!!アホですこの父親(^^;)
そして、それからは母親を父親と息子2人で共有です。
でも全然後ろめたく思わないところがこの漫画。
おバカな家族の出来上がりです。

4

ストーリーよりもエロよりもギャグ特化。

なんでもいいからエロものがみたくて購入。
何度か過去作品読んだことある作家さんだったので、系統も予想できたし大当たりも大外れもないことを前提に手にしたのですが……コメディ色がいつもより2割増しくらいで結果的に微妙でした。。
個人的にツボにハマったコメディ路線ならよかったのですが、「テンションたけーな…」と1歩退いちゃうようなテイストだったので、途中から読むのが面倒になってしまったという…スミマセン。。。

漫才かコントかでいったらコント。
ありえない設定でグイグイ押し切る感じのギャグノリです。
エロ重視作品だし中身がないのは覚悟のうえだけど、それにしても強引すぎるノリで、ストーリーよりもエロよりもギャグ特化です。
苦手な人は苦手かも。
でも、ムッチリしたオッサン受けとかみれるから需要はあるかもですね。笑

6組のカップルからなる短篇集。

■漢前ドロウォーズ!
山で遭難した若者×陶芸家のオッサン。
受けが遭難したところを攻めが助け、攻めがスランプに陥ってることを知った受けが「土と会話しろ」みたいなことを説きながらオッサンの身体に陶芸用の粘土を塗りたくる話。
続き
仕事のこととかでちょいちょいシリアスで真面目な話するわりに、すぐにエッチするのが滑稽にみえる点がギャグエロっぽいっちゃぽいけど……そこに萌はないかな……
だったらむしろ真面目な話はそこそこに、濃くて多種多様なプレイをみせてほしいと思ってしまったり。サーセン。

■愛ある家族性活
高校生2人の子持ちのオッサン(45歳)×そこに嫁いだ青年(27歳)の擬似家族ギャグエロ漫画。
オッサンが本命だけど、二人の息子にも狙われてて、いろんなシチュのエロ展開がある。
自慰、テレフォンセックス、3P、4P。複数人プレイ以外はやってることはほぼノーマルなので、なんということはない。
よくわかんないけどとにかく受けが異様にモテる(この家族に)。
どうでもいいけど受けが自分のことを「ママ」って言って母親になろうとしてるのが気持ち悪かった。そんな設定なくていいのに……

■コスプレ花嫁
8Pの短編。花嫁に式場で逃げられた花婿×元セフレ。
ガタイのいいウエディングドレスコスプレの誘い受けが見れる。
個人的にコスプレあまり興味ないのでモエ所はなし。

■もみはみっ
こちらも8Pの短編。
叔父(育ての親)×甥。
小さい頃から揉まれて大きく育てられた胸(胸筋?)でご奉仕させられる話。
気が強くて単純バカなスポーツマン系の短髪受けがみれる。

■見えない恋心
大学生同士。
嫉妬深そうで高圧的なメガネキャラ×単純おバカな漢前キャラ。
攻めの片思いかと思いきや、受けも無自覚で攻めが好きだったとわかる話。
片思い状態に業を煮やした攻めが無理やり襲ってから両想いの事実が判明していくので、両想いになったあとのエッチはなし。

■肛門科へ行こう
肛門科の長髪院長×患者(痔)。
触診中にお互い悶々としてしまい入院最後の日に耐えかねて素股プレイをする話。
その後ちゃんとお付き合いするそうです。

まあバリエーションはありますが…ちょっとギャグによりすぎてていやらしさに欠けたのが残念。
好みのキャラもほぼゼロだったし……
ガチムチ系のオッサン受けとかが好きな人は楽しめるかもですね。

《個人的 好感度》
★・・・・ :ストーリー
★★・・・ :エロス
★・・・・ :キャラ
★・・・・ :設定/シチュ
★・・・・ :構成/演出

2

攻めにギャツプを感じちゃう

筋肉、肉体派系の作品なのかと思います、実は個人的にはこのマッチョな感じが
苦手だったりするのですが、内容的には面白いですよね。
表題の二人は山奥で一人陶芸をする受け様と、そんな山奥で遭難していた攻め様の話。
互いに悩めるものをもっていて、肉体でもって乗り越える、なんて男臭さが前面に
出ている作品のような気がします。

攻め様の方が容姿的には受けっぽい雰囲気なのですが、その攻め様が筋肉美の
漢を組み敷く!!ってところが萌えツボな方にはたまらんのでしょうね。
私は攻め受けギャップのない容姿で意外性の少ない方がビジュアル的に好きなので
イラスト自体は好みじゃないけど、十分楽しめる作品でした。

2

筋肉美w

うん。まぁ、うん。もう一歩さきが欲しかったといえばそれかな。
絵は美麗ですし、それこそタイトルの通り漢が犯されてるのを見ると
(*゚Д゚*)うほwとは思うのだけれど、もう1ページ2ページエロを粘ったら
もう少しオイシイのに!と思う作品が多かったです。
ページの都合上があるのでいかがなものとは言えませんが。

コミカルで美味しそうな筋肉が犯されているのは面白かったです。
ほんのり、天城れのサンの臭いを感じてしまったのはワタシの脳みそが
ちょっと弱っている証拠でしょうか。テンションは同じきがする(笑

追記。家族生活~のあの兄弟
せっかくだから攻だけでなく受も出切るように頑張っちゃうと
もっと美味しい気がしましたwジュルリ

3

サキラさんにしては、

サキラさん、結構好きな作家さんなのですが、
今回は、不発というか、「よかったぁぁ!」までには
至れませんでした。普通のBLとして考えたら面白いんですよ!
サキラさんだからと思うと、期待してしまうのです。

表題作、
山にこもって陶芸家として生活していた泰三は、
山で行き倒れていた志之を助ける。
で、実は志之は、大企業の二男なのですが、
兄が行方不明になったことから、企業を継がなければならないことになり、
悩んで山に遭難したのでした。。。
個人的に面白かったのは、この志之の兄は、山で遭難して、
野生化してたっていう(笑)

この兄ちゃんのオチも楽しめました。

0

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ