恋とは呼べない 3

koi to wa yobenai

不能说是情

恋とは呼べない 3
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神26
  • 萌×212
  • 萌4
  • 中立1
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
12
得点
191
評価数
43件
平均
4.5 / 5
神率
60.5%
原作
 
作画
 
媒体
コミック
出版社
リブレ
シリーズ
ビーボーイコミックス~BE×BOYCOMICS~(コミック・リブレ)
発売日
価格
¥676(税抜)  ¥730(税込)
ISBN
9784799712139

あらすじ

過去の恋愛の傷を、互いの力を借りて乗り越えた英と淳平。
大切にしあう幸せな毎日は、あまりに過去の苦しい恋愛と違っていて、お互いへの想いが「恋」と気づくのに遅れてしまう。
二人は、相手に別の恋人が居ると勘違いし、片恋に苦しむが…。
―思い知った 彼でなければ だめなのだ―
最高のハッピーエンド♥珠玉のコラボ作。

(出版社より)

表題作恋とは呼べない 3

カフェのバイト(現在別居中) 名嘉真淳平 22歳
恋人に振られ淳平を拾った会社員 津森英 27歳

同時収録作品しあわせなのにゃ

飲食店プロデュース会社の社長 橘高義美・38歳
大学心理学の准教授 目雅彦・36歳

その他の収録作品

  • 恋になれたら
  • Morning
  • -エピローグ-Sprong hascomeー
  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数12

なんか、すごく良かった

『恋とは呼べない』3巻にして完結編。もう、表紙からいい!
戸惑う表情を浮かべている英が書かれた1巻。
雨降りで傘をさしている二人が描かれた2巻。
そして3巻では、寄り添い、微笑みあっている淳平と英。そして後ろには虹が描かれて。
テンションが一気に上がります。

英は橘高さん。
淳平はサガン。
そのCPのほうが、居心地がよく、過去も理解しあえる。でも、それは『恋』ではない。
なんとも深いなあ、と。

4人とも精神的に大人で、悲しい過去もあって、いろいろな経験を積んでいる。そんな彼らが、時に迷いながら、間違いを犯しながら、正しいものを見つけていく彼らがとても素敵でした。
間違えたから、本当に欲しているものを見つけられたんだな、と。

切ない恋心や過去を描きながら、ほっこりするシーンあり、やきのりちゃんの可愛い姿あり、そのさじ加減が非常によかった。

そして町屋さんの作画も。
1巻と比べると格段に絵柄がきれいになっているのもあったのかもしれませんが、基本クールなサガンが時折見せる可愛らしい表情にぐっときましたし、終盤の淳平と英が結ばれるシーンの英の色っぽさに続きはギュンと萌えました。影の入れ方とか、体のラインの描き方がお上手だから、なのかな?

読み終えたとき、すごい読後感でちょっと放心しました。文句なく、神評価です。

0

やっと最後にホッとした・・・

勘違いとすれ違い・・・
もう、なんでだよ~とつぶやきながら読んでいました。

辛い過去の恋愛の傷を、二人で乗り越えた淳平と英。
お互いに好きだと、一番大切だとやっと気づいたはずだったのに・・・
勘違いと早とちり?から淳平は英が橘高とうまくいったのだと思い込み
あんなに幸せだった同居を解消してしまう。
自分の気持ちを伝えることもなく・・・

読んでいてもうもどかしくて仕方ありませんでした。
こんなに想いあって、大切にしていて、こんなに好きなのに
なんで他の男と寝るかな・・・(>_<)

この腕ではない・・・この胸ではない・・・
そう知りながら・・どうしようもない夜がある・・
過ちの大きさに気づき、愕然とする。
暖かい肌があった
抱きしめてくれる腕があった
零れる吐息があった
けれど・・・
『胸の中で違う人の名前を呼んでいた』
『目を閉じてその人を思い描いていた』
甘くて優しくて・・・残酷な夜だった・・・
(本編中より抜粋)

わかっていながら、そろいもそろって流されてしまった4人。
この数ページの中に、流されながらも心はもう決まっていた続きことが描かれています。
でも、読んでいる側とすると、すごく気持ちがわかると同時に
もうどうしようもなく、もやもやした気持ちになってしまいます。
橘高とサガンもまた同じく、こうなってしまってこそ
お互いの大切さや愛おしさに気づくことができ
本当に愛する相手のもとへ、帰るべくして帰ることができ・・・

男を見る目がない英と過去の恋愛に縛られていた淳平が
1年かかって、やっと自分の大切なものに気づく。
ずっとずっと、思い続けて苦しい思いをしてきた二人が初めて結ばれる夜は
かなり熱くてエロくて、もう読んでいて恥ずかしくなるくらい。
そして涙が出るくらい、「幸せになって良かった」・・と心から思えました。
さんざんハラハラさせられましたが、最後の最後にホッとしました。

『相手を思うと、胸が苦しくなる。この苦しみから解放されたいと思うのに、
ままならない。好きだ、という気持ちがなくならない。
考えたくないのに、考えてしまう・・・』それが恋愛だ。

この一節がすごく好きです。
1巻から3巻まで一気に読ませていただきましたが
どれにも、この様な納得させられてしまう素敵な言葉が書かれていて
日本語とは、うまく使えばこんなにも人を感動させるものなのかと
改めて感心してしまいました。
原作の榎田先生の心に響く文章と町田先生の素敵な絵で
素晴らしい作品に出会えました。

追伸・・・
このお話の中で、やきのりちゃんとても重要な役柄でしたね。
助演女優賞ものの演技でした。ぱちぱち(*^_^*)

3

高律

スズキ27さん、おはようございます。
嬉しいコメントありがとうございました。
この本もうだいぶ前に購入しておきながら
なかなか手を付けず、この土日で読み終えたところでした。
思いのほか、グッと来てしまい夜中に熱くなってしまいました。^_^;
この歳になると、だんだんこの主人公たちのような感情になることが
現実的にはほとんどなくなり・・・(涙)
すごく新鮮な気持ちにしてくれました。
だからBLはやめられないんですね(*^_^*)

スズキ27

こんにちは~*
私も数日前に読んで興奮していたところです!
本当に、文章も絵も素敵な作品ですよね。
どうやってレビューまとめようかと悩んでましたが、高律さんが言いたかったことを言ってくださったので満足です(笑)
ありがとうございました(/-\*)

猫のってかわいい

登場人物が恋愛履歴書として冒頭に収められているのですが
これ結構好きでついつい何度も見てしまう。

淳平が部屋をでていってしまい
今更ながら淳平の大きさを痛感する津森。

この作品に出てくる4人はそれぞれに過去がある。当たり前だけど。

後悔のある死。しかも
こちら側の気持ちだからこそ
自分の問題。

この作品はそれぞれのカップルが
間違った選択をしてしまう
間違っていたのだろうか。
うーん。そう表現しているので
こうかきましたが。
お互いのカップル違いで体の関係をもってしまう。

普通ならえ?と思ってしまう部分なのですが3巻まで読み進めているからこそなのか、自然と受け入れられました。

必要な出会いだったのでしょう。

1

大人という人間の狡猾、繊細さ

 1、2巻と続いて、本作の3巻目が完結巻です。
 あまりいい男に巡り会えず、だまされてしまう英、過去の恋愛の痛みを抱えながら生きている淳平、妻への責任を感じている目、そして目にアプローチするも、振り返ってはもらえない橘高。英と橘高が抱き合っているのを見た淳平は、二人のために自分が辞す覚悟で英との同居生活を解消します。さらにお互いのずれは埋まることはなく、愚か、弱い、流されると分かった上で、英も淳平も意中の人でない人と一夜を共にするのです。お互いの立場が似ているから、共感できるからこその残酷さは、読んでいて複雑な気持ちになりました。それはどこか傷の舐め合いのようでもあり、穴埋めのようでもある中で、気がつけば、こんなことをしたかったのではないと冷静な頭の中で分かっているから余計に切ないものがぐっと胸に迫ります。
 淳平が肺気胸で倒れ、病院に慌てて駆けつける英は、自分で答えを見つけているのに、「大人」という立場でそっとその場を後にしてしまうのです。大人という生き物の狡猾さを感じながらも、それを納得して受けて入れている自分もまたずるいと思いました。
 
 間違いをしながら、気づくべき時続きに気がつかず、気づいたときには遅すぎて、それでもどうしても彼でなくては駄目…。
 
 不器用すぎて、ある意味素直ではない二人の恋愛は、気がつけば1年経っております。
 
 本シリーズの場合、BLと呼ばれる作品とはまた何かが異なり、下手をすればどこに萌えを見いだせばよいのか分からなくもなりそうです。さらに、全巻通して、登場人物たちの台詞で状況を説明するというやり方より、モノローグを多用して、他人のような語り口で物語を進めていくやり方が大好きです。当の本人たちは渦中にいるので、自分たちのことで精一杯ですが、この語りがあったからこそ、大人の恋愛という甘くはなく、ほろ苦くて切ない世界観が成り立つのではないでしょうか?大人の恋愛は後で、胸にじんじん響きます。

2

すれ違いの末に

橘高と英がつきあっていると勘違いした淳平は、
サガンを好きになったと嘘をついて英の家を出て行ってしまいます。
つらく、さみしい気持を英は橘高に打ち明けますが、
その話を聞いた橘高もまた、大きなショックを受けます。
お互いの傷を舐め合うように、肌を重ねてしまう二人。

一方、淳平とサガンもまた、過去に心に傷を受けた似た者同士、
つらさをこらえ切れずに抱き合ってしまいます。

皆が、肌で慰め合うのは間違いだと知りながらも、
淋しさと辛さを堪え切れず流されてしまうこの場面。
下手な三流ドラマの様な展開なはずなのに、すごく切なく美しくまとまっています。
本当に、胸がぎゅっと締め付けられるような、やさしさと残酷さ。
そして、四人ともがしっかりと間違いを受け止め、
それぞれが一歩前進しているところが、すばらしいと思います。

その後、淳平が気胸で倒れて入院します。
駆けつけた英と、甘い雰囲気になるんですが、結局誤解は解けぬまま・・・
この時の二人の間に流れる、ほわんとしたラブな空気を、
小さな1コマで表現してあるんですが・・・
このシーン、好きです。本当に上続き手いです、町屋先生!

時を開けずに今度は橘高もサガンを庇って事故にあい、同じ病院に入院します。
そして、この二人の入院が転機になり、大きく四人の関係が動きます。
病院で、永遠なんて幻想である事に気付く淳平。
過去の過ちを二度と繰り返さない決心をし、やっと英に告白します・・・

本当に、やさしいステキなお話でした。
この二人なら、これからどんな事があっても大丈夫!って思えます。
もう、全巻通して読みながらキュンキュンしっぱなしでした・・・
そしてもちろん、紅一点のやきのり効果は絶大でしたね(笑)

後日談の「恋になれたら」は一転してコメディーで面白かったです。
二人がそれぞれ橘高とサガンに電話で相談してるんですが、
その内容が、可愛くて可笑しくて笑ってしまいました(笑)
そして念願の二人の初エッチは・・・もう、最高でした!


最後に、私的に今巻でちょっぴりツボだった箇所を。
病院で寝たふりをしていた淳平が、英に頬にキスをされて、
次の日に呆けている姿に笑いました。
あと、二人の攻め様の、病院での静かなバトルは爆笑でした(笑)
短編三編はどれも文句なしの「神」です。
特に、ちょっぴり切ないやきのりの過去夢の橘高が、すごく良かったです。

2

とりあえずティッシュ用意しよう!

泣くとかいうレベルじゃないです。
えづきました。
涙と鼻水どっちがどっちか訳分かんなくなるくらいえづきました。
ティッシュ足りませんでした。

1巻未読・小説全巻未読という中途半端な状態で読んでしまったことを深く深く後悔します。
でも2巻と3巻だけでも読んだことで世界は変わりました。
しかしこれから読む人は1巻から読みましょうね。

各々恋愛にトラウマを抱えている4人がすれ違って、すれ違って……何でそうなるのーーーー!
悪循環の波紋が広がって広がってとんでもなくこじれます。
もうそこで私の涙腺と心は崩壊しました。

ここまで地の果てに叩きつけられてもBLですから。ハッピーエンドですから。
でもこの3巻というBL作品にしては長編のお話で、純愛エンドというのは最高に良いです。
もちろんおまけ漫画でえちシーン盛りだくさんですよ。
町屋さんの描くえちシーンは本当にエロいと思いませんか?思いますよね。
ノンケ×ゲイのカプで、受けが無意識に淫乱とか悶え死にします。

皆さん、手元にティッシュを一箱用意して、今すぐ買いに行きましょう。

2

若者組の結末は…

すれ違いカップル二組が同時進行で進むコラボ作、
雪のクリスマスに出逢った若者組の方の、最終巻です。

ボタンのかけ違いで、思い合っているのに離れてしまった二人。
ハッピーエンドの終着点は予想きるものだし、話としてはそれほど目新しさはないのですが
読んでいて心が温かくなるような最終巻でした。

個人的にツボだったのは、すれ違いの中違う組み合わせでそれぞれが寝てしまうところと、
両思いになった後なかなかHまで辿り着けずに、
それぞれがその(間違って?)寝ちゃった相手に相談している番外編「恋になれたら」。
お互いに不安があって一歩踏み出せない二人が、
それぞれに大人組に軽くあしらわれているのがいいw
「…若い奴らって…めんどくさい…」と(-_-)な顔をしている橘高、サガンの二人に
笑いました。

↑を含む書き下ろし3つと、町屋、榎田両先生の後書きも楽しめました。
やきのりちゃんも、末永く一緒に幸せでいてね♡

3

ホッとしました

夜中に一気読みするくらい、良かったです。
本当、ボタンのかけ違えって最後にならないとわからないものですよね。
勘違いとか、思い込みとかって恋愛物には欠かせないし
それがあるから物語は面白くなるのですが、正直このすれ違いは
小説版を読んでいる時、とても辛かったです。
小説版とコミックを交互に読み進めていたので、この展開は分かっていましたが
コミックで、その後の2カップルが読めてホッとしました。
コラボって素晴らしいですね。

1

よかったです!

お互いに好きなのにすれ違って…。
この人ではないと気づいてるのに、そばにいる温もりにすがってしまう。このシーンは台詞ではなくモノローグで描かれているのですが、これが胸にぐっときて切なくて泣きましたー。

全員がすぐに間違いに気づいて、恋人にはなれないけれど、出会えた「友人」に感謝してるところはよかったな。
そこから軌道修正するには、淳平の病気や橘高の怪我という痛い思いをしなければなんですが。

クリスマスの日。
クリスマスに拾った淳平に思いを馳せながら英が家に一人帰ると、また拾われるためにアパート前にうずくまってる淳平(笑)
やっと気持ちが通じて…3巻目にしてしかも最後の最後で「初チュー」
よかった!よかった!

人は恋愛でどんなに辛い目にあっても、人を愛さずにはいられない、人を好きになるのは素敵なきとなんだと思わせてくれる作品でした。
榎田さんの20代カップル(コミック)30代カップル(ノベルズ)の計算しつくされたストーリーの組み立ても見事でしたし、町田はとこさんのふんわりとあたたかい絵柄も好きでした。

同時収録は英と淳平の初エッチ。
淳平が退院したば続きかりだから…とか、安普請のアパートだから隣に声が…なんて言ってるうちにタイミングを逃しまくり、互いの「友人」橘高とサガンに電話で相談(笑)
20代といってもそれぞれ恋人もいたことあるのに可愛い二人でした。でもその後は英が年上のぶん積極的かな♪
そんな英に煽られて何回もいたしちゃう淳平でした(笑)

書き下ろしでは橘高&サガン&やきのり(橘高はのり子と命名(笑)の、とある1日。相変わらずやきのりラブのサガンを見ながら「俺も幸せ者だ」と思う橘高。この二人にこんな穏やかな日が訪れるなんて!

もう一つはお花見に行く英と淳平。料理上手な淳平の手料理を味見したりほのぼの。
橘高とサガンの二人が歩いてるのを目撃したり。超ショートストーリーだけど仲のよい4人が見れました♪

2

すれ違いから生まれた絆

間違うことで初めて気づけることがある。
理性だけでは制御できない気持ちがある。
すれちがっていても今伝えなければ後悔する想いがある。

小説版の橘高さんとサガンさんも含め、
それぞれ別の人生を歩み、別のものを背負って生きている4人が、
ぶつかり合いながら離れては、またどうしても惹かれあう姿がもどかしくもあり
恋とはこういうものだよなという想いを起こさせてくれる物語です。

英と淳平らしく、ほんわかとしてあたたかい気持ちになる告白シーンは必見。
これまでの展開がすれ違いだらけだった分、やっと誤解が解けたときは
”本当に良かったね”と思わず祝福の拍手をしたくなりました。
ふたりの偽りのない素直な言葉が、とても彼等らしくて素敵です。

描きおろしでは甘々なふたりを含め、素敵なお話が描かれているので、
本誌で読んでいた方にもぜひ読んでいただきたいなと思います。

本当にあたたかい余韻の残るお話でした。

2

無事完結いたしました。
いろいろすったもんだありましたが、終わりよければ全てよし。
なんだか思わずホッコリしてしまいました。

「自分が求めているものの正体」

確かめなくても解る。
簡単なロジックでかけ間違っていた鍵がポロっと外れる瞬間。
思わずキュンとしてしまいました(ノ∀`*)
そしてキュンといえば、橘高さんの
「寄りかかられるほうも うれしい」
この言葉が好きです。
なんだろうね。こういう攻が好きwの象徴だったりする。
世話焼きで、頼られたい願望が強い攻って好き。
あまつさえ、自分も甘やかされたいと思ってれば尚更。
いかんいかんw

後半、はじめての~な話がまたなんだかすれ違ってて
面白かった(*´∀`*)こいつらww
お互い思っていることは同じなのに、結局同じところでつまずいてるっていうな。
思ったよりもエロイ英さんにもですが、
絶倫わんこ宜しい淳平萌え。なにより癒される二人でした。
早くサガンさんと橘高さんの幸せもおがまねばと思いつつな現在。
やきのりチャンにあえなくなるのは淋しいですが、しあわせエンドでハッピーなり

2

掛け違えたボタンをかけ直すとき!

いよいよ完結しました~♪ヤングチーム
すれ違った想いはまるで気がつかないでいるボタンの掛け違い。
それを自分で気がついて、ちゃんと直すまでのお話の結果がこの完結。
やはり、3巻通じて読んできて、間合いの絵での見せ方。
セリフがない場面でも、心が見えてくるその描写や、とても効果的なモノローグ。
ひしひしと迫るこの作品の、コラボはとても上手くよかったです!

橘高と英の一緒の場面を見て、思わずサガンと付き合っていると言って英の部屋を出ていってしまった淳平。
一体どうやって淳平は英に気持ちを伝えることができるんだろう?
とても優しい英は、どうやって気持ちを自覚して伝えることができるんだろう?
この二人に大きく関与するアダルトチームの橘高とサガンもまた、ふっきれない想いを抱えている同士なだけに、それぞれに良い相談相手になってしまっています。
それぞれの気持ちを慰めるために起きた間違いは、とても大人な設定だったと思います!
そうそう、こういうことってあるんです。
でも、それは愛ではなく情だって、ちゃんと皆わかっている。
一番大事な人には、相談相手には素直に吐露できる本続き当の気持ちを告げることができない。
でも、それでは後悔を残した過去の失敗の繰り返しになってしまう。
その良いきっかけになるのが・・・・やきのりちゃん♪ナイス!!
もう、ハラハラしちゃいましたよーー。
まさかよもやで、やきのりちゃんが事故に遭っていたらまた違う展開になっていたかなw
そしていよいよのクライマックス!
最初の出会いからやり直すなんて、なんて、なんて素敵でしょう。
思わずキュンとしてしまいます。
そう!ここから恋が、本当の恋が始まるんですね♪

切ない展開の中に、病院で対面した淳平と橘高の嫉妬の戦いとか、ユーモアもありました。
思いっきり互いを牽制して、本音ダダ漏れしてる嫉妬する男たちw
このシーンはお気に入りです♪

まとまった彼等のその後の話も、また彼等らしくて良かったですねv
淳平の体を気遣い、部屋の壁の薄さを気にする英。
だからまだ二人は合体できてないんです(爆)
呆れかえるアダルトチームがお膳立てをするのですが・・・という話。
こんなときもやはり相談相手は、淳平はサガンで、英は橘高www
楽しいな~
このとき、このアダルトチームはどうなっているんでしょうね?

それと、この本の楽しみは「やきのり日記」だったのですが、今回は少ないー(涙)
でも、そのかわりに橘高が夢でやきのりの生い立ちを見るというユニークな手法が。
かわいいなーやきのりちゃん。
橘高にとっては、「のり子」だって(爆)

まだ小説もあるのですが、今回はアダルトチームの展開をさほど気にしなくてもヤングチームの展開のみで十分に魅せてくれました。
でも、きっとこのヤングチームの展開によって、アダルトも進展していったんだろうな?と、間近の小説がとても楽しみです。

出会いから1年をかけて恋が育っていく。
ゆっくりと優しく、決して特別でない等身大の彼等がとても素敵なおはなしでした。
こういうのを見ると、楽しいことも辛いこともあるけれど、恋をするって、人を好きになるっていいな~って思えるのです。

4

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ