そして世界は君のために

soshite sekai wa kimi no tame ni

於是世界因你而转动

そして世界は君のために
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神3
  • 萌×23
  • 萌6
  • 中立3
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
8
得点
48
評価数
15件
平均
3.4 / 5
神率
20%
著者
 
媒体
コミック
出版社
リブレ
シリーズ
ビーボーイコミックス~BE×BOYCOMICS~(コミック・リブレ)
発売日
価格
¥619(税抜)  ¥669(税込)
ISBN
9784799712276

あらすじ

自由奔放に恋愛を楽しみ、仕事も順調な人気小説家の岐多島。ところが高校時代に別れた恋人・藤枝が突然現れて日々が一変! ところかまわず猛烈アタックで復縁を迫る藤枝の勢いに翻弄されまくり。
大人になった藤枝の愛情は恥ずかしいほど直球で、エッチは強引なのに超気持ちよくって。気づけば岐多島も再び…!?
描き下ろし有。

(出版社より)

表題作そして世界は君のために

藤枝祥貴 32歳 外資系企業勤務 元恋人
岐多島亮 32歳 超人気小説家

同時収録作品スウィート♥ライフの落とし穴

葛原愁一郎 30歳 小説家
倉本 佑士 19歳 大学生

同時収録作品アフター7の恋愛情事

遠藤 リーマン
森永 リーマン

その他の収録作品

  • だって啼かせてみたいから
  • ふしぎの国の恋人
  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数8

プライドを捨てて犬になる。

スウィートライフのスピンオフです。
前作読まなくても大丈夫ですが、読んでいた方が楽しいです。
作家の岐多島(受け)は10数年ぶりにやってきた高校生の時の元彼藤枝(攻め)に告白されます。
「このまま続けても意味がない」と言われて藤枝に振られた岐多島は、大事な人は作らず男も女も構わず遊びまくっています。別れのときに言われた言葉に傷ついて2度と傷つきたくないと藤枝を拒絶。
強引な藤枝に付きまとわれほだされる感じで元サヤ。

藤枝は才能のある岐多島に嫉妬し、何ものにもなれない自分に失望し去っていったようですが、それでもやっぱり忘れられなくて帰ってきた。なんて自分勝手な。
執着攻めは好きですが、相手を傷つける行為はいただけない。自分の言葉に岐多島が傷付けばいいなんて最低。その後、それがトラウマになって10数年も人間関係に関しては棒に振ってますよね。それほど引きずってるってことは元サヤに収まるのは時間の問題なんですがね。

戻ってきてからはプライドも捨てて全力で落としにかかってて、その姿は好感が持てます。犬として飼ってほしいなんて、プライドが邪魔して捨てた男とは思えん。
岐多島続きが小説が書けなくなって、やっと2人があの時のことを本音で話せるようになり、自分の事も相手の事も見つめ直し素直になってやっとくっつけたのは2人が大人になったからでしょう。
あっさり2話ぐらいでくっついてしまわないで、岐多島がなかなか落ちないのがせめてもの救いかな。もっと困らせてやっても良かったかも。

私は前作の2人が気に入っているので、2人が振り回される姿が楽しくて、これがあるからシリアスになりがちな話も楽しく読めたのだと思います。この4人でワイワイやってる話をもっと読みたいな。

相変わらず綺麗な絵です。特に藤枝の胡散臭い笑顔。好きだなぁ。

1

ケンカップル?それとも甘やかし系になる?

主人公は売れっ子小説家の、岐多島恢爾、本名岐多島亮。
ある日突然、高校の時に付き合ってそして別れた藤枝が現れ『お前が好きだ』と宣言する……
物語は概ね亮の視点で語られます。
亮にとっては、好きだと言おうとしたその日にいきなり『このまま続けても意味がない』と言って捨てられた過去。ずっと忘れたくて忘れられなくて、なのに何故今頃現れてしつこく言い寄ってくるのか。
読み手も、藤枝が何故一度「捨てた」くせに空気も読まず?という疑問が解消されず、亮が可哀想に思えてきます。
その上亮が『もう小説は書けないかもしれない』と言いだして…
そこからやっと亮と藤枝が過去のいきさつ、その時何を感じどう傷付いたのか、今その時のことをどう捉えているのか本音を言い合い、ようやく溝が埋まり始める…
二人はもう大人になって、一度過ぎ去った嵐を今では少し冷静に振り返る事が出来るようになっている。そしてお互いのその頃の幼さを許すことも出来る。納得した後のHもあからさまな情熱ではなく、静かに進むところも。
そのあたりの描写が私はかなり好きでした。
何より絵柄が美しくて、クールな眼鏡攻めも美形の受けも大変なイ続きケメン!
自分の感情を晒して亮に向かっていく藤枝の強引さにも萌えるし、簡単には落ちない亮の自立した様も好ましいです。故に二人のラブシーンは藤枝が無理に押し切るのでもなく、亮が流されるのでもなく、お互いが歩み寄る空気が見えるのです。
ただ。藤枝と担当の編集さん(塚田)のタイプが同じだったのがイマイチ。

1

強引な攻めに振り回される

「スウィート♥ライフ」のスピンオフですが、私は未読でした。ですが、問題は特に感じませんでした。前作の葛原×倉本の隣の部屋に住む、葛原と同じ小説家という職業である岐多島が主人公です。

表題作外2編のメインカップル以外に、前作のカップルの短編、全く関連のないリーマンカップル短編が収録されています。

藤枝×岐多島「そして世界は君のために」「だって啼かせてみたいから」「ふしぎの国の恋人」
良くも悪くも強引な藤枝(攻め)に、岐多島(受け)が振り回される展開です。高校時代に藤枝から告白され藤枝から別れを告げられた過去から、十数年。再会した藤枝は最初から好きだと押してきますし、岐多島も本心から嫌っているわけではないので、全体的に甘い雰囲気でした。
ただ、告白と違って、別れの場面は明瞭な回想場面がなかったので、読んでいてちょっと落ち着きませんでした。そこで藤枝の内心の感情が垣間見れたら、自分勝手な感じが薄れたかもしれません。
岐多島に色々と巻き込まれて迷惑かけられる倉本がちょっと気の毒でしたけど笑えました。あと、小説家というものの扱いに、戸惑う藤枝と、達観する倉本が面白かったです。
続き

葛原×倉本「スウィート♥ライフの落とし穴」
4ページ。酔った葛原にエロの期待をする倉本ですが…。年の離れたカップルっぽい話でした。

遠藤×森永「アフター7の恋愛情事」
10ページ。残業中にセックスをする二人ですが、森永は鈍く、遠藤の気持ちは通じていないという気の毒な話です。

初っ端から前作カップルが脇キャラとして登場して、にぎやかに話は進んでいきます。あんまり切ない感じはありませんでした。するりと楽しく読み終えますよ!

3

強引というか自分勝手

高校生の時に捨てられて10数年。藤枝が岐多島に好きだと告白。
捨てた事を言い訳するつもりはないらしいけど、なんで捨てたの?
今更、告白?

帯に強引 攻×落ちない 受とあって確かに強引だけど自分勝手過ぎる…。
岐多島は断ってるけど、家までやってくるし岐多島が本気で嫌がってなかったらストーカーだと思う。

なんだ、この攻めは?というのが頭から離れない。

でも、後半からは良かった。お互いにトゲトゲしてて面白いカップルだと思う。その奥にデレもある。

でも、ゆーしくんがお気に入りキャラ。
あとは乳首が可愛い。
で、もしかしなくてもスピンオフなんだね。これ。

0

意外とツンとしている

 岐多島は一度藤枝に捨てられているのに、その藤枝が訪ねてきます。唐突な訪問に対して、岐多島は、3回のエッチで諦めさせるというのです。すごくスピードのある展開です。
しかも、甘い恋愛ではなく、あくまでも義理で割り切ったようなエッチや物言いがちょっとあっさりしすぎな気がしました。

 ところが、藤枝に抱かれても、思わず突っ込んで「反発」をする受けの岐多島が、私にはかわいく見えてしまったのです。自分からさっさと関係を終わらせようとする受けの岐多島がある意味しっかりしていて、流されなくていいなと思ってしまったのです。ツンとしてただ甘えているだけではなく、実は簡単に落ちないような難しさが萌でした。

 愛は本当にさばさばしていて、あっさりと関係が成立してしまうのですが、絵がきれいで大きくて読みやすかったです。

1

絵柄が素敵

すごく素敵な絵柄です。個人的に、大和名瀬さんぽい絵柄だなーと思って買ってしまいました。
内容は、スピンオフ作品だったことを知らなかったので、あぁこういう感じかー。と思ってしまいました。お隣カップル事情を分かってて読みたかったです。
眼鏡の攻めも良かったんですが、受けを過去に振った理由がちょっと弱いかなと思ってしまいました。そういうことで振るかな?と。。

絵はとっても素敵です。今回は中立です。

2

成長して大人になってこんなになりました(爆!)

作中にもでてくるマンション隣人カプ編「スイート❤ライフ」のスピンオフになる本作だそうですが、実はこの作家さんの単行本はお初です。
小説の挿絵が最近結構お気に入りで、で、あ、漫画出てるんだ!という具合です。
やっぱり小説のカバーと違って漫画のカバーだとイメージかわりますね。
それに、中の白黒絵とカラーとギャップがある。しかもちょっと不安定で同一人物?というところも。。。
主人公がお菓子が好きな設定なのか(言及はなかったが)表紙にもそのモチーフが、中扉にもなんだけど、ただ飾りになってしまっていて、あまり意味がなかった。
始まりはシリアスに、そしてだんだんと攻めのキャラが最初のイメージから崩壊していって(良い意味で?)ラスト近辺で、一番の謎が解けるという、
再会元鞘の、実に焦れ焦れしたお話でありました。
中盤、かなりコメディカラーに染まった展開を見せたので、後半のヤマに迎えるあたりに、こう持ってきたか!な技があり、その点は見せ方がうまいな(おぬしやるなwww)と思いましたよヨ。

作家の岐多島の元に突然現れたのは、十数年前、恋人だった男・藤枝。
高校を卒業するとき、本当は続き岐多島が「好きだ」と告げようとしたのに「このまま続けても意味がない」と突然別れを切り出され、激しく傷つき、もう誰も本気で愛さないと思うようになった元凶の男。
それが、ひょっこり現れて「お前が好きだ」としつこく食い下がり、会社を早退したり休んだり、とにかく岐多島に激しくアプローチしてくるのです。
それは岐多島の知ってる昔の藤枝じゃない。
最初は軽く捨ててやるつもりだったのに、現在の藤枝に心揺り動かされながら過去の藤枝にこだわり、悩む岐多島。
いったい自分のこだわりは何だったのか?

という具合にぐるぐるもするのですが、一話毎に少しづつ進展がある。
ミソは藤枝の八茶気振りです♪
本当はずっと好きだったのに、岐多島に見合う男になるためにあがいてあがいて、結論がこれか・・・
う~ん、、でもね、好きな人の前ではカッコつけたい、そんな若い時を卒業するのに彼も時間がかかったってことね?
いい意味で開き直って、懐が深くなって、ある意味大人になって岐多島の前に現れることができたんでしょう♪

岐多島については、わりと一貫しています。
ただ節操なしという設定のわりにその部分が全く見えませんでした。
藤枝に押されて、あと藤枝との絡みが多くて、彼のその他の素顔がもっと見たかった気もするのですが(ひょっとしてそれは前作にあるの?)

この本の構成で不思議なのが1本いきなり全然関係ないリーマンものがはいってること。
いらなかったなーというのが本音。何か事情でもあった?
後日談は、編集担当の塚田っちがいい味出していて、藤枝かわいそー♪でも彼のキャラにあってる展開でした。
シリアスとコメディのバランスもよかったのでは?

1

眼鏡攻め様素敵です

この作家さんの眼鏡攻め様~、ストライクゾーンど真ん中でとても素敵♪
好みのイラストだと内容以上に萌えるものですが、内容も好きでした。
胸にキュンとくる切なさがあって好きなのに過去に捕らわれて前に進めない受け様も
プライドも捨てて高校時代から好きな相手を今度こそ手に入れると動き出した攻め様も
とっても素敵なんですよね。

ちょっとした思いがすれ違う、言葉が足りなくて、好きだから不安になって、
そんな学生時代の恋を今でも消化しきれない二人の10年目にしての再会ラブ。
主役二人とも好みのタイプで、萌え萌えしながら最後まで楽しめました。

2

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ