破廉恥ゲーム~エロゲのヒロインみたいに~

harenchi game

破廉恥ゲーム~エロゲのヒロインみたいに~
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神2
  • 萌×22
  • 萌7
  • 中立3
  • しゅみじゃない8

--

レビュー数
13
得点
42
評価数
22件
平均
2.4 / 5
神率
9.1%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
フロンティアワークス
シリーズ
ダリア文庫(小説・フロンティアワークス)
発売日
価格
¥552(税抜)  ¥596(税込)
ISBN
9784861345821

あらすじ

病弱だった世良は、大好きな元隣家のお兄ちゃん・泰河が世良をモデルにして描いた『セイラ』の絵をずっと大切にしていた。10年後、家庭の事情で泰河と同居することになった世良は、泰河が『セイラ』のアダルトゲームを作り、クリエーターとして成功していることを知る。大切な思い出を穢されたと怒り、セイラのコスプレをして泰河に仕返ししようと企むが、逆に萌えられて…!? ハイパーエッチなコスプレラブ?

(出版社より)

表題作破廉恥ゲーム~エロゲのヒロインみたいに~

エロゲーのクリエーター 本宮泰河・26歳
泰河と同居することになる高校生 水橋世良・17歳

その他の収録作品

  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数13

低評価多いですがわたしは好き

タイトルがまず珍しい。
でもわたしはけっこう、この内容のわかり良いタイトル好きです。
西野さんの作品はエロが薄いということがほぼないので、このタイトルで西野さんときて、エロ多すぎだよと思う方はおられないのでは。

**********************
受けの世良は17歳の高校二年生。
親の海外転勤により一人日本へ残り、幼馴染の泰河の元で暮らすことに。

攻めはエロ系ゲームクリエイターで漫画家でもある泰河、26歳。
有名大学へ進学したものの中退し、現在の職についています。
**********************

内容自体は泰河が世良をモデルに作ったエロゲーを題材にエッチしまくるという感じなのですが、それ以上にこちらの作品、地雷だという方がおられそうなシチュがいくつかありますね。
まず、モブ姦。(わたしは好き・笑)
もちろん無理矢理ではありません。
世良も自暴自棄になりつつも気持ち良さげなので、個人的にはまったく気になりませんでした。
あとは女性(架空ですが)のセックス描写。
これが嫌な方はおられそうですが、これはほんのちょっとで、エロゲー続きの中のものです。
そして、女装エッチ。
わたしは男の娘可愛いと思う人間なので大歓迎ですが、大人の男性受けがお好きな方には苦手かも…

嫌な方にはこんなにあるのか?と思われそうですが、わたしにとってはまったく地雷ではなかったもので、西野さんの作品の中ではかなり振り切られていて好きかなぁと思いましたよ。

1

モブ姦注意

たぶん、フェア小冊子のために購入した既刊。
親の海外転勤のため、小さい頃に懐いていた近所のお兄さん泰河の家に同居することになった高校生の世良。
昔から絵が上手だった泰河は、今や有名なエロゲー作家でエロマンガ家。
その出世作は、昔世良に描いてくれた魔法少女が主人公のエロゲーで、、、。
コスプレ調教もモブ姦も、すっごいノリノリで筆が走りまくり、楽しんで書いてはるなぁって感心するけど、女装ローターお散歩からの青姦のくだりは私としてはしゅみじゃない。
逆に、当てつけモブ姦の方はモブレじゃないので大丈夫でした。

0

美少女戦士

可もなく不可もなく。
話も展開もサラっと読めて後味薄め。
エロはだくだくだけど女装押しなので萌えも薄め。
と、ぶつぶつ言いつつですが
お話自体は、嫌いじゃないですw
なにせ受から醸し出されるアホっこ臭で思わずニヨニヨしてしまう。
あほの子大好き(≧◇≦)!!

お話はと言いますと、両親が海外赴任のため
昔仲が良かったお兄さんの家にあづけられることに。
小さいころはそのお兄さんが大好きで「結婚する!」とまで
豪語した相手なのだが、、、、!?

よもや癒されたイラスト。
しかもモデルが自分なキャラクターが男に凌辱されまくる
エロゲーで活躍してるとか笑えるww
怒りに任せて、コスプレして見せるとかアホすぎる。
あまつさえ、お怒りだったはずなのにあっさりおいしく頂かれてしまうとかさらに笑えるww
快楽に弱く、押しに弱く。
ちゃんと気持ちを確認せず暴走した挙句、
好きでもない男たちに輪姦させてやるとか。
どんだけアホなのこのこwwと思ってしまったわけですが
好きじゃなくても気持ちいいじゃないか。と
乱れ狂う姿は思っていたよりもエロく。
輪姦野郎ども続きではないがうっかりトキメイタ(´艸`*)
攻一人だけを~な純愛物も勿論好きですが
好きでもない相手に抱かれて感じてしまう。
そんな非道徳的なプレイがすごく美味い。

悲壮感もなく、楽しく読めるという意味では
良い作品かなと思います。
個人的につくってたエロゲーが男の娘もので
実はチン子ついてた。とかだったらもう少し評価上がったのかなと
個人的な感想

0

表紙買いするんじゃなかった

神葉せんせいの表紙だっんで買って見たけど内容はあんまり好みじゃなかった。
挿絵見たさに読み進めたけど、読んでて白ける。

0

エロはあったが愛はなかった。

セフレ止まりの関係で終わった気がする。
モブ姦というんですか?
強姦はもちろん、合意でもモブ姦が嫌い。
ので、途中からはパラパラと流し読み。

0

基本的に西野先生作品は好きなんですが…地雷源踏み抜きました

軽~いノリでエロいの読みたかったので積み山から発掘ー!
うん、確かに軽くてエロかったです。
泰河の作ったエロゲのヒロインのコスプレをしてエロいことしたり、電マが活用されたり、おもちゃをお尻に入れて女の子の格好でお散歩したりー。
因みに泰河さんは黒のニーソがお好みのようです。
絶対領域(*ノェノ)キャー♪
ま、西野さんなのでエロは色々と豊富です。

でも…でもでもでもでもでもーっ!!!!!!!!
私にとってどうしても好みじゃない要素が入っておりましたorz
モブ姦は…別に良いんです。
望まないのにやられちゃって、後から攻めに嫌な思い出を塗り替えられる…とかだったら普通に読んだ。
でも今回のこれは…違うんですよー。
世良くんってば、泰河に当てつけるために先輩複数とやっちゃうんです!
やった後に反省はしているし、泰河からのお仕置きとかもあるけども…。
なんかね、やけになっているとはいえその状況を受けが愉しんでいるんですよね。
気持ち良いことをするために利用してやる的な思考で。
結構ページ数割いてガッツリ書かれています。
“当てつけるため”にそういうことに手を続き出したってのが私には萎え要素でして…。
自分が泰河を好きっていう自覚があるだけに余計に何というか軽はずみすぎやしませんか?って感じです。
先輩方、写メとか証拠に残るようなものを残して脅してこようとする人たちじゃなかったんで大丈夫でしたが…下手したらそういうの残して脅される可能性もあるし?
なのでモヤ~ンとした読了です。

1

うーん…これはビミョーすぎる

中立か萌かで迷った。
たまたま、その直後に読んだのが、史上最悪レベルの3P・複数系だったので
さすがにそれと同じ評価をするのも…というわけで技術点で「萌」。
しかし、西野作品としてはいいところ「中立」。
ただし、コレは西野作品でありながら、厳密には「3P・複数」ではありません。
男の娘系だと思った方が間違いない。

幼馴染のお兄さんの前でニーソにコスプレという、
かなりベタな萌え系コスをやってるうちにその気になって…という流れです。

しかし、なんといいますかねぇ、西野作品の甘い空気感はあっても
いつもより集中力がない作品でありました。よほど悩んでしまったのか、
疲れ切っていたのか。
西野センセイは、語彙の用法や誤字脱字がほとんどない、エロを書く上で
大事なことをきちんとなさる方ですが、今回ばかりはそこらへんの推敲が
甘かったと言わざるを得ません。
導入部で、らしからぬ誤用と誤字が。
こういうのあると、エロは一気に冷めるから要注意。

エロゲ作家と男の娘、なんでありますが、エロゲ作家のヲタクっぷりが
ステロタイプすぎ。にもかかわらず、イケてる男な続きのもなんかチグハグ。

男の娘系3P・複数としては、愁堂れな「ハニー・トライアングル」があるが、
そちらのほうがおススメ。

1

男性向けに通じるところもあるエロス

男性向けのPCゲームもたまにプレイする自分にとっては面白い作品でした。

どう考えてもドン引きされるはずのコスプレも攻めさんが受け入れてしまったり、
みるみるシチュエーションがエスカレートしてしまったり……
それが攻めさんの愛ゆえなのに、そこは受けさんにうまく伝わっておらずという
王道と邪道の両方を味わえる一冊でした。

惜しむらくは私はモブとのHがあまり好きではないので、
そこが濃く描写されてしまっていたのが残念。
受けさんは若さゆえかちょっとお尻が軽すぎたよね。

でも西野さんの作品はどれも楽しく読んでいます。

1

エロ満載なのはわかってたけど...

西野作品だし、このタイトルなのでエロ満載なことはお約束なのですが、
見事に8割はエロだったと思います。
エロゲの話ということだったので、私はエロゲを作る工程のモデルを受がやる、という内容だと勘違いしていたのですが、実際はエロゲで作られたシーンを受で再現する、という内容でした。エロゲがどういう風に作られていくか興味があったので残念です。

さらにキャラクターに魅力がなかったのが残念でした。
泰河は顔はカッコ良いですが、魅力的!と思う部分がなかったです。正直世良が泰河のどこに惹かれたのか分からなかったです。
世良の方も顔は可愛いけど淫乱な子供という印象で惹かれる点はなかったです。
ある意味お似合いの二人でしょう。
すみません、かなり辛口評価になってしまいました。

2

表紙より・・・

内容は、軽く明るくコスプレ三昧。西野先生の作家買いだったけど、読後の物足りなさがあり、ちょっと残念でした。主人公カップルの心のすれ違いもすっきりハマらなかったので、読みながら「うーん、う~ん・・・」と唸ること数度。超ラブラブシーンが見たかった・・というのが本音です。軽いノリのお話が好きな方は楽しめると思います。

1

タイトルのわりに…

タイトルが過激ですよね(苦笑)
しかしタイトルのわりに、そこまでエロくなかったような…
女装プレイ。コスプレ。野外プレイ。おもちゃ使用。複数プレイなどなどあるのですが、色々なシチュエーションでいたしてるわりに、萌えを感じませんでした。(あくまで個人的な意見ですけど。)

幼なじみの二人。
優しいお兄ちゃん的な攻め様と身体が弱くて女の子みたいにかわいい受け様の再会ものです。
攻め様は、エロゲの製作をしててオタクっていってるわりにクールな美形キャラで、受け様への執着度がちょっと低く感じたのが萌え足りない原因かもしれないです。
受け様も、攻め様の愛を感じられず、やけになって学校の先輩と複数プレイに走ります。
ちなみに高校生です。
攻め様が相手だから「されたい」って思ってたはずなのに、軽はずみに一線越え過ぎなのでは…?
と思ってしまいました。

二人のラブラブ度が分かりにくかったのが、タイトルと、H回数のわりに萌えが足りないと感じさせてしまったのかなと思います。

神葉先生の挿絵の絶対領域には萌えました〜♬

1

2次元しか愛せない?

ヲタクなエロゲークリエーターの攻め様と高校生の年の差カップルのエロラブ。
受け様は小さい頃から体が弱く学校も休みがちな病弱っ子だったのですが、
近所の9歳年上の攻め様が、スケッチブック片手に遊びに来てくれる。
寂しかった受け様はそれが嬉しくて、いつも楽しみにしていて、そんな時に攻め様から
1枚の絵を書いてもらう、それが「セイラ」魔法少女で、攻め様オリジナルキャラ。
大きくなったらセイラみたいに健康になるなんて話していた子供の頃の思い出。

それが人並みに健康になった高校生の時に、受け様の仄かな憧れと思い出を怪我される。
小さな頃の受け様に、これは受け様だと言っていたのに、あれから10年近くたち、
受け様は、そのキャラがエロゲーの人気キャラ「セイラ」としてマニアに人気な事を知る。
自分が穢されたように、攻め様にそんな風されているような感じがしてしまう受け様。
そして両親が仕事で海外に行く事になり、受け様はなんと攻め様と同居する事に。
10年も逢っていなかった攻め様と暮らす事に戸惑いと、思い出を怪我された怒りが
受け様にはあって、攻め様に仕返しする事を考え付く。
続き
それは、セイラのコスプレをして、攻め様に羞恥を与えると言う事。
しかし、受け様が思っていた反応とは違い、逆に興奮され興味あるだろうと唆され。
コスプレ姿のままセイラとして犯されてしまう。

攻め様にこれから付き合おうと言われ、流れで付き合う事になるけれど、
毎回コスプレ姿で、エロゲーにも負けないようなエロエロ状態にされて、受け様開発中。
2次元オタな攻め様だから自分もセフレの一人なんだろうと思い込み、
受け様は攻め様とすれ違う事になってしまい、攻め様への鬱屈した思いから学校の
先輩たちと複数プレイなんてしちゃいます。
その後に攻め様との誤解や擦れ違いが解消されてハッピーエロになります。

結局は、受け様が小学生だった時に、その可愛い受け様に邪な思いをもっていた攻め様が
受け様の分身的な「セイラ」を作り、本物の受け様に出来ない事をやりまくり、
それがゲームとして売れちゃって、そこに大きくなった本物の受け様が昔と変わらず
可愛い姿で現れたから、やってしまう、そんなお話。
攻め様はオタ変態で、ショタだったのでしょうねぇ、ただ、犯罪は冒せないので
2次元に逃げ込んだってストーリーのようでした。
これも相愛、初恋が実るお話でしょうね。 

2

女装にニーソははずせない

強引な力技で、やっぱり愛だの好きだったのへ持って行ってしまう結末が
最初の始まりから展開の流れにそぐわず、異様な違和感を覚える結末でした。

両親の海外転勤が決まり高校二年の主人公・世良は一緒に行かずに、昔隣りのお兄ちゃんとしたっていた9歳年上の泰河の家に居候することになります。
泰河は、今流行しているエロゲの作者でそのエロゲの主人公セイラは、昔世良の為に、これが世良が強くなった姿だよ、と書いてくれたその主人公だったのです。
おりしも、クラスメイトがそのゲームを貸してくれたので家で見てみると、何故かそのヒロインがまるで自分で犯されている気分になりヌいてしまう世良。
自分だけのものと思ったキャラの現在の有様が自分の綺麗な思い出を貶されたような思いからくる悲しさと、悔しさから仕返ししてやろうと思います。
そして、キャラのコスをして泰河の前に現れます。
しかし、結果その日から泰河のいいなりになり、コスプレセックスをする関係にはまっていくのですが・・・

まず設定の仰天??ぶり
むかし隣りだったからと10年も会ってないような隣人の息子に息子を同居させるか?
世良の突飛な続き思考がどうしていきなりコスになるのか全くもって不明。
また、その気持ちをいつまでも持っていて大事にしていたとか、いきなり言われても?って感じです。
だからこの冒頭入りの部分と、エッチしている淫乱な展開部分と、ラストの3部構成だとすると、それぞれ全く別物みたいです。

ただ、コスプレエッチで、泰河が鬼畜にコスをさせて肉奴隷にして言う事を聞かせ
世良もそれを嫌じゃなくて、いつのまにか激しい執着を泰河に持ち始めて嫉妬までする。
しかもその嫉妬のあまり、不良の先輩たちと乱交するという
実に毒々しい展開を見せる中盤盛り上がり。

後半に入ると、それを収めるために何だか執着愛へもっていくのですが、
泰河はただの興味と二次元願望の実現でしかないはずなのに、「好きだった」とかキャラのセイラがお前の代わりでそれで~とか言わせてるのに、すっごいしらけてしまいました。

ストーリーとして伝えたい構成はわかるんですが、それのパーツが不自然じゃないか?っていう違和感ですね。
人形の手足がばらばらについてる感じ。
確かに女装コス男子を鬼畜に扱い、男子も淫乱に嫌がりながらも順応して、あまつさえ乱交してうさを晴らすという、とってもドロドロした展開の中に、今更好きだったって唐突に持ってこられても信じられないヨ。

なのですみません、、、作品の出来としてこの評価です。
別のところで、もっとダークに堕ちる展開の結末の話で書いたほうがよかったんじゃないかと思います。

3

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ