オトナでクールな俺様男×平凡大学生のあまエロLOVE?

オオカミ男と白うさ少年

ookamiotoko to shirousashounen

野狼男与白兔少年

オオカミ男と白うさ少年
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×21
  • 萌3
  • 中立2
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
3
得点
15
評価数
6件
平均
2.8 / 5
神率
0%
著者
 
媒体
コミック
出版社
日本文芸社
シリーズ
KAREN COMICS(カレンコミックス・日本文芸社)
発売日
価格
¥619(税抜)  ¥669(税込)
ISBN
9784537129687

あらすじ

大学生のともやは、初恋の人に振られ、
酒に酔って大雨の中倒れていたところを、
カフェのマスター・鷹和に拾われる。
そのカフェは、昼は喫茶店。
でも…――
夜になると、ランジェリーを着た
うさぎの店員(全員男!)がいるBARに変身!
なりゆきで、ともやも店員としてうさぎの格好をさせられ、
さらには鷹和とえっちなコトまでしてしまって…!?

(出版社より)

表題作オオカミ男と白うさ少年

昼は喫茶・夜はコスパブのマスター 鷹和
失恋した大学1年生 成瀬ともや

その他の収録作品

  • その後

評価・レビューする

レビュー投稿数3

ランジェリー

コスプレ姿がかわいい
けど、
せっかくのかわいいコスチューム、もうちょっとしっかり絵にして見せて貰いたいかも。

うっかり迷い込んだ変なお店で、マスターに気に入られちゃって、いきなりエロいこともされちゃって、
マスターにエロいことされるのは、実はまんざらでもなくて、これって相思相愛?

ストーリー展開はざっくりだけど、かわいくってわかりやすい。
エロも結構盛りだくさん。
こういう、サクッと展開の早いエロのためのエロみたいなのもいいんだけど、サクッとチビキャラで絵が流してあるのって、あんまり好きじゃないなぁ。

1

白うさと言うよりワンコに見える

オオカミマスターと白ウサギとのちょっぴり嫉妬入りまくりのコスプレラブ。
それでも個人的には白うさと言うよりはどうも受け様にやんちゃな仔ワンコの姿が
見えてしまう、ウサギってもっと大人しいイメージがあるから子犬に見えて仕方ない。
まぁ、あくまで私的感想なのでスルーしちゃってください。

失恋して飲めないお酒で酔いつぶれ、小汚いかっこのままであるお店の前で行き倒れ。
それをその店のマスターに拾われ気を失ったまま洗われて小奇麗にされた後は餌付け。
その美味しい食事を食べたお礼が、白ウサ耳付けてコスプレしてお店のショーに出る事。
何故かマスターに気に入られてエロいことされちゃう受け様。
そして、いつの間にか攻め様の店でアルバイトする事になり、さらにマスターと
身体の関係を持つようになるけれど、恋人になった訳でもない中途半端な感じで
受け様は攻め様を好きになるにつれ嫉妬や不安を抱く。

このマスターも案外意地悪で、お子ちゃま白うさ受け様を弄って遊んでる感じ、
マスターはオオカミ男ってイメージがぴったりのコスプレマニア系なんです。
可愛い顔して意外に男前な受け様は思い続きを告げるのもかなりストレート。
もちろん最後はハッピーだけど、マスターを巡る三角関係なんてちょっと切ないかも。
脇キャラも気になるタイプが多くてスピンオフなんて読んで見たい。

1

少年ぽさを残したままのコスは、評価できる点です

電子配信されていた作品のコミックス化。
電子だからというわけではないでしょうが、多分にこうした媒体を主体にする作品は、ストーリー的にはありき設定でさほど深く追求せずに、シチュやキャラ設定に比重をおいて優先させるのでしょうね。
アンソロテーマに基づいて書かれた短編がシリーズになったみたいな?
だから、今回コスプレしてエロ、
マスターに食われちゃったウサギちゃん、
ちょっと進展して、ライバルが登場、
登場人物達のキャラクター、
それらのどれかにツボると、、という感じのノリであります。

恋人と破局して店の前で行き倒れていたところを保護された大学生のともや。
この御礼は必ず、、、というと「体で払ってもらおうか」と、昼は喫茶店、夜はウサ耳つけたランジェリーコスプレバーの店員として働くことに。
舞台に挙げられたともやは思わず歌を歌い、その度胸を気に入られてマスターの餌食に・・・
こうして店に住み込み(マスターと同居)することになるともやですが。

と、こういう導入部があり、
店員がつけてるウサ耳の色の理由、AV鑑賞をしながらこっそり××、など
ともやの少しショタっ続きぽい雰囲気とコスプレ=かわいいのだが、女子的な可愛さでなく、いかにもな少年的かわいさ=で、人の良さそうなマスターが舌なめずりをして頂いちゃう、危ない大人な雰囲気を出している、その組み合わせが多分、この本の一番のウリなのかも♪

あと、重要人物がひとりいまして、
マスターの幼馴染で親友で、まるで空気のようにマスターの部屋に出没する靖という存在。
ランジェリーはマスターの趣味で、彼がデザインして靖が作るというコンビ。
そして靖はマスターが大好きで、今までもマスターが連れ込んだ愛手を威嚇して追い出していたらしいのですが、ともやはくじけないwww
この靖が、座敷わらしめいた存在感をかもして、愉快。

自分的に、禿萌えや、局部ツボを突かれたわけではないので、普通評価です。
体の描き方が、なかなかに良いです!
ちゃんと男性の肉体という感じで、かといって、顔とのギャップもなく、肉付きも、構図の大胆さもあったりと、その点は評価いたします☆

0

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ