僕の愛する執事へ

僕の愛する執事へ
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神3
  • 萌×27
  • 萌7
  • 中立1
  • しゅみじゃない3

--

レビュー数
6
得点
65
評価数
21件
平均
3.3 / 5
神率
14.3%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
大洋図書
シリーズ
SHYノベルス(シャイノベルス・大洋図書)
発売日
価格
¥860(税抜)  ¥929(税込)
ISBN
9784813012665

あらすじ

「お帰りなさいませ、ご主人様」
その日、出版社の営業部に勤める葉鳥が、疲れた身体でアパートに
戻ると、燕尾服を纏った美貌の男が恭しく彼を出迎えた。
驚く葉鳥に男は九識と名乗り、存在も知らなかった遠縁である
大富豪の遺言状を彼に手渡す。
そこには、執事である九識を遺産として葉鳥に
相続させる旨が書かれていて……。
独り暮らしの狭いワンルームには不釣り合いな
謎めいた執事に甘やかされ、淫らな悪戯で翻弄される日々に、
初めは戸惑っていた葉鳥だったけれど──!?

表題作僕の愛する執事へ

遠縁の遺産と共にやってきた執事 九識鼎・27歳
央剛社書店営業社員 葉鳥陽一・24歳

その他の収録作品

  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数6

あっさり でも最初はいきなりすぎ!

多分ぼすこ先生のイラストたどりでこの本に到達。

最初にこられた時に、それをそのまま身元照会もせず家に入れ、あまつさえ泊まらせるって
どんだけ、人いいの、この人(受け)。 と ちょっとあきれモード。
(いや小説が成り立たなくなるから、それでいいんだけど)

あといきなし フ○ラされるって「あり」かい!
と果てしなく ????? となり、うーん。。。。。

後は、最後に助けに行こうとするシーンで、「いやちょっとまて、せめて弁護士なんだから
そういう腕っぷしの強いの知ってるだろ、民間人にケガさせたら賠償責任やでとか
考えへんの、あんた弁護士やろっ」と激しくつっこんだ私は変なんでしょうか?
確かに小説的にはそうなんだけどさ。速読しすぎて なんか読み飛ばしてる?私。
腕っぷし強いんだったら、最初からもうちょっとそういうの匂わせておいてよん。

とどうでもいいところにひっかかってしまった私でした。
しゅん。
あっさり読める ラブになるお話なんですけどね。

0

読後感の良い執事モノ

執事モノには特に惹かれない私ですが、この作品は面白かったです。BL作品を沢山読んでいると「執事攻=下克上上等。傲慢で絶倫なイケメン執事」「執事受=ご主人様に溺愛される健気受。夜は淫乱小悪魔」みたいなのがテンプレだと思っているので(偏見込み)、そのどちらにも当てはまらない九識に最後まで好感が持てました。

突然現れた執事こと九識が何者なのか…という謎解きもテンポのよい展開で楽しく読めました。

そして読み終えてみるとタイトルが秀逸だなぁと感動しました。細かく読めばツッコミどころもありそうですが、「終わりよければ全てよし」を具現化したようなエンディングで非常に読後感が良かったです。最後のイラストが大好きでした。

0

敬語がいい味。

仕事に疲れて帰ってくると…なんと家には美貌の執事がおりました。

と、始まりはなかなかあ然としたもので、しかも二人のやりとりがチグハグで。
なんだかんだと流されていく葉鳥と、物腰柔らか~に攻め込む九識さん。
二人のテンポがかみ合わなかったりするんですけど、なぜかスーッと引き寄せられるように読んでしまいました。

謎めいた美貌の執事、甘やかされた生活、淫らな悪戯。
なんだかめまいがしそう。

敬語というか丁寧語というか。
攻め句の数々が下品にならないところがサスガ九識さん。
でもなんだか…やらしさ倍増(笑)

最後はとびっきり甘く、幸せいっぱいです。

1

面白かったですよ

葉鳥が向いてない営業職でつかれて6畳一間(ロフトつき)に帰宅すると、部屋には燕尾服をきっちりと着こなした男性に出迎えられる。
相手は九識と名乗り、葉鳥の父方の親戚の遺言により葉鳥に
支えるためにやってきたという。
お人好しの葉鳥は追い出すことも出来ず、一泊だけ…と彼を泊めることに。

そんな突然現れた容姿端麗な執事は初日からお仕えすべく、下のお世話まで。
翌日以降もなんやかんやと居座り、家事が完璧な九識さんとの生活は快適で意外と悪くない(笑)

丁寧な口調の九識さんと葉鳥の会話が微妙に噛み合ってないのが笑えます。
このままコメディ路線なのかと思いきや…
九識さんを追う謎の男の登場で話は意外な展開になってきます。


九識さんの正体、彼が抱えていた苦悩が明らかになってくるにつれてシリアスな感じに。

あと実は九識さんと葉鳥が幼少期に一度会っていて、その出来事が今の今まで九識さんを支えていたことがわかります。

すべてがわかり、二人が恋人という関係になっても、二人が敬語で話すのがかわいかったです。

付録ペーパーは、葉鳥の家に遊びにきた葉鳥の職場の先輩続きと仕事で付き合いのある書店員が遊びに来るはなし。
想像以上に本格的な執事の九識にあっけにとられる二人ですが、九識さんに温かく「仲間なんだから」という。
今までずっと孤独だった九識さんにはこの言葉が嬉しくて
。4人で楽しくすき焼きを食べるお話しでした。ほっこり。

軽く読み進められながら、盛り上がりもあり、楽しかったです。
あぁ、九識さん家に欲しい!!

ぼすこ先生の挿し絵もよかったです。

5

攻め様の一途さは乙女的

ああ、これは執事とリーマンものだと思うとちょっと違うって思ってしまう。
ばっちりネタバレしてしまう感じなので、内容的には書けないって言うか
書いたらきっと面白くないストーリーなんでしょうね。

資産と共にやって来た執事にお世話される出版社に勤める受け様。
遠い親戚が亡くなり執事と遺産が受け様のものになるなんて設定なんですが、
始めのやり取りは、良くありがちな来られて迷惑しながらも、優しい受け様は拒絶出来ず
そのままなんやかんやと執事と共に暮らし始めるなんて流れです。

しかし、この執事、とんでも執事で初日に受け様の下の世話までしてしまう天然さん。
舐めてご奉仕、その濃さで受け様の健康状態を知るなんて・・・変態チック。
しかし、この執事には受け様に言えない秘密があり、一つが出生の秘密、一つが自身の
コンプレックス的な要因で、このことがあるから、受け様を愛しているけれど、
愛される資格は無いと思い込んでる繊細さん。

更には再会もので、受け様は子供の頃の出来事で忘れていて、後半で聞かされても
思い出す事がないけれど、攻め様にとっては一生を決める程大事な思いで続きなんです。
二人で暮らし始め、受け様は仕事で萌えについて研究しなければならず、藁にも縋る
思い出攻め様に相談して、二人で萌えを実践しようと言う事になり、萌えは恋に似てる
なんて発想から疑似的恋人同士を二人でする事になるのですが、受け様は次第に本気になり
攻め様からの思いに応えるように自分も思いを告げるが、今度は攻め様に逃げられる。
そして攻め様がトラブルに巻き込まれ、受け様は真実を知る、なんて内容です。
完全なるハッピーエンドで明るくなんてラストではないけれど、受け様が攻め様を
一生支え、傍にいる事を誓い、攻め様もそこに幸せを見つける、そして二人で
今後の事を少しずつ、一歩ずつ前に進んで行きましょうねって感じでしょうかね。
かなり甘い作品である事は間違いないのですが、攻め様の性格とエロはギャップアリです。

3

色々がてんこ盛りすぎて目が泳いでしまう~!?

SHYで秀作品って初お目見え?
簡易あらすじだけ見て他の予備知識は一切仕入れないで読み始めました。
ワンルームに住む普通の会社員が帰宅すると、燕尾服を来た執事がいきなり「おかえりなさい、ご主人様」と出迎える。
なにやら遠縁の金持ちが亡くなり、その遺産と共にこの執事が会社員に贈与されることになったのだとか・・・
行き届いた身の回りの世話はもちろん、いきなり下の世話までパックンされちゃって。しかも美味しいって!?
その執事の表現に、ゴールデンリトリーバーのような、という犬を比喩する表現があったので、ひょっとしてこれは秀さんの人外ファンタジーなんだろうか?
その割に、主人公の勤める会社が・・・出ました!!央剛社www
そうですね~他人同士、大人同士他、秀作品の出版社といえば!の会社の書店回りの営業という設定。
いや、まさか央剛社に人外ファンタジーはまさかだろ?
と、ワクワクしながら読み進めていくと。
ファンタジーといえばファンタジー、お仕事がっつりといえばガッツリ、リアルといえばリアル。
そこのバランスが微妙さを醸し出す一作だったかもしれないです。

以下内容を含み続きますので、見たくない方はここまで・・・


まず主人公の設定。
彼・葉鳥の担当する書籍は売上が右肩下がり。
萌をキーワードにした本らしいのだが、本人がよくわかってなくて書店員に強くアプローチできないし、自信もない。
思い切って中堅書店で店員と話をしたところ、二次元と三次元の違いと、恋愛感を逆に提示され、それを知るために執事として来た九識とデートをしてみるという展開がある。
日頃のやり取りの中で、自慰行為の代わりに彼にフェラなどされてしまい性的に意識している部分がすでにあるので、割と気持ちはスムーズに九識へ傾く。

その葉鳥の同僚で先輩に神成(カミナリ)という男がいるのだが、彼が葉鳥の訪れた書店の店員の同級生でライバルで犬猿の仲だったという事実が判明する。
しかし、九識関連で彼らはなかなかによい具合に仲良くなっていく姿を見せていく。

さて、最大の謎の男、執事としてやってきた九識鼎。
登場するところで燕尾服というのがまがい物臭いのだwww本当の執事は燕尾ではない
しかし、彼の色々なシーンで彼について推測する色々な要素が出てくるのだが、あまりに不可解すぎてそれが人外か?と思いそうになった要素でした。
しかし、彼絡みのトラブルが発生してわかる彼の正体。

色々な要素が含まれていて、それが正解だったのかどうか自分は判定できない。
ただ迎えたエンドを見ると、ラブラブハッピーストーリーだったという結末ではあるな、という軽い印象が。
だけど、そこに抱えるモノは結構重いものがあったりして、読んでいて複雑な気持ちになる一つの要因。
また複雑にしたもう一つは、仕事がッツリなようでいて、それが恋愛に絡んでいって、結果オーライに結びつく、これでいいのか感。今ひとつ中途半端な。
一体どっちを求めたらいいのか、読者的に迷ってしまったのもまた事実だ。

一つ、上げるとこの中に「難読症」という病気が出てくる。
木原作品にあった「秘密」で出てきたディスクレシアですね。
それも伏線として使われていたのです。
色々がてんこ盛りすぎて、どう判断していいのか難しい。
意見の分かれるところかもしれないデス。
イラストは先日初単行本が出てその絵の綺麗さで注目されたぼすこさん。いい雰囲気が出ていました。

5

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ