研修医は小悪魔と踊る

kenshui wa koakuma to odoru

与小恶魔共舞的实习医生

研修医は小悪魔と踊る
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神3
  • 萌×26
  • 萌3
  • 中立0
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
8
得点
48
評価数
13件
平均
3.8 / 5
神率
23.1%
著者
 
媒体
コミック
出版社
新書館
シリーズ
Dear+コミックス(コミック・新書館)
発売日
価格
¥600(税抜)  ¥648(税込)
ISBN
9784403663741

あらすじ

先輩の内科医・三沢に振られたばかりの研修医・遠野。
三沢のいる内科を避けて小児科に入り浸っていたら、
骨折で入院中の院長ご子息サマの担当医を命じられる。
ところがそのご子息・一韋はなんだか色っぽい系医大生で……!?

表題作研修医は小悪魔と踊る

研修医・遠野修司
院長の息子で患者・大柴一葦

その他の収録作品

  • 仮眠室はホテルじゃない
  • エピローグ

評価・レビューする

レビュー投稿数8

珍しい白髪×白髪

他の作品でもありますが、立野真琴先生、大抵髪の毛が黒×白(こっちが多い印象ですが)または白×黒なので、珍しいなと思いながら読んでいました。
立野真琴先生のふんわりした髪の毛大好きなのでまずそこでツボ。
日常生活に支障をきたす、かゆみが治まらないにツボ。
子どもにおもちゃにされる研修医にツボ。
意外とこの先生小児科似合いますね。
しかしながら立野真琴先生らしい、サスペンスが混じったお話なので、十分楽しめました。

2

怪我をした魔性の美青年って…イイ♪

「とある外科医と内科医の。」で、三沢に振られてしまった遠野が主人公。
そちらの作品で遠野が、三沢への恋を諦めて涙を流すシーンが痛々しく、とても印象に残っていたので、スピンオフが描かれたのはすごく嬉しかったです。

ネタバレです。

腕を骨折して入院して来た院長の息子。
その骨折の仕方が異常。
そしてストーカーの存在。

目が離せないドキドキ展開(ストーカーが怖いよ!)で、立野さんらしからぬ?サスペンス風味も感じます。
腕が折られる回想などは、自分の腕が痛みそうなくらいの迫力でした。
これは怖いです。こんなことされたら…!ショックで死んでしまうこともあるという風見の説明も、さもありなんという感じ。

骨折した(させられた)のが右手ということで、日常生活のアレもコレも出来ない素敵展開。
なんだかんだで遠野が全て面倒を見ちゃいます。もちろんアッチの処理も。

生意気なボンボン(&魔性の美青年)という印象だった一葦ですが、素直になれなかっただけで、実は最初から遠野に恋していたんですね。好きだったから色仕掛けで困らせちゃったなんて、可愛いじゃない続きですか。
自分の受けた傷に関しては心を閉ざしていた一葦が、少しずつ遠野に対して歩み寄って行く。そしてそんな彼が気になる遠野の戸惑いの描かれ方がとてもイイ感じでした。

そして前作の風見と三沢の協力体制も微笑ましかったです。
序盤、三沢をきちんと諦めようと頑張る遠野や、そんな遠野と今まで通り上手くやって行こうとする三沢の心境がとても丁寧に描かれ、お互いの優しさを感じました。
前作品の主人公が全く出てこないスピンオフも多いですが、これは前作を踏まえての二人の関係がすごく良かったです。

全員が幸せになってしまったので、これ以上の続編は出ないかなぁ。
読むと幸せになれるような、素敵なシリーズだったと思います。

2

なかなか本心を見せない小悪魔

とある外科医と内科医の。のスピンオフみたいなのですが、こちらを先に読みました。
失恋したばかり傷心の研修医、遠野と骨折で入院中の一韋のお話。
話の序盤、一韋の本心が読めないので、生意気で小悪魔的印象。
遠野と一緒にイライラさせられました。
けれど、遠野はそんな一韋を放っておけない良い人(笑)
一韋も本当は素直で優しい子で・・・でも、当直用の仮眠室をホテル代わりにするのはいただけない(笑)
一韋が医師になった後の話も見てみたいと思いました。

2

医者と患者!

立野真琴先生の漫画によくでてくる主人公の遊び相手とか過去の彼氏系の小悪魔少年がハッピーエンドになる可愛い話

2

少女マンガ風の安心きゅん

私にとって立野真琴さんは『花とゆめ』で少女マンガを描いていた方。
BLを読むようになってふとみたら、あら?随分BL漫画描いてらっしゃるのねぇ!
いくつか読んでみたのですが、絵柄や雰囲気は昔のままだなぁ。
Hシーンもありますけれど、基本テイストが少女マンガで、
個人的には大好きじゃあないけれど、きらいじゃないし
ある意味安心して読めると思っています。

これスピンオフみたいですが、知らずに読んでも全然OKでした。
研修医の遠野くんは内科の三沢先生に失恋したばかり、心の傷も癒えないところに、
骨折で入院中の院長のご子息・一韋くんのお世話を言いつかる。

一韋くんは、医大生。
性格はくそ生意気なんだけれど、美形で誘惑上手の色っぽい小悪魔。
彼に振り回されながら、断ち切れない三沢先生への想いを紛らわせているうちに……

ただの我が儘かと思っていた一韋には隠していたストーカー問題があり、
その犯人が事件を起こしかけて……、それをきっかけに二人は……

まぁ、遠野が一韋に惹かれていくプロセスは予めそういうもん、という認識で
突っ込まずに読めば
年下の小悪魔に続き迫られて振り回されている遠野や、
意外に純情で不器用な一韋は可愛く、三沢のカップルもいい感じだし
ちょっとキュンとしてスィートで、楽しいお話だったと思います。

2

このストーカー怖いよ!

「とある外科医と内科医の。」で当て馬くんだった研修医が登場するスピンオフ。
未だに失恋を引きずる研修医の攻め様、新しい出会いが無ければ忘れられないかと
思っていた所に綺麗美少年と出会うが、なんとも我儘な病院医院長のご子息。
そんな生意気な受け様に医院長経由で担当医に任命された事から始まるラブ。

性格は悪いけど見た目が極上な受け様、右手の骨折で入院しているが、何故か攻め様を
指名し担当医と言うお世話係に任命される。
失恋したばかりなのに小悪魔お坊ちゃまに振り回され始め、気弱なセリフで自慰の
お手伝いまでさせられてしまうのです。
毎回何かに誘われてる雰囲気なのに我儘で女王様みたいな受け様が、実はかなり
ナイーブで無理をしている事を攻め様は見過ごしてしまう。
骨折した原因が受け様をかなり傷つけ怯えさせているのですが、受け様の表面的な
我儘に気がいっていて、受け様をかなり叱りつけてしまい、担当医も変更してしまう。
それが受け様が危機的状況に陥ることになってしまうのです。

不器用で素直になれない受け様と、失恋を引きずる攻め様が新しい恋をするお話。
以外に身勝手続きキャラな攻め様だと思っていたけれど今作でいい味出していました。
ただ・・・やっぱり絵柄が好きになれないのです。

4

クルリ、キラリ、クルリ

帯にね、ぎょっとしたのです。

「クソガキだと思っていたが、
信じらんないくらい
エロかった!!」
【実物通り改行しています】

…現在進行形で普通に少女漫画も描く
立野さんの作品にそう言う帯が付くのは
どうした椿事だという事でレジに向かった
訳でして。

そして手に取った本作はこれまた安定安心の
立野節。ツンだった人達のデレる瞬間が
絶品の作品でした。
立野さんの作品は少女漫画時代から登場人物の
性別を問わずツンからデレへの転換が巧みだった
訳ですが、BL作品ではその描写にストッパーを
かけていらっしゃらないのだろうと愚考します。
もちろん本作でもツンからデレの転換は見事で、
更にデレの熟成工程も見れると言うおまけも有。
白衣と程好い甘々が好きな方に薦めたい一冊ですね。

4

コミックスは初読みです。

ついにコミックスを手に取りました、立野作品です(笑)
これまで、雑誌掲載されているものを読むたびに、どうにも自分の好みっぽいものを描かれる方だなぁとは思っていたのですが、コミックにまでは手を出していなかったのですが。
いつか何か読もうと思っていて、ちょうど発売日が近かったのと、本誌で読んだ時に続きとか気になる部分もあったので手に取ってみました(何事も初動が大事のようですし)

研修医・遠野は失恋したばかり。
そんな遠野がうっかり気に入られて担当することになったのは院長の息子・一葦。
キレイな顔をしているのにどこか残念な性格の一葦だったが…。

これ、スピンオフ作品なんですよね。
前作は本誌でちょろりと読んだ程度。
でも、ま、これだけ読んでも大丈夫かな。
遠野が「失恋しました、でもまだ好き。」という前提条件さえ押さえておけば。
キレイだけどかわいくない一葦に振り回されるような遠野。
けれど、それでいて基本的にそうなのか結構世話焼いてたりもするんですよね。
面倒見がいいというか。
それにつけこむように一葦はシモの世話までお願いしたりするのですが。
最後で明か続きされるのですが、最初は本気じゃなかったんですよね。
てっきり最初っからそういう狙いがあっての一葦の行動かと思ってたんですが。
ある意味、両者、絆されちゃったとでもいいましょうか…。
ミイラとりがミイラのパターンでベタ展開といえばベタ展開ではあるんですがこれはこれで面白かったです。
特に好きなのは一葦があっさりと諦めてしまうところかも。
普段は横暴にワガママに振舞っているようにみえて、そういうところは臆病な感じが非常にかわいい。
あと、ラストの方のシャツを掴んで「浮気禁止」
なんていうか、一葦は大人な部分と子供な部分が混在してグラグラしてる感じがかわいいような気がする。

やっぱり立野さんのお話はどうも好みに合いそうな気がしてきたので別の作品もまた読んでみたいと思います。

3

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ