河童の婿入り~千年の命、百年の恋~

河童の婿入り~千年の命、百年の恋~
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神2
  • 萌×25
  • 萌5
  • 中立2
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
7
得点
47
評価数
14件
平均
3.5 / 5
神率
14.3%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
フロンティアワークス
シリーズ
ダリア文庫(小説・フロンティアワークス)
発売日
価格
¥571(税抜)  ¥617(税込)
ISBN
9784861345982

あらすじ

生まれた時から病弱な杏は、転地療養のため家族と東北へ引越してきた。そこで寂れた神社で一人暮らしをする青年・西流と出逢う。偶然、彼の正体が河童だと知った杏は、酔った西流に押し倒されて初体験! 杏は河童の神通力のおかげか元気になり、西流に友達になってほしいと頼む。最初は冷淡だった西流も健気な杏のいじらしさに絆されていくが、杏に残された時間は長くなかった!?

表題作河童の婿入り~千年の命、百年の恋~

水神西流・河童
遠野杏・高校生

その他の収録作品

  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数7

過去形なんだよ、帯が!

六芦先生たどりでこの本を購入。
そのため手元に来てから、「うわ、河童!」とかなり驚き。
今もレビュー書こうと検索しましたが、「河童」だけで十分到達できました(笑)

でもそんな河童河童しておらず、河童独特の雰囲気を強くは感じませんでした。
ネタとして洪水?が出てくるので 河童であることが効いてきますが
攻めさん、普通のちゃらんぽらん高校生 っぽく見えます。

かたや受けさん。
虚弱体質 っていうけど、今どきそんなんあり???と思います。
医者も原因分からん虚弱体質ってなにー、そんなんいやー。
科学を信じてる身としては、その設定がなかなか受け入れられませんでした。

途中、号泣。
最後は駆け足というか「うっちゃり」されたような、肩透かし感満載な
終わり方で、いやハピエンでないと嫌だろうから、いいんですが、でもやっぱり
もうちょっと丁寧に書いて頂けると嬉しかったです。
全体的によかったはずなんですが、さらりんと読んでしまって、なんだか残らないー

その中で秀逸だったのが、帯。「少しは幸せにできたかな?」
覚悟を決めているのか 受けさんのセリフで、言い続き回し方が過去形。
ちょっとまて、この帯はなんだ?と読みながらドキドキドキドキ。でした。
帯も大事ね と気付いた一冊でした。

1

いじらしい受けに涙が止まらない

西流が河童なのが、とても珍しかったです。
河童だけど、気が強くて遊び人で、攻めらしい攻めでした。
受けの杏が体が弱くて繊細で、西流に惹かれていくのですが、とても健気で応援したくなりました。

杏の双子のお姉さんが出てくるのですが、彼女は杏と性格が違って、すごく積極的で驚きました。
でも、杏のことをとても大切に思っているところがよかったです。

そして悲恋の予感がすると思っていたら、後半、想像通りの展開になり、泣いてしまいました。

ラストはこの作家さんらしい、ほのぼのとしたハッピーエンドです。
西流も杏も幸せになれかたら、これでよかったのだと思います。

0

ホロリときました。

攻め様は千年の寿命ある河童。
刺激ある人間世界に1人で生きており、酒と女を堪能している高校生です。
受け様は余命10歳と宣告され明日生きられるかも分からない状態で休みがちではあるものの攻め様と同じ高校の生徒です。

少しでも身体にいい所へと家族で都会から地方の山間の町に引っ越し、攻め様と出会います。
受け様は残り少ない寿命の中で、初めてのキスやエッチ、友達、家族以外との外出、初恋と失恋など攻め様と初めて尽くしの思い出を作っていきます。

攻め様は、健気な受け様のキラキラ光線にどうしても拒めず、無意識に受け様の望みを叶えてあげようと思い始めます。少しずついじらしい受け様に惹かれていく様がとてもよかったです。

受け様は死に対して不安や恐怖がを抱いているのですが、同じくらいに感謝や幸せを感じる気持ちが溢れてて悲壮感が全くなかったため油断してましたが…

やばいかも…と思った時には不意打ちで泣けました。
いじらしいくらい健気で可愛いのです。
この受け様は。

ハッピーエンドは全てが綺麗におさまり、今後2人のほのぼの恋愛をぜひのぞいて見たいと思いました。

続き外でもモフモフなしの河童…可愛さはきゅうり大好きな所だけでしたが、せっかくなのでもっと河童として活躍して欲しかったです。立派な水かきもあったことだし。
もったいなかったです。




1

すみません・・・号泣です(ToT)

加納先生は好きな作家様の1人で、代表作のもふもふも勿論ですが、アラブものなども大好きです。
今回ちょっと珍しいなと思ったのは、いつもは攻様が一方的に健気受様を見初めて
結構強引に奪っちゃう感じなんですがこの作品は、、受様の方が先に攻様すきーになっちゃう
所です。(強引には奪うのですがね。)
後、攻様が下半身ゆるい人設定ですかね。でも、そこは加納先生。
そんな設定があっても受様と知り合ってからはそういう事はありません。
表紙をみて、勝手に受様が河童なのかと思っておりましたが、河童攻のお話でした。
ラストも自分が考えていたのとは反対の展開だったのですが、つい嫁やら婿とかいわれると
人外の方に引っ張られるのかと思ってしまって。
個人的には想像してない方のラストだったので楽しめました。
身体が弱くて、攻様と知り合った時はもう、長くない命だった受様。
もう、人の生き死にがかかった場面にめっさ弱いです・・・
実体験に被ってくるところがあるので感情がどうしても引っ張られてしまいます。
イチャイチャは少ない方だったかも知れませんが、イチャ大好きの私も
もうイチャなくてもいい続きんじゃ・・・と思ってしまった程、純粋なストーリーだったと思います。
続編があったとしたら、人間になった攻様とイチャイチャしまくる甘いお話が読めると
思います。
心配になる戸籍なんかも、攻様の双子のお兄ちゃんが神通力でどうにかしてくれそうです。

3

健気受けの王道

虚弱体質であまり生きられないと宣告されている杏と人間社会でちゃらんぽらんに遊びほうけている河童の西流のお話です。

杏は病弱のせいでなかなか学校へも行けず友達もいない。そんな中偶然知り合った西流と仲良くなりたいと思います。杏は仲良くなる為に西流を自宅へ招き入れたり西流の好物を用意したりしてあの手この手で興味を引こうとします。
対して西流は最初は面倒と思っていた杏の事を段々気にかけるようになっていきます。

杏が勇気をふりしぼって西流を水族館へ誘うのですが、その時の杏の気持ちを考えると胸がきゅーっとなりました。一緒に行けることが楽しみで楽しみで待ちきれない気持ちや大好きな西流と出かける時の嬉しい気持ち、そういう気持ちが伝わって杏を応援したくなりました。西流のさりげない優しさや率直さに触れてどんどん好きになっていく様子も自然に思えましたし、杏の嬉しそうな様子を見てその気もなかったのに段々杏に惹かれていってしまう西流に対しても好感が持てました。西流は最初はちゃらんぽらんだったのに杏を気にかけるようになって自分本位だった性格に改善がみられたところも良かったです。

最後両思いにな続きった後にエッチがなかったのがちょっと不満wですが、概ね満足です。

加納先生はこのお話を10年もいろいろな出版社で出そうと試みたらしいですが、なかなかOKが出ず今回ようやく出版される事になった作品という事で河童に対するこだわりを感じましたw

2

エロ河童絆される

加納先生の作品にしては、甘さが足りないと言うか、攻め様が余りにもエロ河童(笑)
かなりオレ様で身勝手で優しさのカケラもないような雰囲気なんですが、河童です!
人外物で攻め様が河童、そして受け様は筋金入りの病弱で、直ぐにでも死んでしまう
ようなひ弱さで、実際ひ弱過ぎて瀕死の状態になるお話なんです。

内容的には、千年生きる河童の攻め様が単調な里の暮らしに飽きると、里から出て来て
神通力の力で人間を誑かしながら、毎日女あさりして日々を楽しんでいる。
そして泥酔した日に受け様と出会い、泥酔ぶりを心配して攻め様が住んでる場所へ
送った受け様を酔った勢いで強姦しちゃう。
受け様はその手の行為でもしかしたら死んでしまうかも知れない程心臓も弱かったが、
何故が攻め様との行為で逆に元気になってしまう。

河童の力を身体に注いだことで、精力剤みたいな働きで数日元気になれる受け様。
受け様は学校へも満足に通えず、友達の一人もいなかったけれど、強姦されたのに、
攻め様が同じ学校だと知り、友達になって下さいなんて真顔で言える受け様は、
生きる事に必死で健気でありました。
この作続き品はギリギリまで受け様が病弱で、初めは攻め様とのキスで力を与えられ、
数日元気になるが、その力も次第に受け様に効かなくなって、命の灯が消えるのを
待つような感じなのですが、攻め様が自分の命と引き換えてもいいくらい受け様に対して
愛情を持つようになるのですが、初めはめんどくさいから、重い、次第に健気な程
自分を慕う様子に絆され、愛情を持つようになる。

受け様の片思いみたいな感じから始まるお話で、ラストはもちろんハッピーです。
タイトル通りの展開で幕を下ろす内容ですね。

1

カッパもの

人外ものということで、タイトルだけで購入意欲満々です(笑)
カッパものということで、なかなか珍しい攻です。

ただ、少々、私には合わなかったようです。
物語としては、よくできていると思うのですが、
所謂、「体が弱くて、命はかなげなんです」という受が苦手です。
(それでも、ハマる作品はあるのですが、今回はダメでした。)

体が弱く、10歳までも生きることができないだろうと言われていた
杏は、なんとか17歳までに成長した。
より体に良いところで生活するために、田舎に家族で引っ越してきました。
そこで、西流に会う。
西流は、実はカッパで、人のふりをして、結構派手に遊んでいる。
杏は、どうしても西流に惹かれてしまい、友達になりたいと
思います。
西流にとっては、自分のような者に、懐いてくる杏に
驚きつつも、徐々に大切な存在になっていきます。
でも、杏の命が尽きそうで。。。

いじらしく、健気なお話なのですが、なかなか馴染めませんでした。
また、杏という名前も、かわいらしすぎないかと。

1

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ