七月七日

七月七日
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神2
  • 萌×28
  • 萌1
  • 中立2
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
4
得点
47
評価数
14件
平均
3.6 / 5
神率
14.3%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
幻冬舎コミックス
シリーズ
幻冬舎ルチル文庫(小説・幻冬舎コミックス)
発売日
価格
¥552(税抜)  ¥596(税込)
ISBN
9784344826700

あらすじ

大学受験で出会った佐久間と流田。流田を愛しながらも結婚へ逃げた佐久間。それでも愛し合う二人の関係は続き…!?

(出版社より)

表題作七月七日

流田達 大学生~不動産収入で暮らしまで18~28才
佐久間行人 大学生からリーマン 18~28才

その他の収録作品

  • 七月七日
  • 五月五日
  • 十一月十一日
  • 三月三日
  • 九月九日
  • 一月一日
  • あとがき
  • 六月六日

評価・レビューする

レビュー投稿数4

淡々と…

ドロドロしてない、激しくない、淡々とお話が進んでゆく不倫モノでした。
でも二人の絡みはしっかりと。

不倫モノですが、妻は最後の方に少し登場するだけでほとんど作中に絡んでくることもないので、不倫の背徳感というものはあまり感じませんでした。
ただ、この関係を二人はいつまで続けていくのだろう、どのように終わらせるのだろうということが気になって、文章の読みやすさもあって一気に読んでしまいました。

流田は常に余裕で佐久間に接しているように見えましたが、実は心の内は違っていて、佐久間のいない所で笑顔の練習をしていたなんて…
健気というかなんというか…
いろいろと廻り道もして、佐久間のバカバカ〜!と思いましたが、二人にはいつまでも仲良しでいて欲しいです。

電子書籍は挿絵がなかったのですが、文章がとても良いので表紙の雰囲気のまま最後まで読むことができました。
寧ろ、なくて良かったかも。

ショート番外編で清さんの「家政婦は見た」みたいなお話も読んでみたいなと思いました。
二人のことをどれくらい知っていたのかがすごく気になったので(笑)

1

じんわりと温かい読後感

電子書籍版を購入。
「七月七日」「 五月五日」「 十一月十一日」「 三月三日」「 九月九日」「 一月一日」、あとがきに加えられたSS「 六月六日」が収録されています。

いいものを読ませてもらったなというのが読み終わっての感想。
それぞれの日にちにまつわるエピソードが過去、現在を織り交ぜて描かれています。
特に大事件が起きるという訳ではないのですが、それぞれのエピソードの中で2人のお互いを思いやる気持ちが滲み出ていて、じんわりと温かいものが胸に広がります。

私の語彙力が乏しくて、この作品の良さを言葉で説明するのが難しい……。
どう説明したら、伝わるのかなぁ。
そう、同じような良さを感じた作品がありました。
一穂ミチ作品の「off you go」
全然、違うのですが、同じように読後にじんわりと温かい気持ちに包まれました。

けして、万人受けするわけではないです。
でも、私は素晴らしい作品と感じました。
この感動を伝えたくて、うまく説明できないと思いながらもレビューしました(汗)

4

さぼ

はじめまして。
コメントありがとうございます。

私も両作品、とても好きなのです。
レビューでは、うまく説明出来なくて歯痒く感じましたが、snow blackさんと、この感動を共有できて大変嬉しく思います!

素敵な作品に巡り合うのもいいことですが、それに共感もらえるというのは、とても嬉しいことですね。
コメントありがとうございました。

snowblack

さぼさま、初めまして、snow blackと申します。

この『七月七日』は、あまり評判にならない作品ですが
個人的には神にこそしなかったのですが
大好きな作品、振り返って神でも良かったかな……と
思っているような作品です。

そして、『off you go』は、My 不動の神作品。
一番好きな作品といっても過言ではありません。

確かに、典型BLとはひと味違う長い親友同士の
味わい深い心にしみる純愛ということでは、共通ですね。

その二つを並べてあげていらっしゃるのを拝見して、
思わずコメントさせて頂きました。

淡々と描かれる純愛

奇数が重なる日をタイトルにした章が連なり、
その時々のエピソードが綴られながら、二人の10年愛が描かれる。

そういう描き方もあって、いわゆるBL小説とはひと味違う作品。
個人的には、非常に好きだった。

大学受験の日に知り合い、その後身体の関係が出来た親友同士の
佐久間と流田。

地主の息子で今や肉親もおらず、家政婦の清さんと邸に二人、
卒業後も働く事なく悠々と暮す流田。
一方、ごく普通の家庭に育ち、ごく普通に就職して生きる佐久間。

常識的に生きようとする佐久間は、20代も後半になって結婚するのだが、
何故か流田との関係は続いているようで……
そういう意味では不倫話なのだけれど、ドロドロしたところがなく
私には純愛話と読めた一冊だった。

甘さはあまりないのだけれど、流田の覚悟のあり方が愛おしく切ない。
佐久間の葛藤も見方によっては狡いのだろうけれど、
イヤな気持ちになるよりは可哀想な思いが強く、
淡々と進んだ話の最後の決断は、ジワッと熱く涙が出るようだった。

遠慮のないやりとりをする、親友同士という感じもツボ。
憎まれ口を聞いたり続き、意地悪をしたり、甘えたり、思いやったり。

「神」にしようかと思ったのだけれど、挿絵がイメージと違うのがマイナス。
高星さんの絵は華やかでとても好きなのだし、
「互いの天使」というモチーフには合っていなくはないのだけれど、
この二人はもっと静かで大人なムードで描いて欲しかった。



※オマケ
 奇数は陰陽道では陽の数字。
 この奇数の重なる日というのは縁起のよい日であるのだが、
 奇数が重なると偶数が生まれ、偶数は陰の数字である為、
 その邪気を祓う為に行なっていた行事が、五節句の始まり。

5

常識から外れる怖さ

デビュー前にサイトでアップされていた作品、「七月七日」「九月九日」の二編に
大幅改稿&大量書下ろしを付けて1冊に仕上がった作品だそうです。
これがデビュー前の作品だとは思えない程、主役二人の心理描写や設定が良くて、
とても素敵な1冊になっていたと思いました。

ぞろ目月に沿って、二人が出会い共に歩き、このまま別れてしまうのか?なんて
出来事がありながらも、やっぱり離れる事など出来ない二人を描いています。
攻め様は、一貫して受け様への思いを貫いているようですが、人を愛し愛される事
そんな当たり前の事が物凄く幸運なことのように捉えている。
それは、もしかしたら攻め様の両親の事が拘りになっているのかも知れない。

そして受け様は、攻め様への思いが友情なのか恋なのか、身体の関係はあっても
同性同士という、常識から外れた関係を受け止める事が出来ないで足掻いている。
でも、攻め様はそんな受け様を責めるどころか、今までが幸運だったのだと必死で
自分の心を押さえつけ、受け様の為に笑顔で送り出す。
なんだか読んでると受け様の身勝手さに苛立ち、攻め様の思いが切なくなります。
続き
でも、受け様の常識の中にいなければならないと言う不安や焦燥も伝わるのです。

そんな二人が過ごした、イベント的日にちをピックアップするような形で描かれる、
それが切ないくらい、心に染み入ってくる内容でもあります。
偽りの結婚生活を続け、そして年越しが近くなり、心から愛する人がたった一人で
新年を迎える姿を想像する時、受け様の心が悲鳴を上げる。
思わず、よくぞ決意してくれました受け様!!なんて思ってしまう。
たとえ常識から外れる関係だとしても、心を偽って生きる事が出来ない、そんな思いが
読者に伝わってくるような作品でした。

6

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ