3月のライオン 8

3月のライオン 8
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神1
  • 萌×20
  • 萌0
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
5
評価数
1件
平均
5 / 5
神率
100%
著者
 
媒体
コミック
出版社
白泉社
シリーズ
発売日
価格
¥486(税抜)  ¥525(税込)
ISBN
9784592145189

あらすじ

新人王となった零は様々な人々の期待を受け
宗谷名人との記念対局に臨む。
この対局をきっかけに
零は宗谷の重大な秘密を知ることになる。
一方、島田八段は棋匠戦で初タイトルをかけ
柳原棋匠と死闘を繰り広げていた…
お互いのすべてを出し尽くした勝負の行方は…?
「戦い続ける事」その重さを読者の方に問いかけます。

様々な人間が、何かを取り戻していく優しい物語です。

(出版社より)

表題作3月のライオン 8

レビュー投稿数1

途中から涙が溢れ続けた…

前半は、新人王となった零と宗谷名人との記念対局、
後半は悲願の初タイトルをかけて、大ベテラン柳原棋匠に挑む島田八段。

宗谷名人の白い世界の孤独。
二階堂の、病魔と戦いながらの前向きさ。
川本家の姉妹と、傷ついた心を癒す戦いを続けるちほちゃん。
柳原棋匠が背負うたすき(本巻の表紙です!)と、焼野が原の描写の凄さ。

棋士の宿命というよりは、それぞれの人がそれぞれの人生を生きるということが、
迫ってくる一冊でした。

BLじゃあないけれど、男達の世界、
将棋に興味のある人もない人も、是非とも読んで頂きたい!

3
PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ