新装版 NON Tea Room

non tea room

新装版 NON Tea Room
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神13
  • 萌×217
  • 萌8
  • 中立2
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
10
得点
159
評価数
41件
平均
4 / 5
神率
31.7%
著者
 
媒体
コミック
出版社
芳文社
シリーズ
花音コミックス(コミック・芳文社)
発売日
価格
¥600(税抜)  ¥648(税込)
ISBN
9784832288331

あらすじ

「はじめて誰かのかわりでもいいと思った──」 アマチュアバンドのベーシスト・ケンタは プロデビューを目前にしたバンドの ギタリスト・連次を紹介された。 屈託なく笑う連次でケンタの心はいっぱいになってくけど…。 美形のオス亀を助けた漁師・裏筋太郎秘話と 描き下ろしを加え、再生するSHOOWA伝説の初期作品集 待望の第二弾!!

(出版社より)

表題作新装版 NON Tea Room

デザイン学校生でバンドのベース ケンタ・20歳
プロを目指すバンドのギター 連次・20歳

同時収録作品ケンタ2号捜索ファイル 愛情純情群青発情/ケンタ2号捜索ファイルⅡ

テディ
ケンタ2号

同時収録作品愛と現実の狭間に

カメ
裏筋太郎

その他の収録作品

  • Sucker Punch
  • Pull the Plug
  • 別にフツーの男だよ?
  • Progressing

評価・レビューする

レビュー投稿数10

個人的に素晴らしい、としか言いようがない傑作

読んだ後の余韻がはんぱないです。
と、いうかこちらを読んでから、SHOOWAさんのジンと猫は呼ぶと来ないに収録されている残像を読んでからまたこちらを読み返す、という流れを激しくおすすめします。

特に残像では、受けの元カレのアーサーというキャラの葛藤が切なくて素晴らしくて・・・。セリフひとつひとつが切なくて胸を締め付けます。泣けます。受けの連次のなにも知らない純粋な表情も対照的でぐっときます。


残像を読んでから、こちらの描きおろしの漫画を読み返すとなんというかキャラ達の想いの行方がうまく繋がるんです。

わああ、いいBL読んだなあ・・・!ってしばらくぼんやりしてしまいました。

ただ、ハッピーエンドではないのでモヤモヤするかたもいるかもしれません。
なんだか考えさせられる、切ないBLをみたいのでしたらこちらをおすすめします!

あ・・・こちらに収録されてる亀と裏筋太郎(笑)もはじめはうわああ・・・(苦手)と、思っていたのですが、いろんな作者様の話を読んでいくうちにだんだんこういうノリも好きになってきて新たな自分を発見できてびっくりしています(笑)

2

なんてかわいい二人なんだろ(*´˘`*)

「新装版 Nobody Knows」に続いて、こちらもまた愛すること、愛されることの本質が見え隠れする一冊。
『Nobody Knows』がクローンというわかりやすいアイコンを用いて一読でガツンと衝撃を与える内容なら、こちらの『NON Tea Room』は身近にいそうなバンド男子たちで描かれている分、インパクトはないけどおだやかにじわりじわりと胸にくる内容じゃないかと思います。

『NON Tea Room』/『Sucker Punch』/『Pull the Plug』
ケンタと連次の本編。
なんだろうこれ…言葉で説明しづらいんですけど、すごい良い。
バンド仲間から紹介された〔連次〕と、連次のバンドのボーカリスト〔アーサー〕と、主人公〔ケンタ〕のトライアングルラブなんですが、ケンタは連次とアーサーの本当の関係を知らなくて、アーサーには連次の知らない事実があって、連次にもアーサーの知らない事実があって……ケンタとアーサー、ケンタと連次の会話を通して三角形の本当の全体像が少しずつ明かされていく過程が面白いんです。
所詮他人のことなんて直接本人に聞かない限り本当のことは分かりっ続きこないのに、なんで人ってこうやって他人のことを分かった気になっちゃうんだろうね。。(自分への自戒も含めて…)
でもって、真実が少しずつ明らかになっていく毎にケンタの本当の気持ちもあらわになってくるんですけど、結局のところ自分の気持ちに一番疎いのは自分なんだろうなって。
「誰かのかわりでもいい」と思うのは、いいわけないと解っていても「それでもかわりでいいから」って思っちゃうのが人の性(サガ)だと思うし…
いけないと解っていても、誰をかわりにしてしまうのもまた人の性だと思うのですよね。
一緒になって色々考えてしまった。
ケンタと連次の、慰め合うかのような最初のエッチシーンが痛ましいです。(二回目のエッチシーンは可愛すぎて悶えました)

『Progressing』
最初の数コマ以外は文字のない、無声映画のようなショートストーリー。
「ジンと猫は呼ぶと来ない」に収録の『残像』も引っくるめた上でのエピローグ的な感じなのかな?
アーサーと連次のバンドの少し未来が描かれていて、ジーンときます。

『別にフツーの男だよ?』
番外編ショート。
ススムとモドルが一コマ友情出演してました。ラブラブそうで何より。

『ケンタ2号捜索ファイル 愛情純情群青発情』/『ケンタ2号捜索ファイルⅡ』
番外編ショート。
連次の飼い猫の話なんですが、擬人化モノで、耳の生えた猫ケンタが発情期の雄猫にヤられちゃう見方によっては非常に美味しいお話。(人間のケンタは攻です)

『愛と現実の狭間に』
浦島太郎のパロ。
ふざけにふざけまくってる馬鹿馬鹿しい短編なんですが、最後にまさかのここでも「愛ってなんだ?」を考えさせられてクッソwwwな展開にヤラレた。
ほんと愛ってなんなんだろうな………

2

誰かの代わりでもいいなんて、本当はある訳ないのですよ

人気のSHOOWAさんですが、この方ほどはっきり好きな作品と私には駄目な作品の差が分かれている作家さんは珍しいなあと思います。
同じ作家さんが描かれているので、シリアスだろうがギャグだろうがその方の共通の雰囲気って何かしら必ずあると思っていたのですが、この考えはSHOOWAさんで砕け散りました。

初めて読んだのは、はるか昔、商業BLがそこまで好きじゃなかった頃で、「Nobody knows」を読みました。今、友人に貸したままで手許にないので詳細は思い出せないのですが、亀の話だけが駄目だった記憶があります。
それから商業BLにはまり、「向日性の扉」で号泣し、「三つ巴」で我にかえり、また「ジンと猫〜」で号泣し、評判の「イベリコ豚〜」は概ね駄目なんですが時々好みのところという感じでした。
色々読んで分かった事はシリアスはとても好みだけれど、逆は全くもって心の琴線に触れないようです。
これはとても珍しい。
この方のギャグのノリは苦手だけど雰囲気は好きという事は全くなく、水と油の様に評価が自分の中で分かれるので、今後読む場合の指標にはなるなあと思いました。

バンドの話は「ジ続きンと〜」から読んだので、アーサーが悲しくて仕方ありませんでした。
蓮次も本当はとても悲しいのですけれど、もう誰が何を出来る訳でもないやり切れなさがたまらないです。
誰かの代わりでもいいなんて、本当はある訳ないのですよ。

で、この話のあとにギャグ落ちと猫と亀で何ともベクトルの違うやり切れない気持ちに。
ギャグ落ちと猫はともかく、亀は他の本に入れていただきたかったなあと残念に思います。

2

バンドものは苦手なはずなのに

旧版は未読です。
以前の作品ですから、今のSHOOWAさんよりも絵は不安定ですが、顔の感じは同じです。
わたし、SHOOWAさんの描く人の顔の感じやヘアスタイルがかなりツボなのです。


今作はバンドもの。
攻めはアマチュアバンドでベースをしつつ学校でグラフィックを学び、きっとそのまま就職するだろうと考えるケンタ。

受けの連次はデビュー間近のバンドでギタリストをしています。
見に行ったライブで衝撃を受け、押しかけ女房ならぬ押しかけメンバーに。


ふたりはお互いのバンドリーダーから紹介され、共通の趣味を通して仲を深めます。
初対面からケンタは、連次がアーサー(浅田。連次のバンドのボーカル)に熱い視線を向けていることを感じていました。

ケンタの気持ちは淡々と表現され熱さはないのですが、毎日部屋にやってきては一緒に過ごし、笑顔を絶やさず努力を怠らずの連次に、自分と違う新鮮さや魅力を感じ出していたのだろうと思います。

SHOOWAさんはそういう細かいことまでは台詞にしない方ですが、表情やちょっとした間をあたえて読者へ伝えてくださってます。

誰のか続きわりでもいいと思っていたケンタが、やっぱり嫌なんだと気づく、目を背けていた部分を自覚するくだりが好きです。
扉一枚挟んだだけなのに、厚い壁がふたりを遮ったようなシーンが。

ドーンと胸にくる作品なので元気は出ませんが、一応ハッピーエンドという形ではありますからご安心を。

本編が暗めのせいか、後半収録されている作品ははっちゃけています。
口直しかな?

3

感想かわらず

旧は処分してしまい、改めて新装版を購入しました

初期から読んでいたものの
暗さとイラストと
読んだあとのモヤモヤが
常にあり、内容を理解したいという気持ちより、どんよりしちゃったなという気持ちが強かったです

最近の作品で又好きになったので
改めて買い直し読み直しをしましたが

やはり、この作品はすっきりすることがなかったです

バンドというくくりも苦手であることもあるかな

似ているから好きになるも
好きな理由の一つであるけど
似てるから好きなら
自分は1番ではない
これがいつも恋愛につきまといます

この作品だけじゃなく。
私個人の中で、亡くなってしまう
過去の恋人というのは
ちょっと厳しいです。

辛い重い過去があっても
その過去が恋人で亡くなっていてという設定にされてしまうと
どうにもできない王道な気がする

亡くなった相手に軸がある
作品は厳しい・・・これは
私の感想です

2

かわりになるのは悲しいな!


SHOOWAさんの作品は

ジンと猫は呼ぶとこない
向日性のとびら

から入りとっつきにくかったのですが、
ケータイコミックで『僕らの三ツ巴戦争』を読んで
はまっていきました。
NON Tea Room
は上二つと三ツ巴のあいだな感じかなーと思いました。

うまく話しがまとめられないのですが、
バンドマン、ベーシストのケンタが、違うバンドのギタリスト連次を
みて「はじめて誰かのかわりでもいいと思ったーー」

となります。最初はいまいち意味が分からなくて、??となったのですが、
連次は同じバンドのアーサー(浅田)が好きなようで、その代りでもいいと思ったのかな?
と思います。

アーサーと連次は付き合っていました。
そして連次は、アーサーの恋人で亡くなっている桜井という男にそっくりでした。

そのケンタはその事実を聞き、だれかのかわりで良いなんてことはないと分かります。


いやーーー!ケンタと連次が恋人になってほんんんんっとよかった!
何か見たことあんなーと思ったら。
ジンと猫は呼ぶとこない
の『残像』という話でした!アーサーと続き桜井の過去、
連次とアーサーが付き合ってた頃のお話です。
この話の最後の連次が悲しすぎだったので、ケンタと幸せになってほしいなと思います。

でもアーサーが桜井だけを見てたんじゃなくて、連次の魅力にも魅かれていたけど
気付かなかっただけだというのが何となく伝わってきたからよかった!!

ケンタは変態だったり、ローション買いすぎたりしてかわいいキャラクターでした。

あと、カメと人間のほも!浦島太郎のパロディ的な
愛と現実の狭間に
が収録されています!

これはSHOOWAさんギャグ満載です。爆笑しました。自然の摂理に反してますw




4

うまく言葉にならないこの切なさが、とても好き。

誰かのかわりでもいい。

それってとても辛いことのはずなのに、
その辛さは心の奥に追いやって、なんてことはない・・・とでも言うかのような、淡々とした語り。
この物語はほぼ、その語り手ケンタの視点で進みます。


自分と同じくバンドをやっている知り合いから、気が合いそうと引き合わされた連次。
連次は人当たりがよく、屈託なく笑うちょっとアホな明るい同い年の子。
でもケンタは初対面で気づいてしまう、きっと連次には好きな人がいるのだと・・・。
分かったうえでケンタと連次は友達として距離を縮め、
それぞれのバンド活動をしつつ、それぞれの将来について考えていた。

そして、連次の色んな顔を見るようになっていた頃のある日、
ケンタは、力なく切なそうに笑う、傷ついた顔をした連次を見る。
その視線の先には、連次が想いを寄せていると思われる男が、女と一緒にいる姿が。
そしてその日、ふたりは身体を繋げる。
ケンタは連次に笑っていてほしくて、誰かのかわりでもいい――、そう思いながら。

でもその後、ケンタはある事実を知ってショックを受ける。
そして “誰かのかわりでもい続きい“ その想いを持っていたのは、
自分だけではなかったのだと知る。
どうにか自分の気持ちに収集をつけようと、泣きながら頭の中で言葉を並べるケンタ。
そのケンタの心の扉を開こうとする連次・・・


この作品がステキなのは、
一旦ここで区切られて、続きは少し時を戻してゆっくりと描かれること。
それがあることで、
ケンタの自分でもちゃんと説明できない内なる想いが、読者にすごく伝わるように思います。
そして、
ケンタの恥ずかしがりなとこや、なかなかムッツリエロなとこなんかがとても可愛くて、
ケンタにも作品にも愛情が増していきます。

このストーリーに関するお話で一冊まるごと本を使ってくれたら、間違いなく神なんですが、
違う毛色の「愛と現実の狭間に」のラストがちょっとモヤモヤしてしまって!!
(アホエロは多分嫌いじゃないのですが~)
カバー裏の絵はhappyなので、その後は結局・・・ってことなのでしょうか??
うわ~~ん、モヤモヤする~~~

6

むずがゆい感情

バンドものです。
こんなバンドほんとにありそう。
メインカプの知り合うきっかけもバンドらしいですね。

初めてSHOOWAさんの本を手に取ったのですが、間違ってなかったと思います。
ケンタの説明できないむずがゆい感情の感じが、読んでてこっちも
言葉にできないよねそうだよねええええってなりました。
えっちシーンもありますが、
個人的にはケンタと連次が抱き合ってるだけとかちょっと触れ合ってるシーンが
なんとも好きです。
えっちシーンももちろんいいんですけど。
新装版なので書下ろしがあるのですが、
その書下ろしが感動しました。
涙腺にきました。

それから、カメの話。あれはおもしろい。
ニヤニヤしながら読みました。
くだらねえ(笑)のニヤニヤです。褒めてます。

いままで、いかにも攻め!いかにも受け!って感じのばっかりだった私には
すごく新鮮ですごく幸せになりました。
かわいいカップルいいですね。

5

バンド男子

かわいいです。

これの前に新装版で出た「Nobody knows」の、SFっぽい設定もなかなか切なくって好きなんですが、バンド男子ものには、何というか、条件反射的に弱くて。
特にこの作品みたいな、受け受けカプで百合っぽかったりするのは刺さる、刺さる。
っていうか、多分この作品、この受け受けの二人がくっつくところがいいのよ。
それでいて、やっぱり普通にすけべな男の子だったりする短編や、猫擬人化の短編もかわいい。

オマケ
亀のお話って、この本で読み返すまで、なんとなく国枝さんの作だと思いこんでいた。

2

SHOOWAさんの全てが詰まってる

07年発売の単行本の新装版。
違いは「Nobody knnows」と内容を集約して、それぞれの続篇をまとめたためにこちらの「NON Tea Room」の方に旧版になかった「ケンタ2号捜索ファイル」が新たに収録になったのと旧版「nobody~」のほうに収録されていた「愛と現実の狭間に」がこちらに収録になっているという変更点があります。
そして新しい描き下ろしが2本です。

こちらのメインのお話はバンド男子の恋愛のお話なんだが、実はこのカプ、百合っぷるっぽいのがなんかすごくいいのです♪
バンドのベース・ケンタに趣味が合いそうだからと紹介されたのは、今プロに最も近い他バンドのギター・蓮次。
犬のようになついてくる蓮次を観察していると、その視線の先に彼のバンドのリーダー・アーサーがいるのが目に留まり、蓮二から目が離せなくなってくる。

そんな出会いで始まるお話が、3話構成で時間軸をだぶらせながら進行していくのだが、
明るくてまっすぐで素直なワンコのような蓮次と、
クールで表情の薄いケンタが蓮次への興味から同情とも愛情ともつかいない感情から、「好き」という感情へ成長していく姿続きが何だかくすぐったい。
やっぱりこのケンタの気持ちの変遷が見せ場だな~
こんなに好きな子の為に一生懸命になってる、彼の代わりに怒ってる、傷ついてる。
そして絶対オレの方が!って強い思いになってるのにキュンキュンしちゃう!彼にもこんなに熱い部分があったんだ!!って。
少しスレ違いがあったあとの2度目のエッチシーンの流れが、その百合っぽいと確信した一番の場面ですねw
でも、このケンタにオチがついてる「別にフツーの男だよ」なんかはニヤニヤしてしまうのです。ケンタも男だったか、しかもスケベ♪

ケンタ2号は蓮次の家の買ってるケンタに似てるからって付けられた”ケンタ2号”という猫のお話ですが、これってある意味パラレル?
ここでケンタ2号は受けになってて、もしケンタが受けだったらこんな感じ?デス☆

【愛と現実の狭間に】これは現在出ている「三つ巴」に近いアホエロ路線です。
浦島太郎のパロディで、主人公は裏筋太郎(爆)
カメはロシア人(?)で鬼畜だったりとか、タコによる蝕手プレイがあったり、カメだったり、ハチャメチャにはじけてる、SHOOWA作品の最左翼作品だと思います。
三つ巴が苦手だった人には地雷になる可能性が?
自分は、このアホエロが大好きなんですが・・・

この新装版2連続は実に新装版の意味がありました!
構成内容の集約というシリーズとその続篇が分かれていたものが1冊でまとまるように構成しなおした、というのは大変に読みやすくなったと思います。
新装版ってこうでなくちゃね!(小説の新装版出版は見習って欲しいですね、こうした再構成)
萌もキュンもエロも笑いも、全てがまんべんなく1冊に詰まってる。
素敵な一冊です。

9

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ