保護者で教師の叔父さんと、ツンツン王子の溺愛混戦ラブ。

溺愛王子の育て方

dekiai ouji no sodatekata

溺愛王子の育て方
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×21
  • 萌7
  • 中立1
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
5
得点
26
評価数
9件
平均
3 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
海王社
シリーズ
ガッシュ文庫(小説・海王社)
発売日
価格
¥619(税抜)  ¥669(税込)
ISBN
9784796403870

あらすじ

モテモテの英語教師の哲也は、陸の叔父さん。両親を亡くした陸を引き取ってくれた人。学校ではその関係を秘密にしてるけど、家じゃすっごい格好悪いし、変な柄のパンツ穿いてるし、女の子は幻滅するぞ。なんてうそぶいてるけど、本当は叔父さんが大好きな陸。でも、呑気そうな哲也に、秘密の恋人がいた!? 陸は叔父さんの結婚の枷になることを嫌い、独り立ちすべく自分でお弁当を作ったりするけれど――でも叔父さん、本当は本当は、俺だけのものでいて…。

(出版社より)

表題作溺愛王子の育て方

陸を引き取る高校社会科教師の叔父 千野哲也・31歳
10歳で両親をなくした高校2年生 中久保陸・17歳

その他の収録作品

  • あとがき(バーバラ片桐)
  • あとがき(サマミヤアカザ)

評価・レビューする

レビュー投稿数5

正統派の叔父×甥っ子カップル

叔父×甥っ子カップルながらも、禁忌感や生々しさはなくさらりと読めた。

高校生の陸は両親が急に他界して以来、叔父の哲也と一緒に暮らしている中で、彼に付き合っている女性の影を察知した事で自立しなければ!!って意識から話が進んでいく。

甥っ子はツンツンした態度で何かと反抗期だが叔父さんを独占したい気持ちを隠している意地っ張り。
そんな陸のツンツン具合は何だか幼く見えるが、それは単なるわがままではない。
両親の死後に誰が陸を引き取るか親戚中で揉めた時に哲也が名乗り出てくれたという嬉しさと引け目と感謝の気持ちを持っていて、いざおじさんが結婚したい時には自分が邪魔にならないようにという心情もきちんと書かれている。

一方の叔父さん側の心境、陸に対しての親代わりとしての親愛がいつの間にか愛情に変わっていたという戸惑いも伺える。

バーバラさんの小説はエッチシーンの丁寧さに定評があるそうだが、エロメインではないこの話を読んでの印象で、キャラクターの心情のほうも回りくどさや過不足無く書ける作家さんかもと感じた。

関係が進展した二人でも陸はいくら愛情の裏返しとはいえ、反抗的口続き調のままでいつまでも子供っぽさが抜けないだろうから、哲也にとっては可愛い甥っ子目線はそのままかも。

0

小さなギャング

この叔父さんと陸の関係と距離感が可愛い。
叔父さんである哲也に「小さなギャング」て言われている陸だけど、本当にそんな風に見える。

小さなギャングてか、小さなワンコが威嚇してキャンキャン吠えてる感じ。

陸の「ピーマン入れるなよ」は可愛い。
「入れたらぶっ殺すからな」は最近の子だな、哲也と仲良しだから使える言葉に見える。(小さなワンコの威嚇に見えるから本気で言っていないてわかるし)

なにより、哲也が冷静で陸を溺愛してるんだなってわかる。

ツンツン王子が可愛すぎ。哲也に彼女ができた、捨てられる、捨てられるのは嫌だけど、彼女ができたなら仕方ないと思い始めて、家事もこなそうとするけど失敗する。
一人でぐるぐる悩んでるけど、それもまた可愛い。

一つだけ、ん?て思うところがある。
柏崎のところで勉強中に今日はすき焼きって喜んでいたのに、陸が帰ってきたら今日はハンバーグだねって言っている。すき焼きはどこに行ったのか。

柏崎が陸にいろいろと悪知恵いれるから、哲也と陸の関係が拗れてる。
まあ、拗れたからこそのハッピーエンドなのかも。

サマミヤアカザ先生の続き描く陸が可愛くて良かった。

1

ツンデレ☆

陸は小学3年生の時に両親が事故で他界。どこの親戚に預けられるかもめているときまだ20代だった哲也にひきとられる。陸も高校生になり、哲也も30代になった。
そんなある日哲也に付き合ってる女性がいると知って・・・。
2人のお互いの気持ちに気づく過程や、陸のツンツンぶりが見所だと思います☆

陸君はとにかく言葉遣いは悪いですが可愛いツンデレでした。今時絶対いない(笑)
まったく自分の好きだという思いに気づかない所や、家事を自分の分だけするところとかこれぞツンデレって感じで可愛い反抗期でした(笑)
哲也は本当に陸のことを溺愛なあまり自分の最終的な気持ちに気づいていないという。
そして襲ってから気づくという(笑)最終的にもちゃんと陸の意志を尊重してくれたり、襲われたのを助けに来てくれる。良い叔父さんでもあり兄のような恋人になるんでしょうね。Hの時は強引な所がありますが(笑)
これからも陸に振り回されながらも哲也が軽くあしらう日常が続くんだろうなと勝手に思いました☆

イラストも可愛かったです☆♪

0

超ツンデレのちびっこ王子

超ツンデレの高校生と、親代わりの叔父の組み合わせ。
年の差、体格差、精神年齢の違いというのは、自分の苦手要素だったりします。
特に子供が年上を慕って、大人には大人の事情があってでも年下の健気な思いにほだされてて・・・というパターンだと自爆する話ですが、この話の場合かろうじてセーフ!でした(だったら読まなきゃいいのにwバーバラ作品だとちょっとそこが違うので)
それは、年上も無自覚の執着があり、年下も超ツンデレで素直でないところがあり、しかもそれを近づけもし、起爆剤を投下する仕掛け人という存在があり、それによって展開が結構愉快に動いたからです。
これで年下が奉仕型の健気だったらもう爆発してるでしょうねwww

陸が小学校3年のとき両親が亡くなり、かわいがってくれていた親類が養育をなすりつけあっている場面を見て絶望をおぼえていたところ、親類の中で一番若い哲也が啖呵を切って陸を引き取ることになる。
それから始まった、二人暮らし。
現在、陸の通う高校の世界史教師として働いている哲也は、女生徒にもモテモテ。
生徒の噂から哲也が転勤していった理科の女教師と付き合っていたらしいという続きことを知った陸は、ショックを受けますが、ここは喜んで送り出さないといけないと自立の道を模索しようとします。
とりあえず、口実に大学進学を求めた陸が塾通いを哲也にお願いすると、英語教師の柏崎に家庭教師についてもらうことになります。
陸の様子を見て、勉強以外にも色々アドバイスをもらい、哲也にしかけるのですが・・・

哲也が無自覚の執着を覚えている部分が、罪がなくてドロドロや切なさを産まない理由。
陸が安易な発想で上半身裸を見せたとき、じゃれあっているときに現れる乳首いじりーーww
おいおい、叔父さんちょっとそれは・・でも、これって陸が子供だからと思っているからやったことよね?
まあ、見えてくるのは陸がどんなにかわいいか、ってことかな?

陸は超ツンデレ。
高校二年生ってもっとオトナと子供の狭間で、もう少しオトナな対応をするのかな?と思うけどまるで中学生のようなツンデレです。
これを哲也に甘えているからととっていいのかな?
一緒に暮らしていても、父親じゃない、兄のようであるからこうなのかな?
とにかく子供っぽいんですわ。
今時の高校生でも、ここまで子供じゃないよね?って感じかなwww
なので、この展開は、この陸の、哲也の性格ありきですね。

うじうじしてないのが、よかったかもしれません。

0

ツンデレ具合が最高です

これぞツンデレだっ!と思えるようなやんちゃな可愛い受け様登場です。
子犬みたいにキャンキャン吠えて、大好きな叔父さんに素直になれなくて悪態をつく、
そんな受け様の態度すら可愛くて可愛くてたまらない攻め様との溺愛型ラブ。

受け様は両親を事故で無くし、今まで愛されてきたと思っていた親戚の心無い言葉を
偶然聞いてしまう、表では優しくしてくれていた人が受け様がいないところでは
受け様を引き取ることで、醜い争いをしている。
人間不信になるのではと思うくらいのショックを受けた受け様を心から思ってくれたのが
母の1番下の弟である攻め様、定職にも就かず海外を放浪していた攻め様は受け様を
引き取り、教師になりなれない家事をしながら受け様を育てたんです。

受け様は、そんな攻め様が大好きで、大人は信用できないと思っているけれど、
攻め様だけは無条件で信じる事が出来るが、思春期もあり、感謝していても素直に
ありがとうの言葉も言えないくらいツンデレさんなんです。
高校生になった受け様は、攻め様が教師として働く高校に通っているのですが、
偶然、攻め様が、別の学校へ赴任した女教師と続き付き合っていると言う噂を聞き、
大好きな攻め様が取られてしまう、そして自分はまた捨てられるのではと不安になる。
でも、大好きで今まで育ててもらった感謝の気持ちも持っていて、攻め様が結婚出来る
ようにと、攻め様の友人教師の助言もあり、独り立ち出来るように今から準備と称し
不慣れな料理や洗濯(全て受け様のだけ)をするのですが、攻め様は急に自分から
離れていくような態度の受け様に寂しさを感じ始め、更に受け様に対する欲情込みの
不埒な思いを自覚してしまう。

攻め様の友人教師の企みにのせられるようにすれ違う二人、大好きな叔父と甥の
関係から、一生離れる事が出来ないような恋人同士になるまでのお話です。
子供の頃から自分好みに無意識で育てているだろうから受け様の全てが可愛くて
ほんとに溺愛してる攻め様も、大好きのかわりに、殺すぞなんて物騒な言葉をはく
ツンデレ受け様もかなり萌え萌えしちゃう可愛さでした。

2

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ