色情

shikijou

色情
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神4
  • 萌×212
  • 萌6
  • 中立1
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
9
得点
87
評価数
24件
平均
3.7 / 5
神率
16.7%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
リブレ
シリーズ
ビーボーイノベルズ(小説・リブレ)
発売日
価格
¥950(税抜)  ¥1,026(税込)
ISBN
9784799712382

あらすじ

駆け落ちまでして結ばれた最愛の人・賀門と、晴れて実家で新婚生活満喫中の迅人。二人の間には、愛の結晶である双子の男の子も。でも、人狼の血を引く双子の子育てには問題がいっぱいで、エッチおあずけで子供達に振り回される迅人と賀門。そしてその傍らで、あい変らずエロラブな迅人の弟・峻王と恋人・侑希。
彼らの日常をつづった表題作と、人狼一族を支える都築が、自宅で密かに飼う男―二人の歪んだ愛を描くエロス・スピンオフを収録。

(出版社より)

表題作色情

賀門士朗,迅人の恋人 /神宮寺峻王,迅人の弟
神宮寺迅人,神宮寺家の長男 /立花侑希,峻王の恋人

同時収録作品疵痕

大神組 若頭補佐の都築
賀門に捨てられた杜央

同時収録作品爪痕

大神組 若頭補佐の都築
賀門に捨てられた杜央

評価・レビューする

レビュー投稿数9

双子が可愛い。そして都築に萌え

迅人と士朗に子供ができ、ほのぼのとした雰囲気で楽しめました。
士朗は料理上手だし子育ても手伝うし、スーパーパパになってました。
そして迅人は洗濯物が乾くとかそんな心配をして、主婦のようでした。

双子ちゃんがすごく可愛くてキュンキュンしました。
人狼の二人は泣くと耳がぴょこりと出てしまって、改めて迅人と士朗の子供なんだと思いました。

そしてもう一つのお話、個人的には都築と久保田の話がすごく好きですね。
都築のツンデレ(デレはあまりありませんが)にメロメロになりました。
ぜひこの話もコミカライズしてほしいと思います。

1

拾う神あり(ただしドS)

 もふもふツインズがどんだけ殺人的に愛らしかろうと、個人的にはBLに子育ての要素を一切求めてない(現実でおなかいっぱい)ので表題作はスル―。後半の大神組若頭補佐・都築と、彼の「飼い犬」久保田のお話についてだけ書きたいと思います。

 久保田はたかだか30年かそこらの人生で2度、大切な人から捨てられている。最初は実の親。でもこれはホントに幼い時で、物心ついたときにはすでに施設にいたから、直接の痛みは味わわずにすんだ。でも2度目はわけが違う。施設で家族同然に育ち、職員の虐待から体を張って護ってくれた兄貴分の賀門。2人で施設を脱走し、ストリートチルドレンまがいの暮らしをしてたところをヤクザに拾われ、賀門が組を継いでからは懐刀として支えてきた。彼のためならどんな汚れ仕事もいとわず、手段も選ばず、「賀門の狂犬」の二つ名で業界でも恐れられていた久保田。その彼を賀門はあっさり捨てた。大神組の嫡男、迅人と恋に落ち、組をたたんで駆け落ちしてしまったのだ。突然生きる目的も居場所も喪って自棄になり、酒と喧嘩で死にかけた
久保田を拾ったのが都築だった。

 久保田は以前、賀門をかばって都築に発砲した続きことがあり、疵痕はいまも生々しく彼の右肩に残る。そんな因縁の相手に、物好きにも都築は「私が飼ってやる」と言い渡す。ヤクザには珍しく、几帳面で原理主義者の彼は「飼う」と言ったら本当に「飼う」のだ。久保田は首輪のみのマッパで都築邸の地下の一室(ハウス=犬小屋)に飼われる身となる。

 都築はドSキャラだけど常に沈着冷静で、かっとなって暴力を振るったり、理不尽な因縁をつけていたぶったりはしない。ただし、彼なりの厳格なルールからはみ出す行為があれば「お仕置き」も当たり前。尻をたたかれ、床に這わされて口淫を強いられた久保田は、憤りつつどこかでほっとしてもいた。「そうだ、これだよ」ずっと居心地が悪かったのだ。何の見返りもなしに、餌と寝床があたえられるはずはない、と。

 幼いころ施設職員から受けた性的虐待のせいか、ずっとインポの久保田。当然女も知らない。それで特に不都合も感じていなかったはずなのに、都築に見抜かれ、その愛撫で射精に導かれる。初めて知る快楽と人肌のぬくもり。ひたすら無為徒食の「犬」だった久保田の生活に、すこしずつ読書や家事といった人間らしい日課が増えてゆく。都築との関係も大きく動きだすかに見えたのだけれど・・・

 2度も近しい人に裏切られた久保田は、今の居場所の居心地がよければよいほど、いつか喪ってしまうかもしれないとの不安に苛まれている。その不安定な魂にまともに向き合うには、都築はあまりにも言葉が足りない。彼にしてみれば、これだけ行動で示してるんだから分かれよといいたいのかもしれないが、もとより久保田にそんな高等技術が使えるはずもない。(都築語で言うところの「私から逃げられると思うな」は、一般的なカタギの日本語に訳すと「一生そばにいてくれ」という熱烈なプロポーズじゃないかと思うんですけどね)。些細なすれ違いが誤解を呼び、都築に本命の女がいると邪推した久保田は思い余って家を飛び出してしまう・・・

 ともにコミュニケーション不全気味の主と飼い犬が、不器用に相手との間合いを詰めてゆく、そんなもどかしい、恋と呼んでよいのかもわからない関係が、静かに胸を打ちました。いつか久保田が「今日はまだ飽きられてなかった」とか哀しいことを思わなくなる日がくるといいな。このシリーズの他のカプのあまあま一辺倒に比べると格段にビターテイストでしたが、このくらいの方が私は好き。次に出た短編集「情」では、少しだけ進展したこの2人の後日談が読めて安堵しました。
 

 

6

子育て編

狼弟×先生
元組長×狼兄(双子出産)

狼兄の出産後のドタバタといいますか
結構しっかり子育てしていて安心しました。
双子の父である元組長・・・かなりのイクメンぶりで感心しますし
双子の母である狼兄は、お母さんとしてかなり頑張ってます
もちろん夫夫で家庭的で微笑ましいですが、夜の営みのがっちりで
画に描いたようなカップルで幸せそうです

狼弟ですがかなり先生に執着しまくりで、こっちが照れくさいぐらいです
先生は自分が子供を作れない分、双子を実の子のように可愛がってます
この可愛がりがなんともいいのですが
悲しく映る場面もあります

あとはスピンオフ ドSな都築×やんちゃで強気だけど健気な久保田カップル
これは ご主人様×犬!
微笑ましい育児の後にはハードなスピンオフが待っていました!!!
これがまたいいんです!

2

1部終了とか・・・

いい男4人とベビー2人。
赤ちゃんの可愛いカバーにやられました。
いわゆるジャケ買いというやつです(←懲りない)
タイトルに似合わない、ほんわかカバー。

人狼の兄弟とその伴侶+双子ちゃん。
色々、色々、あったあとの幸せな家族のお話です。

双子ちゃんが可愛いです。
黄色い服を着た子が「希月」
青い服を着た子が「峻仁」


この双子ちゃんの親は、人狼の迅人と普通の人間の士朗。
迅人は、男なんですが、ま、人狼ということで不思議なことが起こって子どもを産んでしまったりしたわけです。


「色情」に同時収録されている都築と杜央の話はシリーズ2冊目を読んでいないとわかりづらいかも・・・この本だけだと都築がなにものかがいまいちわかりづらいし、杜央は都築に飼われる身となったので、名前呼ばれなくても話が進んじゃうし(笑)

このシリーズ2部へ続くらしいです。
2部では、もう少し人狼に焦点あてて、色々回収して欲しいですね♪
あ・・・でも、父、月也さんのBL的スピンオフはいらないかも・・・

1

このシリーズはまだ続くんですね

あとがきを読んだらこちらのシリーズはまだ続編の予定があるということで。
第1部完といった所だそうです。
評価としては3.5です。あとの0.5は続編がでるならと期待を込めまして。
正直本編の神宮寺兄弟のお話より、御三家の1人の都築×久保田(賀門の元部下)
カプの方が印象が強かったです。
久保田は都築さんの犬にされるんですが犬というとどうしても榎田先生が浮かんでしまって。
こっちの犬は主人がかなりのツンデレのお蔭でかなり苦労しておりますが。
ほの暗い甘さを含んだカプなので、個人的にはあまり萌えないです。
これで次回出てきたときにも~あの都築さんが!?って言うくらい甘甘になってたら
かなり萌えるカプです。
最初の、神宮寺家のお話は途中まで育児日記か?というくらい、子供中心でちょっと辛かった
ですが、お兄ちゃんカプと弟カプの甘甘な場面が見れて(読めて)幸せな気分になりました。
賀門は本当にいい旦那様です。
表紙でも迅人の双子の1人峻仁を立花が抱っこしているんですが、峻仁は立花大好き
なんですよ。
一緒に双子を育てていた立花が子離れできずに沈んでいた時に峻王が留守を続きして寝付けなかった立花のところに峻仁が添い寝をしに来てくれるんですが
峻仁が「ママが僕の1番だよ」って言うんですよ。ママとは立花のことなんですが
10年後とか峻仁が立花の事を恋愛として好きで、峻王とちょっとやりやったりする
お話とかあったりするのかな~と妄想してみたり。
続編といっても今度はこの双子の恋のお話や、お父さん・月也とかの方に行くんですかね。
個人的にはお父さんはホモになんないでもいいかと思います。
恐ろしい美貌でそのまま受っていうのもなんだか・・・
生涯つがいを愛し貫くんならもう奥さんは亡くなってますしね。
第二部でたらまた買っちゃいますが。

2

なぜ色情?

確かに迅人が女体化して双子を産み、モフモフのちびっこが誕生した話までは面白かったです。
今回だって、その双子の成長・人狼であるがゆえのその教育、訓練、男夫夫の子育てのあり方、身内総出でのサポートなどがほとんどで、その中で各ふた組みのカプは相変わらずもラブラブで番としてもとても深い絆で結ばれてるよ。
という話でした。
しかし、なぜに色情?
辞書で見ると「異性に対する性的欲情」とか色欲とか、その後ろに症がつくと「色狂い」という意味になったりする言葉だが。
夫婦の愛は色あせなくいつまでも深い愛情で互いの身体も愛し合うという意味で使ったのだろうか?
そうだとしてもなんかな~?
題名への疑問はおいておいても、この作品第二部があるということで、多分双子が成長してからの話だろうか?それとも他の登場人物のスピンオフになるのかはわからないけど、でも多分前フリなんだろうな。
だからどんなに子育て風景があろうが、絆の深さがあろうが、単純にちびっこがカワイイだけじゃ萌えになりませんでした。
(ちょっと厳しい?)
もし彼等の成長した姿が第二部であるなら、その物語が展開して始めてこの物語が意味続きをなすと思います。

そして同時掲載は大神組の若頭補佐の都筑が「ペットを飼いだした」という話のその真実。
賀門と迅人が駆け落ちして、皆が総出で捜索しているときに都筑に消えない身体の傷を残した賀門の幼馴染で片腕だった久保田を拾って、自らの犬として調教する話。
基本が甘い路線の岩本さんだから、ハードな調教は期待してないないが、自分的に
あ、そうですか。な程度でした。
傷を残した男への仕打ちから犬とし、それに執着しはじめ、彼の無意識の都筑の琴線に触れた行動に執着を覚え、
久保田も都筑に依存してまるっきりの犬になるという展開に、あまり心は動かされなかった。
いきなりお仕置きで、まだ暴れるかもしれない久保田に口輪もなしに口淫をさせる無謀さ。
何十年も不能の久保田がいきなり、回復するところ。
ちょっと安易で、都筑の話・・・同時掲載ではいらなかったデス。

多分、番外要素が強すぎて自分の求めるものと違ったという意味でこの評価なのです。

5

チビ萌えだぁ!

「発情」「蜜情」「欲情」シリーズの4作目は、ほのぼのしながらも人狼子育ての
大変さが伺える神宮寺家本家での迅人の子育て奮闘記。
もふもふファンタジーの部類なのに、前3作はもふもふよりも人狼の一生涯の番の
惹かれ合う気持ちは誰にも止められないってくらい切ないカプのお話でしたが、
この4作目は、迅人が双子の男の子を産んでいて、その子育てをみんなでしてる
子供たちが中心のファミリー愛でしたね。

お子ちゃまたちのラブリーな成長記録をオムニバス形式で、夏から春までの4話構成。
子供たちの成長と、各カップルのその後的なお話で萌えとほのぼので癒されます。
でも、決して甘いだけではない神宮寺家、お子様たちも厳しく育てられております。
そして、そのお話とはかなり違うお話が入っております。
それは、都築と杜央の二人ですが、こちらはシリアスで痛かったりもしますが
やっぱり最後は甘い雰囲気を感じてしまうお話にはなっています。
野良犬と新しいご主人様の絆が出来るまでの内容ですかね。
そして、今回のこの4冊目で、シリーズ1部完結で、2部が始動するようです。
2部の主人公たちはあのラ続きブリーもふもふの子供たちなのでしょうか?
それとも~~~なんて想像するのも楽しいです。

3

都築~!

前半部分とと後半部分で、カラーの全くちがうお話が詰め合わせられています。

前半部分は賀門と迅人・峻王と侑希4人が双子を育てるほのぼの育児物語でした。

それぞれのカプのラブラブなシーンもあるのですが、そんなことは何の足しにもならないほどの夏・秋・冬・春の季節ごとに分かれた育児話でした。
注射が大嫌いな双子に、なんとかご機嫌を取りながら予防接種受けさせたり、(ここで賀門が機嫌を取るために捨て身の変顔をするのですが、全く想像がつかない!)トイレトレーニングでオムツを取って夜中失禁して大変とか、本当育児小話満載です。
もう、幸せオーラいっぱい安心して読めます。
だけどハラハラ・切ない!なんて思いも一切ないのです。

だけど納涼会にて水川先生が都築に「ペットを飼い始めたって本当ですか?」と意味深に探っていて、これはこの後待っている後半部分を読んで、またこの前半部分を読めばもう!ニタニタが止まらないことは確実です!

そして、この後半部分の都築×杜央ですよ!
帯にはこの2人のことを「監禁調教の究極エロス」とあり、背表紙には「人狼一族を支えてきた都築が、自宅で密かに飼って続きいる男ー二人の歪んだ愛を描くエロス・スピンオフ」と紹介されていますが、エロスって!歪んだって!何だかすごく恋愛事に不器用な二人が織り成すすれ違いラブに私の目には映ってしまう程に、甘酸っぱいいいお話でした。

都築の言葉はすごく少ないのだけれど、その杜央に対する行動や発する言動に何とも愛としいというか執着というかそんなものが迸っていて、もう「都築~!」となってしまうんです。

この話って続き出るのでしょうか。
第二部を岩本さんは用意しているようですが、間違ってもこの二人の話ではないでしょうし、あ~なんとか続きが読みたいです。
杜央はまだ賀門に会ってないですし、杜央はほぼ都築の家から出してもらえない日々ですし大変気になるんです。
まあ、最後第三者目線でこの二人が幸せそうな様子が語られているので良かったと思っているのですが。

何とも、スピンオフ万歳の一冊でした。

3

嬉しい続編!

発情シリーズ4作目。
何とこれで1部終了で、この先2部も!ということで、
これからも読めるとは、何とも嬉しいです。

3作目までで、1部でのストーリーの核心を終え、
本作は、大きな意味で、
その後日談的な位置づけの作品だと感じました。

前半は、
賀門と迅人に双子の子供が生まれ、
峻王、侑希を含めた、周囲の様子を読むことができます。

幸せそうにしている様子が読めるのは、今までの展開を
読んできたファンにとっては、嬉しいのですが、
正直、この内容だけだと、「萌」評価でした。
幸せそうで嬉し反面、子育てのあれこれを読みたいんじゃないんだよな~
と思ってしまうのです。

後半は、
迅人・峻王の実家の組の都築と、賀門の部下だった男のお話。
賀門と迅人が海外に逃げた直後のお話で、
都築が賀門の居場所を突き止めるために、賀門の元部下杜央を捕まえる。
都築は杜央を犬だと言い、首輪をつけ、都築の自宅に監禁する。

最初のころは「あ、ヤクザさん的な犬ものね~」
と思ったのですが、これがこれが、流石、岩本さん!
楽しませていただいてしまいました(笑)
続き
都築の心の揺れ、杜央の心がどんどん都築に染められていく様子が、
何とも、引きこまれました。

前半が、甘~い作品で、後半にこれを持ってきたことは、
作戦に違いないと思いつつ、まんまとその作戦にはまり、
楽しく1冊を読めてしまいました。

3

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ