たとえこの恋が罪であっても

たとえこの恋が罪であっても
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神3
  • 萌×23
  • 萌2
  • 中立2
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
5
得点
35
評価数
10件
平均
3.7 / 5
神率
30%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
大洋図書
シリーズ
SHY文庫(小説・大洋図書)
発売日
価格
¥638(税抜)  ¥689(税込)
ISBN
9784813041085

あらすじ

人より身体の弱い瑞希は母親の死がきっかけで、
イギリスにいる実父にひきとられた。
男好きで問題ばかり起こした亡き母の子どもとして、
冷たい視線に晒される瑞希だが、
父の再婚相手の連れ子で義兄のアルフレッドだけは
無愛想ながら瑞希を気遣ってくれた。
次第にアルフレッドに好意を寄せる瑞希。
アルフレッドもまた健気に毎日を過ごす瑞希に惹かれ始めていた。
そんなとき、アルフレッドは裸で男に奉仕する瑞希の姿を目にしてしまい…!?
人気シリーズ第一作、大幅加筆修正をして文庫で登場!
書き下ろしショートストーリーも同時収録。

表題作たとえこの恋が罪であっても

寮管を勤める2コ上の義理の兄 アルフレッド
英国伯爵の父に引き取られた薄幸の少年 瑞樹

その他の収録作品

  • 日溜りの楽園

評価・レビューする

レビュー投稿数5

昭和のテレビドラマのような‥

最近、自分は精神的なMじゃないかと思う時があるのですが、
この主人公には、精神的にも、肉体的にも
畳みかけるように不幸が降ってきます。
しかも、本人のパーソナリティーに関係なく、
母親に問題があったというだけで。
特に、今まで心の裡はともかく公平であろうと
何かと気遣ってくれたアルフレッドが
誤解から瑞希に辛く当たるようになってからは、
もう、涙が止まりませんでした。
最終的には、アルフレッドの誤解は解けますが、
義兄エドワードの仕打ちは酷いの一言だし、
父親も引き取っておいてそんな態度なら、
日本で施設にいた方が
瑞希には幸せだったんじゃないかと思ってしまいます。
誤解が解けて、二人がお互いに謝罪し合うシーンは
目が痛くなるほど泣けました。

諸手を挙げてハッピーエンドかと問われると、
瑞希を取り巻く環境を考えると、うーんというところですが、
自分の想う人が自分を想ってくれる
それだけできっと瑞希は幸せなんだろうな。

0

これでもかの不幸に涙と萌と・・・

大分以前にドラマCDを聞いたのですが、理不尽な偏見やいじめに傷つけられるかわいそうな瑞希が痛々しくて、続きが知りたいのでいつか原作(続編)を読もうと思いながら機会がなかったのですが、新装で文庫化され『たとえ偽りの運命であっても』も出たのでまとめて4冊読んでみることにしました。

生後間もなく身勝手な母親に育児放棄された被害者なのに、母親と同様憎むべき相手と認定され肉親からも蔑まれ苛められる。
全寮制のパブリックスクールでも心身ともに傷つけられぼろぼの状態なのに、その上2番目の義兄エドワードの罠にはめられ強姦未遂に買春疑惑と不幸の連続で痛い痛い。
痛さの分だけ最後のハピエンが浮上するというものですが、そこに行きつくまでが長くて耐えきれるかどうかが楽しめるかうんざりするかの境目でしょうね。
たくさんの不幸がこの手のかわいそうなお話の醍醐味ですけどね。

アルフレッドもねえ、最初のほうはともかく好きな子ほど苛めたい、裏切られたと思ったら許せないとどんどんエスカレートして強姦にまで及ぶのはやり過ぎでしょう、そしてそれでもいいと言ってしまう瑞希もヤレヤレですけど。

ハッピーエ続きンド後の後日談の『日溜りの楽園』では、幸せ慣れしてない瑞希が、アルフレッドお手製のお守り袋で感涙にもらい泣き。
エドワードも反省して味方になってくれそうでよかったよかった♪

0

一応ハッピーエンドなんだけど…。

イギリスの上流社会でスキャンダラスな存在だった母親は離婚され、受け様は生まれてすぐに母親に捨てられ体が脆弱だったため療養所で育ちます。
母親が死んだことで父が兄2人がいるイギリスのパブリックスクールに受け様を入学させます。
しかし、全寮制の学校では死にかけるような悪質なイジメにあい、クリスマス休暇に家に戻れば家でも家族から恨まれた存在であり親兄弟からのいじめを受けます。
慕っていた長兄の攻め様には次兄の策略に嵌り、淫売と誤解され続け残酷に犯されます。

攻め様に対して兄弟以上の感情を持っていた次兄は、攻め様が始めから受け様に傾倒していくのに気づき阻止するためにエゲツない策略で徐々に受け様を追い詰めていくのです。


受け様は日に日にやつれ、精神的にも憔悴していきます。
攻め様はやつれた受け様には気づくのですが同情を引くためと思い見て見ぬふりをし続けます。

受け様は死ぬことで解放されると考えるようになり決行します。

死ぬことが唯一の希望ってどんだけ不幸よ⁈

受け様が不憫で不憫で可哀想すぎて目頭が熱くなりながら読みました。
確かに不幸な受け様がハッピー続きエンドで幸せになれる話は好きですが…。
全寮制のパブリックスクールという単語に前情報もなくとびつきましたが、萌えるどころか正直萎えました。

攻め様と義母が真実を知って、攻め様と相思相愛になれ家族とは和解となります。
一応のハッピーエンドではあるのですが、家族と和解はしてもわだかまりは残っています。
学校でのイジメの原因の一つに母親がイギリス上流階級で起こした数多くのスキャンダルがあるため、寮生活もすぐには改善しないことも予想せずにいられません。
攻め様が守るにしても限界はあるし、すぐに卒業していくため残された受け様はどうなるのだろうと考えるとやっぱり不憫で。

3作シリーズですが…次巻で受け様が笑顔で生きているか見届けないといけない気がするので、心に余裕があったら覚悟して読みたいと思います。
そして3作目は今回受け様を窮地に陥れ続けた次兄がメインということですが、感情移入できるかどうか…。

2

可哀想過ぎ

本の良し悪しでは無くて、個人的にあんまり可哀想で好きになれないお話。
淫乱系で奔放な母親に産み捨てされるように身体の弱かった受け様は、
親権者だった母親が人情沙汰で刺されて亡くなったことから、イギリス貴族の
父親に引き取られる事になるのですが、母親の顔も知らず、身体が弱く療養所で育った
受け様は、家族が出来るのかと喜んだのもつかの間嫌われ苛められ、散々な目に遭います。

母親の因果が子になんてお話なのですが、この理不尽さにイライラさせられる。
兄の片割れは、血の半分つながった兄弟だが、受け様の母親のせいで、離婚した母親に
恨みつらみで受け様の母親の事を聞いていたので、受け様に陰で唆すように苛める。
もう一人の兄は、受け様の母親と離婚した後に再婚した相手の連れ子で、
始めは素っ気なく対応されていたが、次第に受け様に優しくしてくれる。
でもそれが、もう一人の兄の企みで劇的に変わる。
唯一優しくしてくれた攻め様に淫売と誤解される日々に受け様はやつれていきます。

攻め様は、いつの間にか受け様に心を奪われ、嫉妬から受け様を凌辱してしまう。
でも受け様は攻め様の事が続き好きだったのですが、憎まれ蔑まれるように抱かれ、
何もかも疲れ果て、神様の元へ行こうとするが、攻め様に助けられ、そこで今までの
全てが誤解で、受け様を傷つけていた事を悔いる攻め様。

攻め様以外の家族もそれなりに扱いは良くなりそうだけれど、何となく不快です。
例えば攻め様と別れる事になったらまた地獄の日々になるかも知れないなんて
ネガティブに考えてしまう。
一応ラブハッピーなのですが、そこまでの過程と言うか、作品後半ギリギリまで
受け様は虐げられるお話で、最後に誤解が解けたとは言え、明るい感じには
到底なれないお話でした。
でも、苛められる受け様って萌え~~なんて方にはおススメなのかも知れませんね。

2

小公女セーラもまっつぁおな不幸健気受け

04年の旧版が修正新装文庫版で出ました。
旧版に描き下ろしで【日溜りの楽園】という後日段の短編がついています。
実は、これ!大好きな作品なんですーーー♪
一昔前の少女漫画張りに、これでもか!な不幸で理不尽な目に合う主人公が、それでも耐えてわずかな希望にすがって、
しかしその希望にさえ裏切られて、それでも健気にきたのですがとうとう。。。
もうね、主人公がかわいそうでかわいそうで、涙ボロボロですよ~
ちゃんと結末はハッピーエンドが待ってますから安心してください。
当時は勢いでこの世界にガガガーってのめり込みましたが、今、もう一度読み返してみると、やはり現在よりは多少文章も若い感じがしますねw
でも、久々に読んでみて、やっぱり好きだな、と改めて思いました。

生まれた時から虚弱体質の為療養所で育った瑞樹に母親はいますが会ったことがありません。
ある日、イギリスから父親の弁護士だという男が訪ねてきて母親が亡くなった為に親権が父親に移り、瑞樹はイギリスへ行くことになったと告げに来ます。
ずっと一人だった瑞樹は、家族ができることに期待を抱いてイギリスに渡ります。
しかし、続き伯爵である父親は瑞樹に冷たく、面倒を見るのは大学を卒業するまでだと言われるのです。
義理の兄二人がいるパブリックスクールに入学する瑞樹ですが、兄たちの態度は冷たく特にエドワードは瑞樹を毛嫌いしている風でした。
そんな瑞樹は、寮生たちの苛めの格好の的になります。
唯一、もう一人の兄・アルフレッドは瑞樹に優しさを見せますが、エドワードの罠にはまり淫売のレッテルを貼られる出来事に、アルフレッドの優しさも得られなくなり、瑞樹は完全に孤立します。
そして冬の休暇に義兄たちと親の住む家へ帰省することになるのですが・・・

苛めも辛いですが、なんといってもエドワードの仕打ちがひどい!
アルフレッドの良心もそれでなくなってしまうのですが、彼もまだ十代ですからオトナではないわけで、自分の感情が何かよく分からずに、その責任転嫁を瑞樹に負わせてしまうから尚辛いんですね!
それには実は瑞樹の母親というのが関係してるわけですが、とんでもないbitch!なんです。
いくらその母親の子供であるからといっても全く別の人格であるという区別がどうしてもできない。
その誤解がのちのちの事態の打破に一役買うのですがね♪
瑞樹がまた泣かせるんです。
健気に耐えるところが、辛いよ。。。
しかし、イギリスにわたってきてしまった以上もう誰も頼る人がいなんですから。
本当に死ぬしかないと思っちゃうくらいで。。。
実家での仕打ちも、もうひどい、悲しい!

こんなドラマティックなベタコテ少女漫画顔負けの不幸主人公物語、何故か懐かしささえ感じて、これが男子でおかしくないか?とか一切考えない思わないのがいいのですよ。
場面もパブリックスクールとかですし、伯爵には子供がたくさんいるしw
あと、門地さんのイラストがもう少し身体の部分がショタショタしいと本当はもっといい感じだとは思うのですがw
身体のバランスがおかしいのは目をつぶってwww

【日溜りの楽園】はハッピーエンドを迎えた後日談。
瑞樹の大事なお守りの袋をフレッドが拙い技術でつくってあげるんです(健気♪)
そして、エドワードを脅して(w)それをダシに味方に引き入れてしまうという~
こうして休暇は終わりを迎えるのですが。
瑞樹は幸せの涙を流してました。
もう、アルフレッドはメロメロです♪

2月にこの続篇の新装文庫も出るそうなので愉しみですね♪

5

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ