ベビーシッターと不埒なご主人様

ベビーシッターと不埒なご主人様
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神1
  • 萌×20
  • 萌5
  • 中立1
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
3
得点
21
評価数
7件
平均
3.1 / 5
神率
14.3%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
コスミック出版
シリーズ
セシル文庫(小説・コスミック出版)
発売日
価格
¥600(税抜)  
ISBN
9784774725925

あらすじ

生後半年の赤ちゃんをお世話することになったが、雇い主は傲慢オレ様男で!?

(出版社より)

表題作ベビーシッターと不埒なご主人様

氷川煌二 会社社長で兄夫婦が急死し甥を引取る 
小野瑞貴 人気ベビーシッター

評価・レビューする

レビュー投稿数3

傲慢だけど・・・

やっぱり赤ちゃんや子供が間に入ってくるものが好きなんだなと実感しますw

受け様はお客さんからの指名多数の優秀なベビーシッターさんです
攻め様は俺様で傲慢な感じの社長様で赤ちゃんの叔父さんです

こういう赤ちゃん物は、受け様の赤ちゃんに対する愛情や
攻め様に対して「もう・・・しょうがない人だな~」と思いながらも
好きになっちゃうのが楽しい感じなのですが
今回もおおざっぱに言うとその通りなのですが・・・

攻め様はとにかく思い込みが激しいために
受け様を強姦的に犯してしまうし
自分のこと好きなんじゃないかと早とちりギミだしと
読んでいるこちらが追いつけないほどですがwww
そんな攻め様をおっとりとした感じの受け様がカバーしてくれます

今回はやっとくっつけたな~という所で終わっているので
次回からのラブラブと嫉妬の嵐が楽しみです!

0

天然ちゃんに振り回されるご主人様

桑原伶衣さんお得意の子育てものです。今回は、亡くなった兄の子供を引き取ることになったIT企業社長と、派遣ベビーシッターの育児BLです。

派遣ベビーシッターの瑞貴が受け持つことになったのは、生後半年のあっくんです。保護者の煌二は、あっくんの叔父にあたる人で、態度は横暴だし、子供が好きそうには見えない人です。

実は煌二は、子供の頃に母親に捨てられたことで人間不信になっていました。そして、兄に助けられて育ったことから、お兄ちゃんが大好きだったのに、お嫁さんに取られたような気がしていたのです。甥のあっくんは、お嫁さんにソックリだったから、苦手だったのでした。

煌二はイライラして瑞貴にレイプまがいのことをしたり、二人の始まりは最悪でした。でも、あっくんのために一生懸命で、瑞貴の心の温かみに触れていく内に、徐々に煌二の頑なだった気持ちも変化していくのです。
ただ、瑞貴が純粋でにぶいのと煌二の早とちりで、なかなか二人の関係は上手くいきません。
でも、煌二が、あっくんと瑞貴にだんだんメロメロになっていく様子にニヤニヤします。意外と嫉妬深くて子供っぽい煌二が可愛いです。
ミルクの続きような体臭がする、ベビーシッターのプロ(持ってる資格の数々に感心します)の瑞貴にかかると、子供のあっくんも大人の煌二も骨抜きにされちゃう、ほっこりできるお話です。

1

隠れマザコンかも

桑原先生と言えば、子連れ家族ものってイメージなのですが、今回のお子様は
生後半年のバリバリ赤ちゃん、そして、とても感心するのが6か月の赤ちゃんのお世話。
リアルな離乳食風景などは、びっくりしちゃうほどでしたね。
身近に生後半年くらいの赤ちゃんに接したばかりなので、思わずまさにっ!なんて
内容が散りばめられてて面白い。
お風呂で遊ばせる今流行のスイマー、小さな浮き輪を首に付けるのですが、
これはお風呂嫌いの赤ちゃんでも楽しむ事が出来る優れものなんですよね。
子育てものは、ホント微笑ましくて読んでるとほっこりしちゃいますね。

そして内容と言えば、今回の攻め様は亡き兄夫婦の忘れ形見を引き取って暮らす
億万長者のIT社長なのですが、意外に思い込みの激しいお方でした。
それに、過去に母親に捨てられた事が拘りになっている節もあり、受け様のミルクの様な
体臭に惹かれて興奮するなんていうのは隠れマザコンなのかも知れません。
人肌恋しさと疲れすぎてなんとかみたいな時に女を連れ込んで受け様に説教され、
酔った勢いもあって強姦しちゃうあたりは、俺様通り越して傲慢ヤロウなのですが続き
本気で好きになって、勝手に受け様に気持ちを一人合点してしまう能天気な感じは
何となく憎めない感じにもなります。

そんな受け様のお相手の受け様は三カ国語を操るトライリンガルで、シッターが持つ
資格をこれでもかっ!てくらい持っていて、指名料も高い人気シッターさん。
子供の事にかけては凄腕なんだけど、恋愛には初心で、初めに強姦状態で無理やり
抱かれた事もあって、攻め様への気持ちの自覚がかなり後になってしまいます。
二人の微妙な勘違い的な擦れ違いと、子育て、シッターとして同僚とのトラブル。
攻め様の心の痛みなどが盛り込まれた作品で、最後は赤ちゃんのご両親もきっと
安心しているだろうと思えるようなアットホームな作品でした。

2

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ