ハートを盗むのは誰だ

ハートを盗むのは誰だ
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×21
  • 萌5
  • 中立0
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
3
得点
19
評価数
7件
平均
2.9 / 5
神率
0%
著者
 
媒体
コミック
出版社
リブレ
シリーズ
ビーボーイコミックス~BE×BOYCOMICS~(コミック・リブレ)
発売日
価格
¥619(税抜)  ¥669(税込)
ISBN
9784799712450

あらすじ

世間を騒がす怪盗に翻弄されっぱなしの刑事・烏丸。
彼の癒しは喫茶店のマスターである晶とのひとときだけv
だが晶には烏丸の知らない“ウラの顔”があった。
そう、晶の正体は怪盗だったのだ。
優しくて穏やかなマスターも好きだし、からかってキスまでしてくる怪盗のことも、不本意ながら気になってしまう。
ゆれる烏丸のvをつかむのはどっちの晶…!?

表題作ハートを盗むのは誰だ

警視庁ピジョン対策特別班 刑事 烏丸来人
喫茶店のマスター 聖川晶

その他の収録作品

  • ある怪盗の独白(書下ろし)
  • あとがき(書下ろし)

評価・レビューする

レビュー投稿数3

期待しすぎたかな?

この前に別の本を読んでいて、ナゾかけもエロもきちんと盛り込む先生だったので、あっさりしすぎた感じがあって残念。
ナゾかけは面白いんだけど、他の作品の方が面白いかなという感じが強いです。
ラストも、非BLでまったく別の作家さんの話(原作は小説)にあったのを、またもや直前に読んでいた(内容はまったく違います)ので、頭が混乱してしまったのもあるかもしれません。
BL要素はあっても刑事VS怪盗の方に目が行ってしまったので、BLとして読めなかった感じもあります。

0

どうしてこうなった。

リアルにはありそうでないですね、怪盗って存在。
というかそれを可能にするような「盗まれるべき動機」を持つような悪党がいるとかもっとない。
盗まれたものを「盗り返す」という解決方法も変。盗まれる方がまぬけで変。
そういう意味で現代ものの様相なのに相当なファンタジーな話です。
もちろん刑事が怪盗に惹かれていってしまうというのも・・・

そして、捕らえるべき相手が実は憧れているやさしいマスターという現実で、
そこを三角関係と書きながら帯の段階で「なぜ気づかない」級に変装が甘い。
毎回のように簡単な仮面をつけているだけにもかかわらず気づかないうすまぬけさが
さらにおい!と言いたくなる所が。

烏丸以外の両者を知る関係者は「ばれてる!」と思ってるのではないだろうか?
実際「いろいろヒント言っちゃいけません」とたしなめられてるし。
オチだけは「えっ!?」だったのですが(最後に刑事が盗まれると思ってた)
それ以外はベタなボケをベースにしたベタな話に感じました。トリックも。

その上で相変わらずの「乾燥っぽさを感じるカタい表情」が段々気になってきてるのです…
半開き口続きの割合が凄く高い性ですかね。でも大抵そうですよね。なぜそう感じるんだろう。

中立と萌えとのボーダーライン。
この人の本の中ではあまり面白い方とは思いませんでした。

1

獲物はを奪い心を奪われる

怪盗と刑事ものとしての設定はありがちで、ある目的悲願のために怪盗をしてる
受け様とそれを追い詰める刑事との許されざるラブの行くへ。
設定も展開もありきたりで目新しいものは全然ないと思った方がいい作品だけど、
逆に言えばラストが見えるから安心して読んで純粋に楽しめる作品かも知れない。

怪盗として全ての目的を遂げる時に、刑事との追いかけっこみたいな関係が終わる。
それが寂しくて、いつの間にか心を奪われていた怪盗さん。
でも刑事の攻め様もまた、奪われていたと言うお話で、ラストも完璧ハッピー作。

1

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ