異界の王

ikai no ou

異界の王
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神9
  • 萌×214
  • 萌6
  • 中立0
  • しゅみじゃない2

--

レビュー数
10
得点
119
評価数
31件
平均
3.9 / 5
神率
29%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
イースト・プレス
シリーズ
アズ・ノベルズ(小説・イーストプレス)
発売日
価格
¥850(税抜)  ¥918(税込)
ISBN
9784781609331

あらすじ

「おまえの花嫁は、こいつだ」――目を覚ました桜貴は、ダリア国の王・冬宗に花嫁として与えられていた。
いつの間にか異世界に飛ばされ、花嫁と定められたことに不満を抱きながらも、好みの美貌と躯をもつ冬宗に惹かれる桜貴。
一方、神託によって男の桜貴を娶るはめになり憤慨していた冬宗も、奔放な性格の桜貴に戸惑いつつ、その躯にのめり込んでいく。
シンの始祖に、そしてダリアの神に選ばれた二人の行く末は! ?

表題作異界の王

冬宗・兄2人を差し置いて即位し大国にした覇王
信濃桜貴・攻様の花嫁として召喚された日本人

その他の収録作品

  • お忍びデート
  • あとがき
  • 全裸待機

評価・レビューする

レビュー投稿数10

イラストが実に勿体ない

現代日本での死と同時に異界へ飛ばされた青年・桜貴と、その異界のダリアという国の王である冬宗のお話です。お互いに不本意な花嫁と花婿だった二人ですが、桜貴の物怖じしない性格と清楚な美貌ながらビッチな性癖が幸いして(?)、傲岸不遜で愛情を知らない冬宗との距離が徐々に縮まっていく様子が描かれていました。

いわゆる中華風ファンタジーで最後までとても面白く読みました。桜貴があっけらかんとエロい子なのも楽しかったし、冬宗のキャラも最後までブレず不器用な色男ぶりが良かったです。…が、二つの理由から評価は迷って「萌」です。

一つはイラストが…うーん、実に勿体ない。表紙イラストがまず残念なのですが、この桜貴を見て「異国の兵士たちがひと目お目にかかりたいと先を競うほど」「王が息をするのも忘れて見とれるほど」の美形とは思えませんでした。ただの生意気な青年に見えます。確かに桜貴の顔貌について本文中で難しい表現にはなっているのですが、モノクロイラストも含めもうちょっと艶っぽさが欲しかったです。

もう一つは…まあ、中華風ファンタジーや和風ファンタジー作品には本当にありがちで重箱の隅をつつく行為かも続きしれませんが、ちょいちょい現代のカナ言葉が出てくるのがどうにも気になりました。桜貴が言う分にはまだいいとして平文(神視点)にも出てきて異国の住人の台詞にも出てくるとあっては、世界観が揺らいでしまう気がするんですよね…。

お話の方は大団円!という感じで本当に良かったです。

1

襲い受けバンザイ

続編執筆されているそうで、早く続編出ないかな~と心待ちにしつつ再読。

現実世界で事故に遭い、そのまま異世界に飛ばされちゃった受けの話です。
それだけだとBL小説などでもありがちな設定ですが、他の異世界トリップ作品と違っていたのは、受けくんはビッチだったのです。(『奥様は魔女』オープニング調)
神託で異世界の王の花嫁にされちゃっても、王が受けの好みのタイプだったので、逃げ出すこともせず乗っかっちゃいます。いや、いいですね、襲い受け。その手管に陥落する傲岸攻めもセクシーでいいかんじ。異世界トリップもの好きだし楽しく読めました。
イラストがちょっと合ってないのは残念でした。攻めはいいんだけど、受けが…。表紙はよかったんだけどなー。

1

傲慢で好戦的な王様と淫乱な猛獣使いの初恋

異世界トリップ好きなのであらすじを読んで手に取りました。
成瀬さんも好きなジャンルだそうで好き好きオーラを感じました。

王道としては使命を与えられた受けがいきなり異世界に飛ばされ、攻めに強引に体を奪われて始めは攻めを嫌い逃げたがりながらも…という展開が多いのですが、この作品では攻めは好戦的で冷酷な王様だったのに、淫乱な誘い受け猛獣使いのせいでヘタレな暴君に変身してしまいました。

媚薬的な効果のあるお酒を飲んで甘えて誘う桜貴が可愛い。
傲慢で手の早い王にも負けず手も足も出る桜貴がいい。
(閨で)経験豊富な王妃ってのも複雑だと思い微妙な側近たちの困惑が面白い。

イラストの絵が描写のイメージと合わなくて残念。
桜貴が格闘技をする鍛えた体と皆が息を飲む美貌というより元気なやんちゃ坊主って感じかな。

桜貴がいきなり男に嫁ぐと言われてもあまり動じず、結婚とか貞操を深く考えたことがない快楽主義者でしたが、冬宗と出会って傍にいるうちにその孤独感や寂しさを知り気になってだんだん恋愛感情的なものが芽生えていく過程が短く急展開でしたが、冬宗が桜貴に惹かれていく気持ちはよくわか続きりました。

シン国の神様とか竜の姿の神様などの存在や世界観の使い方があっさりすぎ勿体無い。
神様にもいろいろありそうだし、シン国の王族にもいろいろありそう。
続編があるのかな。

1

悪びれない自由奔放受けは珍しい

異世界ファンタジー物。
しかも傍若無人の王を御させるために異世界の神が桜貴を選んで呼び寄せたという、変わり種設定です。

**********************
受けは、人目を惹く容姿に格闘技で鍛えた引き締まった肢体を持つ桜貴。
酒に酔ったら誰とでも寝てしまうモラルに欠けた一面も。

攻めの冬宗は、蛮族と蔑まされてきたダリアを一目置かれる立場へと引き上げた若き国王。
金髪碧眼、逞しい体つきを持つ戦上手。
**********************

試合でしたたかに殴られ、フラフラになって帰宅しようとしたところで事故にあった桜貴。
その瞬間異世界に飛ばされ、気づいた時にはシン王国にいたというもの。
シン王国は諸国から崇められ、王族から花嫁を娶ることが出来ると神の加護が与えられると言われています。
そんなシン王国へ花嫁を迎えにやって来ていた冬宗へと、信託と共に与えられたのが桜貴でした。

先に書きました通り桜貴はその男転がしの手腕を買われ神から選ばれたわけですが、桜貴の従者となった睡蓮は神の代弁者的な立ち位置で、桜貴の元の性にだらしない生活も日本と続きいう国があるということも知っており、その辺りが目新しくて面白いです。
そして、奔放で体だけの関係を結んできた桜貴と、側室は虜囚だとしか思っていなかった冬宗はお互いが初恋と言えます。
なので体先行で、自分の気持ちを自覚し納得するまで(特に桜貴の)時間がかかりますが、男前同士が相手へズブズブになっていくさまが可愛かったです。

イラストの鳶谷あいさんは、カラーよりも中の挿絵の方が魅力的です。
とても描き慣れている感があって、中身でガッカリすることはまずないと思います。
が、175cmあるという桜貴が少し子供っぽいとは思うのですが、わたしはこういう方が好きなのでちょうど良かったのかもしれません。

1

奔放な男前受

成瀬かのさんの異世界物、大大好きです (≧∇≦)
読み始めると一気にその世界に引き込まれて最後まで読んでしまいます

この作品の受の桜貴は、他作には出て来ないような豪快さで
攻のダリア国王様である冬宗を躾て虜にしていきます(笑)
相手が王様であろうが、桜貴には関係ありません
殴る蹴るは当たり前
初夜は夜這いで、浴室なのに攻の冬宗を後ろ手に縛って
無理矢理事に及びます(笑)

ここから攻の冬宗は、受の桜貴のテクにめろめろになっていきます
冬宗は尊大で畏怖の存在であるが為、心を許した存在などいません
しかし、受の桜貴は異世界から来た為、国同士のしがらみも関係無く
王様では無くただの人の様に接し、神の神託も関係が無いと言い切ります。
冬宗が好みだったから来たと。

まぁ、その事を嬉しそうに伯父の穂月老に話す冬宗の可愛い事
もう萌ました。

冬宗は桜貴に夢中になりますが、桜貴は今まで恋愛感情を持った事がないため、なかなか自覚ができません

冬宗と戦で離れて初めて桜貴は自分の感情を理解し
認め王妃となるべく覚悟を決めていきます。

桜貴が戦争から帰続きって来た冬宗の肩に矢傷を見つけ涙を零し
強がるシーンはもう萌萌でした。

やはり神様の神託は間違いない!
と読んでるこちらも、にんまりが止まりません

二人の感情の移り変わりも分かりやすかったですし
とにかく萌ツボてんこ盛りで面白かったです。

1

ひとことだけ

いつも読んでる健気な受けさんではない桜貴が斬新すぎて。
男前すぎて良かったです(笑)
口は悪いわ、殴るは蹴るわ、しかも強いときた。
途中ホロッとさせられつつ、爽快な読み心地でした。
ってひとことで終わってないけれども・・・

1

かかあ殿下のファンタジーもの

事故にあい死んでいく運命だった桜貴が異国(シン国)へと召喚される。
そこでは花嫁を得るべくダリア国から王が来ていたのですが
召喚されたのは顔も体もボロボロの人間
それも男…
ダリア王は憤慨しますが神託は変えられず、しぶしぶ自国へ連れ帰るのです。

このダリア国、今でさえ強国で恐れられているのですが
昔は小国で他の国に攻められるのを防ぐ為に
姉を人質として花嫁と出すのです。
が、姉はしばらくして死亡。
そこからです、この冬宗が変わったのは!!

姉の死に対して怒り狂い周りの意見も聞かず強引に戦争に持ち込んだ。
勿論戦には勝ち領土も広げていくのですが
そのころからダリア王の孤独が始まるわけです。

なんだかんだしつつ、そんな王の心を開かせたのが桜貴。
誰もが恐れる王に対し自分の意見のべ、
時には手も出し足も出し(^^;)
王を一人の人間として相手にしている桜貴。
本人は気付いてないのですが、
徐々に桜貴に対して惹かれていってるのが可愛い。
媚薬をこっそり盗みに入るところなんか笑えるし。

全ては婚礼前の戦でお互いの心が一つになった感じですね。続き
お互い離れ離れになってどれだけ相手の事を思ってるのか
自覚するのにいい戦でした。

これから先はダリア王も力でもって国を制するのではなく
感情面も育っていって良い王様になるんじゃないかな。
尻に敷かれるとは思うけれど…(^^)

3

表紙が性格を物語っている

表紙の2人の表情が、2人の性格を表現しているように感じます。
受がなかなかなキャラクターをしているのが、面白いです。
アラブ作品ぽいのですが、受のキャラクターが良かったです。
誘い受なのですが、相当な奔放さ!

気づいたら異界に飛ばされ、王の花嫁になるように定められた桜貴。
王、冬宗は、男の花嫁をあてがわれたことに腹が立って仕方がない。
しかし、酔っぱらった桜貴に乗っかられ、エチをしたら、
あまりの桜貴の奔放さに心を奪われてしまいます。
桜貴は、冬宗のことを好みということで、乗っかかっただけに過ぎません。
そんな桜貴が、冬宗への気持ちを自覚するまでが、良かった。

恋をしたことが無く、エチが大好きな桜貴なのですが、
そんな迷いながら生きてきた中で、
大切と思える人と出会えるというのは、素敵だと思いました。

2

シスコン王と淫乱男前の花嫁

同人誌発表された作品に書下ろしの短編を付けての新書発売、大好きなファンタジーで
とても嬉しい作品になりました。
既刊の「竜王は花嫁の虜」関連の作品と共にwebで別サイトでアップされてもいた事もあり、
ファンには記憶にある作品だと思うのですが、/傲岸不遜な王×プー なんて感じだったけど
こうして1冊でガッチリ読めると楽しさ倍増、やっぱり紙媒体の作品はいいです。

本気の恋なんてしたことも興味もなかった自由気ままにやりたい事だけをやって
毎日どこか満足できない日々を過ごしてきた受け様は、ある日事故に遭い、
異世界に飛ばされ、さらに攻め様の花嫁として神託の国から嫁がされる事になる。
この辺は竜王~と似た感じですよね。

ただ、この受け様の己の気持ちに素直で誰に媚びる事も怯えることもない姿は男前。
好みのタイプだからと襲い受けしてるのも萌える内容です。
そして傲慢不遜で戦好きの苛烈な覇王かと思えば、元々はシスコン気味で戦も姉の仇を
取ることから始まり、その戦いの最中に血肉湧き踊る、生きている事を実感すると
常に戦に身を置く事になるのですが、その仮面を取れば寂しがり続き屋で子供のような
癇癪を起こす可愛い男の姿が見えてくる。

二人とも恋なんて無用な中にいて、初めは快楽だけの関係から次第に心が伴ってくる、
そんな関係になるまでを描いたファンタジーで、かなり萌え萌えしちゃいます。
攻め様が受け様に襲われてるところなんて、ニヤリとしてしまいましたね。

2

めちゃ男前嫁でした

成瀬さんの同人作品の商業化ですね。
実は花嫁モノだったので、しかもファンタジー設定で、いくら好き作家さんでも・・・と地雷が爆発したら怖いな~と恐る恐る手にとった本でした。
しかし。。。
今まで嫁モノで男前受け嫁はありましたが、ここまで奔放(エッチ)で強い(何と言ってもK-1に憧れて格闘技をやっていたと言う設定)男嫁が登場している作品は少ないですので、これなら許せると全くの無問題でありました!
好戦的で威嚇しまくる、愛情は本当は深いけど与えたり貰ったりするのが不器用で傲慢な王と、
快楽が優先して恋という気持ちをよく知らなかった異世界トリップしてきた男が、
相互作用により愛を知り、よいカプになるというお話は、単純明快なファンタジー設定の中で実に解りやすく表現されていました。
こういう受けなら嫁でも大歓迎ですし、将来的にも尻に敷かれそうな俺様攻めというのも、読み終わってみれば、好みのタイプのキャラクターだったんだわ、と♪

シンの国の御神託により授かる嫁を娶ると神の加護があると、嫁を貰いに来た山あいの小国・ダリアの王・冬宗。
彼に授けられたのは、全身傷だらけで顔が腫れてい続きるボロボロの男性でした。
そのボロボロの男性は、現代の日本で格闘技をやりながらも芽が出ずに奔放に夜になると男漁りをしている桜貴という者。
本当は事故に遭い命を落としたらしいのですが、冬宗の嫁としてこの異世界に連れて来られたという設定です。
嫁だというからシン国の姫だとおもいきや、小汚いしかも男!
憤慨する冬宗ですが、神から与えられたものだからと国に連れ帰ります。

こんな始まりの異世界トリップファンタジー。
住んでいた世界が違いますから、色々なギャップがあって桜貴のすることはこの世界の人にとってはビックリすることばかり。
しかも一応花嫁ですからね。

一番の見どころは、桜貴の襲い受け♪
花嫁としての披露の席の後、桜貴が冬宗を襲っちゃうんです!
冬宗の元に来た姫達は、ほとんどが人質のようなモノで彼は女を手荒く扱って怖がられるし、彼もこんなもんだと思ってつまらんと思っていたところへ、誰もしたことがない事を桜貴が、しかも具合がいいときて、身体からですけど彼の虜になっちゃうんです。
桜貴も、今まで奔放な性生活をしていたから長い禁欲をしていてムラムラしていたのと、身体が好みだったので、なかなか具合がよろしくて♪
身体の相性は抜群らしいですよ。

さて、次は心ですよね。
元々冬宗は、彼の姉が同盟の為に隣国に嫁ぎそれですぐ亡くなってしまったので元々武術に長けていたのもあり、軍事で制圧する方策をとった人。
きっかけは姉への愛情なんで、情はあるんです。
桜貴も奔放に生きてきて、恋愛をしたことがない、誰か特別に思った事がない。
それがこうした特殊環境の中で、唯一の男になった冬宗への執着が生まれて特別になる。
ごく普通のまっとうな恋愛とは、設定も始まりも違うからこれはこれでありなんだと、自分的に思えるのです。

番外の【お忍びデート】では元格闘技家らしく、桜貴のケリが炸裂して小気味よい展開。
彼の力の強さもみせてもらえてよかったです。

シンの国とダリアの国の神様も、冬宗の右腕で乳兄弟の岩曹も、桜貴の付き人の睡蓮も、気になる存在。兄の秋舟も?
このシリーズの同人は追ってないので知らないのですが、関連作も気になりますね。

4

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ