溺れる恋の痛手

oboreru koi no itade

溺れる恋の痛手
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神2
  • 萌×26
  • 萌9
  • 中立0
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
10
得点
61
評価数
18件
平均
3.4 / 5
神率
11.1%
著者
 
媒体
コミック
出版社
新書館
シリーズ
Dear+コミックス(コミック・新書館)
発売日
価格
¥600(税抜)  ¥648(税込)
ISBN
9784403663697

あらすじ

ミチは高校の時の一年後輩。
俺がミチを好きなのを知っていて、何も言わずに触れてくる。
俺はその手を振り払えない。
放浪癖のある彼は、今はうちに居着いていても、すぐにまたいなくなってしまうかもしれない。
不安が募ったある日……?

表題作「溺れる恋の痛手」、完結篇を描き下ろした「星屑ライン」シリーズほか、
切なくて甘いラブ満載の作品集!

(出版社より)

表題作溺れる恋の痛手

放浪癖のある高校時代の後輩 ミチ
翻弄される先輩 仲村

同時収録作品恋に落ちたら僕のまけ

アニメ科の学生 遠藤
デザイン科の学生 曲田

同時収録作品とらとはちみつ/とらとらみつみつ

再会した中学の同級生 矢島虎太
人見知りのバイト 八光

同時収録作品ゆらゆらひやや 前・後編

同じ学科の学生 曾我部
クールな同級生 狼谷智明

同時収録作品星屑ライン/三日月バラッド

喧嘩の強い遠藤亘
一緒につるんでいた章太

その他の収録作品

  • 溺れる恋の痛手#
  • あとがき
  • モエパラ☆スペシャル ~リーマン篇~/~劇団篇~

評価・レビューする

レビュー投稿数10

すごく良かった!

小鳩めばるさん、「思った以上に・・・」って感じの作家さんです。
前に読んだ本も何気なく読んでいたのに、オチにくる頃にはもう可愛くてキュンとして、確かに少女マンガっぽいというかリアルでなくて「BLはファンタジー」って感じでなのですが、だからこそ萌えツボをすごく突かれます。

どちらかというとリアル寄りのBLが好き、って思っていたのですが、こういうのを読むとふわふわしたのもやっぱ好きだな・・・と思えます。

「溺れる恋の痛手」
この攻めすごくいじわるじゃないか!と思ったら雑誌の「いじわる特集」で考えついたお話だそうです。納得。
受けに優しくない、いじわるばかりして散々泣かせる攻めはあんまり好みじゃない・・・ですが、年下攻めが好きなのでこれは楽しめました。
でもこの攻めであるミチはいじわるというよりは、ちょっと思考、というか指向がズレてる不思議系という感じです。

やってることの意味がわかり辛く、自分の世界が強くて、結果的に受けである仲村が振り回されています。
不思議系のキャラって、普通の人より自分の中に受け入れるキャパが低い気がする。だからそんな人がこの人だけは、と思続きって自分の側におくって普通の恋愛より難しく、その分執着が強い気がします。

高校の優しい先輩とどこか変わった後輩という設定もよかったです。
いじわるで最後まで上から目線、自分は好きっていってあげないくせに「俺の事好きなんだろ?」て感じは、仲村に「好きなのは自分だけなんだ」と不安を抱かせるのですが・・・
しかし仲村の泣き顔が可愛くて可愛くて、泣かされたかわいそうって思うのに、泣き顔が可愛くていじめてしまう気持ちがわからなくもないです^^;

も少し優しくしてあげれば、て思うけどけして愛が足りないというわけでない、その辺がもう絶妙に描かれていてただの嫌な奴!て感じでないのが面白かったです。
ミチが後輩だからか、やはり子供っぽいところが垣間見える瞬間はよかった。

「星屑ライン」
地元のやんちゃで不良な高校生、章太と亘のお話。
他校と喧嘩ばかりで傷だらけだった2人が卒業して就職し、大人になって・・・という時間を重ねたお話です。

学生の時の友情も、だから言えないでいるせつない感じもすごく詰まっていて、何より元不良なのに非常~に健気な章太が可愛くて可愛くて仕方なかったです。喧嘩して残っている傷跡を見られたくないと必死にかくすところとか…。

小鳩さんの作品はぞくぞくするような情熱的な恋愛という感じでなく、きゅんとくるものが多いですね。ちょっと「少女」の入った男性て感じもします。でもこの雰囲気、とても好きだなぁと思います。
すごくオススメしたい1冊です。

1

自分にショック

小鳩めばるさん好きなのですが
最近んの作品でなかなかはまるのがなくなってきています

この作品の表紙とても綺麗です
睫毛の長さも目の幅も髪の柔らかさも、とても綺麗でしばらく
読まずに眺めていたくらいです

ただ目の下の点々というか点線はずっとデビュー時から気になっているのですが

今回の作品は初よみではなかったので読んだ感想を一度切り替えて再度読もうと思いましたが

やはり感想はあまりかわらなくて
全体的に好きになれない作品でした
高校の先輩と後輩
いつでもくっついていた関係
言葉にしなくとも体にはふれる

これを、切ないと思えるなら
この作品を好きになれたと思います
都合よすぎるだろと思ってしまったので、そのもの全てに気持ちがついていかなかったです

・恋に落ちたら僕のまけ
二次元しか好きになれないという
系統の話でわりと楽に読めました
もっさくて暗い人物をめばるさんが描くのが意外と良かった

読み切りであるとどうしても短い展開になるのは仕方ないのですが
今回のどの作品においても
面白かったと思えなかったのは
どうしてなのか、続きはっきり理由がわかりません

BL作品を読みすぎてしまっているのかもしれないなと
ゆっくり読めていないのかな

0

帯に偽りなし

「かわいいがいっぱい」と帯にあるとおり、どの作品も可愛かったです。
受がみんな泣き虫すぎる気もしますが、ふわふわ甘い雰囲気には合っているので、これはこれで有りかな。

攻が受を(逆もありますが)抱きしめるシーンで、たびたび受の頭まで抱え込んでいて、そのしぐさから愛しさが伝わるようで萌えました。

受がみんな全力で恋をしているのに、ほとんど相手に見返りを求めていない様子が健気できゅんとします。

キャラクターが全員若くて、年相応の恋愛をしているので、単純明解で読みやすかったです。
好きだ、両想いだ、エッチしよう!みたいな即物的な流れも、お互いテンション上がっちゃってる感じで可愛かったです。

ただどれも内容がライトなので、キュンとしてわあって萌えて読み終わったらすっきり、みたいな、食べてもお腹に貯まらないお話ばかりでした。
そういう本も好きなので嬉しいですが、どうしても盛り上がりには欠けるので、評価は萌どまりです。

全体を通して、絵がとても色っぽかったです。
特に受の表情がセクシーでした。
エロシーンはそんなに多くないですが、なんとなく甘い色気が漂う一冊で続きした。

0

タイトルが好き

 このコミックは、表題作の他、いつくかの読み切り短編が収録されているコミックです。

 「溺れる恋の痛手」

 自分の一つ下のミチからどうしても離れられない仲村は、どうしても好きと言えず、辛い思いをするのですが、結局年下のミチから上手くリードされてしまうのです。
 一方、ミチの方も他人と深く付き合うのは苦手なはずなのに、なぜか仲村だとすんなり心落ち着けることができるのです。仲村が帰ってこないことを不安に思って落ち込むミチは、結構やきもち焼きかも知れません。

 「星屑ライン」

 安藤は、毎日いらいらしていて、けんかばかりの日々を送っていますが、章太と出会うことで少しずつ変わっていきます。相変わらず安藤はけんかをしますが、それでも安藤の中ではけんか以外にも、章太の存在が大きくなっていくのです。 
 高校卒業後、就職で地元を離れる章太ですが、そこで改めて安藤は自分にとっての章太の大きさを思うのです。

 さらに数年後、二人は再会したときに、また物語は動き出すのです。
 ヤンキー同士の恋愛って、どちらもツンとしているようでどう楽しんでいいのか正直分からなかったので続きすが、この作品では、あっさりとヤンキー同士の恋愛をその後のエピソードを交えて描いています。「じゃあな」というヤンキーの一言が結構胸にぐさりと来ました。小鳩先生は、こんな高校生の話が本当にうまい気がします。

0

思ったより

私のストライクゾーンって狭かったようです。

ちょっとい、いじわるで、いじっぱり。
甘くて切ない恋のお話。
絵も、泣き顔とか、すごくかわいい。

巻末の「モエパラ☆スペシャル」。
どれも、すごく好きな設定と展開。
こんなマンガだったら絶対におもしろそうだし、好きなんだけど、、、、
本編として収録されている作品がこんな風だったら、絵とかには全然文句ないので、もっと高評価になるのになぁ。
どうも全体に、攻めの性格が、好きになれないって言うか。
ヤンキーが嫌いなのかなぁ、っていっても、そんな作品は一つだけだし。
パラパラながめた、絵から受ける印象は、とってもいいんだけどね、
いざ、ちゃんと読み始めると、いちいち何かが、どこかが、引っかかる、この、不快感。
絵は、
絵は好きなんだけど、お話が好きなれないってことで、限りなく「中立」よりの、「萌」一つ。。

2

ときめきが詰まっている

作家買いの一冊。小鳩めばるさん好きです。

絵も勿論可愛いのだけれど、それだけではなくて
行動や言動ひとつひとつが素晴らしく、キュンキュンしてしまいます。
今回のお話も全部可愛かったー!

『溺れる恋の痛手』
表題作は「イジワル攻め特集」のほうで描かれたもので、
受けの先輩を焦らしていじめまくります。
最初は余裕たっぷりだったミチが、どんどん先輩を好きになっていき
イライラするのがたまりません。

『恋に落ちたら僕のまけ』
オタクだから、とバカにされているアニメ学科の攻め、遠藤くんと、
デザイン学科の生徒である受け、曲田くんのお話です。
二次元キャラのみに恋をしていた男が、現実の、しかも可愛い男に
翻弄されて……という、わりとよく見かけるようなお話なのですが、
読みやすいのに読後感がとても良いな、と感じました。

『とらとはちみつ』
虎太(攻め)の独占欲にも、二人だけの特別な呼び方にも萌えます。
台詞回しもテンポ良く、自然で無理のない関西弁のおかげで
更に柔らかい雰囲気に包まれていて、とても可愛かったです!

『ゆらゆらひやひや』
もう続き全部可愛いです。
狼谷くん(受け)の気を引きたくて仮病を使っちゃう曽我部くん(攻め)も、
不器用ながらも一生懸命看病している狼谷くんも、本当に可愛かった。

『星屑ライン』『三日月バラッド』
星屑のほうではくっつく前にはなれてしまって切なかったので
その後の「三日月」での再会愛にジーンと来てしまいました。


短編集ではだいたい物足りなさを感じてしまうものなんですが、
展開の無理矢理さも感じませんでしたし、どれも読み応えがあって
面白かったです。

3

うわぁ♡と思ったら・・・

小鳩さんの本を初めて読んでみました。
表紙の絵の雰囲気がとても好きで、
訴えかけるような視線がたまらなくて、
小鳩さんの絵に、わたしが恋をしちゃいそうな予感がありました・・・♡

表題作の「溺れる恋の痛手」なんて、ほんとに凄~く好きです。
内容は、特に目新しい感じはしなかったのですが(すみません・・・)、
大きな口や、
睫毛のせいかな、すごく色気のある目や、
骨ばったラインの身体や手足、
そして、雰囲気を感じる間合い、
それらが合わさると、なんて素敵なんだろう!!と思わず声が出そうになりました☆

でも、その素敵な絵は段々、丸みを帯びて柔らかく可愛らしい感じに。
ああ~昔の作品も入っているのかぁ、けっこう絵柄が変化している作家さんなんだなぁ~
と思っていたら・・・
その丸みを帯びている方が最近の絵で、表題作が古い(07~09年)ものでした!!
と、いうことは・・・これから小鳩さんが新しい作品を描いても、
表題作の様な好みの絵はもう見られないということ・・・か?・・・・・・そんなぁぁぁぁ・・・!!


・・・・・・取りあえず、古い本を探して読んで続きみようかと思います(涙)。

萌と萌×2の作品が混在しているところから、ショック分を差し引いて → 萌評価☆
※ 内容はふつうに面白いです。


2

きゅんv

お久しぶりな新刊であります。
非BLな作品も好きですが、やっぱりBLもイイ(・∀・)
キュンと甘い短編集でした。

◆溺れる~
これ、受の方が攻のことを好きで好きで
~に見せかけて、実際にベタ惚れなのは攻の方で
ちょっと意地悪して見せるものの~な展開が可愛かった。
好きだからこそ焦らして焦らして。巧いなぁ

◆とらとはちみつ
二人だけの特別な呼び方モエ
大きい二人の掛け算ウマ(*´∀`*)

◆星屑~
起承転結
これが一番好きでした。
顔も知らなかった二人が出会って、いつのまにかつるむようになって
いつの間にかかけがいのない相手になって
時間の経過とともに変わる気持ち、もどかしくて
そんな二人にキュン。
というか、攻の笑った顔がものっそ好きなのでした(ノ∀`)テレ

ちなみに、巻末、モエスペシャルの劇団編~
あのカップリングはツボです。是非大きいオッサンを小さい若人が犯すというね
1編の作品として読みたいですなww

1

久しぶりのコミック

すごく久しぶりのめばる先生のBLコミック。とっても楽しみにしてました(^0^)/
内容もいつものめばる先生らしくあまあまでかわいいお話がいっぱいで大満足です(>∀<)

「溺れる恋の痛手」
表題作は、ふらっとすぐにどこかにいなくなってしまう放浪癖のある後輩×それを待ってる先輩のお話。泣き顔かわいいです。いじめたくなるの分かる~。
ほかに比べるとラブラブ度低めな感じだけど、最後攻めがちゃんと自覚したので、今後は先輩を甘やかしてあげてほしいな(^-^)けど意地悪されそう。笑

「ゆらゆらひやひや」
作中で、わたしが1番気に入ったお話でした。
以前、受けに優しくしてもらったことが忘れられず、もう一度優しくしてほしくて仮病使う攻めと不器用ながらも一生懸命看病する受け。けどそれがバレてしまい…な話。
攻めも受けもかわいい~(≧∀≦)最後の「お腹痛い」ってとこやばい!!


どのお話もすごく面白かったです。早くまた新刊読みたいなー(^-^)

3

タチの悪い男に惚れたら

ひょっとして単行本は実に3年ぶりでしょうか!?
独特の可愛らしいめばる作品の印象が強いのですが、こちらはディアプラ掲載だった漫画の他,Heartzに掲載だった作品も完結させて収録されていたり、同人のがあったり、年度も08年~11年のものまでと幅が広いので可愛いだけじゃない、バラエティに富んだラインナップで読むことができます。
そして、どれも結構いいのです!!
評価的に「萌え萌え」に近い「萌え」です♪

表題は「#」の同人作品が始まりで、そこから膨らましてちょっぴり切なくて、ちょっぴり痛くて、そして本当は甘い作品にしあがっています。
自分になついていた高校の後輩・ミチがふらっと先輩の部屋に居着く。
本当は先輩はミチが好きだけど、彼はそれを知っているのか一方的に先輩の気持ちをかき乱すだけ。
放浪癖があり、またいなくなってしまうからと諦めもあって、その気持ちは伝えられない。
またミチも先輩の側が居心地がよくて、ずっと側にいたいのに、もっともっと先輩を求めたいのに素直になれないという。
本当は思いっきり両思いなのに、どこかこずるいミチは本当はヘタレ?
一見タチが悪そうなの続きなのも・・・
ちょっぴり雰囲気系の、恋人の甘酸っぱい関係はキュンしちゃいます☆☆

【恋に落ちたら僕のまけ】
オタクだからと気持ち悪がられるアニメ科の学生達でそのひとりである遠藤に、やけになついて本来だったらバカにするデザイン学科の学生である曲田。
まっすぐ気持ちをぶつけてくる曲田と、二次元にしか嫁はいないと三次元リア充の狭間に悩むヘタレな遠藤という組み合わせ。
お話がカワイイ系です。

【とらとはちみつ】
中学の同級生虎太とバイト先が一緒で再会した八光。
虎太だけが八光の事を「はちみつ」と呼ぶのです。
人見知りで内気な八光がかわいい♪ってお話w

【ゆらゆらひやひや】
同じクラスでいつも周囲と温度が違ってひとりでいるクラスメイトが気になって、彼の気を引きたいと考えついた仮病。
とってもかわいらしい恋のお話でした♪

【星屑ライン】
この周辺で一番強いと云われ入学早々停学になった安藤と知り合ったやはりケンカの強い章太。
二人でつるんで喧嘩する日々は楽しくもあり、切なくもあり。
そして進路が別れ離れ離れになった二人の3年後、地元に戻ってきた章太
ここからが【三日月バラッド】
切ない片思いに苦しむ章太と、今までと変わらず接してくる安藤。

キュンがたくさんつまってました☆

4

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ