初恋

初恋
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌2
  • 中立2
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
2
得点
8
評価数
4件
平均
2.5 / 5
神率
0%
著者
 
媒体
コミック
出版社
心交社
シリーズ
Chocolat comics (ショコラコミックス・心交社)
発売日
価格
¥619(税抜)  ¥669(税込)
ISBN
9784778114268

あらすじ

他の誰でもない自分を見て欲しかったーー。親の再婚でできた兄、一成への想いが十年経っても叶わなかったら諦めよう。そう思っていた英司だけれど…。十年前、父の再婚によって一成が兄となって以来、英司はずっと彼に片想いしている。画家になった一成はその気持ちに気づかないまま、恋をしていないと絵が描けないと言って、いつからか、恋人にふられるたびに英司に抱かれることを望んだ。兄にとって英司の存在は次の恋への切り替えスイッチでしかない。限界を感じた英司は、このままでは駄目だと思い一成から離れることを決意するが……。

表題作初恋

10年間片想いしている義弟 英司
画家で恋愛依存症の義兄 一成

同時収録作品求愛/恋愛

フランスで通訳をする義弟 英司
画家の義兄 一成

同時収録作品まっすぐ愛を

元家庭教師で同僚の教師 庄野貴文
後輩で恋人の高校教師 兵藤蒼生

同時収録作品Sweet Dream

西森
山吹悠人

同時収録作品王様の絶対

幼稚園からの腐れ縁 王環・19歳
幼稚園時代に家来になった 神順平・19歳

その他の収録作品

  • 初恋~おまけの二人~
  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数2

基本アッサリ。

表題作は入りこめなかったかな~。

恋愛体質の義兄に片思いし続けてもう何年。
フラれると自分に体の関係を迫ってくる。
意味は解らないが恋愛してないと仕事ができないらしい。
(一応画家みたいだけど…)
だけどすぐにまた恋人ができた義兄。
自分の気持ちを吹っ切るためにも海外へと…
でもって再会して、今度は義兄の方から必死で告白なお話でした。
そして付き合うようになってからのギクシャクな感じが少し続きで入ってました。

あっ、カバー下の2人には笑えました!!


表題作よりもこっちの話の方が好きかな?
●まっすぐ愛を●
兵藤が学生時代に先生(庄野)に告白し恋人同士に。
今では同じ学校で同じ教師として働いている。
が、生徒の1人が何やら庄野と…
兵藤は別れを告げるも結局は勘違いで元のさやに。
長い年月、やはり素直なコミュニケーションに会話は必要ですよ!!

0

印象が薄いかな?

08年~11年までの作品が入っています。
【初恋】【求愛】【恋愛】の3本は義兄弟モノのシリーズ。
恋愛依存の義兄が振られるとは身体でなぐさめる関係を続けている義弟。
思いは10年も続いているのだが、誕生日を期に進展がなければこの思いを諦めようとしていた。
そして義兄の元を去り外国へ来た義弟は、義兄のフランスでの個展の雑誌取材の通訳として再会。
気持ちをぶつけあう。
互いの気持ちを確認して恋人となった二人。
・・・という具合に始まり、転換、結末、と3つの時間を描いていました。

切ないといえば切ない系。
スレ違いもあるが、本当は兄が恥ずかしがりというのもある。
ここには執着の理由も、恋しい理由もないが、ただ側にいる唯一の存在という意味ですでに成立している義兄弟関係がありました。
あまり突っ込まないのは、自分的にのめりこまないからか?
ただの痴話喧嘩にしか見えないからか。
しかし、一見重そうでいて禁忌感は非常に少なく、ライトです。

【まっすぐ愛を】
元自分の家庭教師だった庄野に告白して恋人になった兵藤は、現在同じ高校で教師として働いている。
以前学生と続き社会人とか、そういった境遇の違いから自分が我慢することで抑えてきた独占欲を、嫉妬として感じて我慢の限界を感じる兵藤。
そういったスレ違いモノであるが、兵藤の一人相撲もあるが、庄野も兵藤の限界まで何も言わないでいるのも鈍い男だwww

【Sweet Dream】
前作で庄野を好きと兵藤が勘違いした学生・山吹の物語。
彼は同級生の西森が好きで、告白するとなんとOKが!
もうちょっと恋人らしく接近したいのに、以前の友人のままの距離の西森に捨て身攻撃を!
ちょっとかわいらしい高校生の恋愛でした。

【王様の絶対】
苗字が王なために周囲から王様と言われた王と、
僕なんか神だからなー!と対抗した神はあっさり王様に下僕にさせられた幼稚園時代。
その関係は大学生になっても続いて。
本当は王は神が好きで、それでちょっといじわるしているのかな?
ツンデレる神を見て楽しむ王といったところか。

ちょっと全体的にあっさりめ。
印象に残るのもう~ん、、という感じ。
いつもそんな微妙なラインにある作家さんです。

3

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ