「後悔する事になったっていい、 俺はあんた(先生)が大事なんだよ」

Evergreen Days

Evergreen Days
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神23
  • 萌×218
  • 萌16
  • 中立1
  • しゅみじゃない2

--

レビュー数
11
得点
236
評価数
60件
平均
4 / 5
神率
38.3%
著者
 
媒体
コミック
出版社
東京漫画社
シリーズ
MARBLE COMICS(コミック・東京漫画社)
発売日
価格
¥638(税抜)  ¥689(税込)
ISBN
9784864420839

あらすじ

平凡な高校生活を送る拓真の前に化学教師の高坂が現れた。
先生らしからぬ言動や振る舞いに驚きと興味を覚える拓真だったが
ふとした仕草、言葉に触れるたび興味から恋愛感情へと気持ちは
加速し…。煙草のやりとりから始まった2人、お互いの立場を超えた新たな関係が今始まる―ー!
描き下ろしは大学生になった拓真と先生の濃密なラブライフを
収録☆

表題作Evergreen Days

沢本拓真・高校生
高坂亮・化学教師

その他の収録作品

  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数11

自然に流れていく日常が魅力的に描かれていました。

すごく常識ある対応をする先生で、先生目線で共感しながら読んでました。
高校生を見てると眩しく感じる感覚とか、
恋愛で悩むのが羨ましいとか、、
わかるわー、年取ったなーっ思いながらw

主人公の高校生は、やることすべてが若いなーって感じでした。
ほんの少しのきっかけで相手を意識し始めるし、将来のこと言われてもわからないし、何も深く考えていないだろうし、駆け引きとかわからずぶつかって行くのみだし。。
行動や気持ちの動きなどがとても高校生らしく描かれていました。

制服のまま連れて歩けないからと上着を貸すシーンは萌えました。

ただ先生が生徒に魅かれた気持ちがよく変わらなかったかな?
押し切られたんだろうけど、もう少し踏み込んで欲しかったです。

なぜか心に残る作品でした。

1

雰囲気がGOODな作品

まるごと一冊全部がひとつのストーリー。


よく“BLはファンタジー”などと言われますが、
その中でもリアルっぽい作品もありますよね。
これがまさにそんな印象を受けました。

描かれているのは高校の日常。
先生のオトナな態度や沢本くんの焦る様子。
ほんとーに有りそうだなぁと思いつつ読みました。
そして先生がかわいい!
おとななフリして色々な気持ちを隠しているところ・・・たまりませんw

初めて読んだ作家さんで、絵が時々不安定な感じをうけたのですが
ストーリーは面白かったです。

1

生徒×先生

良かったです!
ちるちるで里つばめ先生の新刊の紹介とインタビューがあって気になってこれ買ってみました。

生徒×先生の話。
ちょっとヤンチャだけど不良過ぎない拓真に周りの高校生たちもちょっとおバカで、先生とも仲良くて青春て感じで楽しめました。

先生に恋する拓真が可愛いです。
ドジッ子な先生も可愛いです。

先生は甘いの苦手らしいですが、拓真は甘いのが好きらしくマシュマロココアのように甘いカップルです。

ゆったりとした日常な感じが好きです。
二人の関係が長く続くことを願います。

1

思春期の気の迷いと思いたい大人と、恋に真剣な子供

タバコは吸うけれども不良というわけでもなく、今を持て余しているごく普通の高校生拓真が、ふとした瞬間に高校の高坂先生に恋に落ちてしまう。

先生はもうどこか人生をあきらめているいわゆる「大人」で、高校生の拓真は恋に真剣に向き合う「子供」・・・

無鉄砲な熱さをもう忘れてしまった「大人」からすると、そんな「子供」の熱さや一途さは怖くて危うくて・・・だから必死で「一時期の気の迷いだ・・・」と、拓真を諭して、スルーする。
でも、「子供」である拓真の方が真剣に悩んで恋にしっかり向き合っている分、どんどん大人になっていく・・・、恋を知って成長していく拓真とともに思春期の頃を思い出して切なくなってみたり、「大人」という立場の枷に捕らわれて恋から目をそらすヘタレでずるい(イライラはするけれども。なまじその気持ち分かるだけに責められない。)高坂先生を見ていて身につまされたり・・・

最終的には拓真の頑張りでハッピーエンドになって本当に良かった!!
リアルにサヨナラエンドでなくて本当に良かった!!

さりげなく脇で拓真をサポートする友人の存在も印象的です。

短編ではもうすっかり立続き場逆転なその後の二人が見れます。


3

高校生ならではの、戸惑いと一途さ。

個人的に“生徒×先生”って、どうしても“先生×生徒”より萌えるのですが
こちらの作品は“生徒×先生”のお手本のような印象を受けました。

どちらもノンケで、男と恋におちるなんて思いもしなかったのに
生徒の本気にほだされてしまった先生。

沢本が高坂先生を意識して、好きになる過程は
さらっと読むと「…そんくらいで?」って思わなくもないですが
何度も読み返す事で、
高坂先生の意外な対応や、他の先生から煙草の事を誤魔化してくれたり
血が苦手なのに怪我を処置してくれる優しさ、
積み重なるものが恋でもあるんだよなぁと感じました。

先生って、身近なようで年も立場も全く違う人間で
学校での様子以外は知らない事ばかり。
少し踏み込んでみると、もう真っ逆さま。
自分が生徒だから優しくしてるんだろうけど、
それだけじゃない気がしてしまうのも無理はないし
いくら自分の想いを否定されても、諦められるわけもない。
男だから、若いから、それだけで拒まれたくなんかない。
自分の気持ちが間違ってるとか、無駄な時間なんて言われたくない。
未来より、今が大事としか思えないのに受続きけ止めてもらえないツラさは
もどかしさと納得できない歯がゆさでどうにもならないでしょう。

しかし、高坂先生からしてみると、拒むしかないですよねぇ…。
輝かしい前途ある普通の男子高生ですもの。
道を踏み外させるなんてとんでもないですし!!
きっと狭い視野の中の勘違いだから、目を覚ました方がいいと思うのは
大人なら当然ですもん。
それでも向けられる一所懸命な想いは撥ね退けられず
ほだされてしまう高坂先生。
背徳感もありながら、実は自分がその先捨てられてしまう事が怖かったというのも
すごくわかりました。
沢本の世界が広がれば、きっと自分の存在は大したものじゃなくなる。
まっすぐ向けられる“好き”に囚われてしまいそうな先生が素敵でした。

沢本の友人(悪友に近い?)・山下の存在がポイント高かったです!
「好きになったかどーかの判断基準?勃つかどーかだろやっぱり」
さくっと言ってくれて笑いました☆
シンプルだけど、それはかなりアリなんじゃないかなw
でもさ、男子たるもの、好きだから勃つのか
勃つから好きだと思ってしまうのか
わからなくなる時もあるんじゃないのかい?若いと尚更。と
余計な事を考えてしまった私ですw
バイト代で抱えきれない程の花を買って先生の部屋を訪れた沢本に
きゅんとはキましたが
高坂先生同様「もったいないだろ」と思ってしまったということは
恋愛力が無いって事なんだろうな……。
愕然としましたw

描き下ろしの『sugar days』は
文字通り甘い日々であてられましたが
ちゃんとHシーンを拝めてすっきりしましたw
やっぱり年下攻めってがっつくのがたまんないですよね!!!
それに“溺れそうで怖い…”と思う先生、もう遅いですから!

カバー下の4コマがとてもセンスがあるなーと感心してしまい、
また里さんのコミックスが出るのを心待ちにしています♪

2

この表紙にまずグイグイ引き寄せられ……

結果失敗。
何が失敗って、深い様で浅いお話だったから。
凄い残念でした。

絵はとても丁寧で、こういうじっくり恋愛を
作っていくような漫画にはピッタリだっただけに
惜しいと言うほかないです。

なにが自分に合わなかったか……。
私は相手に恋心を抱く場面で面白いって思いたいタイプで
ここを雰囲気とかで描かれると一切わかんないって人間なんです。

だからこの本でどうして、少しずつ先生を性的に
意識していくのか、丁寧に描いてあるはずなのに
わかんないんですよね。

確かに、男性の腕や首筋とか色気を感じる事があります。
だからってイチイチ恋はしない。
ここまで深く想う過程が理解出来なかった……。

もう少し深く深く描いて欲しいなって思いました。

5

生徒×先生が大好きです

見た目ではそう見えませんが、たばこを吸ったり喧嘩をしてみたり少しやんちゃな生徒が攻め。
そして先生・黒髪・めがね・理系(さらに担当教科は化学)・ややたるそう・白衣、かつ受け!
王道すぎて逆に新鮮なくらいです。これでもかーっというほど主役ふたりに様々な要素が付いています。もちろん恋のはじまりは生徒からですし、ありあまるほどの若さに押しの強さ。たばこを吸っても先生は咎めませんし、むしろ喫煙所として教科担当室(と思しき場所)を提供してくれようとするくらいです。
反抗期まっしぐらの男子高校生の扱いを、よく分かっている、高坂先生にはそんな印象を持ちました。

沢本が高坂先生に対するちりちりとした恋の痛みを感じるのは、ふとした触れ合いだったり距離感の近さのときですが、そもそも高坂先生が沢本に対し、理解したり叱ってもくれたり、さらに他愛なく構ってもくれるから周りの大人とは違うように感じたことが、沢本の恋のきっかけなんでしょうか。
それとも本当に、ただの一目ぼれなのか。それがじわじわと胸のなかにあるまま進んでいったのか…。許してくれる存在、心のなかを見せられる存在、その相手が高坂先生であっ続きたのは間違いないと思うのです。憧れや羨望にも似ているんじゃないかな、と感じます。沢本はどうやら恋愛ベタなようですから。
そんな沢本の情熱に気圧され気味の高坂先生、本心がどこかが少し分かり難いかなと思いました。でもさすがになんの感情も持てない相手、しかも生徒、そして男子、もちろん年の差…とお付き合いしようとは考えないでしょうから、愛がある…のですよね。高坂先生の心が読みきれません…!その赤らんだ頬は、ただの照れなの喜びなの!?と考えたり。
でも高坂先生が押されても仕方ないなぁというのが分かるのです、なにせ読み手であるこちらから見ていても沢本の押せ押せは半端じゃないと感じるから。グイグイいくし、花束もってきちゃうし、少し悪い手のかかる生徒だから気にもなるでしょうし…悩ましい。

書き下ろしでちょっと嫉妬したり喧嘩したり仲直りしたり濃密なシーンがあったりでそこが特にもう、繊細な線で描かれているからこそ美しいベッドシーンです。山下のチャラ方面への成長も気になるところですが(笑)(きっとテニスサークルとかに入っているのでしょう)本編からのその後のふたりを見られて満足しました。
それと、一瞬しか出てきませんが、沢本が友人たちに「恋をしたかどうかはどうやったら分かるの」と尋ねるあのシーンで、山下の奥にいる少し垂れ目な友達が非常に気になります…!

3

派手な展開はないけれど…

胸にしみる、たわいない瞬間。

表紙の真っ直ぐにこちらを見据える高校生と少し遠くを見つめる大人。
帯には立ち入り禁止的に張られたような若草色のテープに「後悔」「先生」の文字。
買わずにはいられないでしょ(笑)

退屈気味な高校生×そんな時代を通り過ぎた大人目線を保とうとする教師。
ふたりが徐々に気持ちを重ねていく姿が柔らかいトーンで描かれています。

高校生の拓真(攻)は校内での喫煙を化学教師の高坂(受)に見つかりますが咎められもせず、逆に提供した1本の煙草の礼にライターを貰う。

教師らしからぬ言動は単調な日々を過ごしていた拓真の関心の引き金をひくには十分な飛び道具でした。

無防備な寝顔にときめいたり、偶然逢えた嬉しさで強引に自宅に押しかけた自分の話を真剣に聞いてくれて舞い上がってしまって、つい…な行動をとったり。

なんとなく『何か』を探している世代。
その何かしら足りないと感じていた部分を補完するようにあの年頃独特の熱に駆り立てられる拓真。

ここで勢いづく拓真に流されない高坂の描かれ方が好きです。

道徳感や倫理ということだけではなく思春期特有の熱の高さや純度を知っているから続きこそ、それを『卒業』した後のこともわかっている。
それぞれの年代によって想いのありかたが違うことを知っているからこその態度。

しかし受け入れはしないものの、激しく拒絶するほどの潔さもなく結局は優しい。
見ようによっては中途半端な困った先生なんですが(笑)

そんな高坂に言われた「何が起こるかわからない」奇跡の逆転を夢見て、かわされて、傷ついてを繰り返す拓真。

やがて熱意にほだされるように拓真に気持ちを寄せていく高坂が自然で味わい深かったです。

じっくりと穏やかな変化が綴られていくのでドラマチックな展開を期待して読まれる方にはもの足りないかもしれません。

描き下ろしの後日談【sugar days】では大学生になっている拓真。

合コン鉢合わせーの痴話喧嘩しーの仲直りエッチ(笑)
高坂さん、大人の余裕を見せていたのにベッドでは押され気味でした。

カバー下の4コマ4編も可愛いし同僚の教師や拓真の友だちの山下もイイ味を出しています。

------

常緑、不朽を意味するエバーグリーン。
色褪せない想いを信じているのか、少しでも話すキッカケほしさに男性に花束を持って行く若木みたいな熱意を見せられると、つくづく年を感じマス。

4

突っ走る感じが好きかも!

これとか、最近読む作品にオヤジが増えてきた気が?
特に好きなシチュエーションは同級生とかで、長い時間をかけて恋に成熟する話なんですが…。
以外と、自分の許容範囲が広いことを知りました。

年の差、突っ走る少年、翻弄されるオヤジ、結構好きみたいと気づかされた作品の一つでした。
そうかあ、年齢とか関係ないんやなぁ、と。
ようは、一途に好きとか、突っ走る恋とか、変えられていく過程が好きなんやなぁ、と。

少年の危うさ(危なっかしさ)とかも、いいですね。
落ち着いた感じの先生が、それを理解してくれていて。
でも、なんでそれが恋心に?!と翻弄されて。
暴れて怪我するとか、花火で騒ぐとか、若いっていいなぁと懐かしく見守る先生が、とても好きです。

残念だったのは、先生の気持ちの変化の過程が、イマイチわかりづらかった事。
でも、これからが楽しみな作家さんだと思いました。

3

自然体

作者さんの初単行本。
1冊まるっと、この高校生と先生のお話で綴られるからじっくり感があります。
そこにあるのは実になんでもない日常の高校生活で、
熱に目覚める高校生が若さゆえの情熱をぶつけ、大人な先生がそれに対してクッションのように程よい硬さとやわらかさで、ニュートラルな姿勢を見せる点が、大きなヤマや波乱万丈のドラマティック展開はないものの、動と静のバランスで見せているような感じがします。

タバコをすっているところを教師の高坂に見つかった高校1年生の沢本。
注意するでもなく「俺にも一本くれ」と自分のジッポーを沢本にあげてしまう、それが最初の出会い。
以降、そんなで何となく高坂のいる化学準備室に来るようになる沢本が、高坂を意識しだし「好き」ということはどういうことか悩み、結論に達し、
高坂にその気持ちをぶつけてしまうのだが、その後高坂に諭されて自分の気持ちが否定されたことに傷ついて荒れる沢本。

う~ん、、、これってリアルというより現実的な展開なんではないかな?
もちろん沢本は男の先生が気になって好きになることに戸惑いもあるんだけど、その気持は素直に受け入れている続き
高坂はじめ彼の同僚の木村先生など、教師として生徒に威圧的に大人を振りかざして高圧的になるんじゃなくて(冒頭のタバコのシーンなど)割と生徒と馴染んでいて生徒に好かれているんだな~という雰囲気が見て取れる。
そのフランクさが招く、思いこみなのかとも思えたりもするのだがその後のストーリー展開で沢本がはっきり意識していく過程は、恋ってこういうものだったりするかもしれないと思わせるものだったし。
高坂は大人だから口に出して言わない。
それはズルイじゃなくて、大人としての分別だったのだとも取れるような。
しかし、沢本の情熱にほだされる部分が大きかったのかな?と思えるのです。
そうやって考えると、主人公二人が実に普通にニュートラル状態にある気がして、だから自然にみえるのかな?と思えたのです。

ギャップ萌えとかワンコに萌えとか、キャラや二人の関係ややり取りに萌えを激しく感じるというより、全体の流れが心地いいといった部分が大きいかもしれません。
描き下ろしの彼等のその後で、彼等は何一つ変わることがなくて、ただ先生が執着がうすそうながら実は、な部分をチラ見せしている部分に、クーデレ?天然?とキャラクターの多面性を垣間見た気がしますw

6

「801 AUTHORS 108」で知りました

「801 AUTHORS 108」で特集を組まれているのを読み、
作者さん、作品名を知ったのですが、デビュー作とのことです。
教師生徒という設定と表紙も空気感があって素敵で、迷わず購入しました。

さめた高校生が、
くたびれた飄々とした先生に惹かれていってしまうというものです。
ただ今の迷いで、男しかも、先生を好きになっただけかもしれない。
けど、この思いは、自分でもどうにもできない。という、
グルグルした高校生が、恋に翻弄されていく様子が垣間見れるもので、
面白いと思います。
先生生徒が簡単にくっつかないのも、いいなと思いました。

ただ、絵が好みではありませんでした。
絵に違和感を覚え、つまずいてしまったので、
素敵な空気感を「あざとい」と感じてしまったことは残念です。
また、文字の入力ミスが気になりました。

今後の作品を楽しみにしたいと思います。

6

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ