バレンタインは恋の駆け引きを楽しむ日!

MAGAZINE BE×BOY 2013年2月号

MAGAZINE BE×BOY 2013年2月号
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×21
  • 萌0
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
4
評価数
1件
平均
4 / 5
神率
0%
媒体
コミック
出版社
リブレ
シリーズ
ビーボーイコミックス~BE×BOYCOMICS~(コミック・リブレ)
発売日
価格
¥600(税抜)  ¥648(税込)
ISBN

あらすじ

MBB創刊20周年記念プロジェクト「二十歳(ハタチ)男子」特別巻頭ピンナップつき!!
第11弾は水城せとな先生・龍川和ト先生★

◆表紙 : 蓮川 愛

◆カラー :蓮川 愛、猫野まりこ、ゆき林檎

「恋愛操作」蓮川愛/「選抜組は恋ができない」立野真琴/「わんだふる?LOVER」南月ゆう/「ジンジャーハニー」夏目イサク/「この男を俺に下さい」佳門サエコ/「ナルキッス」猫野まりこ/「彼の特別な彼」鳴坂リン/「片想いとパレード」みよしあやと/「あいまいマイマインド」我守丸/「レシピの王子様」ぢゅん子/「打算の悪い子ちゃん」野垣スズメ/「サドマゾヒスト」伊東せか/「マジックメールチョコレート」ゆき林檎/「お預けです!」芥川もみじ/「その距離を縮めるな」舟斎文子/「ラバーズソウル」上田規代/「きみは未来」

表題作MAGAZINE BE×BOY 2013年2月号

評価・レビューする

レビュー投稿数1

元々のお目当てはほぼ掲載ナシでしたが

「バレンタインに 愛の奇跡が起こる」。
そんな謳い文句で惹きつける&引き続き20th Anniversaryなこちらです。
2月号と言う事ですし、バレンタイン要素も多いかも?と思い読み進めましたが、全体的にバレンタインに絡めたお話は少なめに感じます(笑)

今号の特典描き下ろし漫画ペーパーは寿たらこさん。
『SEX PISTOLS』のショートでしょうか(※当方『SEX~』未読ですので曖昧な情報です。すみません)

いつもこれを目当てに買っている!という作品は今号お休みだったのですが、読んだ中でも特に気になった作品を。


◆夏目イサクさん『ジンジャーハニー』
前回のあのケーキの真相が明らかに……!な最終話。
吉野兄の純粋で天然な気持ちが可愛くて、結局先生がメロッとするパターン。
実が感じていた瀬戸への誤解も解けた訳で、最後まで至らずともホッコリする内容でした(夏目さん曰く、最後まで致さなかった部分はいつか補完されるとの事!)
すぐ不安になるし自分ばかり子供のような感覚で居た実ですが、実は瀬戸も実に好かれ続ける為の小さな努力をしていたというねっ!
又いつかこ続きの2人の組み合わせを読みたいなーと思う終わり方でした♪

◆佳門サエコさん『この男(ひと)を俺に下さい』
いよいよ渉から、婚活休止の休会届が郵送されます。
獅子内は彼を裏切った事が頭から離れず、担当も外れ、距離を置こうとする。
好きな人が女性とうまくいく所なんて見て居たくない。なのに妙子は別の男性を連れていて――と進みます。
一度ずれた関係は中々以前の様には戻れないけれど、そのじれったさがお互いを益々忘れさせない。別の方向を向いて歩き始めたのに、やっぱり諦めきれなくて、全部知りたくて会いたくて、と、獅子内の焦りの気持ちが良く出ているなぁと思いました。
次回最終回、幸せに結ばれてるといいな。

◆ぢゅん子さん『レシピの王子様』
コンテストの為に必死に理想のスープ作りに励む彗ちゃんと、その試作を味見する祥平君。
自分らしいスープを作って満面の笑みで食べてくれた祥平君。それを見て涙を見せて気分が上がった彗ちゃんにキス……!
ぢゅん子さんの描く男性の唇に何とも言えない色気とエロっけがあってドキドキしました!
でも、オーディションを翌日に控えた祥平君が倒れてしまい――と、次号に続きます。
うおー!気になる!!

◆野垣スズメさん『打算の悪い子ちゃん』
初・野垣さん。
ちんまり可愛い癒し系男子社員。それは裏の姿で、実はオッサン上司をオトす為の計算だった!というお話。
最初にカッコイイ先輩が登場し、上司をオトす為に画策してる風な場面から始まったので、最終的にはその先輩とくっつくかと思いきや、しっかり上司をオトしてました(笑)
野垣さんの作品は初めて読みましたが、画も見やすく面白かったです。

◆伊東せかさん『サドマゾヒスト』
ゲイ向けSMクラブに居る、スゴ腕のS嬢・怜。
彼が何故トップに君臨しているのか。それは……自身も生粋のドM男の為、何をどうされると嬉しいか分かるからだった!と言うお話(笑)
顔立ちがSっぽい為、M側のキャストとして面接を受けたのにソッコーS嬢として雇われたという不憫な彼。でもそのおかげで、お店のスタッフで見た目はMなのに心底Sな佐野さんという恋人を手に入れていて――と続いていきます。
受けは線が細くてしなやか、でも攻めはしっかりと男性的で、とても綺麗な画を描く方だなぁという印象。
お話の展開も真新しさはないものの面白く、今後も是非読みたいなーと思いました。


初読みの作家さんが今号は多かったような気がします。
(ゆき林檎さんの作品も甘酸っぱくて可愛くて面白かった!この1年後も是非読みたい……)
次号は久々、天禅桃子さん『doggerel-ドッガール-』が!!

それに加え、背表紙には、3月7日発売4月号の情報が。
その4月号で創刊20周年を迎える本誌。一足早いですがおめでとうございます!
しかも、
「マガビー史上 最厚ボリューム」の文字が!
スペシャルゲストとして、草間さかえさん、ヤマシタトモコさん諸々のお名前。
更に、『SEX PISTOLS』&『YEBISUセレブリティーズ』再始動とのこと。

お祭りムード満載のマガビー、益々楽しみにしています♪

1

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ