春のニオイ

春のニオイ
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神3
  • 萌×22
  • 萌8
  • 中立2
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
5
得点
49
評価数
15件
平均
3.4 / 5
神率
20%
著者
 
媒体
コミック
出版社
Jパブリッシング(ジュリアンパブリッシング)
シリーズ
G-Lish Comics ガーリッシュコミックス
発売日
価格
¥638(税抜)  ¥689(税込)
ISBN
9784864570114

あらすじ

― 春に咲く花のような人に恋をしました。 ―
彼は毎月決まった日に花を買いに来る。
勇気を出して声をかけてみようか?
ただの花屋の自分がいまさら声をかけるなんて変だろうか?それでも…。
春に導かれて、ふたりの心に芽吹いていた蕾が花開く。
表題作ほか、スイートなラブが詰まった充実のツトム作品集!

表題作春のニオイ

? 花屋で働く青年
? 月に一度だけ花を買いにくる男性

同時収録作品スマイル・アゲイン

幼なじみのリーマン 田中トク 31歳
地元に帰省し駄菓子屋を手伝う 山田ツムギ 28歳

同時収録作品虹色デイズ!/虹色デイズ!+α(プラス・アルファ)

高校二年生 真面目で勉強ができる 時田進
同級生 ちょっとむっちりした 歩

同時収録作品おはなしをしよう/おはなしをしよう+α

? とても本が好きな大学の先生 早川
? その大学の生徒 甲斐谷

同時収録作品冬にゆれる恋心

大学生20歳 滝山
大学生20歳 松田

その他の収録作品

  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数5

季節感と、折。


表紙が綺麗。すごく。

表題作はもう少し読みたいと思われそう、片目線で進む話でも、相手にある好意が隠されていないのが特徴的。
進も滝山くんも残念なイケメンさが凄く可愛いし甲斐谷くんはただただ可愛くて受っぽいのに攻に期待してしまう。早川先生は天然おっとりだけれどSが入っていそうで。(垣間見得る)
薄い感じの特徴ある面々が揃っていて、絵柄も今時っぽいので初心者さんにもおすすめできそう。カバー下もよいよい(*´▽`*)
ツトムさんのお気に入りが読み手にも伝わってきます。

私は表題と、おはなしをしようが好き。
最後のふたり、滝山くんの行動が自然に見えて、松田くんの受け止め方が好みでした。
すきなの?って、そうですよね。聞いてもない。

1

ヤンキー系だけど繊細な大学生がかわいい!

とにかく絵が好き。
すっごくすき!!

でも話は…。。可もなく不可もなく?という感じかな…
でも、表題作はそれほど響かなかったけど、同時収録の『おはなしをしよう』は好きでした!(・ω・´)

■虹色デイズ!/虹色デイズ!+α
この短編は苦手だった…。
率直に受キャラの見た目がかわいくないんだもん…。
でも、攻めはルックスも含めて受けがかわいいと思っててべた惚れなんですよね……
攻キャラと好みが合わなすぎて読んでて理解できるとこが少なかった、というのが正直なところです。
モジモジしてて女々しくて、ヘタレ?
性格も見てて焦れったさを通りすぎてイラっとしたし…個人的相性の悪い作品でした。。

■おはなしをしよう/おはなしをしよう+α
一方、こちらは結構好きでした!
本が好きな柔和な大学の教授×見ためヤンキー系なのに実は繊細な大学生。
ヤンキー系の子が一途に頑張ってるのはカワイイですね!
先生が興味あることを自分も好きになろうと努力してるとことか、甘え方しらなくてなんか構いたくなる感じとか。
その割にあんまりモジモジしてなくて、気持ち伝えるのがストレートだ続きったりして、なんか無性に応援したくなる子です。
こりゃ、先生も構いたくなっちゃうよな…と大いに共感したりして(*´▽`*)カーワイイ~
気持ち抑えられない感じでキスした二人のその後が気になりますvv

■冬にゆれる恋心
これは……またしてもちょっとイラッとした…
受けの子が、ちょっ、オマ、計算してんじゃねえの?…ってくらい天然というか、無防備で際どい態度とったりしてるのがなんかなー…
キャラとの相性がよろしくなかった。

短編の作品によってキャラの好みがすごく別れる1冊だったので、なかなか評価が難しいのですが…
短篇集を読むときは、1個でもお気に入りがみつかればいいな~と思って読んでるので、好きなのが1つあり、絵がすっごく好きな作家さんだったのでイラスト見れただけでも満足でした!
ちなみに、お気に入りだった『おはなしをしよう』のみだったら評価は萌×2でした。

《個人的 好感度》
★★・・・ :ストーリー
★・・・・ :エロス
★・・・・ :キャラ
★★・・・ :設定/シチュ
★★・・・ :構成/演出

1

短編集

あ~そっか、私ツトムさんの描く
キスシーンが好きなんだな(´▽`)きゅん
ふとそう思った今作でした。
ふわっと柔らかく、素朴な短編集。
合間に挟まっているコネタが意外とツボでした。
「おはなしをしよう」
生徒と先生のお話。
「気になる」が降り積もって、「好き」にかわる瞬間。
これ、お互いの視線で描かれたお話での二部構成なのですが
実はお互いに心地いい相手として見ているというのがなんだかイイ。
先生視点。
おひさまみたいな臭い いいにおい。
鼻を近づけて「くん」これが可愛いのです!!!
臭いから~での4コマ。これもまたwww
お布団にジェラシー感じちゃうなんて、、なんて可愛いっ!!
好き。好き。好き。いっぱいつまった短編集でした。
個人的にはやっぱりもっと長くよめたらよかったかなとは思うのですが

4

あなたをもっと知りたい

5本の短編でできている短編集。
あとがきにもあるように、作者さんの試行錯誤が見られますが、全体を通して何気ない雰囲気で攻めている感じがします。
しかしながら、大人、学生、幼馴染、先生生徒、様々な人々が主人公なのでバラエティ度は高く、そこに共通するのはどれも心があったかくなるものばかり。
特に大きなヤマがあるわけでもなく、淡々とした日常の切り取りと一場面なんだが、やわらかさを醸し出しています。

表題
毎月同じ日に花を買いに来る男性に惹かれている店員。
やっと言葉を交わせた、そしてそれは祖母の命日の為の花ということを知る。
もっとあなたを知りたいな。もっと近づきたいな。
そんな、一歩を踏み出す話の彼等はこれからです。
この男性、一体どういう人物なんだろう?
色々妄想がふくらんで、なのに描き下ろしもなくて、カバーした本体の店員が見た現実に大笑い!
自分が想像したのと全然違ったーーー!?
主人公の店員じゃなくてももっとしりたい謎の男性(爆)

【スマイル・アゲイン】
失恋して帰省してきた主人公。
3歳年上の幼馴染が毎日顔を出してくれて、それが愉しみで嬉しくて続き
とうとう彼に失恋を打ち明けることに・・・
本当は好きだったんだよ、と心の傷が帰省で癒されてというお話は、田舎設定ゆえにやはりあったかいものがある。

【虹色デイズ!!】
告白されて付き合うことになった進と歩。
だけどまだそれから先へ進めない彼が考えた苦肉の策は勉強を一緒にすること。
だけど同級生が集まってきちゃって、オマケに話が脱線して歩は機嫌が悪くなるし、一体何を失敗したというの?
そんなかわいらしい、先に進みたい不器用高校生がほのぼのしている。
この歩、決してハンサムとかイケメンとかじゃないのに、それにコスプレ妄想させて萌えてる進の脳内ではすごく可愛くなってる、そのギャップも愉快だったり♪

【おはなしをしよう】
いつも本にうもれてうたた寝をしている先生が気になる生徒。
提出レポートをいつも遅れてだしに来て、その先生の寝顔を見るのが好き。
一生懸命先生の好きなものを知ろうとする学生と、本以外に興味のわいた先生という組み合わせは、ひょっとすると先生は天然のタラシなのか?

【冬にゆれる恋心】
友達の松田が三股をかけて彼女に振られて、その愚痴を聞くのは滝山の役割。
本当は滝山は松田が好きなのだが、その気持ちを閉じ込めている。
成人式で彼女を持ち帰ると意気込む松田に滝山は複雑で切ない気持ちを抱えているのだが・・・
松田がアホ?能天気でよかった~♪
滝山に教育されるがよい(笑)

どれもほっこり、エッチありが【スマイル・アゲイン】のみ、一歩前進が【虹色デイズ】でも、物足りない感は全くないのです。
そこへ至る過程が見せ場ですから。

3

嗚呼、、2冊とも買うべきだった!!

2冊同時に発売されるのは知っていましたし、
この本を手にとった時も、隣りに「青空☆ウォーズ」もあったのですが、
初読み作家さんだからなぁ~と思ってコチラの1冊のみを購入・・・
ん~~失敗っっ!!
こんなに素敵なお話を描かれる作家さんなら2冊同時買いすべきだった~~!
(1冊だけ購入して、わたしと同じ思いをする人・・・きっと結構いるんじゃないかなぁ・・・)

日常の何気ない瞬間を切りとって穏やかに物語を紡いでいく・・・こちらはそんな感じの本です。
小椋ムクさんの絵をもうちょっと素朴に、でもスッキリとさせたような、
心が温まる絵柄にはとても好感が持てます。
そしてツトムさんの描かれるキャラは皆、表情と雰囲気がとっても素敵なんです。

どの短編もとてもよかったのですが、特に好きなお話をご紹介☆

■「春のニオイ」
花屋の若いバイトくんと、毎月決まった日に花を買いに来るおじさんとの短いお話。
一年近くも通って来てくれているのに、
そのおじさんのコトが最初からとても気になっているのに、
会話らしい会話もできずに今日やっと、
「だいぶ暖かくなってきましたね」と続きバイトくんが切り出す・・・
そんな初々しさと、おじさんの醸し出す雰囲気に、きゅん♡ときました。

■「虹色デイズ!」「虹色デイズ+α」
上記の順番で載っているのですが、
時系列は逆で、本の後ろを見ると雑誌の掲載時期も逆みたいです。
でも、おっきな虹を一緒に見て恋に落ちた、その印象的な瞬間が最初にあるのはいいな☆
  真面目で勉強もできる爽やかくん、なのにエッチな妄想家
    ×
  ちょっとむっちりな可愛い同級生
この受けが、全然女の子要素が入ってなくて「少年!!」っていう可愛らしさなのがいい♪
そしてその少年に、
メイド服を着せたりネコ耳をつけたりして妄想して、鼻血出してる攻めがいい~♪
お互いにお互いのことがとても好きなのに、
相手の気持ちが分からなくて「別に俺じゃなくたって・・・」と不安になったり、
ちょっとした事でスレ違って、何をしたつもりもないのに相手を怒らせてしまったり、
そんな恋の初心者らしい姿がとっても微笑ましいのです。

■「冬にゆれる恋心」
親友への叶わぬ恋心をひた隠す姿が、切なく愛しいお話。
お相手は全~~然そんな気持ちは知らずに、
「またフラれた」「勉強おせーて」「うちきて」「あ――ん♡」「あいしてる♡」
不用意に近づいてきて、触れてきて、たちが悪い・・・
でも、ずっと隠してきた想いは成人式の日、ついに言葉になる。
「成人式でいいコいなかった?」
想い人の親友にそう聞かれ、返す短い告白の言葉・・・そのまなざし・・・
わたしは「あぅ♡」ってなっちゃいましたw


恋の入口っぽい話もあって、全体的にエロ度は低めですが、
可愛らしいきゅん♡が詰まった1冊です、オススメですよ~~☆

3

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ