艶恋

irokoi

艶恋
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神13
  • 萌×25
  • 萌2
  • 中立1
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
9
得点
92
評価数
22件
平均
4.3 / 5
神率
59.1%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
リブレ
シリーズ
ビーボーイノベルズ(小説・リブレ)
発売日
価格
¥900(税抜)  ¥972(税込)
ISBN
9784799712498

あらすじ

弁護士の貴史は、川口組の若頭・東原に惹かれながらも彼の気持ちが掴めず悩んだまま、体の関係を続けていた。
実は敵が多い東原が貴史を守るために、あえて遠ざけていたのだが、知る由もない貴史に近づく影が…!?

かつてドラマCDのみで展開された極道若頭・東原×若手弁護士・貴史のラブストーリー。
シナリオに大幅加筆修正を加え、更にドラマティックに広がる情熱シリーズ番外編がファン待望のオール書き下ろし新作で登場!

表題作艶恋

川口組の若頭 東原辰雄
弁護士 執行貴史

同時収録作品艶恋

川口組組長の実子 上條宗親 
茶道仁賀保流家元の孫子息で若先生 織

評価・レビューする

レビュー投稿数9

結局は強く結ばれている二人

情熱シリーズ番外編。
本編で気になって気になって仕方がないカップル。
ぶっちゃけ遥×佳人より好きなんです。

東原との関係について悩む貴史。
愛されていると感じるときもあるが、切って捨てられる程度だと感じるときもある。
本心が見えず、何度も何度もハッキリしない関係を解消しようと思うけれど、結局離れられない貴史。

東原は貴史を守るために、気まぐれで手を出す愛人、といったスタンスを周りにとっているんだけれど。
肝心の貴史に対するフォローが無しなので、貴史は悩むんだよう!
言わなくても理解してくれる、なんてとんだ傲慢ですよ、東原さん!
ある意味東原は臆病で、ヘタレなんだから…。
だからパッと出のちょこざいなキャラ・貴史の旧友武嶋に当て馬されちゃうんですよ?笑
貴史に近づくのがおもしろくないからといって、ひどい仕打ちしちゃいけません!
それでも東原への想いを断ち切れない貴史の健気さに涙が浮かぶよ…。

まぁでもパッと出の武嶋のおかげ?でやっと愛してると言った!
貴史良かったね!ともう嬉しくて嬉しくて。
なんだかんだと言っても、強く結ばれていた二人。
東原続きが覚悟を決めて、貴史が着いていく。
そこにいくまでに、3年かかっちゃいましたね。

あとはひたすらラブラブしてくれと思っていたのだけど、宗親のせいでラブラブにトゲが。

……なんだかなぁ。
やっと向き合った二人にその仕打ちはちょっとひどすぎるよ…とショック。
だけど、二人はそのことで潰れたりしません。
東原は決して貴史を裏切っていないし、何よりも貴史が深く広~い心で東原を信じ、許しているから。
もうね、貴史がおっとこまえ!です。

この二人のエピソードをもっともっと読みたい。
東原×貴史でまたお話書いてくれないかなぁ。

0

一蓮托生の二人

艶悪の続編(新装版は発売日がこちらの方が早いですが、艶悪の悪の2年後のお話なので艶悪を先に読むことをお勧め)

東原と貴史の関係は続いているものの、会う回数が減っていることや甘い言葉がないことに不安を抱き東原との関係を続けるか悩んでいる貴史。
そんな矢先、独立した貴史の弁護士事務所にアルバイトとして訪れた同級生に好きだと甘い言葉で迫られます。

その様子をを見て自分の本当の思いが貴史に届いていないことを悟り、東原は苛立つと同時に貴史との関係に覚悟を決めます。
やっときけた~東原の本音!!
しかも東原の言葉は甘すぎず強さがあってしびれます。
カッコよすぎ。
お似合いのカップルです。

そしてサブカプの宗親と織も相変わらず、言葉足らずでもどかしいですが、織の拉致をきっかけに宗親の気持ちが固まります。
いろんな愛の形があるけど、ダブルハッピーでよかったです。

0

「艶悪」の後がお勧め

新装版では「艶恋」→「艶悪」の出版順ですが、ドラマCDどおりの「艶悪」→「艶恋」の順に読んだ方が良いです。
似たようなタイトルのうえ、表紙イラストも似ているので、分からなくなりそうですが「悪ぶっていた男が恋に素直になる」という感じでお願いします。「艶悪」の続編ですので、読んでいないと話についていけません。

「素直に愛情を示せない攻め」×「愛されているのに気がつかない受け」が設定であるこのシリーズですが、東原×貴史と宗親×織の両カップルのハッピーエンドの巻です!

1冊丸ごと表題作です。読み応えあります。
貴史の身の安全を考慮して遠ざけていた東原ですが、ついに腹をくくって貴史とずっと二人で生きていく方法を考えるようになります。待ちわびた「愛している」の言葉でした!でも東原自身がいっていたとおり、貴史なら先に話しておいた方が良かったのにとは思いました。ライバルが現われてようやくマズイと思うとか、浮気じゃないけど織とのことを貴史に言い出せなかった臆病ぶりとか、東原がちょっと可愛く思えました。

1

大事なものを守るためヤクザとしてはかっこ悪くても…

ヤクザ幹部と弁護士

こちらも遙×佳人に劣らず不器用で言葉の足りない二人です。
気ままに呼び出しては抱くだけの関係の貴文が拉致され動揺する東原。ただ気が向いたときに呼び出して抱く都合のいい男、でもたまに合わないときに思い出してはモヤモヤする心情を持て余して困惑している。
そうなったらもうお互いの相手を意識しまくり両思いでしょう。
というのはすぐわかるのですが、東原は恋愛に関しては遙以上に鈍くて意地っ張りでした。
そんな二人ですが思わぬ外敵からの襲撃にお互いを大切に思う気持ちを自覚し決して手離せない存在だと思えたのはよかったです。

しかし東原は今回ヤクザとしては非常にみっともない男でした。
自分のオンナを拉致されオタオタし、目の付け所を見誤り結局自分側の情報網では貴文を探しきれず拉致犯の方から身柄と引き換えに建物ごと儲かっている店をよこせという脅しを受け入れ差し出してしまうのですから。
そのうちきっちり落とし前はつけるさとの決意はありましたがその活躍こそが見たいです。
いつかそんなストーリーを展開していただけるのでしょうか。

組長の妾腹の息子というのは憎たら続きしい男です。
頭が良くて何をやっても人並み以上にできる男らしいけれど、目的のためには手段を選ばない冷酷さや身勝手で傲慢な部分はヤクザにぴったりな性格でしょうが、人を束ねるとかカリスマ性とは無縁で自分の楽しみや興味のある方向でした発揮できないのは組かとしては惜しいことかもしれません。

0

ハッピーエンドで、良かった良かった~❤

こちらの作品…
主人公の貴史の男前な性格が、どうにもこうにも東原のせいでグルグルしてて、東原の気持ちとすれ違っているところなんかは、非常にキュンキュンさせられました。
当て馬君の登場で、東原が漸く腹をくくるあたりは、だったらもっと早く~!!と、本当に月日の重さがあって、貴史に対して放置プレイのようで可哀想でした…←精神的な意味です(笑)
まっ、このグルグルが、二人には必要だったのかもしれませんが。

で、腹をくくってみたものの、前回から痛いところをつつきまくる坊ちゃんの宗親が、今回も粉を掛けてくるんですねぇ…
小説の前半部分でも、東原に仕掛けてはいるんだけど、宗親さんってば、東原の本気の腹くくりを敏感に感じ取っちゃって、またトンデモナイ事を考え付いちゃうのよね…
私は、宗親さんの性格の歪み具合が、なんだか可愛くて素敵に見えるので、東原に対しての態度とか、全然許せます~。
宗親さんは、東原に愛情が溢れているのよね~。
かわいさ余って憎さ100倍!って感じで、私は宗親さんが東原を追い込むところは、結構好きです。
いつも東原に粉かける時は、ちゃんと自分を見て!って感んじで続き、宗親さんも精一杯な態度で東原に向き合うんだけど、前回に引き続き、今回も東原には相手にしてもらえません。
で、無理難題を吹っ掛けるんだけど、そこが本当に宗親さんの東原への愛を感じます。
織には気の毒と言うしかありませんが、宗親さんは坊ちゃん気質で、何でもかんでもそこそこに器用にこなすタイプの人なので、そういう男に惚れこんでしまった織は、まだまだ受難が続くかと思われましたが、今回、そちらも、何故かハッピーエンドの予感のようで…
う~~ん。
宗親さんには、なんでもソツなくこなす悪い男でいてもらいたかったのに…
唯一、東原だけが思い通りにできなかったというか、関心を寄せてもらえなかったのよね…
東原の遥への愛情みたいなものを宗親さんに向けられていたら、宗親さんも満足だったのでしょうが、器用な男も年貢の納め時のようで、これから堅気の世界で、精一杯活躍をすることでしょう。
一応、どのカップルも着地点が見えたようで、番外編とかは、やはり貴史、織、佳人の3人でパジャマパーティーなんかを希望します(笑)←3人で露天風呂とか、ほろ酔い気分の3人とか、普段口にできない相手への気持ちなんかを告白しあったりとか…
いやぁ、綺麗どころ3人~。想像しただけでフフフのふ~です。

1

情熱シリーズで一番好きなカプ

遥×佳人ももちろん良いのですがこの貴志がたまらなく好きです。

「艶悪」から二年半後の時系列でお話が進みます。
その直前に佳人が遥といろいろあり貴志の家に一緒にしばらく住んでいたけど
また一人暮らしにもどった貴志。

賢く聡明でありながら好きな男への想いをうまくつなげてゆけず
東原の雄々しいまでの性格に振り回されるところがなんとも「きゅーーん」とします。

今回は微妙なあて馬くんが現れ二人の間に溝ができちゃいます
。タイミングが悪いせいで東原のイライラと凶暴度がMAX!
いろいろな想いから東原と縁を切るタイミングだと思いいつも以上に東原の言うことを聞かない
貴志に東原が強引にひきずるかと思いきや遥や佳人のフォローもありあて馬くんの本性を知り
自らの力で解決しようとします。
東原は強引だけど、過保護だけど、口べただけど、力強い意志をもった自分の想いだけで動いてるわけじゃないことを再認識する貴志。
もう、佳人もヤマトナデシコだけど貴志もツンデレナデシコですよ。
この二人が仲良くお話してるとふぉわ~んと百合の香りがするんですけど(笑)
そこに識がまざればもう続き鼻血物です。ハイ

貴志が佳人の家に泊まりにきたとき「二人で寝ますか?」
きゃーーー。完全に男同志に思えない(笑)
寝てほしかったけどそこはね・あれなんでね。遥にわるいんでね。チェ

東原の男として貴志を全力で守り愛する「一蓮托生」を宣言。
そこで毎回邪魔者な伯父貴をどうにかするべく宗親の元へいきめんどくさーーいことに
まきこまれます。

正直、貴志メインなんで!ラストの宗親の心変わりなんてどうでもよかった(笑)
それでも識が報われるならそれはそれでいいかなっ
識のヤマトナデシコっぷりもかなりいいんでよね~。貴志が識の幸せを望むのがよくわかります。

宗親の策略により東原は識を・・・・・。これつらーいですよ。でもエロいす。
貴志と誓ったその数時間後の出来事なので・・・。宗親も悪趣味なんでその隠しビデオを
貴志に送りつけたりして嫌がらせ。

2度の試練をこの本で読めます。
恋人になったとたん東原がちょっと貴志のゴマを雄々しいながらするところが可愛い。
ご機嫌うかがいするとかあの横柄な男が!??貴志もまんざらじゃない(笑)

やっと二人におとずれた幸せな時間。

次回作あるかな??あってほし~。


2

満足した~vv

読み始めて…

あ~っ、まだ2人の間には溝があるし。
相変わらず相手の事を思いながらあいまいな関係を続けてるんだなぁと
読んでたのですが!!

おおっ、東原が腹をくくったのか?!
そのきっかけが、ショボイ男(貴史の同級生)の存在だったとしても
今回はその男に感謝。
離れていこうとする貴史に対して
嫉妬や独占欲を出しまくる東原が見れるのは楽しいvv

そしてやっと、やっと言ったね東原!!
貴史に対して持っている自分の気持ちをっ!!
これだけで今回この本を読んだ価値が私にはありました。

だけどラブラブだけでは終わらないのがいいんですよね。

ああうっ、またまた今回も登場の宗親。
今回も東原で楽しもうと、姑息な手段で貴史を傷つけてくれました。
それが東原の意思でないとしてもちょっとムカ!!
織もかわいそうだよ…

だけどそのツケを払う時が来たようで
逆に織を拉致られてあたふたあたふた。
そのおかげでどれだけ織が自分にとって大切な存在か意識しただけでも良しとするか。
すぐに今までの性格が変わるとは思えないけれど
人をおちょくるような行動は続き無くなってくれると信じたい…(^^;)

3

この展開、無理

遥×佳人より、私は東原×貴史のほうが好きです。
ドラマCDを書籍化してすごく嬉しかったです。
でも期待されているような展開はなく、裏切られました。
ネタバレします。
東原は織と関係を持ったことがあるようになりました。(宗親が無理矢理強制してやらせた)
しかもそのビデオを貴史に送って見せました。
はっきり言ってこんな胸クソ悪い展開受け付けません。
東原は貴史を守りたくてやったが、浮気じゃないとは言え、結果的には貴史を裏切った形になってしまいました。
最後宗親は罰が当たったようだが、その程度だけでいいだろうか?もっと「ざまあみやがれい!」を叫ぶほどひどい目に遭って欲しかったです。
超絶地雷を踏んでしまいまして、本当は「趣味じゃない」にしたかったが、貴史が好きなので、「中立」にしました。

3

気になるカプがいよいよ登場

随分待っていたように思えるこのカップル、遥と佳人との関わりがとても深い二人、
「ひそやかな情熱」シリーズの番外編で2008年にCD限定版で
お目見えしていたものの書籍化です。
気にはなっていてもCDを聞かない私には堪らない程焦らされた感がある作品です。
待っていた甲斐があると思える内容で、やっと思いを告げる事が出来た東原に拍手。
いくら貴文を守る為とはいえ、余りにつれない態度過ぎたゆえに、今回は貴文にも
別の相手に気持ちが向いてしまう事があるかも知れないと言う焦りを
東原が実感してしまう展開でもあります。

そんな二人のじれったい感じもなかなか良いのですが、今回は更に東原を追い落とす為、
同じ組内の幹部と、組長の実子でもある宗親が不穏な動きを見せます。
前回も宗親に貴文を攫われ軟禁された事がある東原はかなり神経質になります。
そして、その影響もあり、貴文とすれ違って、貴文は何度目になるか分からない
別れを一人悶々と考えてしまいます。
そして、学生時代の友人が貴文の事務所で働く事になり、更に気持ちが揺れ動く。

それでも今回の番外編は今までの気持ちを全て吐続きき出すような情熱的な展開であり、
貴文の切ないまでの一途な片思いと思っていた事が、実は誰より愛されていたと
知る作品でもあります。
番外編の番外編みたいな宗親と織とのカプも、宗親の今までの悪戯のような悪行が
我が身に降りかかってしまうのも見どころでしょうか。
番外編としてはなかなか楽しめる作品になっていました。

2

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ