シャーク、シャーク、シャーク!

shark shark shark

シャーク、シャーク、シャーク!
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神1
  • 萌×21
  • 萌7
  • 中立1
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
5
得点
31
評価数
10件
平均
3.2 / 5
神率
10%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
大洋図書
シリーズ
SHY文庫(小説・大洋図書)
発売日
価格
¥619(税抜)  ¥669(税込)
ISBN
9784813041054

あらすじ

鮫島勇一、29歳。
190を越える長身と鍛えられた肉体を持ち、あだ名はシャーク。
『熊と戦って殴り殺した』とか『サメを素手で殺した』という噂もある。
男前だけど、荒っぽい工事現場の男たちさえ思わず目を逸らしてしまうほどの威圧感の持ち主だ。
そんな鮫島が、ちゃらくて面倒くさがりな俺に恋をしたって!?
「お前が好きや。オレのもんになれや」って!??
強引な男と流される男のガチンコラブ誕生?


著者:吉沢純

表題作シャーク、シャーク、シャーク!

シャークと呼ばれる現場監督 鮫島勇一・29歳
新米大型重機オペーレーター 秋山・19歳

その他の収録作品

  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数5

一途攻め

全体に軽くコミカルなテイストで楽しく読了。

体格がものごっつく、仕事に厳しい現場監督の鮫島に、一途に求愛されるオレ、秋山。秋山は新人でまだ一人前の仕事ができないが、先輩達に鍛えてもらいながら仕事に励んでいる。

眼光鋭く、厳しくダメだしする鮫島におびえていた秋山だが、ことあるごとに熱く口説かれて、ほだされていってしまう。

そしていつしか、たくましく、男の汗の匂いぷんぷんの鮫島を好きになっていく。

そんな、ほのぼのした土方さん達のラブストーリーでした。

ちょっと受けの秋山流されすぎ?という気もしますが、面白く気持ちよく読み終えたので、ちょっと甘めの萌え2です。

1

カヂムチ?ガテン系×ヤンチャ系

私は筋肉すきっす。
こりゃうまかったっす。
筋肉で強面でだけど優しくて仕事きっちりで、、、やだーつまりかっこいいってことじゃん!
仕事内じゃ細かくて厳しいと有名な鮫島と新人のヤンチャ系秋山。
ガテン系で熊のような印象の鮫島に見初められた秋山は押しの強さでキスだけなら〜、ペッテングだけなら〜とずるずるヘテロの秋山の思考を差し置いて関係は進んでいきます。
ストイックな顔してエッチな鮫島に秋山もなんやかんやでメロメロ。
ただ、本人にそれを言うということは本番をしなきゃいけない、関係をキチンとさせないといけないとヘテロとして未知の世界で頭と心がちぐはぐに。
鮫島弟登場でサンピーか?!と期待しますがヘテロにサンピーはかなりハード(笑)
ないです。ちゃんとカップルのみ(笑)
初エッチが秋山の意思を無視したものになってしまうのが読んでるこっちがキュンキュンしてしまいました。
秋山の今時な軽い感じに鮫島が振り回されてながらも甘えるさまは想像しただけで萌えMAXです。

1

ガテン系!

ガテン系で、
そこで働く男たちの気質がよく表れていているストーリーでした。

工事現場で働く秋山は、現場監督で熊殺しの異名をとる
シャークこと鮫島に好きだと言われる。
強面で、雰囲気も恐い鮫島にどしどし迫られ、
秋山はほだされていく様子が楽しめます。
また、鮫島が、実は幽霊が怖かったりするなど、
イメージを覆すのが面白い。

やっぱり、骨太で硬派な男はかっこいいです!
デビュー作ということなのですので、今後の作品も楽しみです。

2

肉体労働系は男クサイっす!

筋肉系のキャラ達が登場する土建業&現場が舞台のお話。
夏のギラギラしたアスファルトに滴る男の汗、好きな人にはたまらん設定でしょう!
残念ながら個人的にはあまり萌えを見いだせないのですが、見た目怖がれる攻め様の
硬派なイメージが実は優しくてエロいなんてギャップは萌えます。

大型重機を扱う新人オペーレーターの受け様と誰もが顔を見ただけで怖がる現場監督の
攻め様とのお話なのですが、いつも怖がっている相手に可愛いと言われ、
告白され、拒絶してもめげないでいつもモーションをかけてくる、そして意外に手が早く
快感弱めの受け様は拒絶しきれない、思い合う温度差が始めはあるけれど、
次第に受け様が相手に独占欲を覚え始めるがそれが恋愛だとは認められない。

攻め様の双子みたいにそっくりな弟を攻め様と間違えた事から成り行きで弟と飲みに行き
あやうくホテルに連れ込まれそうになったところを攻め様に助け出されるが、
嫉妬から受け様を強引に奪ってしまう。
それに怒った受け様は攻め様を徹底的に避けるけれど、攻め様に対する気持ちが
自分でも解らない時に事故が起こってしまう。
事故に巻き続き込まれた攻め様、その時になって受け様はすれ違ったままだった攻め様への
思いを自覚する受け様。
ガタイのいい男はやっぱりタフだった!なんて感じで、怪我もなんのそので、
相愛になった受け様を抱く為に無理やり退院しちゃうケダモノ攻め様。
ホワンとした甘さはないけれど、なにやら熱さを感じる1冊です。

3

ガテン系は潔い

てっきり湖水きよさんの新刊マンガかと勘違いした自分です(汗)
吉沢純さんという作家さんのデビュー作品になるのですね♪
土建屋の現場監督と新米重機オペレーターの組み合わせ。
ああー、何か自分の萌えポイントです☆
あの道路工事現場が仕事場で、働く男たちがわんさと出てまいりまして、汗臭い!男臭い!と思いきや・・・以外にも臭くないんです。
なんだか爽やかな汗?
本人たちは、真夏の炎天下の中汗だくで仕事しておりますが。
そして、案外に年齢がオヤジじゃない!?それは多分正規社員を登場人物を占めているからかもしれませんね。

恋愛面はちょっとノリは軽いかもしれません。
でも主人公たちの性格からしたら、こういう感じはもっとも♪って感じがして違和感を自分的にはあまり感じませんでした。
好きなもんは好き。嫌いじゃないよ。ちょっとドキっとするし。
そういう始まりもあっていいじゃないですか。
それもまた男らしい(男っぽい)展開だとおもうんです。

熊を殺しただの、鮫を素手で捕まえただの、豪快な噂がついて現場の皆から恐れられる鮫島建設から来る鮫島が現場監督の現場担当になった新米オペ続きレータの秋山。
真夏の暑さにやられて熱中症で倒れてしまうと、鮫島が救急車を呼ぶより早いからとお姫様だっこで病院にかつぎ込まれてしまう。
そんな怖い噂のある鮫島だけど、とても優しい。
そして、秋山が現場で先輩に怒られて殴られている場面を見た鮫島は、お前が殴られたら俺が腹が立つ、お前、俺のもんになれと迫ってきて。。。
こうして、鮫島の怖いけど優しい面も見た秋山は、嫌いじゃないけど~なスタンスで、鮫島のペースに巻き込まれながらキスされてしまったり、トイレで襲われてしまったり、紆余曲折を経ながら、鮫島を好きになっていく
といったおはなし。

恋愛を展開していくエピソードもありますが、なんといってもキャラクターが特徴的で、そのキャラクターが話を動かしていきます。
鮫島は男前といえば男前。
秋山の事きになっていたけど、よく見たらかわいいなーって思って独占欲が湧いてきて率直に好きに変換されている。
潔い!好きに理由はないのだwww
結構ぐいぐいと秋山をひっぱってきます。
大柄だけど幽霊が怖いとかいうギャップも披露しながら、爆笑したのが熊のような犬を締めるシーン♪
湖水さんのイラストがまた面白く魅力を倍増☆

秋山も口では男だから~とか言うけど、鮫島に好かれてまんざらでもない。
それをのらりくらりとかわすのが、軽いノリで明るくて深刻でないのがいい。
キスされても、襲われても、元がやんちゃ(ヤンキーだったのかな?)なんで「ま、チューぐらいだったら、しても~」とか。
初体験はとっても痛そうなんですが、それでも強気を発動するとことか、色気はないけど男子らしくて好ましい。
実はこういうノリ好きなんです!

後半に鮫島の弟が登場します。
1歳年下で、外見は鮫島にそっくりでヒゲがある。
あとがきで本当は鮫島がヒゲ設定だったらしいですが、担当さんに止められたとか。
や、別にあってもよかったよ?
彼が、兄と趣味が似ていて兄が執着するお気に入りの秋山が気になって、自分のモノになれと強引にホテルに連れ込もうとして、兄に見つかり二人でガチンコ対決するシーンなんて、豪快な兄弟じゃないですか☆
この部分も自分的に好み・・・たくましい!

恋愛的には何か激敵なものがあったりとか、切なさとかは微塵もないのですが、男らしい関係という点で非常に自分の好みをついてくる作品だったことは確かです。
萌え萌え~までは行きませんが、清々しい気分おおはなしでした。
新人さんということなので、次の作品に期待です♪


6

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ