onBLUE (8)

onBLUE (8)
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌1
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
3
評価数
1件
平均
3 / 5
神率
0%
媒体
コミック
出版社
祥伝社
シリーズ
onBLUE comics(オンブルーコミックス・祥伝社)
発売日
価格
¥933(税抜)  ¥1,008(税込)
ISBN
9784396783266

あらすじ

SHOOWA大特集 交差する愛と稲妻

ロングインタビュー[感性のブックマークをたどる]
対談 ×恋煩シビト[これでも空気を読んでます]&対談後のお絵描き
〝あの日のSHOOWA〟証言
①デビュー前編 山中ヒコ
②デビュー当時編 初代担当編集氏
③2012年初秋編 秀良子
④2012年初冬編  恋煩シビト

ファン必見!
プライベートスケッチブック大公開!
お仕事場写真
仕事絵の制作過程
SHOOWA's Favorite CINEMA
キーワード連想

「ニィーニの森」シリーズ新作読切り
「蛹の脚」
……and more!


豪華執筆陣!

初登場!  実力派新鋭 阿弥陀しずく「こんなはずでは」
久々登場! 依田沙江美「ありあまる富」
連載第2回! ヤマシタトモコ「スニップ,スネイル&ドッグテイル」
ついに最終回!
恋煩シビト「われら青春真っ最中」
西つるみ「華なるもの」

秀良子「デラシネの花 前編~落語「寿限無」より」
のばらあいこ「WE WANT TO BE TOGETHER」
黒娜さかき「かえってほしいの instrumental」
松本ミーコハウス「美しい野菜」
四宮しの「川果町よろづ奇縁譚」
ダヨオ「YOUNG BAD EDUCATION」 前編
たなと「スニーキーレッド」

(出版社より)

表題作onBLUE (8)

アンソロの為割愛
アンソロの為割愛

その他の収録作品

  • 特集「交差する愛と稲妻」SHOOWA
  • SHOOWA「蛹の脚」
  • 恋煩シビト「われら青春真っ最中 final count」
  • 阿弥陀しずく「こんなはずでは」
  • 依田沙江美「ありあまる富」
  • たなと「スニーキーレッド vol.3」
  • のばらあいこ「WE WANT TO BE TOGETHER」
  • 黒哪さかき「かえってほしいの instrumental」
  • 松本ミーコハウス「美しい野菜 Volume.4」
  • 四宮しの「川果街よろづ奇縁譚 第6話」
  • ダヨオ「YOUNG BAD EDUCATION 前編」
  • 秀良子「デラシネの花 前編」
  • ヤマシタトモコ「スニップ,スネイル&ドッグテイル Page.2」
  • 西つるみ「華なるもの 最終話」

評価・レビューする

レビュー投稿数1

安定のオンブルー

多分今回の号は今注目のSHOOWAさん特集とはいえ、かなりこの作家さんも好みが分かれる作家さんであるし、
現在すごくヒットして皆が注目している、と言われる作品もなきにしもあらずだが「おおっ!これは」と万人が思う展開ではないと思うし、どちらかというと注目作家さんが集まっているという感じか。
ちょっぴり”王道”という面からは外れた作品が多いので微妙な評価があるところだろう。
しかし、毎号購読している身には今回も次回を期待とか、単行本が待ち遠しいとか、今後の展開は?とか気になる作品がたくさんあるのです。

さて、SHOOWA特集。
いつもオンブルーでは作家さんのルーツをインタビューしている。
少女漫画より少年漫画、必ずしもずっと絵ばかりを書いてきたわけではないという過去。
力の抜けた絵柄、その王道とは言い難い作品の生み出される根幹の、SHOOWAという人がよく見えたのではないだろうか?
自分はこのインタビューと恋煩シビト氏との対談で、なるほど!と(両者とも好き作家さんである)その類似性に納得してしまった。
さて、漫画のほうはオンブルーで不定期連載している動物が擬人化して生続き活している国「ニーニィの森」の番外編。
土の中、顔も見えない蛹の状態のカブトムシがその中で仲良くなり、地上に出たら絶対会おうね!と約束して成虫となるのだが。
そんな異種類のカブトムシが奇妙な友情を持ち、それを見た人間がいつかニーニィの森に連れて行って添い遂げさせてあげたいと望むお話は、
それは人間同士の関係も匂わせて、ちょっぴり切なくキュンを催させる。
フィンランドの先、マレーシアの先にあるという国(!?)ニーニィの国。
そこは動物の楽園なんだな♪

◆今号で一番注目したのが、西つるみさんの王朝モノ【華なるもの】がいよいよ最終回!
院に佐渡へ島流しにされた高前と、右大臣の、とうとう交わらなかった互いの気持ちがもう切なくて切なくて・・・もう、ラスト涙が流れてきました!!
4月に単行本だそうです。超期待ですよーーーー!!!

◆恋煩シビトさんの【我ら青春真っ最中】も最終回を迎えました。
同級生で親友の次郎に片思いしていた馳男が、馳男に片思いしているハチとセックスする関係になり、互いに報われない片思いを抱いてきた今回いよいよ卒業を迎えます。
次郎との決別は、次郎のデキ婚という形できっぱりと二人にその時を告げますが、もうすでに彼等には愛情が・・・シビトさんにはなかなかなハッピーエンドが待っていたと思います。

◆前回貧乏神と生活能力のない男の落語をテーマにしたような切ないお話、今回は「寿限無」を題材にした【デラシネの花】が掲載されています。
生まれた時に長寿を願って寿限無~長助と名付けられた男が、本当に長生きして、現代にホストとして生きています。
病気もせず長生きで、彼の望みは・・・
そんな時、戦時中に見かけた死神が!
ああー。また切ない展開がまっているのでしょうか?ちょっぴりBLとは違う世界かもしれませんが根底に流れる「愛」は心をきっと打つのでしょう。

あと、掲載作品に少しづつ触れていきます
◆阿弥陀しずくさん、言葉の足りない残念なイケメン(?)リーマンが先輩社員に間違えて「好き」と行ってしまう作品・面白い!ひょっとして連載に?
◆依田沙江美さん、会社を辞めた元担当編集と、過去一緒に作品を作り上げてきた作家の元編集への依存。それは愛なのか?元編集の苦悩もありつつ・・・これも続篇あり?
◆たなとさんの【スキーニーレッド】はマゾをサディストに暴かれたそれぞれ二人の関係が変化を見せています。ひょっとして恋愛に発展してく予感?
◆のばらあいこさんは【ぬるくなるまでまって】の番外編。いっちゃんの弟が受験でじゅんぺーと暮らすアパートにやってきます。実は兄も弟も心にある事を抱えていてという、ちょっぴりジーンとするお話が。4月に単行本になります♪
◆セリフのない実験的なBLを描く黒哪作品の【かえってほしいの】ネコの愛情を受ける猫にしっとするかまってちゃんのタチと、ネコが本当に猫になっちゃった?の勘違いするクスっとするお話。
◆ミーコハウスさんの【美しい野菜】まさかよもや八百屋さんがドSで顧客を調教しちゃうとは!?なびっくり展開は、今回じっくりとSがMをいじめ抜きます♪
◆ちょっぴり不思議な【川果街よろづ奇縁譚】は大学生の平子くん、彼に自分がないことから誰からも自分を誰かに投影して見られてしまうというやっかいな影の薄い人間になってしまっていることに気がついて、という実に不思議なお話が。
◆ダヨオさん、注目の新人さんの新連載です!
学校の先生と高校生の組み合わせですが、この先生、生徒に酔った勢いでキスしてしまう。なかったことにしたい先生と、それから構いだす生徒はいつしか先生に欲情を感じるようになり・・・これからの展開どうなるのでしょう?気になります
◆ヤマシタトモコさんの連載二回目は、やはりゆっくりじっくりと同居している二人の日常が綴られて行きます。その中で微妙に変化していく様がみられるのですが、この作品はひとつにまとまったときに本領が発揮されるのだと思われます。

次回はのばらあいこさんの特集です。
対談は藤たまきさん!この対談に非常に注目してしまいます。
次回も期待。

3

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ