キラキラの日々

kirakira no hibi

キラキラの日々
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神3
  • 萌×213
  • 萌6
  • 中立2
  • しゅみじゃない3

--

レビュー数
6
得点
87
評価数
27件
平均
3.4 / 5
神率
11.1%
著者
 
媒体
コミック
出版社
徳間書店
シリーズ
Charaコミックス(キャラコミックス・徳間書店)
発売日
価格
¥619(税抜)  ¥669(税込)
ISBN
9784199605390

あらすじ

毎朝見かけるサーファーに、密かに憧れていた高校生の七波(ななみ)。ところがある日、教室で再会! 一つ年上で大人びた雰囲気の修(しゅう)は、無愛想で近寄りがたいと評判の先輩。けれどなぜか、七波には何度も笑いかけてくれる──。一緒に過ごす放課後がいくつも重なって、とうとう真夏の海でキスされて!? キラキラ初恋物語?

表題作キラキラの日々

秋庭修 サーフィンが得意な高校生
成瀬七波 サーフィンしてる修を愛犬と見てる高校生

同時収録作品かまってかわいいひと

夏見 猫が苦手な猫カフェのお客
小田桐光 猫カフェ王子と呼ばれてる店員

その他の収録作品

  • 秋庭修の憂鬱
  • 修のサーフィン指南
  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数6

キラキラ

タイトルのとおりキラキラと眩しい初恋のお話です。内容はあっさりしていますが海や浜辺が気持ちよさそうで爽快な印象の作品でした。

七波の視点で描かれるシーンより、修の視点で描かれるシーンが切なくて好きだったなぁ。青春。

0

舞台は湘南・・・に魅かれたものの・・・

サガミワカ先生の作品を読むのは2作品目です。

1作目の中に、この作品の宣伝が載っていて、湘南が舞台だ・・・と知って、読む事にしたのです。(湘南物が好き・・・)
・・・が、う~ん・・・
思っていた感じと違いました。

以前も別の先生の作品で湘南の海を舞台にした漫画がやはりちょっとはずした感があったのですが、今回も残念ながら私的には合いませんでした。
物語もあまり好みではなかったというのもありますが、全く湘南の空気を感じられなくてがっかりしてしまいました・・・

やはり、ご当地ものは漫画だと難しいのかな・・・
往々にしてご当地ものは小説の方が雰囲気がでるような気がします。

1

きらきら!

海辺の学校、高校生の先輩×後輩、サーフィン…青春ラブにぴったりなおいしいキラキラ要素満載で素敵なお話ですね。
この物語のキューピット?受けちゃんの七波くんが散歩しているワンコ・マルくんは柴犬ですかね。ここも個人的にはポイント高いのですが、あまり話には関係ないか^^:リードが離れた瞬間先輩の方に走って行っちゃうマル、けっこうかわいいやつです。
表情が出にくい修先輩ですが、ちゃんと七波のことを心配したりちゃっかりエロいことも考えていたりで、もうそれだけでごちそう様!という感じでした。
猫カフェの短編は好みでなかったので★4ですが、とてもいい一冊になりました。

1

ザ★湘南

私の地元湘南が舞台というだけで、なんだか嬉しくなりました。
描かれている海岸、七波がマルの散歩している道も・・
波の音が聞こえる高校、すぐ海に出られる高校は・・
鎌●高校か、●里ヶ浜高校か・・?
どこかで見たことあるような、身近に感じる作品です。

愛犬マルの散歩で歩く海岸、そこでサーフィンをしている人。
「名前は?」と聞かれて自分の名前を名乗ると
「犬って苗字あるの?」て、あっ犬ね。
その時から、本当は自分の気持ちは決まっていたのに・・

学校に行くと、七波の兄美波のクラスにいたサーフィンの彼。
兄と同じ高3の修。
先に告白したのは修の方。
自分も修が好きだけど、それがどういう好きかが判断できない。

人には感情を見せない、一見何を考えているのかわからない
近寄りがたいかんじがすると有名な修だったが
七波には、絵顔も見せるし話もよくする。
自分にだけ・・?
修に連れて行ってもらったショップで、修に好意を持っている千晶に出会う。
千晶は修にべったりでちょっと嫌な感じがした。
修は千晶から夏祭りに誘われたが、断り七波と行くつもりだったので
続き達と行くから・・と言って断った。
「友達・・」当たり前の答えがやたらと胸にひっかかる七波。
夏祭りの夜今まで好きの意味が話からなった所や
とうとう自覚してしまい、告白。

七波「僕もサーフィンやりたい」
修「ダメ」
七波「少しだけでいいから・・」
修「絶対ダメ」
七波「・・・(-_-)zzz」

修が反対するのには理由があった。
海の事故で弟を亡くしている修には、七波を危険な目に合わせたくない
同じ過ちを繰り返さないでほしい。
だから、今の七波には海に出て欲しくない。
このことを千晶から聞いた七波は複雑だった。
千晶から「修の弟に雰囲気似てるし、修は七波に弟重ねているんじゃない?」
そう言われてから、七波は自分から修を避けていた。
「弟の代わり・・・」その言葉がぐるぐるする。
犬がリードを引っ張り過ぎて庭に手が入る前に行かないと。

七波は、修に恋をしている。
修も七波に恋をしている。
高校生の二人が愛し合うのは爽やかでしたが
やることばっか考えてる修さんはやっぱエロい。
で、この二人は現地で・・・

2

あの一コマに完全に萌え負け

サガミワカさんの作品のイメージとして
「攻めが大人で包容力があって落ち着いてギラギラしてなくて、でも実はエロい」
という物が自分には合ってその辺が好きなんですが、
この本に関しても「だいたいあってる」と思います。

「海辺で見たカッコいいサーファー」が実は兄の友人だった。
そうは見えなかったのに・・・という導入にある通り修は大人っぽいし、
体格も表紙見たとおりサガミワカさんの書かれる攻めの中でも屈指の筋肉。
(まぁ今まではリーマンもの多かったですしね・・・)

元々泳げなかったくせに(泳げるようになったというのが愛の力か・・・)
サーフィンを自分もやりたいと言い出す七波に対して昔海で亡くした弟がフラッシュバックして・・・という重い過去もってたりするのもある意味大人っぽい話。

でも、この二人はそれだけではなかったりする。
夏祭りで屈託もなく兄弟でじゃれる七波を見て俺も俺もと対抗した挙句
無言で「むー」と膨れた顔が・・・見事なまでの年相応w 
これは思わぬ萌えどころでした。

攻めは包容力、でもそれだけじゃねぇ。というならこの本ど真ん中かと。

2

ホントにキラキラしてるかも

表題のストーリーはタイトル通りのキラキラしたイメージがぴったりのお話。
舞台が湘南で海でサーフィンっていったらキラキラ度アップですよね。
まぁ、個人的には泳げないので怖いイメージで近寄りたくない場所なのですが・・・

主役は共に高校生、何よりも時間があれば寡黙にサーフィン、時間が無くてもサーフィン。
そんな攻め様の姿にカッコいいなぁと思いながら愛犬の散歩をしながら眺めてる
1歳年下の高校生の受け様。
そんな二人のキラキラした熱が伝わる様な恋のお話。

好きな気持ちが恋なのか分からないままに雰囲気でキスしてしまい、攻め様から
付き合ってと言われ、恋か分からないと告げながらも友人として付き合い始める。
受け様の恋する心が育っていくような過程が描かれていて、初めて思える嫉妬や、
攻め様の亡くなった弟の代わりなのかなんて不安を持ちながらも思いを通い合わせ、
恋人同士になる内容でした。

この作品の番外編2本も同時収録されているのですが、コミカルで、攻め様の憂鬱な
感情が笑いと微笑ましさで堪能出来るお話もあって面白い。

個人的に好きだったのはもう一篇の「かま続きってかわいいひと」の作品ですね。
猫カフェを背景にした内容で猫カフェの王子様と呼ばれてる受け様と、
気になる会社の女の子を誘いたい下心で猫嫌いなのに、猫に慣れる為に猫カフェに
やって来た攻め様とのお話で、お客と店員のやり取りもテンポが良くて、
受け様の肩に乗ってる猫が思わず我が家の愛猫と重なってしまう(笑)
猫が出てくる作品はどうしてもそれだけで萌え評価が上がってしまうのです。
受け様のツンデレ具合も猫みたいで良いです、攻め様はワンコ的かも。
丸ごと1冊楽しめる作品だと思います。

4

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ