世界一初恋~横澤隆史の場合 3~

sekaiichi hatsukoi

世界一初恋~横澤隆史の場合 3~
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神10
  • 萌×29
  • 萌4
  • 中立0
  • しゅみじゃない8

--

レビュー数
10
得点
98
評価数
31件
平均
3.4 / 5
神率
32.3%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
角川書店
シリーズ
ルビー文庫(小説・角川書店)
発売日
価格
¥540(税抜)  ¥583(税込)
ISBN
9784041005880

あらすじ

丸川書店ジャプン編集部の敏腕編集長・桐嶋禅と恋人関係にある営業部所属の横澤隆史。なかなか素直になれない横澤ですが…?

(出版社より)

表題作世界一初恋~横澤隆史の場合 3~

桐嶋禅,看板漫画雑誌ジャプン編集長でヒットメーカー
横澤隆史,丸川の暴れ熊と呼ばれる強面の営業マン

その他の収録作品

  • comic side
  • あとがき(中村春菊)
  • あとがき(藤崎都)

評価・レビューする

レビュー投稿数10

萌えシュチュエーションてんこ盛り

今回はシリーズの中でも糖度高めだったんじゃないでしょうか
エロも比較的多めかな…

桐嶋さんがストーカーにあったり、それに対し横澤さんが不安になりそわそわしたり、海水浴に行ったり、シャワーでHしちゃったり…
大きな展開はなかったですがこれだけ内容がてんこ盛りだったので個人的には満足でした

海水浴回の挿絵の3人の服装が新鮮でとても好きです。横澤さんパーカー似合うんですねとても可愛かったです。
巻末のおまけ漫画もいつもの家族3人のほのぼのストーリーでほっこりしました。

そろそろ大きな進展や展開が欲しい所なので今後の展開に期待です!

0

イチャイチャ度がちょびっとUP!

今回は夏休みと、ちょっとした事件に巻き込まれたお話し。
前巻よりも二人のイチャイチャ度が心なしかUPいたしました。

そして特徴的なのは、今作は横澤と羽鳥との絡みが割に多め。
結果、羽鳥が吉野の大好物をいそいそと料理してる姿が目に浮かぶという「世界一初恋」ファンには美味しい工夫。

私が残念と感じたのは、もはや、このカップルじゃなくても成立しうる話になってしまってるところ。
ストーカーとか、旅先でのトラブルとか、お決まりのパターンすぎるように感じた。
私は、この二人ならではの葛藤を読みたいのだけどなぁ。
嫌味ったらしかった横澤のアクが、ほとんど無くなってしまったせいもあるかも。
「人」としては、その方が付き合いやすいんだけど、ストーリーとしては極端なぐらいの人間の方が面白かったかもしれない。

そして注目したのは、横澤の生まれて初めての口淫。
挑発に乗ったとは言え、自分からやろうとするなんて、成長したというか何というか…
これが初めてとなると、高野とのときは、どうだったんだろうか?
しばし想像してしまった。

1

1冊で2カプ分美味しかった

 冒頭で、桐嶋さんが横澤さんたち営業部を責める会議のシーンにハラハラしました。でも、桐嶋さんが横澤さんを追及しまくったのが、営業部内の事情を見抜いてむしろ横澤さんをフォローするためにあんな態度をとったのだと分かって…!!暴れ熊を守ってあげる桐嶋さんは大人イケメンですね…!

 営業の横澤さんが主人公なだけあって、ちょくちょくブックスまりも関連で雪名が出てくる~横澤隆史の場合~ですが、今回は料理関連で羽鳥がいっぱい出てきます。誰かのために作る料理の話題でもりあがる2人がすごく良いです。
 デミグラスハンバーグやミートグラタンのような子どもっぽいメニューのページに跡がつくくらい練習している羽鳥さんの姿が想像できて、こちらのカプの事情も伺えて1冊で2カプ分美味しかったです。

0

ホント暴れ熊の異名は返上したほうがww

看板漫画、ジャプン編集長・桐嶋禅×強面営業・横澤隆史です。
いや~早いもので3巻まで出ていますね((´∀`))

今回は桐嶋親子と映画や旅行に行ったり、桐嶋がストーカーにあったり、
しかもそのことを言わないから横澤が嫉妬したりで今回も絆が深まった感じの
1冊となっております。
ストーカーはマジヤバイ女でした。妄想癖があるとかヤバすぎるでしょww

個人的には横澤が日和や高野に桐嶋との関係を言うところまで是非とも
読みたいと思っています。
高野なら祝福してくれるはずですよね!?ていうかしてほしい!!

あと、時間軸的には雪名×木佐編の少し前くらいでした。
個人的には横澤と羽鳥の会話がほんわかしててよかったですw

結構、他CPのキャラが出てきたのでニヤニヤしちゃいましたね。

0

横澤さんが可愛すぎてどうしよう


一巻あたりからなんでかわかりませんが横澤さんが可愛く思えて仕方ないんですが、
今回も可愛かった。というかやってくれたぜ。
一巻、二巻でお互いに距離を測りあっていたり、
何かしらの障害だったりがあったわけですが、
今回は「愛育んでます!」って感じでした。
ちょっとしたことで惚れ直したり、見えないところでイチャイチャしたり。
ほほえましいです。
最初は男2人に女の子1人は、現実でもちょっと怪しいよなーなんて思ってましたが
自然に思える、なにも不思議じゃないですもう。
春菊先生の漫画このカップルらしい内容で、ほっこりしました。

余談でネタバレですが、純ロマセカコイシリーズで
「愛してる」を口に出していうのって桐嶋さんぐらいじゃないですか?
あのウサギさんでもまだ言ってないのに(ですよね?)
桐嶋さんがいいタイミングで言うのできゅんとしました。
愛されてる横澤さんもちょーかわいい。

0

思い合う想いは同じな訳で

前作の【2】の発刊からまだ3ヶ月。
こんなに早く続きが出る物なのかと驚いて居たら、横澤さん小説がアニメ化になるとのこと。
なるほど、今年はおせおせムード満載な訳ですね。


付き合い始めて半年弱の、丸川書店営業部の横澤と、少年漫画の編集長・桐嶋。
いーっつも横澤は年上の桐嶋にいいようにイジラレアソバレ、ムキになってしまう。
けれどある日、自分に内緒で雑誌のグラビア取材を受けていた事を知り、その直後から桐嶋の態度に違和感を感じて――と進んでいきます。

そもそもこのシリーズの【1】では、あの「暴れ熊」と恐れられた横澤さんが、桐嶋さんの手に掛かりワチャワチャする具合がズキュンバキュンきまくりでテンションが上がったものです。
「あっ…あの横澤さんが…あ、あんな事に…!(ハアハア)」と(笑)
そして【2】では又そんなワチャり具合を期待し過ぎたせいか、ちょっと肩透かしを食らった気分で凹。
そして今回の【3】。
そりゃそうだ、よーく考えりゃ、落ち着いてないとウザイだけかも年齢的に、とひっそり思っていた自分が居ます。


自分には「何でも言え、隠し事するな」と言うクセ続きに、実際アンタは俺に隠してる事あるんだろう、何で言ってくんないんだよ、と思う横澤さん。
女性と二人で並んで歩く桐嶋さんを見て動揺だってするし、お見合い話があると言う噂を聞いて目の前がくらっとする位心が揺れ動く。
桐嶋さんの事は好き。でも、好きだけじゃどうにもならない問題が多い。
何故なら、理由の1つとして桐嶋さんには小5の娘が居て、自分が女なら何も問題なかったかもしれないけれど、まさか自分が「君の父親の恋人だよ」とは明かせない。
母親が必要な年頃の娘なのだから、きっと常に『桐嶋の隣には母親となれる女性が居るべきであろう』と思っているのだと思います。
そりゃヤキモチだって存分に妬く。けれど、桐嶋を信じていない訳じゃない。
そういう所を見たり聞いたりして、一番心がどくんとする理由は、横澤さん本人が自分に色んな感情がまぜこぜになって自信が持てないから。

可愛い男だなぁ、と思う。
そして、本当に桐嶋が好きなんだなぁ、とも。
桐嶋の娘にも誠実な態度を自然と取れるし、信頼されているし、そうであるが故に、思い悩んでしまう男なんでしょうね。

そんな男だと分かってあげられている桐嶋さんも、格好いい男だなぁと実感。
歳も上で周りの空気を感じ取って大人の対応を取れる人。
でも、横澤さんの前では自然体に戻るからか、彼をからかって遊ぶし、思う事も素直に発する。
「俺の恋人」と言ってみたりキスしてみたり、自分の娘にヤキモチ妬いて見たり拗ねてみたり口をとがらせてみたり。
横澤さんが呆れるような事をしてしまう位、桐嶋さんは横澤さんに甘えているんだと思います。
こやつも可愛い男ですよ(笑)

そして何より。
横澤さんが、いつか自分らの関係を「高野に話そうと思っている」と考えて居る事に驚き嬉しかった!
高野さんに振られたその日から始まった、横澤さんと桐嶋さんの関係。
横澤さんが桐嶋さんの亡き妻を気にするように、桐嶋さんだって本当は高野さんの事を心のどこかでは気にしている筈。
だから、そう思える程桐嶋さんを大事にしているんだと思うと、心が和みました。

以前はワチャらないと横澤さんの可愛さが伝わらんと勝手に思っていましたが(笑)、静かにお互いの気持ちをぶつけて心を深めていく姿ももっといいと思いました。


※おまけ※
何と今回は料理ネタで羽鳥さんも登場。
横澤さん!ハンバーグとかスパゲッティは羽鳥さんが食べたくて作ってるんじゃないよ!
意外とか思って驚いてんじゃないよアンタ!(笑)

2

アニメ化決定おめでとうございます!

凄いですね~アニメですよ。ぶっちゃけアニメ化は期待してました。
イチャも少ないですし、アニメ化にはしやすそうな作品ですし。H度が標準的になっているのですが少ないのでは?と思っているのは私だけなのでしょうか・・・
ええ・・・このカプにイチャイチャを求める方が邪推なのかも知れません。
なんかアットホームダブルパパなんですよ。もう、イチャなんていらないっ
という感じなのでしょうか・・・エロ魔人の自分としては3巻だしもちっとね・・・
吉野千秋の場合のように4巻にどかっと横澤さんがやっちゃうんですかね!またもや期待。
4巻は出そうですよね~この流れでは。
3巻はなんだか短編集を読んでいる感じでした。本当に日常というか。
春菊先生のマンガが面白かったですwww

2

予定調和・少々の山と少々の谷ありなのにいいのです。

私は完全にもう、この桐嶋さんと横澤さんの2人がツボなのです。

あれだけ本編の『小野寺律の場合』で暴れ熊だったくせに、ここでは熊の毛程も感じることはありませんでした。
もう横澤さんのことを暴れ熊なんて称さない方がいいのでは…。
もう耐え・忍び・尽くすツンデレ奥様の風格が漂います。

今回は日和ちゃんと桐嶋さん、横澤さんで映画に行く話あり、この三人で夏に旅行に行く話あり、桐嶋さんがちょっと大変な目に遭ったり、巻末漫画では掃除をしていたら桐嶋さんの奥様のウエディングドレスが出てきて男性陣は思春期の女の子の気持ちは分らないよなとか、何かこの三人の日常を垣間見ている非常にホッコリ感漂う1冊でした。

そういえば、羽鳥さんや雪名さん、高野さんたちが少しだけ出ています。
スピンオフものってこういうことがあるのがいいですよね。
相手のその向こうが見える感じがなんともおいしいというか、もっと絡んで出てきてほしかたですね。

多分私は、この作家さんの作品は合わないと思うのですがこの『横澤隆史の場合』だけは別なのです。
たとえ話が少々の山と少々の谷で構成され、当て馬的女性が出てき続きても対してかき回すことなくあっさりその存在が過ぎ去ろうとも、桐嶋さんに降って湧いた見合い話がものすごくあっさりと終わってしまおうとも、この2人のようやく見せた甘い瞬間を見たときに全て吹っ飛んでしまうのです。

アニメ化企画進行中ということがあとがきにありましたが、お金がかかりそうな予感に今からDVDを集められるだけはなんとしても貯めなければと頭を悩ませてしまいます。

1

「隆史」「愛してる」 どっきゅ~ん 撃沈…

凄かった・・・。
ラブラブ激甘ですよ!心して読んだほうが良いでしょう。
横澤がめためたロマンチック乙女ちゃん。
がっつり恋する『お・と・め』です。
桐嶋はキミを絶対に離さないゼ!
お互いがお互いの事を惚れて惚れて惚れまくってます。
Hシーンが!お勧め!ニマニマしながら読みました。
お口でするなんて~。きゃあきゃあ。はあはあ。
桐嶋の娘・ひよちゃんは2人の関係に薄々気付いていると思います。
さり気なくそっと見守っている感じがするのだが。私だけかな?

『五百川』謎の男登場!4巻に絡んでくるかもねっ!

1

甘さが増している…ッ

 1巻より2巻、2巻より3巻と甘さが増しているような気がします。
今回もとても面白かった横澤さんの場合!胸のときめきが止まりません!
あまりにも可愛くて可愛くて可愛くて!「うわーーっ」って叫びたくなりました(笑)


 桐嶋さんと横澤さんの絡みも…相変わらずのいじりいじられ…読んでいてにやにやとしてしまいました(笑)
 今回は大きなすれ違いは無かったように思います。ですがちょっとヒヤッとした部分はありました…本当によかったと、ほっとしました(´`*)
 最後の横澤さんが桐嶋さんに言った桐嶋さんの奥様についてのこと、読んでいて色々思ってしまいグッときました。その部分がこれから作品として出てくればいいなあと思います。
 そして、日和ちゃんにも「おおっ」となることが…!日和ちゃんもこれから大人になっていくのかと思うとなぜかしんみりしてしまいます・・(笑)

 今回は横澤さんと羽鳥の会話がちょろろっとあったのですが、とても可愛らしくて、のほほんとしました♪原作や吉野千秋の場合を読んでいる方はニヤッとくるんじゃないかなって思う部分がありました(笑)

 世界一初恋が好きな続き人には横澤さんの場合も読んでほしいなと思います。それ以外の方でも、いじりいじられな関係が好きな方にオススメしたいなって思います。

 学生さん同士の作品には無いような大人の余裕や行動、発言など大人のカンケイはちょっと刺激的。そんな刺激を味わってみてはいかがでしょうか。


 横澤さんの場合、これからも続きそう…です、?(笑)
そしてアニメ化企画進行中だとか…こちらもとても楽しみです!

 (横澤さんのウエディング姿、ちゃんと見たかったなあ…(笑))

3

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ