青沼さん、BL漫画家をこっそりめざす。

aonumasan blmangaka wo kossori mezasu

青沼さん、BL漫画家をこっそりめざす。
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神1
  • 萌×20
  • 萌0
  • 中立1
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
2
得点
6
評価数
2件
平均
3.5 / 5
神率
50%
著者
 
媒体
コミック
出版社
イースト・プレス
シリーズ
発売日
価格
¥1,000(税抜)  ¥1,080(税込)
ISBN
9784781609188

あらすじ

プロ生活30年のベテランが本気でBLデビューに奮闘した、実録エンタテインメント・コミックエッセイ。

著者:青沼貴子

■青沼貴子(アオヌマタカコ)
1月1日、北海道生まれ。
『ペルシャが好き! 』で少女漫画界を席巻したのち、『ママはぽよぽよザウルスがお好き』で子育てコミックエッセイの金字塔を打ち立てた。その後“ママぽよ"の続編も次々とヒットさせ、コミックエッセイの人気作家に。
好評既刊:『青沼さんちのぽよぽよ日記』(イースト・プレス)

表題作青沼さん、BL漫画家をこっそりめざす。

同時収録作品GOLD

ジェイソン・ブラック 司祭
ジュピター・フォン・ゴールドウィン 海軍少尉

その他の収録作品

  • カバー裏:「GOLD」特製ポスター

評価・レビューする

レビュー投稿数2

BLを好きな気持ちが伝わってくる

ママぽよの青沼先生が、実は腐女子でBL漫画家を目指すというエッセイ漫画です。
先生のBL好きな気持ちが伝わってきてクスクス笑ってしまいました。
家族に隠れてマンガを読んだり映画を見たりするところなんか頷きっぱなしです。
ばれちゃ困るけど、見たい気持ちは我慢できないですよね!

巻末に先生の描かれたBLマンガが載っていますが、あれはおそらくネタで描かれたものではないでしょうか?
テーマはエッセイ漫画ですものね。
萌えや現在の流行りとは真逆を行っていて、いっそ潔かったです。

BL好きな漫画家さんがいらっしゃることをとても嬉しく感じました。
萌えとはまた違いますが、他にも先生のエッセイ漫画を読みたくなりました。

3

果てしなく微妙

今回はまず結論から。

「BLをある程度打算で描くには、それなりの技量が必要です」

もうその一言に尽きてしまいます。
幾ら資料が手元に集まって傾向と対策を練り上げたと
しても、流行と言うのは作れそうで作れないものです。
タイトルの「BL」が仮に「耽美」だったとしたら、
まだ打開策を見出せた可能性があるのかなと思いますが。

こう言うレビューは失礼なのでしょうが、あさぎり夕さんと
どうしても比べてしまいそうになる自分がいる事は
否定出来ません。
室山まゆみさんとも比べてしまいそうです。

4
PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ