テンペスト (3)

テンペスト (3)
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×21
  • 萌0
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
4
評価数
1件
平均
4 / 5
神率
0%
著者
 
媒体
コミック
出版社
講談社
シリーズ
ITANコミックス
発売日
価格
¥562(税抜)  ¥607(税込)
ISBN
9784063805970

あらすじ

*BLではありません

<男性消失>により<女>だけになった地球は、原因不明のサキュバス現象により今度は<女性消滅>に襲われる。サキュバス予備軍として地下に隔離された皇は、自らの健康体を証明すべく原因をつきとめようとする。一方、内のカヤシマの体内では2000年ぶりに「卵子と精子の受精」が試みられる。皇と、世界にただ一人の<男>姫が選ぶ生命への道は--!?

(出版社より)

表題作テンペスト (3)

その他の収録作品

  • 特別番外編「よいこのテンペスト幼稚園」

評価・レビューする

レビュー投稿数1

子供を産むということ。
本当に”男”は悪であるのか否か。
冷凍保存されていた昔の男の精子を発掘し、非検体の身体に受精させる。
どんな形であれ、自らの身体に命を宿したことを悦び
いとおしそうに腹をなでる女の表情がなんとも言えない。
自らの身体には命を宿すことができない。
それは自分が「男」という存在だから。
好きな相手に受け入れられない。
それは自分が「男」であるから。
しあわせだった若い時代。けれど今はそれとはかけ離れた場所にいる。
好きな相手は手を伸ばせば届く位置。けれども。。。
とにかく自分を卑下する。そういうった世界で、
男という存在がこの世で求められていないものだから。
なんだか殺伐とした気持ちになってしまうのだけれど
そんな世界でも、命を産むということに関する女性の気持ちはすごく
なんだかキュンとしてしまう。
産むことが義務ずけられた世の中で、
子供を義務としてうむのか、感情として産みたいと思うのか。
展開はなんだか重たいですが、次回を楽しみに待ちたいと思います。

0

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ