Dear+ 2013年2月号(雑誌著者等複数)

dear plus

Dear+ 2013年2月号(雑誌著者等複数)
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×21
  • 萌1
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
2
得点
7
評価数
2件
平均
3.5 / 5
神率
0%
媒体
コミック
出版社
新書館
シリーズ
Dear+コミックス(コミック・新書館)
発売日
価格
¥648(税抜)  ¥700(税込)
ISBN

表題作Dear+ 2013年2月号(雑誌著者等複数)

色々と
色々と

その他の収録作品

  • 『抱かせてくれないか?』立野真琴
  • 『傷ついてロマンス』阿部あかね
  • 『生徒会長に忠告』門地かおり
  • 『ハートの隠れ家』夏目イサク
  • 『ヘビー×ビューティ』麻々原絵里依×岩本薫
  • 『花鳥風月』志水ゆき
  • 『ヒマなのでハジメテみます。』左京亜也
  • 『アフレコに行ってまいりました』左京亜也
  • 『悪だくみにも花はふる』雨隠ギド
  • 『それでも構わない』まさお三月
  • 『ももいろ倶楽部にようこそ』二宮悦巳
  • 『がっこうのせんせい』松本 花
  • 『SS-ダブルエス-』真山ジュン
  • 『どこへいこうと隣にあいつ』間宮法子
  • 『瓢箪から駒が出る』木下けい子
  • 『次長、不敵につき』梅太郎
  • 『ノーエントリー!』カキネ
  • 『つきあえない理由』RINO
  • 『キスしてよ。』袴田十二
  • 『マッチポンプラブ』石原 理

評価・レビューする

レビュー投稿数2

木下さんスゴイ面白かったー。

「ディアプラス・ヘヴン」の申し込みしなきゃ!!と思い出したので買ってきました。
雑誌はそういう時しか買わないのでお話が飛び飛びになってしまいますね。

とはいうものの、特集とかの読み切りも結構あって楽しめました。
今回の特集は「攻×攻」ということで、それぞれのお話の攻防とかやっぱり攻同士ならではで。
フツーのBLとは違いますよね。
マウント争いとか。

そんな中で気に入った作品をいくつか。
「瓢箪から駒が出る」木下けい子
同じ女性と付き合っていた2人(実は6股だった)
ひょんなことから再会し、意気投合して友達に。
飲みの時の愚痴?みたいなところから見せ合いになって触りっこになって…。
元カノが取り持つ縁、新しい(笑)

「悪だくみにも花はふる」雨隠ギド
これは連載途中だったので、ここまでの経緯があいまいなのですが。
それでも、今回の連載を読んだだけでもコミカルなシーンとシリアスなシーンがあって。
そのバランスがよくて。
どこか鷹尾がせつなくも見えて。
続きが非常に気になる感じですね。

それでは、しっかり忘れないように応募しましょう。
ちな続きみに「ディアプラス・ヘヴン⑧」の執筆陣は、左京亜也、門地かおり、夏目イサク、木下けい子、雨隠ギド、阿部あかね、まさお三月、橋本あおい、花村イチカ(敬称略)のみなさんです。

0

魅惑の『攻×攻』特集!

表紙の知賀くんと国斉さんの絡みが何ともエロい。
さすが2月号、バレンタインに沿った2人の構図にそそられます♪
(国斉さんのちらりと見える、求める舌がエロいのです。…イモじゃない、エロだ…)

今月号は『攻×攻』の特集が組まれております。
特集カラーポスターに鹿乃しうこさん!…めっちゃ色気スゲェ…(ハアハア)
カラーイラストには六芦かえでさん&佐々木久美子さんのお二人。
≪よみもの≫として、
・攻×攻診断テスト(因みに私は「どうやら攻×攻属性はない」との事。確かに・笑)
・オススメBOOK(「クロネコ彼氏のアソビ方」「是-ZE-5、6」等々)
・アンケート結果発表
があり、特に作家先生方のアンケート結果が、攻めへのこだわりなどあって面白かったです。
特に志水ゆきさんの攻×攻モノBLの魅力とは?の質問に対し、「意地の張り合いと男気合戦」に首がモゲるかと思う位頷いた私(笑)

それでは、今月号の掲載作品の中で気になるモノを。


◆夏目イサクさん『ハートの隠れ家』
長屋に住む、泉と春人のお話。
泉が春人への気持ちに対してもう止められなくて辛くて、出ていく続きなんて言うから春人が心を閉ざし掛けます。
周りの長屋の住人にからかわれている内に本当に春人の可愛さを見出しちゃって幸せ感じちゃって、自分の本気さに気付いてしまった泉。
「俺は変なヤツだから…だから出ていくんでしょ…?」――あの表情を見ちゃったら、もう泉は止められない!
二度も泣いててんてこまいな春人は本気で可愛かった♪
不器用だけど一生懸命で、ちゃんと好かれていた泉。もう隠す事もないですね、自分の気持ちも。
最後まで致しちゃったし気持ち良くなってくれたし、あとは春人のド天然に付き合いながら可愛がって下さい♪

◆左京亜也さん『ヒマなのでハジメてみます。』(最終回)
凛ちゃんとのぞ、幼馴染の同居ストーリー。
凛ちゃんの最終決断とも取れる言葉を受け、のぞが本気の男気を見せます。
元々素直で愛らしいのぞは、凛ちゃんの事になると真っ直ぐで気持ちも瞳も逸らさない。
一方凛ちゃんは、のぞは好きだけど世間体が怖くてビクビクして、いつものぞを牽制していた。
そして、のぞの一言で、凛ちゃんは自分の気持ちをしっかり自覚します。
……すっごい良かったー!あの流れにグッと来ました!
その上ヒカリちゃんが産気づいた時ののぞの対応。いつもはオドオドしている癖に、あの時は本当にしっかりしてて、それを見た凛ちゃんは惚れ直した筈♡
結局取り越し苦労に終わっていた凛ちゃんは脱力感満載だけれど、さすがは左京さん、致すシーンもキワキワギリギリエロエロで最高でした(*´ρ`)
尻に敷かれてる風に見えるのぞだけれど、絆されて許しちゃう凛ちゃんの方がしっかり振り回されてます♪
最終回だったこちら、コミックスは3月30日発売との事!絶対買います♡

◆袴田十二さん『キスしてよ。』(「攻×攻」特集より)
人気バーテンダーでライバル同士の、凛(りん)と佑(たすく)のお話。
創作カクテルでどちらが次回1位になれるかという対決で、「俺に負けたら唇にキスして下さい」と凛に告げる後輩の佑。
頭が固いからこういう罰ゲームも嫌いでしょ?と火を点けられ、必死になる凛は――と進んでいきます。
初めて袴田さん作品を読みましたが、画に色気があって好きです。
後輩の佑が先輩の凛を好きだった、なんて設定は王道でも、袴田さんの絵柄で見るともうもう…。
「――だって 凛さんが許してくれたんだよ 俺に、キスを!」
必死な佑の表情に悶えます。


次回3月号は、『ハートの隠れ家』が新章に突入!(やっぱり!)
他には、連載10周年特別企画として、『生徒会長に忠告』が5か月連続背表紙のつづき絵がスタートらしいです。
その他、花村イチカさんの新連載がスタート。
楽しみにしております♪

3

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ