おとしてやるっ!(文庫化)

otoshiteyaru

おとしてやるっ!(文庫化)
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神5
  • 萌×25
  • 萌1
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
2
得点
48
評価数
11件
平均
4.4 / 5
神率
45.5%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
大洋図書
シリーズ
SHY文庫(小説・大洋図書)
発売日
価格
¥619(税抜)  ¥669(税込)
ISBN
9784813041061

あらすじ

広域暴力団傾正会の若頭・辰巳鋭二が攫われた!
中国系マフィア、王大龍の仕掛けた罠に嵌まり、
白昼の交差点で安藤と中村の目の前から姿を消したのだ。
辰巳の無事を焦るあまり、中村に疑惑を持つ安藤。
一方、辰巳を監禁し嬲り続ける王は、傾正会にある商談を持ちかける。
辰巳を救うべく動き始める安藤たちだが…!?
服従か、抗争か。
ヒートアップストーリー第二弾、文庫化!
書き下ろし『さとしてやるっ!』も収録。

表題作おとしてやるっ!(文庫化)

辰巳の舎弟 安藤龍青・27歳
ヤクザの若頭 辰巳鋭二・35歳

その他の収録作品

  • さとしてやるっ!
  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数2

辰巳さん素敵過ぎます!!

シリーズ2作目文庫化再販、今回の辰巳さんもやらかしてくれます!
それと同時に辰巳さんの過去の片鱗がチラ見えしたりして更に興味をそそられる。
何度読んでも受け様役の辰巳さんなのですが、男気溢れていて、魅力あるヤクザ。
クスリを毛嫌いする理由も明らかになるけれど、本人が敵に拉致られヤクに侵される。
それでも、強い精神力でこらえる辰巳さんに惚れ直しちゃう。

今回情夫である、安藤が辰巳さんを目の前で奪われるのですが、番犬油断しちゃいます。
シリーズ2作目にしての最大のピンチなのですが、何故か辰巳さんなら大丈夫、
ワンコの安藤さんを一人にはしないって思えるから不思議。
今回は一ヤクザものと対決って言うよりは、日本を守るってくらいの気迫があります。
新興勢力に初めは手を焼き、下手を打ってしまう辰巳さんですが、その後の逆襲は
迫力満点、流石龍を飼う毒蛇辰巳さんなのですよ。

それと敵のペットみたいなシャオちゃんが、とっても哀れで切なかったです。
穢された天使、墜ちた天使なんてイメージがぴったりくるような脇キャラだけれど、
生きていて欲しかったと思えるようなキャラでした続き
でも、最後の姿はシャオが望んだ結末だったのかも知れないと感じるけど切ないです。

そして、書下ろし部分が、辰巳さんのしょうも無い悪癖です。
安藤がいるのに、色男に目が無い困ったさん、欲望に忠実過ぎるのですよ。
でもそれ自体がもしかしたら二人のスパイスになっているのかもと思えるのです。
今回もばっちり楽しませて頂きました。

1

辰巳に惚れる!

『はめてやるっ!』の続篇新装文庫版は、旧版に書き下ろしの【さとしてやるっ!】が入っております。
このヤクザの辰巳鋭二は自分の理想のヤクザ受けなのです♪
典型的なヤクザのオラオラを持ちながら、強く、賢く、狡く、男前で、淫乱で、嗜虐と被虐の両方を持ち合わせ、彼に男たちは男として惚れる。
今回の話は、彼のその強靭な精神力、強さが見られる話となりました。
また同時に強い絆や、切ない愛の姿もあり、これほど見事に色々なモノがぎっしり満載されているヤクザものは類を見ないと思います。
簡単に言うと ”カッコイイーーー!”
読者である自分まで、辰巳に惚れる男たちの一人となって、嗜虐と被虐を刺激される、とても魅力的なキャラクターなのです。

辰巳の経営する芸能プロダクションのタレントが、ヤクに手を染めていることが事の発端です。
ヤクを憎み決して入れないことをポリシーとしている辰巳のシマで堂々と、取引をしている奴らがいる。
手駒を使い、そのルートの黒幕の正体がわかったとき、辰巳が何者かにさらわれます。
それはヤクの取引ほか様々な汚い手で自分の王国を作りたいと望む、新興のチャイニーズマフ続きィアの王でした。
辰巳を握ることで、組長と取引の餌にしようとする王は、辰巳にヤクを使い、愛人である美しい男シャオに彼の面倒を見させながら、彼をモノにしようとします。
その間にも自分たちの至らなさで辰巳をさらわれてしまったと、辰巳の恋人であり舎弟でもある安藤と、親子盃をかわしている中村は、奔走し策をこうじるのでした。
はたして辰巳を奪還できるのか?

辰巳がヤクを憎む理由が明らかになります。
それはクスリを使われた幻覚になって彼を苦しめますが、彼の強さにただただ感心します!
その強靭な意思は、4日間も薬をうたれて中毒になってもいいほどなのに、精神力で乗り切りますから。
彼が、その身体を押して自ら王を捕らえに行くシーンへの展開はもう、辰巳すげーよ!!と惚れる惚れる☆☆☆
そんな彼だからこそ、大勢の人々が彼に憧れ彼の男気に惚れついていくのですね。
彼が男食いなのは、安藤が恋人なのは承知でも誰も彼を蔑まないのは、彼がオンナじゃないから、男だから。
龍をも喰らう蛇、まさにそのとおりです!
彼は男をつまみ食いするが、安藤ひとすじな点も、男前すぎるよ。

この辰巳の愛と共に、悲しいシャオの愛も見せてくれます。
北の国から逃げてきた彼を拾い、去勢し女性ホルモンを打ち、王の傍らに置かれた男・シャオ。
彼にとって王は絶対唯一の自分の王なのです。
しかし、辰巳は彼を憐れむのです。このシャオの純粋な愛に、王が答えてないことに。
このシャオは最後幸せだったのでしょうか。
ここに切なさもあります。

【さとしてやるっ!】
辰巳が出張で他の男を連れて行ったことで、安藤が嫉妬にかられ不安に思うところを中村が諭す話の中で、中村が辰巳の元へきた経緯が語られます。
そして辰巳が戻ってきて、犬のように尻尾を振る安藤の姿が目に見えるようですが、、、
そんな彼に辰巳は秘密を一つ教えるのですw
それは本編の冒頭近辺で♪
腹心の二人がそれぞれのスタンスで、辰巳に惚れているという話ですw

2

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ