幽霊ときどきクマ。

yuurei tokidoki kuma

幽霊ときどきクマ。
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神7
  • 萌×211
  • 萌5
  • 中立0
  • しゅみじゃない2

--

レビュー数
13
得点
94
評価数
25件
平均
3.8 / 5
神率
28%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
幻冬舎コミックス
シリーズ
リンクスロマンス(小説・幻冬舎コミックス)
発売日
価格
¥855(税抜)  ¥923(税込)
ISBN
9784344826977

あらすじ

ある朝、刑事の辰彦が帰宅すると、美貌の青年に出迎えられる。しかし、その青年は10センチほど宙に浮いていて…。

著者:水壬楓子
イラスト:サマミヤアカザ

(出版社より)

表題作幽霊ときどきクマ。

蓮見辰彦 バツイチの刑事(35歳)
嬉野恵 「死体を探して欲しい」という幽霊

その他の収録作品

  • クマときどき相棒。
  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数13

依り代のクマのぬいぐるみのほうがカワイイ?

くたびれた刑事・辰彦の元に突然霊体で現れた美青年の恵。
辰彦は、相手と波長が合った縁か刑事という職業柄か、恵の行方不明となった遺体?だかを探す事となった。

霊体のままでは恵にとって都合が悪いらしく、その際に活躍するのが辰彦の弟の形見のクマのぬいぐるみ。
このクマのぬいぐるみが依り代となったおかげで話全体のカワイイ度が一気にアップして、辰彦が世話焼きだって一面も出てくる。

ただこの話、このまま恵が成仏したらどーなっちゃうの?とか、事件を追いながら二人の間に仄かな恋愛感情が育っていくんだな~、ってなる前に、肝心の恵自身がどうなっているか…?って察しがついてしまう。
実際に恵の身体が戻ってきて、さあ!!ラブシーンだ!!って山場がやけに駆け足気味に感じたのも惜しい。

霊体での騒動のほうが話のメインってのもあるせいか、クマのぬいぐるみを通してのほうが恵が伸び伸びしていて可愛いと思った。
辰彦の過保護っぷりや活き活きしている様子も面白かったかな。

そもそものクマのぬいぐるみに込められた想いとか、恵自身の不自由な生い立ちとかのエピソードにはホロリときたし、後半はキャラ続きクターのお茶目っぷりも楽しめた。
それにしても、恵の保護者(の一人)の思惑が上手くいってもう一組カップルが誕生したかどうかが気になるじゃあないか(笑)。

2

どこでも一緒♪

好きで、何度か読み返してる作品です。幽霊と刑事のお話で、一緒に事件を解決しながら恋が育っていくファンタジーものです。

ある日、突然刑事の辰彦の家に住みついた美形の幽霊の恵。
見覚えのないその幽霊は、自分の死体を探してほしいと頼んできます。
気が進まないながらも死体探しに協力することを了承して、2人の犯人探しが始まります。
時には、恵がクマのぬいぐるみに憑依して。
辰彦は30代のバツイチです。そんな辰彦がぬいぐるみを捜査現場に連れて行くという、シュールな感じが可愛いです。

そして、最初は怖がっていた恵の存在が、人の温もりを忘れた辰彦に、じわじわと誰かと過ごす良さを教えてくれるのです。

一方の恵は、特殊な能力のために、子供の頃から孤独を抱えていて。だけど、子供の頃に辰彦から優しさを貰っていたのです。
だから、死体探しは口実で、辰彦に最後に会いに来たのでした。

そんな2人が、ゆっくりと心を通わせていく過程が、素敵でキュンとなります。謎解きのような展開もドキドキするし。クマのぬいぐるみが動いてる様子は、想像すると何とも可愛いですね。
2人の後日談も、甘々でイ続きチャイチャな様子に萌えます。
ファンタジー好きが満足できて、ハッピー気分にもなれて、サスペンス気分も味わえる、素敵な1冊です。

4

浮遊してついて行きたくなります

警察や極道物ばかりを読み続けてると(いや、それが本来好みなんですが)合間になんかファンタジックなものが読みたくなるみたいでw
タイトルに惹かれて読んでみました。だって、「幽霊ときどきクマ。」ですよ!なんだろーって思いますよね。
でもちゃんと?お相手は「刑事さん」で、そこはワタシ的お約束ってことで。

幽霊ってことは一応死んでるわけで、それでどうやって結ばれるのだろうと心配しつつ、そのまとめ方にわくわく。
ここはネタバレしたらつまらないと思うので書きませんが、予想外でもなく途中で若干気づきますが(笑)上手くおさまりました。
やっぱり、結ばれてハッピーエンドじゃないと嫌なので良かった。

バツイチのちょっとヨレタ刑事さんと身体が透けちゃって立派な?幽霊くん。
なんでこの青年が幽霊としてこの刑事さんのところへ来たのかっていう理由も最後に結ばれるのに必要なことでした。
そこはちょっと「いい話」です。
実体がないので、クマのぬいぐるみに憑依するわけですが、そのクマちゃんを肌身離さず持ち歩く刑事の不自然さとか家族がそれを説明されてあっさり受け入れたりと、かなりファンタジック!続き
そうじゃないと話が進まないので目をつぶってw

読み進めていくうちになんだかねー。クマちゃんひたすらかわいいんですよね。さえないおっさん刑事も惚れますよ。
でもだからと言ってバツイチノンケが惚れるには今一つパンチはなかったかな。
幽霊くんの方はちょっと事情があって意外と長年想ってた?節があり、だからいっか。
もうファンタジーだからなんでもいいのだ(笑)

結ばれたその後の二人の暮らしぶりもちょっと面白いです。結局、「幽霊」からは逃れられないのかも~。

3

クマとおじさん

水壬さんといえば、「スキャンダル」のイメージが強く、
あまりその他の作品を読んでこなかったのですが、
皆さんのレビューに惹かれ、そして、クマとおじさんの
組み合わせに惹かれ購入しました。

幽霊と刑事のお話。
刑事の辰彦は家に幽霊がいるのに気づく。
この幽霊、恵は、自分の死体を探してほしいとお願いします。
辰彦は幽霊に驚きつつも、頼られたらほっとけなくて、
解決しようとします。
あまりネタバレしたくないのですが、
普通の事件ものということにプラスして、
辰彦が恵の入ったクマのぬいぐるみを持って解決に走るのが
なんとも面白い!
むさい男がクマのぬいぐるみを持って歩いている様というのが、
なんともツボでした。

また、恵は20代という設定なのも嬉しかったです。
こういったかわいいお話だと10代とかになりがちに感じるのですが、
何となく安心しました(笑)

事件ものですがシリアスにもならず、最後まで温かなお話でした。
迷っていらっしゃる方には是非読んでみていただきたいです。

5

可愛い♡ときどき物足りなし

妻に逃げられた疲れた刑事・辰彦のもとに現れた、自分の死体を探して欲しいという幽霊・恵。
幽霊の状態だと不安定だからと、彼は辰彦の弟の遺品のクマのヌイグルミを憑り代にする。
そのクマがちょこまか動いたり、トテトテ走ったり、手を上げたり…
いやー、想像すると可愛くて思わず笑ってしまう!

そのクマを連れて歩いて捜査をしている辰彦、という図。
時々話しかけたり、洗って上げたり、そのミスマッチぶりがこれまた微笑ましい。


ちょっとトボケた語り口が、この世界観にマッチしていて楽しめるが、
猟奇的な事件も、彼らの恋愛も、なんだかサラーッと進んでいく。
よくいえば気持ちよく流れていくのだが、ハッキリ言えば物足りないとも言える。


何故恵が面識のない辰彦のもとにやってきたのか?については、途中で想像がついたし、
死んじゃった恵とどうやってハッピーエンドになるのか?についても、
きっとそうだろうなー、安易だなー、と思ったまんまの展開だったのだが(笑)、
この漫画みたいなコミカルでいやみのない世界は、悪くなかったかな。

小舅二人のスピンオフがありそうですし、
続き主役二人の番外編で、『ぬいぐるみ刑事の事件簿』なんていうのも楽しそう。

ということで、ちょっと物足りなくも気持ちよく楽しめる一冊でした。
☆は3つか4つか迷うところ。
でも、クマの可愛さに免じておまけで4つ。

3

BLにおけるクマのぬいぐるみ登場率高し?

水壬楓子さんの名前の読みがやっとわかりました…という初心者です←

長編シリーズもののイメージが強く、なかなか手にできなかった水壬楓子さんの作品ですが単作かつコミカルっぽいので初買いしてみました。

オッサン喋りのクマのぬいぐるみ映画が配給される、ずっと前からこういう話があったんですね~。
攻めの職業が記者という雑誌掲載時の作品も読んでみたかったなぁ。

この浮幽体…初めて交わした言葉が『おかえりなさい』だという礼儀正しさw
嫁に逃げられた独りの自宅では『おやすみ』や『おはよう』の挨拶に縁がなかったオッサン刑事:辰彦は言葉を交わすうちに気持ちが和らいでいきます。

クマに憑依?するようになってからの恵は『はい』って手を挙げて返事をしたり両手両足でヨジヨジ歩いたりする姿は可愛らしくて、ほっこりとします。
が!
そのクマに話しかけたり頭なでなでする35才、無精ひげ、バツイチ刑事の可愛らしさはさらにドン!倍!

辰彦は恵と一緒にいるうちに彼の純粋さや孤独を知り、徐々に惹かれていきます。

本業の捜査も進めつつ、どうやらその事件に関係している恵がなぜ辰彦のもとに現れることができたのか、クマのぬ続きいぐるみに憑依したのか、等の謎もキチンと明かされていくので、辰彦と一緒に読み手も納得します。

犯人や着地点はなんとなく予想できるのですが、それを個性的な脇役陣と恵の特殊な生い立ちが飽きさせずに盛り立ててくれます。

辰彦の後輩の吉井や恵の従兄弟たちも芸達者な面子揃いなのでシリーズ化してしまうのでは?
いや、してほしいですww

【墓ほり名人クマ刑事】シリーズとして是非とも続編を!
従兄弟たち目線でのふたりの私生活を、吉井目線でひとりと一体(匹?)の捜査風景を見てみたいです。

3

検挙率ナンバーワン間違いなし!

ミステリーとファンタジーとBLの融合という感じの作品。
辰彦は刑事で連続バラバラ殺人の捜査員の内の一人。でも事件は進展がなく、こう着状態にある。そんな中ある日辰彦がアパートに帰るとはかなげな幽霊がいて恵と名乗る。恵は自分が殺されたようだと言い、自分の死体を探してくれと辰彦に頼む。恵は特殊能力の持ち主で心が読めたり未来が見えたり幽体分離したりする能力を持っている。実は恵は捜査の協力のため警察に呼ばれた途中で行方不明になっていたらしく...

内容的にはシリアスですが恵があまり悲観していないので明るい雰囲気で話は進みます。また恵が憑依する物がクマのぬいぐるみなので話全体が可愛らしい感じです。でも辰彦が恵に惹かれていくと、近いうちに離れ離れになるだろうという予感から切ない感じに変わっていきます。その変化が自然で良かったです。事件的にはミステリーというほど謎解く感じではないですが(恵の能力が凄すぎるので)程よくいろいろな要素が入っていて楽しめました。二人の気持ちが優しいのでほんわかするお話でした。辰彦が刑事ですし、恵も協力できるから最強のコンビになると思います。検挙率がすごい事になりそう続きですw

シリーズ化出来そうですが、どうでしょうか?

1

期待負けでした…(^^;)

みなさんのレビュー(他サイトを含む)を読んで購入。

が、レビュー(褒めちぎってる)読んで期待しすぎたためか、
はたまた、沢山のレビューで既に内容が把握できてたためか、
自分が思ってたよりも普通でした(^^;)

なので本編よりも後半のカップルになってからの方が楽しめましたvv
クマにのり移って、なんとなくコメディーのようなところとか
恵も守る2人のキャラとの掛け合いとか笑える。
そしてこの2人のキャラも意味深な終わり方をしてたので
続編(スピンオフ)を期待してもいいのでしょうか??

2

とにかくかわいかった!

突然自宅に出現した美青年幽霊の死体を探すため奔走する35歳バツ一刑事のお話し。

題名の可愛さに惹かれて購入したのですが、内容もかわいらしかったです。
受け様が霊体なので、大体いつもくまのぬいぐるみにはいっているんですけど、そのときの仕草がかわいいったらありません。
ぬいぐるみを持ち歩く35歳のおじさんの図もなんだかかわいかったです(笑)
話中で繰り広げられている事件はともすればグロテスクなものなんですけれども、そういったことを感じさせないほのぼのとした空気がずっとあったように思います。

話の進みも突飛なものではなかったし、何故受け様が攻め様の前に現れたのかという疑問もちゃんと種明かしがありましたし、筋の通ったお話しだったと思います。

5

これは面白い!

ファンタジーと推理サスペンスとの見事な調和のとれた作品でとにかく面白い。
一気に読み進めたい衝動に駆られる作品で、後味もすっきりして素晴らしい!
それに、可愛い萌え心も十分に満足させてくれる萌えツボアイテムのクマさんが、
とってもラブリーで、いい意味での裏切りが何度もあって飽きのこない展開なのです。

内容は、いつもはダラダラ書いてしまう私ですが、これはノベルのあらすじ程度で
我慢して、実際に読んだ方が面白さを堪能出来るのではないかと思えるお話なので、
下手なことは書けないと思える作品でもあります。
無論、ハッピーな展開に間違いはないので、幽霊と聞いて心配してしまう方にも
おススメの作品なので是非読んで欲しいですね。

9

とても良いファンタジー♪

水壬作品ってシリーズが多いので最近敬遠してましたが(スミマセン)単発だし、”幽霊””クマ”の単語に非常に惹かれて購入!
ただし、イラストが苦手な作家さんで(涙)クマのぬいぐるみだけ見てました(大汗)
しかしながら、非常によいファンタジーでして
以前成瀬かのさんで「ぼくはクマちゃん」という非常に痛い(?)幽体離脱ものがあったんですが、こちらは事件性があるものの、ドキワクと共に推理サスペンス風味の謎解き、そしてエンディングへ向かっての(ハッピーエンドが決まっているからありえないんですが)ハラハラ感と気持ちの盛り上がりが非常に心あったまるものがあってよかったですね♪

ストーリーについては、ちょっとだけのあらすじと他の方のレビューを参照ください。
これは謎解きがあるからバレたら面白くない!是非読んでドキワクして欲しいですね☆

何が魅力的かって、まず刑事の辰彦の設定とキャラです。
仕事人間で妻に逃げられたバツイチ男。結構やんちゃで頭脳派で最近の若者らしいコンビを組んでる吉井との、若干龍彦がボケはいってる凸凹のようなやりとり。
最初、幽霊を見たとき信じられなくて怖がってるの続きに慣れてきたら平気になっちゃってw
そしていい加減そうなのに、案外に人情にあつい面を見せたりと、
仕事第一もあるのかもしれないし、幽霊にたたられたら寝覚めが悪いというのもあったかもしれないけれど、イイ人の部分を見せる面に彼の優しさがにじみ出て、
しかもむっさいおっさんがクマのぬいぐるみを抱えてというギャップもあったりして楽しめるのです♪

一方、幽霊になってしまった恵ですがラストでネタばらしがあります。
どうして辰彦のところへやってきたのか?
それがあってこそなんですが、自分が死んだと思ってるのに非常に冷静で慌ててなくてふんわりとした天然風味が漂って、
それがクマに入ってる時の仕草の描写が可愛らしくて、注目してしまいます。

恵の家の人間で天竜と白方という人間が登場するのですが、深く勘ぐる自分的にひょっとして彼らが事件に!?と思ったのは杞憂で・・・
ラストあたりの彼等の恵にとっての立ち位置が非常に人間味を表していていいキャラクターだな、って思えます。

かわいくて、楽しくていい一冊でした。
いい感じで進んで最後も満足したかったのですが、本編中のラストのがっつりエッチいらなかった(泣)でもそれがないと最後のユニークな大円団はありえないし、複雑な気持ち。

6

いやぁ可愛いお話しでした‼

幽体となった受け様の身体を探す手伝いをしつつ、現在膠着中のバラバラ事件の捜査も行う刑事さんのお話で、もちろん攻め様視点です。

攻め様の仕事中は受け様はクマのぬいぐるみの中にいるのですが、四六時中強面の刑事さんはクマを片手に仕事をします。
後輩になんと言われようとクマを小脇に抱えどこにでも連れていきます。
デスクワーク中でも捜査で外に出る時も、もちろんベッドで添い寝もしてあげます。

内容はシリアスで職場は殺伐としたデカ部屋ですが、強面の刑事の攻め様は常にクマを携帯し話しかけるためファンシーな雰囲気になっております。
想像すると絵的にシュールです。

クマのぬいぐるみの甘えっ子な仕草や動作にもぅもぅ心臓鷲掴みにされた感じでした。
モフモフ感にやられ、そして2人の出会いの真相にはほろりとさせられます。

水壬先生の前作品に続き庇護欲をそそられるモフモフな受け様ですが、わたし的には非常にツボにはまる作でした。大好きな人外だしストーリー展開もマンネリを感じさせず面白かったです。
イラストもサマミヤ先生で綺麗な仕上がりです。
是非もう一組カプも読んでみたいです。

6

待望の!←単行本化を待ち望んでたんです。

かつての雑誌掲載作を大幅に加筆修正して新書化された作品ですが、辰彦(攻)の職業はじめ細かい設定がかなり変わっています(大元の部分は同じなんですが)。
ただ、作品の可愛らしい雰囲気そのものは維持されています。

しかしこれ、何言ってもネタバレになりそうで、すごくレビュー書きにくいんですよね。う~ん、『ネタバレ』とは言っても『メインキャラクターが幽霊』というパターンのハッピーエンドだとすれば予定調和の範囲内だとは思うんですが、それでもどこまで触れていいのか悩みました。
とりあえず、以下ではすべてにおいてあまり踏み込まないようにはしています。

これはタイトルがすでに・・・なので構わないでしょうが、もう初登場から恵(受)が幽霊です。バツイチ(妻に離婚届を突き付けられた)の刑事・辰彦(攻)の部屋に現れて、『自分の死体を探して欲しい(←これは帯に)』と頼むんですね。

で、恵は外に出るのに、辰彦の亡くなった弟の形見であるクマのぬいぐるみの身体を借りることに。辰彦はぬいぐるみと一緒にまずは恵の家に行き、恵と同居している従兄弟の政紀と、訪ねて来ていたもう一人の従兄弟・耀と会って話しま続きす。ここで、この従兄弟たちが敵方なら(少なくとも私は)安易すぎてがっくりだったでしょうが、水壬さんではやっぱりそれはなかったです。なかなかにいいキャラクターの2人でした。

その後、辰彦は捜査にもクマのぬいぐるみを抱えて歩くことになってしまいます。文字で読むとなんともファンシーですが、その絵面を想像したらちょっと、いやかなりコワイ気もします。
そして、恵の死体探しと辰彦が追っている事件との関連が・・・?

面白かったです。もちろん、私のきわめて個人的好みにおいて、ですが。あ~、こういうのを待ってたんだよ!と言いたくなるくらいに私好みでした。イヤもう大好きです。

ただ、事件ものとしても、ラブそのものも、温いというのかとにかく『可愛い』んですよ。ほのぼのふんわりという感じ。でも私はそこが何よりよかったんですけどね。
なにせ恵が幽霊でときどきクマの中ですので、クマを介してではない生身の身体的な接触が不可能なんですね(クマとの接触はありますが。もちろん性的なものじゃないです)。つまり気持ちの動きだけなんですよ。清らかなんです。そこがまた可愛いんですが、辰彦は35という年齢以上にオヤジなのにね・・・

水壬さん自体がもともとかなりの好き作家さんですし『神級・堪らなく好き』な作品もいくつもあります。さすがにそれらを越えるとまでは思わないんですが、ここ数か月で読んだBL新刊ではこれがいちばん好き。もうこれは『神』だ!と思ってしまったくらいには。いや、大きく出れば(出過ぎか!?)『今年の新刊№1(もちろん私個人の好みで)』と言えるかも。←厳密に検証した結果の『№1』じゃないんですが、それくらいよかったし好きなんだよ!ということで。

このところ(いろんな作家さんの)新刊で期待しては外されが結構多かったので、こちらは中でも期待が大きかった分不安な気持ちもあったんですが、結果的には心配無用でした。

発売を待ちかねて買った甲斐はありました。よかったです。

12

kirara

>ピピンさま

をををを!!実は私、水壬さんのサイトをいつも拝見しておりますが、その中で夏頃(だったかな?)『ぬいぐるみのクマさんのお話を年内には~』と挙がっていて、『うわ、アレやっと出るんだ!』と、大喜びしました。問い合わせされたというのはピピンさまだったんですね!ちるちるさま以外でもニアミスってどんだけ・・・
いやもう、私も楽しみで楽しみで堪りませんでしたよ。予告が出たときは『お願いだからこれだけは発売延期しないで!』と祈ったもんです。

しかし、雑誌掲載時の『恋はふわりと舞い降りる』というタイトルは素晴らしかったと思うんですよ、私。確かに水壬さんの作品としては可愛すぎるイメージかもしれませんが(だから変えられたんでしょうか)?

是非、新年のお楽しみになさってください。保証します(何をだ?)!

コメントありがとうございました~。

ピピン

>kiraraさま
わたしもこの作品の単行本化を切望していました。
雑誌でさらっと読んで、「これはいい、すぐ単行本になるな」と思って幾星霜。
水壬楓子さんの作品だった記憶はあったのですが、「タイトル」を忘れちゃっていて…
周辺の腐った友たちに尋ねると、
「美青年の生霊がテディベアに入っちゃうBL(爆笑) ピピン! 君、何かカン違いしているよ! BLであるわけがない。どう考えてもギャグだろう。どうやったら恋愛物になんのよ?」
「いや、しっかり恋愛ものでハッピーエンドなんだってば、よ」
誰も信じてくれませんでした(T_T)
今年、やっと雑誌掲載時のタイトルが判明。春に、水壬先生に「単行本化のご予定はないですか?」とお手紙を書きましたら、「ちょうど単行本化の話になり、今年中に出せれば出したいです」とお返事。小躍りして待ってました。
今年末年始で、私の住まう地域への輸送障害がひどく、年明けに即行読むつもりです!

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ