はじめての恋わずらい

hajimete no koiwazurai

はじめての恋わずらい
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×211
  • 萌12
  • 中立2
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
5
得点
82
評価数
26件
平均
3.3 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
角川書店
シリーズ
ルビー文庫(小説・角川書店)
発売日
価格
¥533(税抜)  ¥576(税込)
ISBN
9784041007303

あらすじ

祖父から古書店を譲り受けた直史を助けてくれるのが、大学院生の常連・聡馬。ある日直史は、酔ってキス魔の癖で聡馬とキスしてしまうが、「そんなことしたら止まらなくなりますよ」と逆に恋心を突きつけられて…。

表題作はじめての恋わずらい

司堂聡馬・大学院生
三宅直史・古書店主・27歳

その他の収録作品

  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数5

BLファンタジー

作品の後書きに書かれているように、「BLファンタジー全開」な内容でした。
ファンタジーというと、異世界とか魔法とかをつい創造してしまいますが、そう言うのではなくてあくまでもBL世界のファンタジーと言いますか、とにかくひたすら甘々の世界で、現実離れをしているという点では、むしろ異世界よりもこちらの作品の方が強いかもしれません。

受けの子も、精神年齢ー性に対する意識が、現代だと中学生より低い、小学校低学年かな?ぐらいのレベル。純粋無垢で世間に全然擦れてなく、おまけに眼鏡を取ると凄く可愛くなるという古典的少女漫画のお約束を律儀に踏襲。
一方の攻めもひたすら受けを溺愛で、御曹司という設定の上、まだ院生なのに数時間で数億稼いでしまうスーパーマンっぷりを見せつけてくれます。

しかし、間之先生もあえてこの甘々の世界を創る為に、王道要素を盛り込んだようですし、逆にここまで徹底されると良いですね。
ただ、本当に一昔前の作品っぽくて、読後、思わず発行年月日を確認した後、笑ってしまいました。

読み返すとまるで辛口レビューのようですが、色々突っ込みつつも楽しめた作品です。甘々の世界に浸続きりたい方にお薦め。

0

にやける甘さ

日々の生活の中でどうしても起こるもやもやした感情を持て余した時に、私はハッピーエンドの甘い小説を読みたくなるんですが、この作品もそのリストに追加して大丈夫なものの一つ。
脳味噌に何の力も入れずに読めます。

お互いに一目惚れしたのに、経験値の低さと天然さ故にそのことにずっと気付かない奇跡の27歳、古書店経営の直史(受)と、天然な彼の性格を良く理解して世間から守り、直史からの無自覚な誘惑にも辛抱強く耐え、紳士にアプローチを続けるスペック高過ぎ大学院生の聡馬(攻)
互いが互いを大好きなのは、もう出会った瞬間からビシバシ伝わってくるので、何の心配もせずにただニヤニヤして文字を追えば、甘くてふわふわなゴールに優しく到着です。

息苦しくなるほど内面に迫っていく作品も好きなんですが、BLはファンタジーだしね、と再認識出来る良い意味でとても甘ふわな作品でした。
これは何度か再読するだろうなーと思うので萌×2!

4

最初から最後まであまあまです(笑)

書店で「注目の新人BL作家」として紹介されていて、イラストにも惹かれたので手にとってみました。初読み作家さんです。
他の作品は読んだ事がないんですけど、素直に良かったなと思いました。文書が読みやすかったです。受け様が天然という設定なので、コメディ部分が入ってくるお話なんですけど、結構会話のやり取りで笑わせてくれます。爆笑ではないんですけど、ほのぼの癒し系コメディなので心地よい気持ちになります。新人さんなのに上手だなと思いました。
本当に甘々な展開が続いていくので、昔のBL王道ラブコメファンタジーを思い出して懐かしい余韻にも浸れました
(笑)

年下ハイスペック大学院生の聡馬×鈍感&天然&メガネ古書店主の直史。直史の年齢が27歳は、無理がある感は多少残るんですけど、大人な聡馬が一緒なら〜まぁいいかと思えてきました。激甘シーンでは、直史の天然小悪魔っぷり炸裂で、読んででニヤけました。本当に、奇跡の27歳です。
聡馬は、美形で家柄も良くて才もある完璧王子様。しかも、直史が友達〜親友〜恋人に変わってくれるのを根気良く待ってくれる性格までいい人なんです。温泉みたいな人です(笑)Hでも続き根気さが発揮されているので、意外に濃厚さもあって楽しめました。
スピンを予感させるカップルが2カップル?いる様な気が、続きが出たら面白いのになあと…。

作家さんも書いていましたが、ふわ甘の綿菓子の様なお話が読みたいなあと思って書かれたそうなので、寝る前に気軽に読みたい方にはオススメです。







2

これぞ王道BLファンタジー

リアルやシリアス、深い心理作品と、最近これがBLなのかと思えるほどの力作が
ちらほらお目見えしているが、今回のこの作品のように、絶対リアルにありえない
BL設定で激甘ブリの作品は逆の意味で大好きだったりします。
色々考えなくても、こんな受け様絶対ありえないけれど、何故かに二次元的に萌える(笑)
読み応えのある作品も良いけれど、この手の難しく考えないでありえないファンタジー
BL世界を気軽に楽しめる作品もまた楽しいものだと思いながら読みましたね。

最近のBLは読者の変化なのか、作品の深みや心情、リアルな設定で、感動作が人気って
感じがするので、軽く読めるものは、BL初心者向けとかって言われる事が多いけれど、
文学作品ばかり読みたいわけではないので、この手の気楽に楽しめる作品は嬉しい。

27才にして浮世離れした対人スキルと本が大好きで、メガネを取ったら超可愛い!
無自覚で甘えてる姿はまさしく二次元ヒロイン。
そしてお相手は頭脳明晰で家柄抜群のお金持ち、実際にありえないけれど、
だからこそ、脳内でばっちり萌え変換が出来るのです。
そしてやっぱりメロメロで、甘続きいハッピーエンドに荒んだ心も慰められる。
まぁ、逆にありえなさ過ぎて萌えないのかもと思いつつ、
どこまでも軽い私は個人的には大満足の作品でありました。

4

あま~いお話

初読みの作者さんです。古書店という点とイラストに惹かれて
購入しましたが、あま~い作品でした。
甘い溺愛系の作品は嫌いではありませんが、
ありきたりな設定が羅列されているように感じ、
あまりに特筆することのない作品に感じてしまいました。
あらすじを読んでしまえば、それ以上の驚きがあるようには
思えませんでした。

古書店を継いだ直史は、書店の常連である聡馬に助けられつつも、
書店を営んでいました。直史は読書家で、世間には疎い性格。
だからか、とても天然。
スキンシップを自然としてしまっていたり、酔うと聡馬に対してキス魔
となりますが、自分が聡馬に恋しているとは全く気づかない。
対して、聡馬は、直史を抱きこむように溺愛しています。

2人は文豪ツアーと称し、文豪のゆかりの地を訪れます。
そこで、聡馬は、ただの大学院生ではなく、
大企業の社長の弟であることを知ります。
そして、聡馬は、好きな文学の研究をしたいのに、
兄である社長は、聡馬の仕事の能力を認めており、
会社に入れたいと狙っていることを知るのでした。

で、聡馬の兄は、聡馬が直史を溺愛し続きていることを知り、
聡馬が会社に入らなければ、古書店の土地を買いとると脅すのでした。

今回は、直史の天然な様子が、馴染めなかったのですが、
作者さんの新作は、今後もチェックさせていただこうと思います。

3

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ