Chara Selection ( キャラセレクション ) 2013年3月号(雑誌著者等複数)

chara selection

Chara Selection ( キャラセレクション ) 2013年3月号(雑誌著者等複数)
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×21
  • 萌0
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
4
評価数
1件
平均
4 / 5
神率
0%
媒体
コミック
出版社
徳間書店
シリーズ
発売日
価格
¥619(税抜)  ¥669(税込)
ISBN

あらすじ

表紙イラスト図書カード応募者全員サービス!!

◆表紙イラスト/大好評連載中!!
「ねえ先輩、教えてよ」原作:渡海奈穂 作画:小嶋ララ子
イジワルな先輩の本音が知りたい——
学生寮で花咲くセンシティブラブ♥

巻頭カラー/待望の新連載スタート!


「同居人の美男ども」
水名瀬雅良
ブラコンの弟が、キケンな
美男二人となりゆきで同居!?
カラー/本誌初登場! 前後編・前編


「甘えさせてよ」
楢崎ねねこ
ヘタレな幼なじみは
超人気のパティシエ!?
カラー/前後編・前編


「こんなことできる?」
村上左知
腐れ縁のイケメン後輩に
恋路を邪魔されてばっかり…!?
連載再開!!


「僕はすべてを
知っている」
高久尚子
和倉の指導に悩む金沢の前に
理想の相談相手が現れた!?
スペシャル読みきり♥

「ブラッドレス・ブラッド」楢崎壮太 / 「イケメン・ベーカリー」倫敦巴里子
大人気連載

「憂鬱な朝」日高ショーコ / 「DEEP THROAT 華麗な海賊たち」梅沢はな
豪華執筆陣

「こころの実」雲之助 / 「千鳥さん家に限って」不破慎理 / 「隣に置いて♥」嶋田尚未
「くらがりにみる夢のひかり」今野さとみ / 「お稲荷さまのハニーバニー」サクラサクヤ
個性派4コマ

「それでもひとりで生きるモン!」
西炯子
「シラフでいても意味がない」
山田まりお
POSTER

山田まりお

表題作Chara Selection ( キャラセレクション ) 2013年3月号(雑誌著者等複数)

いろいろ
いろいろ

評価・レビューする

レビュー投稿数1

『憂鬱な朝』の文字に胸躍る。

本屋さんでこちらを見つけた時。
小嶋ララ子さんの優しく可愛らしい色使いの表紙に目が留まり、更に右下に『憂鬱な朝』の文字が見え、
「今号は掲載されてるんだ!」
と思うと居ても立ってもいられず、手にとりすぐレジに向かって居ました(笑)

巻頭カラーは新連載が始まった水名瀬雅良さん『同居人の美男ども』。
山田まりおさん『シラフでいても意味がない!』の4コマ漫画付カラーピンナップがついています(コレが笑える!)
又、初登場の楢崎ねねこさん『甘えさせてよ 前後編』の前編が掲載。

その中でも、特に私のお気に入りを。


◆倫敦巴里子さん『イケメン・ベーカリー』
老夫婦が営むパン屋さんの2階に格安で間借りをしていた鹿島と、店を畳む所を現金で買い取りパン屋を経営する事となったイケメン・因幡のお話。
私にとっての初・巴里子さん作品のこちら。
絵柄に洗練さは正直感じられないものの、ほっこり出来る絵柄に安定感のある線、そして時折ハッとする構図に可愛さ!一気にファンになりました♪
いや、本当に可愛らしい。他の作品も読みたくなるあたたかさ。
元ホストだった因幡は何も考えて居な続きいようで心に秘めた思いがある。
外見とは違う彼の性格を知る事によって、嫌な印象は掻き消され、惹かれる鹿島は――と進んでいきます。
一つ屋根の下、惹かれていく過程と温もりが何とも言えずきゅんきゅんです♡

◆楢崎壮太さん『ブラッドレス・ブラッド』
尾花崎家の家政婦の息子・辰馬と、その医者家系の尾花崎家長男で弁護士・義忠のお話。
辰馬の母親は仕事中に庭で亡くなり、それ以来尾花崎家で育てられるが、彼の母親が主の愛人だったと濡れ衣を着せられ、尾花崎家から執拗なまでのイジメを受ける。
そんな中、いつも助けてくれたのは義忠。
好きで好きでたまらない、けれど、義忠にそんな気持ちを向けてはならない。
葛藤しつつ、尾花崎家への小さな復讐を貫こうとする辰馬に、義忠は自分に気持ちを向けてきて――と続いていきます。
これ、面白かった!
唯一心を開く義忠にだけ、憎しみ以外の感情を向ける辰馬が健気と言うか純真無垢と言うか。
しかも最後はそう終わるかー、という感じ。
ただ、もう少し怖さと痛さがあっても良かったかな、と思う私も居ました。
でも、この2人には一緒に居る事で幸せになって欲しいなと。特に辰馬にはそういう思いが芽生えました。

◆日高ショーコさん『憂鬱な朝』
言わずと知れた、若き子爵・暁人と、その家令・桂木のお話。
いよいよ、父の腹違いの弟・久世直継と会う時が来た。
暁人の心は嵐のようで静かであり、森山侯爵と会う桂木は冷静なようで声を荒げる。
そして気付くのです、何かがおかしい、何かが間違っている。
「桂木に従えば間違いはない」、それ自体が間違っているのではないか――と。
読めば読む程、お互いの気持ちが又近付くようで離れるような、葛藤が全ての頁から溢れているようで心臓がどきどきします。
そして、暁人の気持ちの強さと変化を垣間見てしまう、あの数頁。
髪を乱した後のあの眼差しが、何よりの証拠。
片時も目を離せない方向に向かっている気がします。


次号は3月22日発売予定の5月号。
日高ショーコさんは勿論、何と左京亜也さんが初登場・巻頭カラー!!
しかもピンナップは佳門サエコさん。こちらも初登場だそうです♪
大好きな『憂鬱な朝』があんな所で終わり、そして更にこれから2か月弱も待つだなんて…辛いっ(笑)

0

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ